星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

雑学

丁字路とT字路の意味の違いと由来をチェック!ヒルナンデス炎上!

投稿日

2016年11月4日に放送された『ヒルナンデス!』の内容が、ネット上で批判炎上状態になっていることは、みなさんご存知でしょうか?

その炎上した内容というのが、T字路という単語を

「丁字路」

と言ったお年寄りに対し、陣内智則さんをはじめとした出演者4人。

そして、番組スタッフの知識・語彙力の低さが、非難されているのです。

陣内智則さんらは、丁字路のことを知らなかったのでしょうか?

丁字路というのは、昔から日本語として定着している正しい言葉のはずですが…。

当記事では、『ヒルナンデス!』の一件から、ネット上で物議を醸したT字路という言葉と丁字路という言葉、この2つの違いについてご紹介していきます!

スポンサーリンク

アドセンス

『丁字路』発言を巡りヒルナンデスが批判炎上!

%e4%b8%81%e5%ad%97%e8%b7%af

今、ネット上である単語を巡り、『ヒルナンデス!』が批判炎上状態となっています。

冒頭でもお話したとおり、2016年11月4日の放送で、群馬県高崎市でのロケコーナーがあり、お笑い芸人の陣内智則さん、たんぽぽの川村エミコさんらがロケを行っていました。

問題のシーンが発生したのは、小籠包入りのパンを売っている店を探すため、道を歩いていたお年寄りのお爺さんに声をかけたところです。

お爺さんが、

「信号を左に曲がって道なりにずっと行くと、丁字路になるんですよ」

と説明すると、陣内智則さんが、

「『ていじろ』ですか?」

と聞き返し、お爺さんが

「丁字路」

と言うと、なぜか出演者4人が一斉に笑ったのです。

その後、丁字路とT字路を繰り返し言いながら進み、最終的には、たんぽぽの川村エミコさんが、

「丁字路に持って行かれて、ちゃんと聞いていませんでしたね」

と言ったことで、再び一同がクスリと笑うというのが、事の顛末です。

当然ながら、これにはネット上で大炎上。

「丁寧に道を教えてくれたお年寄りを馬鹿にするのか」

「もしかして丁字路知らない?こういうバ○を出演させるなよ」

「字幕も丁字路をしつこく映すし、番組スタッフ、相当性格のねじ曲がったかわいそうな奴なんだな」

「番組名を『私たち、バカナンデス!』に変えたら?」

と、批判で溢れかえったのです。

ちなみに、その週の土曜日の放送されたNHKの『ブラタモリ』でも、丁字路と発言する案内人の方がいました。

こちらは、NHKの近江アナも、タモリさんも聞き返すというようなことはせず、タモリさんも

「丁字路」

と発言するなど、ごく自然な流れで番組が進んでいきましたね。

おそらく、陣内智則さんらは道案内してくれたお爺さんが、T字路を訛って

「ていじろ」

と発言したのだと考えたのでしょう。

だとしたら、自身の語彙力のなさを露呈させただけです。

むしろ笑いものにならなければいけないのは、陣内智則さんら出演者のはず。

というよりも、仮に訛っていたとしても、親切に道案内をしてくれたわけですから、そんな素敵な方に対して、言葉の訛りを笑いものにするのも人間として許せない行為です。

陣内智則さん、たんぽぽの川村エミコさんら出演者4人は、学の無さ、性格の悪さ、いずれにしてもそのどちらかで自身の醜態を晒したことには変わりありません。

しかも、後に謝罪の一言もないというのですから、番組スタッフも相当性格の悪い人間が揃っているように見えます。

筆者は今回の件で、かりに平日のお昼に時間があったとしても、もう二度と『ヒルナンデス!』を見ようとは思わなくなりましたね。

 

T字路と丁字路の違い!意味や由来は?

黒板を指差す男性

今回の件について、日本語に詳しい方や、おじいちゃん子・おばあちゃん子の方、または比較的年齢の高い両親を持つ方からすれば、

「なんで丁字路で笑われるの?」

と疑問に思うかもしれません。

陣内智則さんらのように、

「T字路をていじろと訛ってたじゃないの?」

と思っている方のためにも、T字路と丁字路の違いや意味についてご紹介しようと思います。

さて、T字路と丁字路ですが、結論から言ってしまえば、

違いは全くありません

そもそも、

丁字路が先に生まれた言葉

T字路は後に言われるようになった言葉

丁字路は、正しい日本語として、道路交通法にも、

『丁字路』

と表記されているのです。

丁字路という言葉の由来も実に簡単なことです。

今も昔も、物の形を似ている字から例えるという発想は変わらず、

昔の日本ではアルファベットが使われていなかったので、T字路が漢字の"丁"に似ているとして、丁字路と名付け

ました。

これ丁字路の由来です。

もともと、丁の字のような形をしたもののことを

「丁字形」

と呼んでいたこともあります。

また、明治時代の小説にも丁字路という表現が使われているそうで、丁字路という表現は、何らおかしいものではないのです。

近年ではアルファベットが普及したことにより、T字路と呼ぶようになりつつあります。

そのことから、

「丁字路はT字路の訛った『ていじろ』であり、正しくない」

と、変に誤解する方が増えたのかもしれませんね。

ちなみに、NHKのオンラインサイトに載っている情報によると、

放送用語としては、T字路も丁字路もどちらでもOK

との解釈になっているようです。

こうした背景がありながら、丁字路があたかもT字路の訛った発音であると思わせ、発言者を馬鹿にするような番組構成を作るスタッフ…。

せめて、

「丁字路とも言います」

というようなテロップくらい出せなかったのでしょうか?

そもそも、他人を馬鹿にして笑いを取ろうとするその行為自体が、実に下劣で、人間として最低、非常に醜いです。

字幕で度々丁字路をネタにしようとした番組スタッフには、本当に怒りが湧いてきます。

いつだかのセシウムさん事件のような、番組スタッフの性格の悪さがにじみ出た一件と言えるでしょう。

また、出演者も自分の無知をさらけ出したうえ、親切にしてくれた他人を笑うという人間として最低の行為をしているので、今すぐにでも猛省し、もっと日本語を学んでほしいものですね。

丁字路を知らない人が増えていることにも、ネット上では大きな反響を呼んでおり、

「丁字路知らないとか冗談でしょ?」

「『ヒルナンデス!』だけだと思ってたら、知らない人が多くて驚いた…」

と、丁字路という言葉を知らない人が、意外にも多かったことへの驚きの声も。

筆者も、「ティー」が「てい」と、昔の人によくある訛りだと思われている…

世間のそういった認識が多くなっていると知った際には、思わず耳を疑いました。

知らなかったのは知らなかったで仕方のないことですが、自身の無知が原因なのに、それを間違っていると認識して否定するのはよくありません。

もし、勘違いや知らなかったことなどがあっても、自分の名誉を守るために相手を否定するのではなく、素直に、

「知らなかった、申し訳ない」

と一言添えて、これ以降、認識を改めていくべきではないでしょうか。

 

まとめ

『ヒルナンデス!』の一件から、丁字路のことを知らず、

「丁字路はT字路の訛り発音である」

というような認識をしている人が、意外にも多数いたということが発覚し、ネット上で物議を醸しました。

『ヒルナンデス!』の方はというと、丁字路の間違い云々より、親切に道案内をしてくれた方をネタにして笑う、という最低の行為をしていることで批判炎上。

しかも、番組からの謝罪は一切なく、これがさらに炎上に油を注いでいる状態に。

「番組名を『バカナンデス!』に変えたら?」

と激怒する人がいるほど、大バッシングを浴びているのです。

今回の件で初めて知った

という方も多いかもしれませんが、丁字路というのは、もともと日本で使われていた言葉であり、道路交通法でも、

「丁字路」

と書かれています。

なので、お年寄りの発音の間違いでもなんでもなく、れっきとした正しい言葉です。

それを訛っていると笑う…。

今度は自身の浅さに対して、あざ笑い返されることになるので、みなさんも気をつけましょう!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-雑学