星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ドラマ

龍が如くのドラマ放送はいつ?キャストが誰なのかもチェック!

投稿日

パチンコ台にも用いられ、劇場版で実写映像化されるなど、多彩な展開を見せながら人気を博したテレビゲーム『龍が如く』。

シリーズ作品中で、人気アーティスト『B’z』の稲葉浩志さんが主題歌を手がけることもありました。

また作中で、佐野岳さんなどブレイク中のイケメン俳優、渡哲也さん、遠藤憲一さんなど、大物俳優など超豪華キャストを起用し続けていますよね。

そんな『龍の如く』が、ゲームではなく初めてドラマ化されるそうです。

それにしてもドラマ化が初という話には意外にも感じましたが、果たして今回の『龍が如く』のドラマ化では、どんなストーリーとして描かれていくのでしょうか。

そこで、本記事で『龍が如く』のドラマ化の詳細や、キャスト、放送日などをまとめていきたいと思います!

スポンサーリンク

アドセンス

『龍が如く』が遂にドラマ化!

龍が如く

龍が如く

渡哲也さん、ビートたけしさん、哀川翔さん、遠藤憲一さんなどなど、数え切れないほどの大物俳優を起用し、ドラマ『仰げば尊し』でも、脚光を浴びたイケメン俳優・佐野岳さん、朝ドラ『とと姉ちゃん』でブレイクした大野拓朗さんも出演…

若手から大物まで制限なく、キャストとして起用し続け、声優たちとの豪華コラボを見せ続けてきたテレビゲーム『龍が如く』シリーズ。

正直、テレビゲームにここまでキャストを起用し続けていくなんて、通常では考えられない話です。

それだけにセガの大盤振る舞いには、ファンとして頭が下がる思いですよね。

それにしてもパチンコ台にも用いられたこの『龍が如く』シリーズですが、何故、これまでにドラマ化されなかったのか、ずっと疑問に思っていたんですよね。

確か、この『龍の如く』は、2007年3月に『クローズZERO』シリーズや、『悪の教典』『テラフォーマーズ』など、数々の問題作や話題作を手がけてきた映画監督・三池崇史監督によって、映画作品として劇場版が公開されています。

また、『クロヒョウ 龍が如く新章』としてドラマ化されたこともありました。

しかし、シンプルに『龍が如く』としてドラマ化はこれまでにされていません。

正直、映画化とともにドラマ化の声もかかり、純粋に『龍が如く』の世界観を描くドラマとして放送されてもおかしくはないクォリティのはずです。

気がつけば、声が掛かることもなく、2010年にようやくドラマ化されたかと思えば、『クロヒョウ 龍が如く新章』と、少し内容…。

それも放送されたのは深夜ですから、扱いが悪いと思ってしまうのは筆者だけでしょうか?

そして、その後は、特にドラマ化の声もかからず、その後も、ゲームソフトだけは、続編となる作品が世に生み出されてきました。

それも、現代の世界を飛び越え、侍の世界(時代劇)を展開されたり、ゾンビ世界でモンスターらしきものと戦ったりと、多種多様な世界を構築しているのがこの『龍が如く』…

キャストの豊富さに加えて、充実した設定、シナリオと、現実の日本に近い世界観を醸しつつ、何でもありの世界の装いが見られるのが大きな特徴でしょう。

正直、かつての劇場版『龍が如く』の評判がすこぶる悪くて、これ以上、実写映像化は出来ないと、ドラマ班から敬遠されている?とすら思っていたのですが、一体どのような経緯から、今回ドラマ化が決まったというのでしょうか?

話によると、既に『龍が如く』のドラマ撮影も始まっているそうです。

さすがに時代劇や、ゾンビ系で進むということはないでしょう。

きっと初代から続く、『龍が如く』の世界観を描いていくことになるかと思います。

はたして『龍が如く』のようなドラマが、視聴率が取れる作品になるのか、また評判が上がる作品として定着するのか、いろんな意味で気になるところです。

『龍が如く』のジャンルのドラマを振り返ってみると、昔は、長渕剛さん主演ドラマ『とんぼ』、中山秀征さん主演ドラマ『静かなるドン』と大ヒット作品があります。

ただ最近では『極悪がんぼ』『ヤメゴク』は、評価も悪く、若干良かった『ウロボロス』は、どちらかと言えば、ミステリーに近いドラマ…

近年の『龍が如く』系ドラマは、不評という印象も強くなっているような気がするだけに、果たして、『龍が如く』で、どこまで支持を回復していくのか楽しみにしたいものです。

 

ドラマ『龍が如く』のキャストは誰?

さて、何かと気になる『龍が如く』のドラマですが、果たして、誰がキャスティングされていくのでしょうか?

実際のところ、ドラマ化が決定して、撮影が始まったという話以外、なにひとつ明らかにされていないために、全く分かっていない状況です。

ちなみに、2007年3月に劇場公開された映画『龍が如く 劇場版』でのキャストは、以下のとおりです。

桐生一馬:北村一輝
真島吾朗:岸谷五朗
悟:塩谷瞬
唯:サエコ
澤村遥:夏緒
一輝:加藤晴彦
澤村由美/美月:高岡早紀
野口刑事:哀川翔
朴:コン・ユ
伊達真:松重豊
理髪店店主:田口トモロヲ
錦山彰:真木蔵人
武器屋:荒川良々
今西:遠藤憲一
中西:ムロツヨシ
神宮京平:名越稔洋
風間新太郎:塩見三省

以上が、『龍が如く』劇場版の主なキャストです。

ネット上でも、今回のドラマ化のキャストとして有力視されているのが、桐生一馬役の北村一輝さんと、真島吾朗さんの岸谷五朗さんの二人…

北村一輝と岸谷五朗

北村一輝と岸谷五朗

もちろんネット上の予想として有力視されているに過ぎません。

彼らがドラマ『龍が如く』に出演されるのか、そもそもキャストとしてオファーを受けているかも全く不透明です。

おそらく、前回からの流れで、出演されるのであれば、その可能性として考えられるのは、北村さん岸谷さんの2人に加えて、哀川翔さん、遠藤憲一さん、松重豊さん、ムロツヨシさんあたり。

彼らは、これまでの活躍も含めて考えると、有力と考えていいかもしれません。

さらに、『龍が如く4』で主人公の一人・谷村正義役として声を担当した成宮寛貴さん、『龍が如く5』で登場した芹沢和彦というキャラクターの声を担当した奥田瑛二さんなども出演の可能性はあるような気がします。

その他、ヤンキー系のドラマとして放送されたドラマ『HiGH&LOW』シリーズの影響もあり、

『EXILEのメンバーたちが出るのでは?』

という声があったり、映画『セーラー服と機関銃 -卒業-』に出演された橋本環奈さんの出演を希望する声も高まっているようです。

あくまで筆者個人の希望でしかありませんが、やはりテーマも考慮して、悪女としてブレイクした菜々緒さんを抜擢してほしいという期待はあります。

彼女なら、映画『極道の妻たち』で貫禄を見せた演技力を見せ、ファンを魅了した女優・岩下志麻さんのようになれるかも。

ときに恐ろしいくらいに怖く、ときに男を魅了する怪しさを見せつける演技が期待できるので、ぜひ抜擢してほしいというのが筆者の希望です。

ドラマ『サイレーン』で見せた彼女の演技は、本当に憎々しいキャラクターをうまく演じられていましたからね。

まぁ、そういうドラマに出てしまうと、ますます、菜々緒さんに悪女としてのイメージが定着し、素の彼女がどんどん嫌われていくことになりかねないですが…。

まぁそれも役者冥利に尽きることだと思いますし、悪女キャラとして確立できるほどの演技力を持っているので、是非出演して欲しい…

それが率直なところです。

筆者のように、多くのファンたちは、それぞれの視点で『龍が如く』に出演して欲しい俳優がいらっしゃるでしょう。

きっとドラマ『龍が如く』でも、ファンの声に十分に応えてくれるキャストを起用してくれるのではないでしょうか?

ドラマの内容もさることながら、キャストも視聴者は重要視して観ているだけに、どんなキャストが起用されていくのか期待して、『龍が如く』の放送を待ちたいと思う次第です。

 

ドラマ『龍が如く』の放送日はいつ?

何かと話題になっているドラマ『龍が如く』。

残念ながら、先程もお話したとおり、中身については何も明かされていません。

ただドラマ化が決定したというだけしか話が見えていないのが現状です。

それだけに、放送日がいつになるのかすら全く見えていないわけですが、それでもいつ放送されるのかということは、多くのファンが気になる話だと思います。

そこで、色々情報を探りながら、放送日を予想してみたところ、早くても

2017年4月以降

ということになると思われます。

もし2017年1月期のドラマとして放送されるのであれば、どう考えても、キャスト情報やストーリー(見どころ)など、一部でも情報が明らかになっていくでしょう。

そろそろ番宣も含めてやっていかないとまずいですよね。

いきなり『龍が如く』がドラマとして放送されたところでは、それこそ視聴率としては話にならないでしょう。

ドラマ『ヒガンバナ~警視庁捜査七課~』放送時には、あまりバラエティ番組に出演することのない女優・堀北真希さん、高梨臨さんが、年末のガキ使SP特番『絶対に笑ってはいけない名探偵24時』にゲスト出演者として登場してまで、ドラマの番宣をするほどでした。

ということは、当然、『龍が如く』のドラマ版も番宣無しということはないでしょう。

まだ情報を一切公開できないと言うところを踏まえて考えると、2017年の1月期では撮影も間に合わないのが実際のところなのではないかと思います。

そして、どんなに早くても2017年4月以降、おそらく番宣などの準備期間も考慮すると、2017年7月~10月くらいまで、もつれ込むと考えた方が良いかもしれません。

ドラマによっては1年がかりで撮影されているドラマもあります。

撮影期間が異様に長かったとしても、それは珍しい話ではないので、まずは、もう少し情報が集まるまで『龍が如く』の動向に注目しておきたいと思う次第です。

そして、『龍が如く』のドラマ放送日がいつになるのか待ち遠しいと思えるほど、凄いドラマとなると期待もされます。

既にテレビゲーム『龍が如く』シリーズを手掛けたゲームクリエイター・名越稔洋さんも公表されている話です。

もちろん、彼自身

「凄いけど、中身についてはまだ言えない」

と具体的な話は何一つ語ってくれていないので、ただ凄いとだけしか分かっていません。

ただ、それだけ期待しても問題はないということらしいので、ドラマ『龍が如く』には、筆者も大いに期待して放送日を待ちたいと思います。

 

まとめ

突如として降って湧いた人気テレビゲーム『龍が如く』シリーズのドラマ化決定。

2016年12月8日にPS4版として発売されるゲーム最新作『龍が如く6 命の詩』の番宣という印象が現在は強いようです。

はっきり言って『龍が如く』のドラマ化決定以外は、まだ何一つ発表されておりません。

ドラマ『龍が如く』の情報は、キャストも、放送日も不明…。

現状では、ただ予想するしか無いというのが正直なところです。

しかし、少なくともテレビゲーム『龍が如く』シリーズを手掛けたゲームクリエイター・名越稔洋氏が

『凄い!』

と絶賛していたわけですから、その言葉を信じて、しばらく動向に注目していきましょう。

そして、本当に凄いドラマを久しぶりに観られることを期待し、『極悪がんぼ』『ヤメゴク』の二の舞いにならないことを願うばかりです。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-ドラマ