星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

フィギュアスケート

宇野昌磨が2017-2018シーズンのフリーで使用する音楽(曲)を紹介

更新日:


フィギュアスケーター宇野昌磨選手は、2017-2018シーズンの使用曲として、ショートプログラムでは、

ビバルディの『四季』から『冬』

を使用しました。

この曲は、どちらかというとのびやかで明るい感じの曲調です。

それに対して、フリースケーティングでは、

プッチーニ最後の歌劇『トゥーランドット』から、アリア『誰も寝てはならぬ』を選んだ

のです。

この曲は、ドラマティックな迫力に溢れた名曲ですが、その分、歌手には負担がかかる曲でもあります。

宇野昌磨選手は、2015-2016シーズンにもフリーで使用していますが、それをオリンピックイヤーの今シーズンに持ってきたわけです。

そこで今回は、宇野昌磨選手の2017-2018シーズンのフリースケーティングの使用曲と、その作曲者などを、調べてみました!


次のページへ >

-フィギュアスケート

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.