星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

芸能人

ももち(嗣永桃子)の芸能界引退の理由原因と今後の活動は先生?

投稿日

あの明るいムードメーカーとしても人気があった、アイドル・ももち(嗣永桃子)さんが、所属するカントリー・ガールズを卒業するだけでなく、芸能界も引退する、というショッキングなニュースがネット上で飛び交っているようですね。

厳密には、ももち(嗣永桃子)さんが芸能活動を控えるということらしいのですが。

事実上のももち(嗣永桃子)さんの芸能界引退と受け取っているファンも多く、一体何故このような事になってしまったのかとショックを隠しきれないファンも多いようです。

また一部では、干されたという噂も囁かれ、今後のももち(嗣永桃子)さんはどうなっていくのか、と心配されているファンも多いようなので、本記事で、その裏事情を探っていきます!

スポンサーリンク

アドセンス

ももち(嗣永桃子)芸能界引退の悲しいニュース

嗣永桃子

嗣永桃子

明らかにぶりっこキャラで、その奇抜性がウケているのか、バラエティ番組などでも大ブレイクしたアイドル・ももち(嗣永桃子)さん。

ももち(嗣永桃子)さんのぶりっこキャラは、一つのムードメイキング効果もあり、良くも悪くも現場を盛り上げる象徴として捉えられていました。

その効果もあって、多くのファンから愛され続けてきたアイドルという印象がありますよね。

アイドルだからこそ、一部のファンから絶大な支持を受け続けてきたわけですし、元々所属していたBerryz工房もどちらかと言うと、ももち(嗣永桃子)さんのブレイクの貢献度によって、一般的な知名度を高めていった印象すら伺えます。

そんなももち(嗣永桃子)さんが、2017年6月30にをもって、現在、プレイング・マネージャーとして所属するカントリー・ガールズを卒業。

同時にももち(嗣永桃子)さん自身の芸能活動も控えると、所属先のアップフロントプロモーションから発表されました。

この衝撃的ニュースは、ももち(嗣永桃子)さんの多くのファンにショックを与え、今なお信じられないというファンも少なくないようです

確かに、ももち(嗣永桃子)さんはアイドルだからこそ、光り輝く存在であるという印象のアイドルでもあったので、

『アイドルを捨てて一体どうする気なのだろうか?』

と思う気持ちもあるのでしょう。

ただ、後ほど芸能界を引退する理由に関しても語っていきますが、ももち(嗣永桃子)さんの中で想うことが多々あったそうです。

いろんな後押しを受けていく中で、一つの決断として、今回のももち(嗣永桃子)さんの芸能界引退(事実上の…)という運びになったのだろうと思います。

ちなみに、一部では、ももち(嗣永桃子)さんが芸能界を干されたという話もあるそうですが、それは全くのデタラメです。

別にももち(嗣永桃子)さん自身、干されていたわけでもなんでもありません。

確かにテレビでの露出は少なくなっていきました。

それはカントリー・ガールズをプレイング・マネージャーとして牽引していくことに専念していたからで、ももち(嗣永桃子)さんが事務所や芸能界から必要とされなくなったということではありません。

きっと、事務所側も、ももち(嗣永桃子)さんに対して、申し訳ないという気持ちもあったと思います。

しかし、それ以上に、アイドルであることが何よりも好きだったももち(嗣永桃子)さんが、アイドルを夢見て芸能界に入ってきた後輩のためと貢献してくれている姿を素直に受け止め、感謝していたというのが本当のところだったのだと思いますよ。

そして、アイドルを続けたいというももち(嗣永桃子)さんの想いを支持しながら、アイドルとしての活動もできるようにバックアップしていったのでしょうね。

しかし、そのももち(嗣永桃子)さん想いは徐々に変わりつつあり、事務所との話し合いの末、今回の芸能活動を控える(事実上の引退)ということで話し合いがまとまったということのようです。

したがって、間違ってもももち(嗣永桃子)さんが干された形で引退を決めたということではありません。

それはただのガセ情報なので、一切スルーして間違いないでしょう。

なお、ももち(嗣永桃子)さんが芸能界を去るという2017年6月30日という日は、ももち(嗣永桃子)さん自身がハロプロのオーディションに合格しアイドルになった記念の日。

また2017年で15年の節目の年になるらしく、次のステップを踏むには最高の節目となりそうですね。

ももち(嗣永桃子)さん自身ファンに対する熱い思いもあり、

『残り8ヶ月で伝説を残してやりたい』

という熱い想いを込めてアイドル活動を続けていくそうなので、ぜひファンとしては最後まで応援し続けてあげたいものです。

 

ももち(嗣永桃子)が芸能界引退する理由とは?

厳密には芸能界引退ということではありませんが、

『芸能活動を控える』

という言い方なので、完全なる引退で二度と復帰もしないという話ではないと思います。

けれども、カントリー・ガールズを卒業し、芸能活動を控えていくと語っているので、

事実上の引退

と見ていいでしょう。

それにしても、賛否は分かれますが、アイドルとしての活動で生き生きとしていたようにも見えたももち(嗣永桃子)さんが、何故、事実上の芸能界引退を決めたのでしょうか?

実は、ももち(嗣永桃子)さんには、もう一つの夢があったそうです。

現在のカントリー・ガールズの後輩たちが、頼もしく成長し、今度は自分が夢を叶える番であると、悩み考え抜いた結果、

幼稚園・小学校の先生

になるために、再度、幼児教育を学ぶため芸能活動を控える事となったそうです。

ももち(嗣永桃子)さん自身、公式サイトでも語っていますが、アイドルである自分自身も、ファンと過ごす日々もどれもが大好きで幸せな日々だったようです。

もちろんアンチからバッシングされたり、なかなか結果に結びつかず苦しい時期もあったかもしれません。

以前、所属したBerryz工房の解散もその一つでしょう。

決して順風満帆の中で過ごしてきたアイドル人生ではなかったはず…

そうした中でやっと掴んだアイドルという地位を捨ててまでも、もう一つの夢である幼児教育を学び、幼稚園・小学校の先生という夢を叶えたいと考え始めたそうです。

ももち(嗣永桃子)さん自身、2012年ころから、アイドル活動と並行して大学へ進学し、幼児教育を受けていく中で、2年掛けて幼稚園・小学校の教員免許を取得したそうです。

アイドルで居続ける自分と同時に、子供のことも大好きだったももち(嗣永桃子)さん。

しだいに幼児教育の世界に惹かれ始め、ももち(嗣永桃子)さんの中で次の人生の目標へと変わっていきました。

しかし、ももち(嗣永桃子)さんがアイドルであるがゆえに、突然自分の想いだけでアイドルを辞めることが出来ない…

それはファンを裏切り、残されたカントリー・ガールズのメンバーたちも置き去りにして、自分本位の人生を歩むことになるとももち(嗣永桃子)さん自身が強く感じていたからでしょう。

だからこそアイドル・大学生の両立をしながらも、ももち(嗣永桃子)さんは将来のことを悩み続けていたのだと思います。

そして、カントリー・ガールズが結成2年を迎え、頼もしく育ってくれた…

それはももち(嗣永桃子)さんがいなくてももう大丈夫と思えるような成長だったようです。

そして、所属事務所にも相談した際に、これまでカントリー・ガールズを頼もしいアイドルグループへと成長させてくれた貢献度も考慮し、

『今度は嗣永自身の番だ!!』

と背中を押してくれたことが、一つのきっかけとなり、ももち(嗣永桃子)さんが芸能活動を控えるという道を決意したそうです。

メンバーたちもアイドルという夢を叶え、芸能界という華やかな世界で活躍し始めている、その中で、ようやく自分も次の夢に向かい進んでいくタイミングがやってきた…

もちろんももち(嗣永桃子)さんは、ファンがこのニュースを聞いてショックを受けるだろうと考えたはずです。

しかし、そんなことを言い始めたら、永遠に次の夢に向かって歩き出せません。

その部分を散々悩んだ挙句、周囲が背中を押してくれたこのタイミングで芸能活動を控えると決めたのです。

どこからどう見ても、根っからのアイドルキャラで、鬱陶しいというアンチもたくさんいました。

そう言われてしまうことも覚悟しながら、キャラを確立し、アイドルグループの先陣を切っていったからこそ、多くのファンからももち(嗣永桃子)さんは愛され続けています。

そのことへの感謝も忘れずにいたももち(嗣永桃子)さんだからこそ悩み続けながらも動き続け、2年間カントリー・ガールズのメンバーとして支え続けてきたのでしょう。

そういった揺れ動いたももち(嗣永桃子)さんなりの想いが、ようやく一つの形となり、芸能界を引退する決断に繋がったのだと思いますよ。

本当に、寂しさは募りますが、まだ2017年6月30日まで日はあります。

それまでアイドルとしてのももち(嗣永桃子)さんの活動を応援しつづけ、そして、一方では、次の夢に向かって進み始めている彼女の意志を尊重してあげたいですね。

スポンサーリンク

アドセンス

ももち(嗣永桃子)の今後は学校の先生?

先程もお話していた様に、ももち(嗣永桃子)さん自身、幼稚園・小学校の教師となって、幼児教育に携わる仕事につきたい、というもう一つの夢に動き始めようとしています。

すでにももち(嗣永桃子)さんは教員免許は取得しているらしく、さらに幼児教育について勉強を進めていくそうです。

確かに、彼女自身、大学も卒業して幼稚園・小学校の教員免許は既に取得していますが、それだけで教員になれるほど、幼稚園・小学校の先生になるのは甘い世界ではありません。

当然、採用試験はありますし、資格を所持している以上に教員としての資質や知識、実技能力の全てを兼ね備えた上で、しっかり子供と向き合い指導できる人物でなければ、採用試験は受かりません。

採用試験に受からなければ幼稚園・小学校の教壇に立つことなど夢のまた夢です。

おそらく、ももち(嗣永桃子)さんは、その勉強を改めて行い、夢である幼稚園・小学校の先生になるためのステップを歩み始めていくのでしょう。

一応、芸能活動を完全に引退するということではなく、『控えていく』というということなので、もしかしたら、たまにメディアに出演する可能性がないわけではありません。

ただ、事実上の芸能界引退であることは間違いなく、しばらくは幼児教育の勉強に専念されていくことでしょう。

 

ここからは、筆者個人の意見として読んでいただければと思います。

正直なところ、ももち(嗣永桃子)さんは、自分がアイドルでいることが大好きだった女性です。

プレイング・マネージャーという特殊な役割でありながらもカントリー・ガールズを牽引してきた女性ですので、芸能界引退してもアイドルを嫌いになることはないでしょう。

あくまで次の夢に向かって歩み始めていくことには違いないのですが、スパッと未練を断ち切るかのような振る舞いをしているようには思えません。

やはり、いつか元アイドルとして、芸能界に何かしら携わりたいという想いも心のどこかにあるのかもしれません。

 

その事を考えると、しばらくは幼児教育の勉強に専念し、いずれ幼稚園・小学校の先生としての夢を叶えていくことになるかと思いますが、その夢が無事叶い、教師としての生活に充実していった後、何らかの形で芸能界に関わる可能性もあるでしょう。

もちろん、表立ってタレントとして動くわけではなく、里田まいさんのように、

後輩アイドルたちをブログなどのメディアを通じて支援する裏方的な存在

として関わるのではないかと思います。

ちなみに、里田さんもニューヨークで田中将大投手の奥さんとしての生活を送りつつも、一方では時折カントリー・ガールズの良き相談役として関わっていますよね。

ほとんど自身の活動と言うより、完全なる裏方的役割でしかありませんし、実質、芸能界引退しているようなものと思っていいでしょう。

ももち(嗣永桃子)さんも、そういう里田さんのような関わり方をするかもしれないというのが、筆者の考え(と言うより願い…)です。

もちろん、これは、あくまで筆者個人の憶測でしありません。

山口百恵さんがかつて三浦友和さんとの結婚をきっかけにスパッと芸能界を辞め、それ以降もほとんど姿を見せなくなったかのように、ももち(嗣永桃子)さんも綺麗サッパリ身を引くかもしれません。

ももち(嗣永桃子)さんにとってアイドルであることと同じくらいに、子供の教育に携わっていく仕事に就きたいという想いは真剣なのですから、芸能界は完全に忘れて、教育者としての夢を追い求めていくことも十分考えられます。

いずれにしても、幼稚園・小学校の先生という新たな夢に向かって、より具体的に行動を起こしていくことだけは間違いないと思います。

それだけにファンとしてはももち(嗣永桃子)さんの背中を押してあげたいものです。

また、2017年6月30日までは芸能活動をそのまま続けていきます。

ももち(嗣永桃子)さんの最後になるかもしれないアイドルとしての勇姿を、この目に焼き付けておきたいですね。

 

まとめ

いろんな意味で、誰よりもアイドルらしいキャラクターであったももち(嗣永桃子)さん。

2017年6月30日という自身の節目の日に芸能界を引退することになり、ももち(嗣永桃子)さんのもう一つの夢である幼稚園・小学校の先生になるため、再度幼児教育を学ばれるそうです。

一応、すでに教員免許も取っているみたいですが、その道は厳しく、簡単には夢をかなえることは出来ないかもしれません。

しかし、ももち(嗣永桃子)さんなら、きっとその夢をかなえるために全力を尽くすことでしょう。

カントリー・ガールズの中でも、他のメンバーたちを教育し成長させてきたももち(嗣永桃子)さんですから、次の人生もうまくいくと信じ、アイドルとしての残りの8ヶ月間応援したいと思う次第です!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-芸能人