星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

雑学

マイコプラズマ肺炎の治し方とは?症状/感染経路/原因をチェック

更新日:

数年ごとに大流行すると言われる病気に、マイコプラズマ肺炎があります。

日本では、1984年と88年に流行したことから、『五輪肺炎』とも呼ばれたことがありました。

毎年流行するわけではないので、そもそもマイコプラズマ肺炎が、どういった症状の病気なのか忘れてしまったり、まだ知らない人も多いのではないでしょうか?

マイコプラズマ肺炎は、子供への感染が多いらしく、子持ちの母親たちにとっては心配の種にもなりそうです。

そこで当記事では、マイコプラズマ肺炎について、その症状や治し方、何が原因で発症するのかを紹介していきます!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

マイコプラズマ肺炎とは?

%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%ba%e3%83%9e

マイコプラズマ肺炎とは、一体何なのでしょうか?

マイコプラズマ肺炎は、

『非定型肺炎』

とも呼ばれる

βラクタム系薬剤が効かない肺炎

のことを指します。

マイコプラズマとは、正式には

『Mycoplasma pneumoniae』

と呼ばれており、細菌の仲間です。

一応、分類としては微生物になっているみたいですね。

βラクタム系薬剤が効かない、という事なので、つまり

マイコプラズマ肺炎には、セフェムやペニシリンといった抗生物質が効きません

このマイコプラズマには、細胞壁がないことが問題で、細胞壁を破壊することで効果を発揮するβラクタム系薬剤とは、相性が最悪になります。

さらに厄介なのは、このマイコプラズマ肺炎、一度かかっても免疫が一生涯続くものではないため、

何度も再発してしまうおそれがある

という点。

基本的には、就学前の子供を中心に流行する感染症と言われています。

ただ、大人になればかからないわけではなく、大人でもマイコプラズマ肺炎は感染します。

また、肺炎の中でもマイコプラズマ肺炎は、

人に移りやすい

という特徴もあります。

このようにマイコプラズマ肺炎は、本当に厄介な要素が数多く備わっています。

かつて日本では、1984年、そして4年後の1988年に流行。

4年ペースの流行から、冒頭でもお話した『五輪肺炎』とも呼ばれました。

その後、大きな流行はなかったそうですが、2016年。

リオオリンピックが行われた年に大流行!

となると、2020年の東京五輪の時期が心配になります…。

比較的、風邪と違いが見分けにくい症状だったりするので、マイコプラズマ肺炎については、ぜひ知っておきましょう。

 

マイコプラズマ肺炎にかかる原因や感染経路!

まずは、マイコプラズマ肺炎にかかる原因を知っておきたいところです。

マイコプラズマ肺炎にかかる原因は、ずばり!名の通りです。

病原体であるマイコプラズマという微生物に感染すること

で発症します。

そして、感染経路はというと…

飛沫感染や接触感染

です。

飛沫感染とは、くしゃみや咳などによって飛び出した病原体によって感染すること。

  • 手すり
  • ドアノブ

などに直接触れることで、そこに付着していた病原体で感染してしまうこともあります。

当然、マイコプラズマがついた手で、口や鼻に触れることもアウトです。

マイコプラズマ肺炎の感染力自体は強くないので、基本的には閉鎖的な範囲、つまり家族間であったり、学校のクラス内だったり、限られた空間内で流行することが多いそうですよ。

では、マイコプラズマ肺炎は、感染力が強くないにも関わらず、なぜ流行する時期が存在するのでしょうか?

それには、先述した感染経路と、潜伏期間に大きな原因があります。

実は、マイコプラズマ肺炎の潜伏期間は、かなり長い潜伏期間となっていて、

通常は1~3週間、長い時には1か月以上

という長さ。

この潜伏期間中に気がつかず、先述したような飛沫感染、そして接触感染で他者にマイコプラズマ肺炎を感染させていきます。

このようにして、どんどんマイコプラズマ肺炎が流行してしまうのです。

 

マイコプラズマ肺炎の症状は?

マイコプラズマ肺炎にかかってしまうと、次のような症状が起きます。

  • 喉の痛み
  • 鼻水、鼻づまり
  • 倦怠感
  • 37℃の微熱→39℃以上の高熱
  • 吐き気
  • 乾いた咳→痰のからむ咳(1ヶ月近く続く)
  • 呼吸困難

基本的に、この中でもマイコプラズマ肺炎の初期症状は、

  • のどの痛み
  • 鼻水
  • 微熱が出る

といった症状です。

それだけに症状として風邪との違いがなく、あまり見分けがつきません。

実際、マイコプラズマ肺炎は、

大人の97%は感染している

と言われ、小さい頃にかかって抗体も持っているゆえに重症化せず、大半は風邪だと思ってしまいます。

そのため、風邪だと思って、そのままスルーするケースが多いのです。

では、マイコプラズマ肺炎と風邪の見分けをつけるには、どうしたらいいのでしょうか?

実はマイコプラズマ肺炎の症状は、鼻水などはそこまでひどくならないらしく、

熱の場合は、ある一定の時間になると激しくなり、しばらくすると下がるという弛張熱(しちょうねつ)の症状が見られる

ことが特徴の1つです。

また、顕著に風邪との違いが現れる症状が『咳』です。

咳は、

始めは乾いた咳が出るものの、後に痰の絡む咳が出るようになる

ようで、この咳は、熱が引いたあとも、

1か月以上続く

ことがあるそうです。

ちなみに、マイコプラズマ肺炎は重症化することもあります。

重症化自体は、マイコプラズマ肺炎に感染した大人の5%ほどですが、その多くはマイコプラズマ肺炎そのものが原因ではなく、

合併症

によるもの。

咳が続き、弱っているところに閉塞性細気管支炎など、呼吸器系の病気になってしまうことがあるので、注意が必要です。

2~3日経っても症状が改善されない場合は、合併症についての診断も受けた方がいいですね。

また、咳の症状が長引くので、咳のしすぎで筋肉痛になる人もいるみたいです。

結論として、風邪かマイコプラズマ肺炎か迷った時は、

咳が長く続く

あたりを疑うといいと思いますよ。

放っておいて、マイコプラズマ肺炎が悪化し、気管支炎になったり、呼吸困難になったりなど、合併症を引き起こしてしまってからでは大変です。

 

マイコプラズマ肺炎の治し方は?

マイコプラズマ肺炎の治し方ですが、基本的には医師の診察を受け、処方された薬を使用することが一番です。

クラリスや、ジスロマックといった

マクロライド系抗生剤が効果的

と言われていますね。

しかし、ここ最近では、マクロライド耐性菌など、これらの抗生物質や抗菌薬が効かない耐性菌が登場していて、流行の原因になっています。

それだけに、薬さえ処方してもらえば、マイコプラズマ肺炎が何とかなる…というものではなくなりつつあります。

マイコプラズマ肺炎の治し方と言い切っていいのかはわかりませんが、一番の方法は、

マイコプラズマ肺炎にかからないよう予防を徹底する

ことでしょう。

マイコプラズマ肺炎は、飛沫感染や接触感染によって広がっていく感染症なので、

  • タオルなどを共用しない
  • ドアノブや手すりの消毒をする
  • 外に出る時はマスクを着用

など、可能な限り、マイコプラズマ肺炎の細菌の侵入を防ぐ手段で予防していきましょう!

要するに、予防はインフルエンザなどと同じですね。

 

まとめ

マイコプラズマ肺炎というのは、感染力が低いにも関わらず大流行をする厄介な感染症です。

その原因には、潜伏期間が長いことから、潜伏期間の間に飛沫感染や接触感染によってうつされてしまうことが背景にあります。

なので、誰が感染しているのかわかりにくいので、しっかりとマイコプラズマ肺炎の予防をすることが大切になってきます。

マイコプラズマ肺炎以外にも、秋~冬になると、インフルエンザなど、様々な感染症が猛威を振るう時期です。

日頃から、感染症の予防対策を欠かさずにしておきたいものですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-雑学

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.