星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

雑学

マイコプラズマ肺炎の治し方とは?症状/感染経路/原因をチェック

更新日:


数年ごとに大流行すると言われる病気に、マイコプラズマ肺炎があります。

日本では、1984年と88年に流行したことから、『五輪肺炎』とも呼ばれたことがありました。

毎年流行するわけではないので、そもそもマイコプラズマ肺炎が、どういった症状の病気なのか忘れてしまったり、まだ知らない人も多いのではないでしょうか?

マイコプラズマ肺炎は、子供への感染が多いらしく、子持ちの母親たちにとっては心配の種にもなりそうです。

そこで当記事では、マイコプラズマ肺炎について、その症状や治し方、何が原因で発症するのかを紹介していきます!

スポンサーリンク

マイコプラズマ肺炎とは?

%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%ba%e3%83%9e

マイコプラズマ肺炎とは、一体何なのでしょうか?

マイコプラズマ肺炎は、

『非定型肺炎』

とも呼ばれる

βラクタム系薬剤が効かない肺炎

のことを指します。

マイコプラズマとは、正式には

『Mycoplasma pneumoniae』

と呼ばれており、細菌の仲間です。

一応、分類としては微生物になっているみたいですね。

βラクタム系薬剤が効かない、という事なので、つまり

マイコプラズマ肺炎には、セフェムやペニシリンといった抗生物質が効きません

このマイコプラズマには、細胞壁がないことが問題で、細胞壁を破壊することで効果を発揮するβラクタム系薬剤とは、相性が最悪になります。

さらに厄介なのは、このマイコプラズマ肺炎、一度かかっても免疫が一生涯続くものではないため、

何度も再発してしまうおそれがある

という点。

基本的には、就学前の子供を中心に流行する感染症と言われています。

ただ、大人になればかからないわけではなく、大人でもマイコプラズマ肺炎は感染します。

また、肺炎の中でもマイコプラズマ肺炎は、


次のページへ >

-雑学

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.