星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

漫画

東京ラブストーリー続編のあらすじネタバレ!ドラマ化の可能性は?

投稿日

1990年代前後、月9ドラマ恋愛三部作として、

  • 『同・級・生』
  • 『東京ラブストーリー』
  • 『あすなろ白書』

が大ヒットしたことを皆さん覚えていらっしゃいますか?

おそらく現在40代~50代の人たちにとって懐かしき思い出の作品だと思います。

いずれの作品も原作を手掛けたのは、漫画家・柴門ふみ先生。

そんな柴門ふみ先生の代表作の中でも、最も人気が高かったのが『東京ラブストーリー』で、先日、25年後のストーリーも読み切りとして復活しましたよね。

それがなんと、今度は連載になるという話なのです。

はたして、どんなストーリーとして描かれていくのか。

また『東京ラブストーリー』の続編ドラマ化の可能性も気になりますので、本記事でその真相を探ってみたいと思います!

スポンサーリンク

アドセンス

東京ラブストーリーの続編連載!

東京ラブストーリー

東京ラブストーリー

月9の影響もあって、柴門ふみ恋愛三部作の一つと呼ばれていた代表作『東京ラブストーリー』。

ドラマ化では、織田裕二さんと鈴木保奈美さんが主演を務めて話題になりましたよね。

いろんな意味で振り回すタイプのリカが、優しい男である完治と恋をしながらも、完治が高校時代に恋をしていた同級生・さとみと、さとみが恋をしたもう一人の同級生・三上の4人を中心に、

恋の四角関係

を展開していくストーリーです。

ある種、男勝りと言うべきなのか猪突猛進で、なんでも思ったことはすぐ行動に移す赤名リカ

女の子気質でか弱く、些細な事で悩みを完治に相談する関口さとみ

その2人に、振り回されながら、優しくお人好しな行動を取り続けてしまう永尾完治

『東京ラブストーリー』の物語の本筋は、この三角関係で進んでいくと思われがちです。

しかし、プレイボーイで、完治とも同級生である三上健一がさとみと交際しているため、全く異なる性格を持つ4人のキャラクターを軸に、四角関係で物語は進んでいくのです。

その描かれ方が、当時にはないタイプの作品として斬新でした。

そのため、多くの若者達の間で爆発的人気を誇っていたのだと思います。

恋愛ドラマといえば、ピュアな純愛ドラマか、ドロドロした争いが展開されるタイプのどちらかと、だいたい相場は決まっていました。

とくに赤名リカのようなキャラクターの女性は見当たらず、筆者もドラマを観ながら完治のように振り回された覚えもありますね。

本当にヤキモキしながら、

『こいつは何なんだ!!』

と思うこともありました。

最後は、誤解されやすいけど、ストレートで一途に愛する女性なんだと分かると、なんだかリカを応援したくなる気持ちに変わっていく…

おそらく『東京ラブストーリー』制作サイドもその辺りのところを狙っていたのでしょう。

きっと、筆者のように、当時の製作陣の思惑に引っかかってしまった視聴者が続出していたんだと思います。

現在の時代で、『東京ラブストーリー』と全く同じ漫画やドラマが出てきたところで、きっと陳腐に見えると思います。

『東京ラブストーリー』は、おそらく時代だからこそであり、あの漫画・ドラマを超える作品は当分出てこないでしょうね。

そんな『東京ラブストーリー』が、四半世紀を超えて、2016年1月に復活…

当初は、読み切りとして、週刊ビッグコミックスピリッツに掲載されました。

その設定も

25年後のストーリー

として描かれ、どこか懐かしくもあり、少し老けた完治とリカの姿に、現実世界とリンクしたような感情を抱かせてくれます。

そして、そんな『東京ラブストーリー』が、2016年11月10日発売号の女性セブンで、

7話完結の連載漫画

として復活するそうです。

タイトルは復活当初と同じで、

『東京ラブストーリー~After25years~』

すでに、原稿は書き終えているとか。

作者の柴門ふみ先生も

「読み切りでは消化不良なところがあったけど、今回の『東京ラブストーリー』続編の連載で、全て描ききった感がある」

と語っています。

いろんな意味で、『東京ラブストーリー』が続編で大団円となるストーリーで締めくくっていくのではないかと思います。

後ほど、もう少し『東京ラブストーリー』続編のストーリーに対しては掘り下げていきます。

2017年1月12日には、この『東京ラブストーリー』続編の7話分のストーリーが収録された単行本コミックスも発売予定とのこと…

当時の『東京ラブストーリー』にハマっていた40代~50代の人たちはもちろんのこと、昔良き時代を知らない若者たちにとっても期待できる作品として掲載されていくと思います。

はたして、『東京ラブストーリー』続編が、どのようなストーリーとして描かれていくのか楽しみにしたいものですね。

 

25年後の『東京ラブストーリー』のあらすじネタバレ!

いよいよ女性セブンで新連載で続編として帰ってくる事となった『東京ラブストーリー』。

やはり気になるのは、

『東京ラブストーリー』が、どんなストーリーとして帰ってくるのか?

というところだと思います。

当然ながら、具体的なストーリーに関しては、まだ全て明かされているわけではありません。

ただ、不透明な部分はありますが、少なくとも2016年1月に復活した『東京ラブストーリー』の25年後のストーリーの続編ということは分かっています。

話は、『東京ラブストーリー』として描かれていた25年後の世界、つまり

完治が50歳を迎えた世界の物語

となっています。

かつては完治と恋仲にありましたが、破局に終わってしまった赤名リカは、当時務めていた東京スポーツの和賀部長の子供を妊娠し出産。

名前を故郷に因んで

アフリカ

と名付けます。

一方、リカと別れた完治は

さとみと結婚

し、娘も生まれ平凡ながら幸せな家庭生活を送っていました。

そんな中、ふとしたことをきっかけに、リカと完治が急接近することになるのです…

 

一人暮らしをしていた娘から突然電話が入り、何事かと思い、電話を取ると、

『結婚したい相手がいる』

と告白される完治。

それが、居酒屋のバイトで知り合った男だというのですが、名前が

赤名アフリカ

だと聞いて、完治は動揺し始めます。

その名は、以前に

『リカが子供に名付ける』

と告げていた名前だったのです。

その事を思い出した完治は、どのようにさとみに切り出せばいのか、戸惑い続けていました。

そんな中、リカから完治の携帯に電話が入り、長靴を持って、千葉のある場所に来るようにと誘われます。

何やら、

現在のリカは千葉の農場のオーナー

をしているらしく、どうやらその日は稲刈り合コンというイベントを開催していた模様。

そもそもロスに転勤していたはずのリカが、何故、千葉の農場のオーナーをしているのか…

さっぱり意味不明と思える話でもあるのですが、実は、リカの息子が小学校時代にいじめにあってしまったことが、転機だったようです。

リカは、息子のために、環境を変えるため仕事も辞めて、千葉のある農場のオーナーのもとに頼み込んで、住み込みで働き始めたのです。

そして、子供のいなかったオーナー夫婦が亡くなり、その跡を受け継ぐ形で、リカが農場のオーナーになったそうです。

そんなリカは、完治から見ても、実にたくましく感じる母親になっていました。

女手一つで、息子・アフリカを育ててきたリカに対して、どこかホッとしたところを見せた完治でした。

その一方で、千葉にいる彼女と自分は、つくづく巡り合わせのない2人だと思うのです。

実は、完治は、40歳になった頃に、このまま会社員として生活していて良いのか?と将来のことを考えるようになり、結果として会社を辞めてしまいます。

そして、一時期、リサイクルショップを営んでいた妻のさとみに生活を支えてもらいながら、主夫として過ごし、ようやく見つけた仕事が、故郷である

愛媛での学校の教頭

という職だったのです。

現在、妻であるさとみとは別居状態で、時折、完治が妻のもとに帰るという生活を繰り返しています。

完治としては、いずれさとみを愛媛に呼び寄せようと考えていますし、そもそも千葉と愛媛では遠く、リカと再会することは、もう無いだろうと考えていたのです。

そんな感慨にふけっていた完治に、リカは、

『娘さんとアフリカのことをよろしく』

と頭を下げます。

リカ自身、これまでの人生で、ほとんど後悔することはありませんでしたが、唯一心残りだったのは、完治のことを手放してしまったことだったらしく、アフリカには、

『好きな子の手は絶対に離すな!!』

と、5歳の頃まで言い聞かせていたんだそうです。

そんな教えを受けていたアフリカは、わずか交際2ヶ月で、完治の娘にプロポーズしたのです。

 

と、ここまでが2016年1月に復活した『東京ラブストーリー』の続編の25年後の世界観の大まかなストーリーです。

おそらく、この続編なので、それぞれの子供達の結婚を軸に話が展開されていくのだと思います。

はたしてリカと完治に恋心が再燃するのか。

さとみは、2人の姿を見て嫉妬してしまうのか。

などなど、見どころがたくさんある、今の時代ならではの作品になりそう…

往年の『東京ラブストーリー』ファンはもちろんのこと、これから『東京ラブストーリー』を読み始める若者にとっても、色んな角度から楽しめる作品となっているでしょう。

ぜひ前回同様、読んで爽やかな擬似恋愛が出来たと思えるような作品に仕上げて欲しい…

そんな風に、筆者としては、『東京ラブストーリー』の続編に期待しています。

 

東京ラブストーリー続編のドラマ化の可能性は?

さて、『東京ラブストーリー』の続編の連載というニュースを受けて、ストーリーのあらすじと共に、多くのファンが気にされているのが、

ドラマ化

の話です。

皆さん、あくまで『東京ラブストーリー』の続編の可能性があるかないか、という部分を気にされているのだと思います。

ただ残念ながら、正直、

7話だけのストーリー

(前回の読み切りを合わせて8話)

なので、ドラマ化は、なかなか難しいだろうというのが、筆者個人の見解です。

もちろんSPドラマような単発物として復活する可能性は十分あるかと思います。

しかし、少なくとも連続ドラマ(しかも月9で…)という可能性は限りなく低いです。

そもそも『東京ラブストーリー』は単行本にして4冊分のストーリーがあり、それを凝縮してドラマ化されています。

今回は、たった7話だけの復活連載ですし、この『東京ラブストーリー』の続編をドラマ化にするには、あまりにもストーリーのストックが少なすぎて、連ドラとしては話が持たないと思うのです。

BSプレミアムなどで放送されているドラマ枠などでは、8話限定というタイプのドラマもあります。

それでもギリギリ足りるか足りないかというところでしょう。

それに、もし最初から連ドラありきでの復活を考えているのであれば、最初から柴門ふみ先生にその話を打ち明け、ドラマを意識した連載を計画していくはずです。

そういった動きが一切見当たらず、すでに原稿を描き終え、『全て描ききった』と語っていたところを見ると、

ドラマの可能性は限りなくゼロに近い

のではないかと思う次第です。

そうはいってもドラマ化された『東京ラブストーリー』の続編を見てみたいと思う気持ちも…。

果たして、『東京ラブストーリー』のドラマ化が実現されるのか。

それとも続編漫画として終止符を打つこととなるのか、その動向を見届けていきたいものですね。

 

まとめ

『東京ラブストーリー』の続編の連載が決まり、往年のファンだけでなく、今の若者もかなり注目されているようです。

あらすじは、完治たちが過ごしたあの『東京ラブストーリー』の25年後のストーリー。

なんと

2人の子どもたちが結婚する

という話からスタートしていきます。

果たして、再会した完治とリカに、再びラブロマンスが展開されていくのか…

また、一方で期待されているドラマ化の話が実現されていくのか。

色々見どころ満載の連載となっていきそうなので、その顛末には注目していきたいものですね。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-漫画