城咲仁(元カリスマホスト)の現在は?芸能界(テレビ)から消えた理由

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
城咲仁


かつてはカリスマホストとして、ホスト界の頂点に立っていた城咲仁さん。

その後、タレントに転身し、バラエティ番組によく出演していたと思ったのですが、ここ数年全く城咲仁さんの姿を見かけなくなりましたね。

筆者が単純にバラエティ番組を見ていないから…。

というわけでもなく、ネット上でも、

「(城咲仁が)消えた?」

と囁かれていたそうです。

では、現在の城咲仁さんは何の仕事をしているのでしょう?

当記事で、その真相を探っていこうと思います!

[adsense]

元カリスマホスト城咲仁のプロフィール!

まずは城咲仁さんのプロフィールから紹介していきます。

城咲仁のプロフィール

本名:岡山純一

生年月日:1977年9月23日

出身:東京都板橋区大山町

血液型:B型

身長:177.5 cm

体重:55 kg

以外にも、城咲仁さんの本名は、

岡山純一

という、ごく普通の名前。

確かに、”城咲仁”と比較すると、華やかさには欠けてしまいますね…。

 

そんな城咲仁さんが有名になったのは、やはりホストとしての実力。

新宿・歌舞伎町にある『クラブ愛』で、なんと

5年間もNo.1ホスト

を務め、当時は『日本一のホスト』とさえ言われるほどで、多数のテレビ番組に出演。

最初の源氏名は、現在の城咲仁ではなく、『浅樹仁』だったそうですよ。

 

そういえば、なんとなくですが、城咲仁さんは、雰囲気が芸人の狩野英孝さんに似ていますよね。

狩野英孝

狩野英孝

顔立ちもそうですし、狩野英孝さんがホストのような見た目で芸をしていたこと、また同時期にテレビによく出演していたからだとは思いますが、やっぱり本当に似ています。

つまり、狩野英孝さんがネタにした”ホスト感”というのは、あながち間違っていなかったというわけでしょうか。

 

さて、No.1ホストともなれば、当然ながら城咲仁さんの当時の稼ぎ、年収が気になっている人も多いかと思います。

そこで城咲仁さんの年収について調べてみると、カリスマホスト全盛期の年収は、なんと…

1億円!

私生活も実に派手で、

家賃40万円の家に住み、1500万円のベンツを所持。

また、ホストの後輩たちがどこかへ出かける際には、170万円を入れたヴィトンの財布を財布ごと渡していた。

という驚愕のエピソードも…。

2015年に当時を振り返った城咲仁さんは、

「完全に感覚がマヒしていた」

と語っていました。

人は大金を手にしてしまうと、やはりむやみに高価な物に手を出したがるものなんですね。

人の欲望は際限ないことなのでしょう。

しかし、そんなNo.1ホストの座をほしいままにしていた城咲仁さんは、2005年に突如ホスト業界を引退、芸能界入りすることとなります。

芸能界デビュー後、しばらくは、バラエティ番組で城咲仁さんが引っ張りだこだったことをよく覚えています。

出演した番組では、No.1になるための秘訣などを語っていましたよね。

しかし、数年もすると、城咲仁さんは全くテレビに出てこなくなってしまいました。

一時期は毎日のようにテレビ出演していたのに、いきなりバッタリと出演が途切れたものですから、

「干された?」

「消えた?」

と囁かされるようになってしまうのも頷ける話です。

実際のところ、城咲仁さんはなぜテレビから消えて(干されて)しまったのでしょうか?

次に、その干された理由を調べてみることにします。

 

城咲仁がテレビから干された(消えた)理由とは?

城咲仁さんがテレビから消えてしまったのは、どうやら干されたというよりも、一言で言えば、

『需要がなくなった』

ということに尽きることが判明しました。

以前に『キテレツ人生!なんでこうなった!?消えた芸能人一斉捜査SP』に出演した際、城咲仁さんはこう語りました。

「ホスト時代の話しかできなかったので、飽きられた」

と。

なるほど…

確かに、バラエティ番組においては、様々な話のタネを持っており、どんなときでも話題が尽きない人物ほど重宝されます。

マルチに活躍していないと話題性には欠けますし、一発屋になりがちですからね。

とくに近年はトーク型バラエティ番組が増えているので、話のネタが豊富な人ほど重宝される傾向にあります。

城咲仁さんもホスト時代に客から色々な話を仕入れることができていれば、もう少し長生きできたのかもしれませんが…。

 

そして、もう1つ。

噂なので本当のことかはわかりませんが、城咲仁さんがバラエティ番組から呼ばれなくなった理由があるとのこと。

その噂によると、城咲仁さんのブレイクが過ぎ去った後のことですが、城咲仁さんは俳優業も行うようになっていました。

そこで、あるドラマの企画が舞い込んできて、それをきっかけに俳優業に専念しようと思ったそうです。

城咲仁さんは、もともと凝り性な性格もあって、やるならば、どれか1本を極めたいと思ったのでしょう。

こうして、

城咲仁さんは俳優業に専念するために、バラエティ番組の仕事を全て断ってしまった

のです。

しかし、そのドラマの企画はお流れになってしまい、一度はすべてを断ってしまったため、バラエティ番組からもオファーが来ないという展開に…。

これにより、実質的に城咲仁さんは芸能界から干された(消えた)ような見え方をした…。

というわけですね。

まぁ、運が悪いとも言えますし、道を誤ったとも言えます。

これは自己責任なのか、どう思うかは個人によって感じ方は違うかもしれません。

ただ、この噂は確証もなく眉唾物です。

なので、1つ目に紹介した、城咲仁さんの需要がなくなり、テレビ出演が減った説が一番有力でしょう。

 

城咲仁の現在の仕事は?

%e5%9f%8e%e5%92%b2%e4%bb%813

テレビからすっかり消えてしまった城咲仁さん。

どん底にいた時期は、昔の豪遊時代のプライドからか、収入に見合わないお金の使い方をし、貯金をどんどん減らしていったそうです。

これまでに残金を気にしたことのなかった城咲仁さんが、ついには残高照会をしていたというのですから…。

では、現在の城咲仁さんは、一体何をしているのでしょう?

 

実は、これまでとは全く別の方面で大活躍をし、城咲仁さんがかなりの収入を得ていることを知っていましたか?

現在の城咲仁さんは、

フードアドバイザー

と呼ばれる肩書にあるそうです。

主に料理番組やテレビショッピング

に出演しているそうですよ。

さらに城咲仁さんは、料理本も出版したらしく、意外な才能を発揮させています。

テレビショッピングでは、

1日1億円以上の売上

を記録したエピソードもあるのだとか。

さらには、城咲仁さんが実家の中華料理店『丸鶴』のタレを元に考案したオリジナルのタレ『漸(ZEN)』もプロデュース!

料理方面では、城咲仁さんは有名人になったと言えるでしょう。

ちなみに、フードアドバイザーとは、

飲食店の開業や経営に携わり、店舗運営やメニュー企画・開発、テーブルコーディネートまでアドバイスできる専門家。

食べ物のことのみならず、店舗の経営にも関わる仕事

ということみたいです。

既に9年以上、フードアドバイザーとして仕事をしているらしく、城咲仁さんが紹介した商品はよく売れるので、業界からはかなり重宝されている存在と言えそうです。

さらには、城咲仁さんは資格も数多く取得していて

  • 薬膳インストラクター
  • 雑穀マイスター
  • ジュニアスーパーフード

といった食に関する資格を持っています。

城咲仁さんは、もともと自炊生活をしており、

『将来は飲食店を経営したい』

と思っていたそうなので、人生的には、ようやく落ち着くべきところに落ち着いたと見ていいのかもしれません。

また、現在の城咲仁さんの風貌は、

爽やかなお兄さん

と言った雰囲気になっています。

見た目の爽やかさや、ホスト時代の客を喜ばせるおもてなし技術、先ほども触れたように、

中華料理屋が実家だった

ことなどが、現在の城咲仁さんのフードアドバイザーという仕事に活きているようです。

 

また、実は俳優業も継続中。

どん底の城咲仁さんを救ってくれたのは、あの坂上忍さんだったそうです。

坂上忍さんが主催する舞台に出演したのですが、その時の役が、泣きながら土下座をする役。

しかし、実際に演じてみると、全く土下座になっておらず、説教をされて悔しくて泣いてしまったのだとか。

「かっこつけすぎ」

「ホスト時代のプライドを捨てきれていない」

と言われ、過去の栄光を見続けていたのかもしれなかった城咲仁さんは、大いに悩みました。

そして、プライドなどを全て捨て、床の排水溝の部分をなめるまでして土下座をイメージしたところ、

「それだよ!」

と言われ、どんなことにも全力で取り組めるようになったのです。

そして、これがフードアドバイザーとして、料理方面での仕事をすることにも繋がりました。

また、俳優業としても、近年は2時間ドラマに時々出演していて、ちょくちょくと俳優としての仕事もあるみたいです。

最近だと、2017年に『月曜名作劇場』のドラマで2回出演していますね。

また、映画だと『THE ACTOR-ジ・アクター』シリーズ、さらには本人役で『クレヨンしんちゃん ユメミーワールド大突撃』に出演しています。

「今は役者として認知されたい」

とのことで、今後も俳優活動も行っていきたいと考えているみたいですね。

ちなみに、生活の方はというと、かなり質素になったみたい。

車も売って、電車通勤になったそうです。

ドラマ出演もちょこちょことできているので、もしかしたら、いずれはプライムタイムのドラマで城咲仁さんがレギュラー!ということもあるかもしれませんね!

 

まとめ

かつてNo.1のカリスマホストとして、年収1億円以上を稼いでいた城咲仁さん。

しかし、2005年に突如ホスト業界を引退し、華々しく芸能界へ入るも、城咲仁さんへの需要がなかったことから、テレビからすぐに姿を消してしまい、ネット上では、

「干された?」

と囁かれてしまっていました。

その後、どん底にいた城咲仁さんは、坂上忍さんによって救われます。

俳優として、また、フードアドバイザーとして料理番組や、テレビショッピングのバイヤーとして活躍するようになりました

とくに、テレビショッピングや料理番組界隈では、大きく売上に貢献しているようで、城咲仁さんが新たな才能を開花させているようです。

ただ、俳優として芸能界で活躍したい思いはまだあるみたいなので、今後、城咲仁さんが俳優としてさらに開花できるのか?

役者・城咲仁としての活躍にも期待したいですね!

ページトップへ