星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ドラマ

逃げ恥のドラマ視聴率や評判が良い理由はキャストとキャラクター

投稿日

NHK朝ドラ・大河、テレ朝『相棒』、『ドクターX』を除いて、この2016秋に始まった新作ドラマの視聴率争いで上位に食い込んでいるドラマの一つ。

それは、新垣結衣さん星野源さん主演のドラマ『逃げ恥(逃げるは恥だが役に立つ)』。

2016年度だけで比較してみても、TBS火曜22時枠で久しぶりに平均視聴率10%超えを果たしています。

『ドクターX』の21.26%は別格だとしても、まずまずの視聴率ではないでしょうか。

それにしても、何故この枠のドラマが人気となっているのでしょうか。

そこには『逃げ恥』ならではの魅力が隠されていると思いますので、本記事でその視聴率や評判の良い理由や秘訣を探ってみたいと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

ドラマ『逃げ恥』の視聴率が良いと評判!

2016年秋ドラマは、意外と面白いドラマがラインナップされていますよね。

ミステリーファン、連ドラファンと、いろんな視聴者たちのニーズに応えているような気がします。

それは、視聴率にも表れていて、医療ドラマシリーズとして大人気の『ドクターX』が、圧倒的な視聴率を獲っているのは当然として、織田裕二さん主演の『IQ246~華麗なる事件簿~』、石原さとみさん主演の『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』なども大人気です。

その中にあって、高視聴率を叩き出しているのが、新垣結衣さん・星野源さん主演ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』です。

新垣結衣

新垣結衣

筆者も、今挙げた4作品が、視聴率争い上位を走ると考えていましたが、まさにその通りの展開となりました。

『地味にスゴイ!』は、コミカルながらもまっすぐな想いで突き進む河野悦子のキャラクターが、石原さとみさんとリンクして上手く描けています。

『IQ246』は、ミステリーの筋書きが良いことに加えて、織田さんのコミカルなキャラクターも面白いです。

そして、新垣結衣さん星野源さんという斬新なコンビで、偽装恋愛している『逃げ恥』。

このドラマは、どこかやきもきしながらも、2人の恋模様を応援したくなる気分を抱かせてくれるラブコメディとして、多くの視聴者から支持を受けているのだろうと思います。

以上の3つは、全く異なるタイプのドラマですが、これまでのドラマとは、一味違う魅力あふれるドラマであることに違いありません。

その形が、そのまま視聴率として表れているのです。

とくに評価すべきは、2014年4月期から、TBS火曜日22:00枠で放送されたドラマの中で、

初めて視聴率二桁を記録

した『逃げ恥(逃げるは恥だが役に立つ)』ではないでしょうか。

このドラマ枠として放送開始された『なるようになるさ』が、ホームドラマとして期待されたものの不調で終わってしまいます。

その後も手を変え品を変え、あらゆるジャンルのドラマが放送されたものの全くヒットせず、全て不評と厳しい評価を突きつけられていました。

筆者個人としては大好きだったドラマ『重版出来!』でも、視聴率8.02%とヒットとは言えず、

『キャストが悪い』

『テーマがダサい』

とか言われ、『つまらない』と一刀両断する声もあったほど…

それだけに、今回の『逃げ恥』も、高視聴率が期待できると思いながらも、どこかで批判の嵐となってしまわないか、と心配する部分もありました。

主演キャストを見ても、新垣結衣さんと星野源さんというタイプの異なる2人です。

演技が下手と一方的に批判され、気がつけばダメドラマとなってしまうなんて、変な老婆心すら抱いていたのです。

しかし、『逃げ恥』の蓋を開けてみれば、そんな心配をしていたことが恥ずかしくなるくらい評判が高いのです。

『逃げ恥』の視聴率も、4話放送終了時点で

11.84%

と、火曜22:00のTBSドラマ史上初の二桁視聴率をキープし、絶好調とみることもできるでしょう。

まだ、終わってみないことには、なんとも言えない部分はありますが、これまでの視聴率を観ていくと、『地味にスゴイ!』を抜く勢いを見せているだけに、どこまで『逃げ恥』が好調を維持できるのか非常に楽しみです。

 

逃げ恥の視聴率が良い理由は?

お見合いを避けるために、とりあえず彼氏のふりをして欲しいと頼まれ、親の前で彼氏として登場する男性と本気で恋をした…

そんな経験をした女性も、中にはいらっしゃることでしょう。

また、その逆もあるでしょう。

偽装から繰り広げられる恋愛も一つの恋愛の形かもしれません。

この恋愛の形は、恋愛ドラマにおけるテーマとして、多くのドラマ・映画で描かれています。

2008年放送のドラマ『絶対彼氏。』も、失恋続きだったヒロインが、フィギュアと偽装恋愛していく、というちょっと変わったラブコメディドラマとして放送されました。

その他、映画『L・DK』、二階堂ふみさんがヒロインとして出演し話題となった映画『オオカミ少女と黒王子』など、たくさんの作品で、この偽装恋愛というテーマは用いられ、多くの男女から慕われ続けてきました。

最初は、形だけの恋愛で周囲を欺くための見せかけ、恋人のふりをしていく中で、徐々に好きな気持ちが溢れて2人が惹かれ合っていく…

その姿は実に不器用そのものです。

観ている方がハラハラドキドキさせられるものですが、その気持がどんどん溢れていって、いつの間にか術中にハマっていくわけです。

これは漫画でもよく用いる手法の一つですよね。

古味直志先生の漫画作品『ニセコイ』でも、ヤ○ザ同士の子どもたちが、親の事情で偽装恋愛させられるところから話がスタート。

いつしか本当に好きになっていくというストーリーとして連載されていました。

その中には三角関係もあり、色々複雑な恋模様が描かれていくのですが、最後はハッピーエンドとして終わっています。

今回放送されているドラマ『逃げ恥』も、大きな意味では、やっているテーマそのものは全く同じです。

『逃げ恥』の主人公の森山みくりは、大学院を卒業しながらも、仕事には恵まれず、就職試験には連敗続き。

どこからも必要とされていないと嘆き暮れている女性です。

ただ、彼女は母親譲りなところがあって、家事に関してはプロフェッショナルな仕事ぶり…

その事がきっかけで、

プロの独身

と豪語している父の元部下である津崎平匡の家事代行サービスを引き受けることとなります。

その後、偽装結婚という関係を持ちながら、2人は同じ家で生活を過ごしていくわけです。

もともと、みくりの父が定年退職後、念願の田舎暮らしを叶えるための期間限定での家事代行サービスは終わるはずでした。

しかし、急にその事を告げられたみくりは、

『ようやく自分が必要と認められたのに、仕事を続けられないのは嫌』

と契約結婚の話に乗っかるのです。

ここまでは、ただ形式的なことと割り切れる話だとも思えます。

けれども、この契約結婚をしたきっかけが、津崎の看病をしたことが一つの契機となっているところもあり、徐々にではありますが、2人の中で仄かな恋心が芽生え始めていくのですから、面白い話ですよね。

ただ、どちらも奥手で契約結婚という手前上、変な気遣いをしてしまい、どんどん話がこじれていってしまうのです。

契約結婚が、他の社員の風見にバレてしまうと、家事代行サービスを週1で打診されてしまい、結果、

シェア婚

という、また意味不明の展開を見せていきます。

みくりがシェア婚を打診され、ムッとしながら

『副業やります』

と言われたシーンを見ても分かりますが、完全に津崎のことに惹かれている自分がそこにいます。

それなのに、どんどん変な方向にこじれていくわけです。

『一体どこまでこじれていくんだ!!この2人は…』

そういう感情を、2人を見るにつれて大きくなってしまい、視聴者もやきもきしてしまい、本当に早く結婚すればいいのに…と思って2人の恋を応援したくなるんでしょう。

どこか初々しく可愛らしい印象もあり、またそんなキャラクターに星野源さん・新垣結衣さんの演技がピッタリ当てはまっています。

だからこそ、『逃げ恥』は、一風変わったラブコメでありながら、2人の恋の行く末を見守りたいという感情が抱いてしまうのです。

それが、『逃げ恥』の高視聴率にも繋がっている、というのが一つの要因だと思われます。

また、一方では、新垣さん・星野さんが可愛いと、

純粋にキャストだけの魅力

で、ドラマ『逃げ恥』が、支持されているところもあるようです。

新垣さんの場合、ドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命』に出演されたときは、命の尊さをテーマとする重いテーマのドラマに似合わないのか、彼女の演技に対しては、不評でした。

逆にラブコメとしても展開された『掟上今日子の備忘録』では、新垣結衣さんを支持する声も多かったようです。

もちろん好みは人それぞれなので、なんとも言えない部分はあります。

新垣結衣さん自身、爆発的にヒットしたドラマ『リーガルハイ』を含め、少しコミカルな要素がある作品の方が、演者として向いているのかもしれませんね。

どことなくおっちょこちょいで、天然チックなところも持ちながら、それでいて表情が豊かな女優です。

ただシリアスなだけの重いテーマでは、どうしても軽く見えてしまうのでしょう。

『逃げ恥』の予告でも、アニメ『サザエさん』のように

『今週のみくりさんは…』

と、おどけながら次回予告されています。

それに『逃げ恥』の中で、『情熱大陸』や『プロフェッショナル~仕事の流儀~』、『徹子の部屋』の妄想を繰り広げていく姿が非常に面白いです。

もちろん、ストーリーは原作に描かれている内容ではあるのですが、それを実写の中で繰り広げていくと、その姿が、陳腐に見えがちです。

それが一切陳腐に見えず、逆に微笑ましく見えてしまうのですから、そこは新垣結衣さんの明るさという魅力が大きいのでしょう。

星野源

星野源

それに星野さんも、どこか不器用な独身男性を上手く演じられているからこそ、どんどんドラマの世界に視聴者がハマっていくのです。

新垣さん出演のドラマは『コード・ブルー』、『らんま1/2』、『リーガルハイ』、『掟上今日子の備忘録』と数々観てきていますが、ラブコメというジャンルで彼女を見たとき、最も相性のいい俳優が、『逃げ恥』の星野源さんではないかと思います。

どことなく素っ頓狂な言動も見せつつ、それでいて言うべきところはビシッというみくり。

どこか優しくみくりのやりたいことをやらせてくれつつも、自分は恋をしてはいけないと遠ざかってしまっている不器用な津崎…

ネット上での『逃げ恥』の評判を見ても、多くの方がおっしゃられていましたが、やはり、新垣さん・星野さん以外の適任者はいないでしょう。

コンビとしての愛称は抜群ですよね。

また、彼女らを囲む脇役のキャストも、石田ゆり子さんや古田新太さんなど、ユニークなキャラクターで面白いです。

そして最後に、エンディングとして流れる

恋ダンス

が、大好評なのも、『逃げ恥』の人気の秘訣となっているようです。

確かに、あのどこかアジアンテイストなイントロから始まる、星野源さんのドラマ主題歌『恋』に乗せて振り付けされた恋ダンス。

踊っている新垣結衣さんがかわいく、心も癒やされてしまいそうな印象を受けますし、見るたびに癖になってしまうのもわかります。

実際に、恋ダンスを踊っている映像をYOUTUBEに配信されているネットユーザーもいらっしゃいますし、ある種、ピコ太郎と同じような感覚で、爆発的なブームになってしまうかもしれません。

『逃げ恥』には、そんな魅力がふんだんに詰まっていて、多くの視聴者から愛されているのだと思います。

『逃げ恥』で、今後みくりと津崎の2人がどのように本当の恋に発展させていくのか、ハラハラドキドキしながらドラマを観ていきたいと思う次第です。

スポンサーリンク

アドセンス

今後の『逃げ恥』のドラマ視聴率の展望と評価は?

TBSドラマ『逃げるは恥だが役に立つ(逃げ恥)』の純粋な評価としては、やはり先程もお話したように、非常に多くの方が、主演キャストの2人が可愛いと絶賛する声が多いです。

逆に『逃げ恥』に対して、不評の声は、ほぼ聞かれません。

もちろん好みはあるんだと思いますが、不器用な恋を展開している2人に、多くの視聴者が共感されているのでしょう。

ネットニュースでも、ラブコメでは普遍的に時代を超えて描き続かれている『偽装恋愛』というフォーマットは強いと評価されています。

それだけに『逃げ恥』は、もう少し視聴率が伸びるんではないかという気すらしています。

事実、初回こそ10.2%でしたが、右肩上がりで2話以降、12.1%(第2話)、12.5%(第3話)、13.0(第4話)と、右肩上がりに視聴率が伸びています。

さすがに、『ドクターX』のようなモンスタードラマと肩を並べるというのは難しいかもしれません。

しかし、TBS日曜劇場『IQ246 ~華麗なる事件簿~』の12.03%、日テレ水10ドラマ『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』の11.97%は超えるかもしれません。

もちろん、みくりと津崎の不器用な偽装恋愛が、このまま視聴者に受け入れられていくストーリー展開を見せていくことが大前提となります。

その期待感は十分伺えますし、遂に第5話では、みくりと津崎がハグし合うことになります。

そもそも契約結婚とはいえ、一応、夫婦関係にあるわけですから、軽いハグくらいあっても良かったと思うんですが、それすらもないというのが、2人の関係を象徴する初々しさと言えるのでしょう。

何やらひょんなことから始まってしまった風見涼太とのシェア婚。

それも叔母の土屋百合(役:石田ゆり子さん)にバレてしまうみたいです。

相変わらず、ひと波乱が勃発しそうなだけに、2人の関係がどのように展開していくのか、いろんな意味で楽しみです。

まだ『逃げ恥』を見たことがないという方は、この機会に一度ご覧になってみてください。

きっと、みくりと津崎の偽装恋愛にハマっていくことになると思いますよ!

 

まとめ

筆者も予想していたとおり、やはりドラマ『逃げ恥(逃げるは恥だが役に立つ)』が高視聴率を叩き出し、多くの視聴者から支持されているようです。

『偽装恋愛』というラブコメの王道テーマが支持されているところもありますが、それとともに主演キャストである新垣結衣さん・星野源さんがドラマにハマッていることが、その視聴率の良い理由みたいですね。

なおかつエンディングの恋ダンスも好評と、ドラマの魅力がたくさん支持されています。

ドラマ『逃げ恥』は、キャラクターとして不器用な2人がどのように恋を育んでいくのかを観ていくこと、それが面白いのだと思いますよ。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-ドラマ