星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ゲーム

スーパーロボット大戦V参戦(参加)作品一覧!主人公と発売日も紹介

投稿日

1991年の『スーパーロボット大戦』から、25周年を迎えた『スーパーロボット大戦』シリーズ(スパロボ)。

そのシリーズ最新作として、『スーパーロボット大戦V』(スパロボV)が、PS4/PSVitaで発売されます。

先日行われた『スパロボ』25周年記念イベントで、ついに『スパロボV』の発売日や主人公などの新情報が公開となったみたいです。

また、話によると、大人の事情で歴史の闇に葬られてしまっていた某リアル系ロボットそっくりな

ヒュッケバインが復活

するのだとか!

以前から、明らかになっていた参戦(参加)作品も含め、当記事では、『スーパーロボット大戦V』の現在までに判明している情報をまとめてみようと思います!

スポンサーリンク

アドセンス

スーパーロボット大戦Vの参戦(参加)作品をチェック!

%e3%82%b9%e3%83%91%e3%83%ad%e3%83%9cv

『スパロボ』シリーズ25周年の2016年6月に初めて発表された『スパロボV』。

『スーパーロボット大戦V』は既に、

「シリーズ化はしない」

と、予め発表されており、

第○次~

というようなシリーズものにはならず、単発作品になることが判明しています。

『スーパーロボット大戦V』対応ハードは、

PS4/PSVita

となっており、マルチプラットフォームでの展開になるみたいですね。

正直、PSVitaが足を引っ張っていて、PS4の良さが生かせない気がするので、マルチプラットフォームでの展開はもうやめてほしいと思うわけですが…。

さて、『スパロボ』シリーズの新作が発表される度に話題となるのは、参戦(参加)作品ですよね。

一体どんな作品が『スパロボV』に参戦(参加)するのか、早速一覧にしてみました。

スーパーロボット大戦Vの参戦(参加)作品一覧

※赤字は新規参戦(参加)作品

無敵超人ザンボット3

無敵鋼人ダイターン3

機動戦士Zガンダム

機動戦士ガンダムZZ

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(機体のみ)

機動戦士クロスボーン・ガンダム

機動戦士クロスボーン・ガンダム スカルハート

機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人(機体のみ)

機動戦士ガンダムSEED DESTINY

劇場版機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-

機動戦士ガンダムUC

勇者特急マイトガイン

劇場版機動戦艦ナデシコ -The prince of darkness-

真(チェンジ!!)ゲッターロボ世界最後の日

真マジンガー衝撃!Z編

真マジンガーZERO vs暗黒大将軍(機体のみ)

フルメタル・パニック!

フルメタル・パニック?ふもっふ

フルメタル・パニック!The Second Raid

フルメタル・パニック!(原作小説)

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q(機体のみ)

宇宙戦艦ヤマト2199

クロスアンジュ 天使と竜の輪舞

『スパロボV』なのに、『コンバトラーV』や『ボルテスV』『Vガンダム』のような『V』の付く作品が1つもないのは、参戦(参加)作品が決まった後にタイトルが決定したからだそうです。

参戦(参加)作品を見ると、ガンダムが非常に多いですね。

『00』は『第2次スーパーロボット大戦Z』でアニメ版が登場してからというもの、劇場版が『UX』、『BX』、『第3次スーパーロボット大戦Z』と、近年の『ガンダムSEED』に負けず劣らずの出演数。

その他のガンダムでは、特に宇宙世紀シリーズが多く参戦(参加)していますね。

機体だけではあるものの『閃光のハサウェイ』のΞガンダムや、続編つきで『クロスボーン・ガンダム』が、久しぶりに登場するなど、宇宙世紀ファンには嬉しい参戦(参加)作品となっています。

というか、『クロスボーン・ガンダム』は、大きくストーリーに関わった『第2次スーパーロボット大戦α』以来の久しぶりの登場になります。

また、劇場版『Zガンダム』の設定を使うことで、『スパロボ』ですっかりご無沙汰となっていた『ガンダムZZ』も久しぶりの登場!

『Zガンダム』や、『逆襲のシャア』らの歴代主人公メンツと、今回はどう関わるかが楽しみですね。

久しぶりの登場という事は、おそらくはボイスも新録されるでしょうし、さらに期待が膨らみます。

ガンダム以外の新規参戦(参加)枠では、『勇者王ガオガイガー』以外の参戦(参加)は、ほぼ無理だと言われていた勇者シリーズから、

『勇者特急マイトガイン』

が参戦(参加)!

ここ最近のロボットアニメ枠では、『クロスアンジュ』が参戦(参加)しており、『勇者特急マイトガイン』と『クロスアンジュ』は、アンケートの結果をもとに参戦を決めたのだそうです。

そして、極めつけはロボットがアナライザーくらいしか登場しない『宇宙戦艦ヤマト2199』

ロボットが全く出てこないことから、これには賛否両論あり、ファンのみならず、開発内でもどうするべきか悩む一件だったそうです。

逆に考えれば、参戦(参加)できるロボット物のハードルが下がったとも言えますし、これはこれで今後、さらに多くの新参戦(参加)作品の幅が広まった、と好意的に捉えた方がいいかもしれませんね。

さらに、『真マジンガーZERO vs暗黒大将軍』では、スパロボオリジナルとなる新たなマジンガー、

マジンエンペラーG』

が、パイロットの剣鉄也とともに参戦(参加)することが発表されています。

%e3%83%9e%e3%82%b8%e3%83%b3%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%83%9a%e3%83%a9%e3%83%bcg

上の画像を見ても分かる通り、かなりゴテゴテしたイメージですが、非常にかっこいいデザインで、筆者は早くも気に入ってしまいました。

 

スーパーロボット大戦Vの主人公をチェック

『スパロボV』の主人公機や、オリジナル機体も紹介がありました。

それによると、今回は男主人公と女主人公がいるみたいです。

男主人公が、

叢雲総司(むらくも そうじ)

で、CVを桐本拓哉さんが担当。

女主人公は、

如月千歳(きさらぎ ちとせ)

CVは神田朱未さんとなっています。

%e4%b8%bb%e4%ba%ba%e5%85%ac

オリジナル機体は、

ヴァングレイ

メカデザインは『鉄のラインバレル』で作画や、シナリオを担当した清水栄一さんです。

また、

  • ヴェルターブ・テックスト
  • シャルロッテ・ヘイスティング

というテストパイロットもいるみたいですね。

この2人は、何のテストパイロットかというと、それこそが今作の隠し要素ともいえる、まさかのあの機体のパイロットたちなのです…。

 

スーパーロボット大戦Vにヒュッケバインが参戦(参加)!

%e3%83%92%e3%83%a5%e3%83%83%e3%82%b1%e3%83%90%e3%82%a4%e3%83%b3

皆さんは、

ヒュッケバイン

という機体を知っているでしょうか?

主にガンダムシリーズのメカニックデザインを担当しているカトキハジメさんがデザインした『スパロボ』オリジナル機体で、『第4次スーパーロボット大戦』が初出。

しかし、そのデザインがあまりにもガンダムと似ていたことから、後に

アニメの『スパロボOG』に登場しない

プラモデルも生産停止

ゲームの『スパロボOG』でもストーリー上で破壊されて使用できなくなっている設定にされる

など、ヒュッケバイン冷遇の時代が続き、

「大人の事情で抹消されたか…」

と、ファンからは囁かされるようになっていました。

まぁ、ガンダムに似ているも何も、カトキハジメさんのデザインかつ『スパロボ』というロボットアニメのお祭り的作品なので、デザインがこうなることはわかりきっていたわけですが…。

その後、オリジナル機体だけを集めた『スパロボOG』シリーズが展開されるようになってしまったのが、ヒュッケバインが問題になってしまう一因になったのでしょう。

そんなわけで、人気が高いながらも存在が抹消されてしまっていたヒュッケバイン

この度、『スパロボV』に25周年記念としてゲスト出演することに!

ヒュッケバインと同じく『第4次スーパーロボット大戦』で登場したグルンガストもゲストとして出演が決定。

ヒュッケバインとグルンガストは、『スパロボV』の初回購入特典で、早期加入ができるプロダクトコードが封入されるそうです。

早期加入ができるということは、特典限定というわけではなく、ストーリー上でも何らかの条件や時期に達すると加入できると考えてもいいのでしょうか。

いずれにしても、

「一刻も早くヒュッケバインを使いたい!」

という場合は、『スーパーロボット大戦V』の早期購入をすることをおすすめします。

 

スーパーロボット大戦Vの発売日はいつ?

黒板を指差す男性

ヒュッケバイン参戦(参加)ということで大きな注目を集めている『スーパーロボット大戦V』。

肝心の発売日もようやく判明しました。

公式発表によれば、『スパロボV』の発売日は、

2017年2月23日

寺田プロデューサーは、

「ゲーム開発は終盤で調整もほぼ終わっている」

と語っていたので、発売日の延期はないと思いたいですね。

 

まとめ

シリーズ最新作となる『スーパーロボット大戦V』。

『スパロボ』シリーズ25周年記念要素を取り入れることとなり、その要素というのが、まさかのヒュッケバイン復活で非常に驚かされました。

完全オリジナル設定で、今回は『第4次スーパーロボット大戦』とは関係ないそうなので、搭乗者は残念ながら『スパロボV』でのオリジナルキャラクターですが、そこは仕方がないでしょうね。

参戦(参加)作品を見てみると、宇宙世紀のガンダムが多く見受けられます。

『ガンダムZZ』や『クロスボーン・ガンダム』が久しぶりの参戦(参加)。

機体だけとはいえ、『閃光のハサウェイ』も参戦(参加)なので、ガンダムファンにはたまらないスパロボになっています。

勇者シリーズの『勇者特急マイトガイン』も登場するので、全体を見れば地味に見えても、豪華なメンツが揃っていると言ってもいいでしょう。

何より、これがシリーズものではなく、単発もののスパロボで、この参戦(参加)作品なのですから、筆者的には納得しました。

PS4を買うことができたら、『スパロボV』はぜひ購入したいなと思った次第です!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-ゲーム