星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

雑学

日本人の平均身長を考察!世界と比較して背が低い理由とは?

更新日:

よく、スポーツの世界大会を見ていると、

「やっぱり身長とかそういった体格の差で、日本人じゃ世界に勝てないよなぁ…」

と、体格差を感じてしまうことがあったりしませんか?

とくに陸上の単距離だったり、バスケットボールやラグビーだったりというスポーツでは、体格差によって勝負の行方が顕著に表れてしまいます。

中でも、身長を見ると、国によってその差が明らかです。

しかし、実は日本人の平均身長というのは、戦後から50年ほどの推移を見てみると、なんとたった半世紀で

約10センチ以上伸びている

というのです!

これは喜ばしい事実ですよね!

それにしても日本人の平均身長が、この半世紀でここまで伸びたのには、何か特別な理由があるのでしょうか?

そこで当記事では、日本人の平均身長が伸びた理由と、なぜ世界と比較して身長が低いのか、その真相を探っていこうと思います!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

日本人の平均身長を世界ランキングで見ると?

%e8%ba%ab%e9%95%b7

まず、日本人の平均身長について、世界ランキングでみると、どのくらいの位置にあるのかを知っておきましょう。

現在、男女別の平均身長の世界上位5か国は、以下の国々です。

世界の高平均身長リスト・男性版

  1. オランダ(183.8cm)
  2. モンテネグロ(183.2cm)
  3. デンマーク(182.6cm)
  4. ノルウェー(182.4cm)
  5. セルビア(182.0cm)

世界の高平均身長リスト・女性版

  1. オランダ(170.7cm)
  2. デンマーク(168.7cm)
  3. モンテネグロ(168.4cm)
  4. ベルギー(168.1cm)
  5. ドイツ(168.0cm)

平均身長が高身長であるのは、オランダやデンマーク、ノルウェーなどの北欧の地域が多いように見えますね。

『ベルクマンの法則』からすれば、順当な結果とも言えます。

この『ベルクマンの法則』とは、ドイツの生物学者クリスティアン・ベルクマンが提唱した説で、

恒温動物においては、同じ種でも寒冷な地域に生息するものほど体重が大きく、近縁な種間では大型の種ほど寒冷な地域に生息する。

という理論です。

簡単な話、

寒い地域では体温を逃さないようにするため、身体が大型である方がメリットが大きいことから身体が順応して大型化する

というわけです。

最もわかりやすい例が、温暖地に生息しているマレーグマや、ツキノワグマに対して、北極に住むホッキョクグマなどのクマですね。

同じ熊ではありますが、明らかに大きさが異なります。

ちなみに日本人の平均身長は、

成人男性の場合、約171センチで、世界30位

ほどの位置。

日本人の身長は、世界的にはまだまだのようです。

 

日本人の平均身長が低い理由とは?

では、日本人の平均身長が低い理由とはどんなものなのでしょうか?

実は、日本人の平均身長は決して低い方ではありません。

日本人の身長は、世界の身長ランキングで言いますと、30位前後です。

これが150位とかなら別ですが、世界の約200ヵ国の中で30位なら、『低い』とは言えませんよね。

中位あるいは、高い方とさえ、言うことができます。

それが低いと言われるのは、日本人の自己否定的思考の一つでしょう。

身長に影響を与える原因

民族の身長に影響を与える原因は、以下が挙げられます。

  • 遺伝
  • 食生活
  • 生活環境
  • 運動量など個人の環境

その各項目ごとに考察してみましょう。

遺伝

遺伝は、身長のもっとも根本的な要素です。

一般的に見て、ヨーロッパやアフリカの民族は、アジアと比べて高身長です。

しかしアフリカの食生活が、それほど蛋白質などの栄養素が豊富とは思えません。

これには食生活よりも、遺伝が大きな要素となっていると思われます。

ヨーロッパは、

遺伝+食生活+生活環境

が高身長の理由でしょうね。

両親の身長から、その子供の身長を予測する計算式があります。

男子=(父の身長+母の身長+13)÷2+2

女子=(父の身長+母の身長-13)÷2+2

たとえば、父が170センチ、母が158センチの場合だと、

男子=(170+158+13)÷2+2=172.5センチ

ということになります。

この計算式は、明らかに両親からの遺伝を元にしていますね。

ただ、この計算式は目安にしかならず、必ずしも正しいとは言えません。

 

食生活

ここ数十年の日本人の身長の伸びをみますと、食生活が身長にはもっとも大きい影響がありそうですね。

一口で言えば、

肉や卵、牛乳などの、高タンパク・高カルシウム

の食事が、筋肉や骨格の発達をうながしたことになります。

生活環境

これもベルクマンの法則やアレンの法則が有名ですね。

ベルクマンの法則は、一口にまとめると、

寒い所にすんでいる種ほど大きい

という法則です。

一方、アレンの法則は、

同種の動物では、寒い地域にいるものほど、耳や鼻などの身体の突出部が小さい

という法則です。

これは、体内からの熱の放出を少なくするためと言われています。

しかし、人類の場合は、アフリカなどの高温の土地に住んでいても、非常に大きな民族も多いので、全てに該当するとは言えません。

人類の場合は、地球の覇者であるため、他の生物からの脅威をあまり気にすることなく移住できるメリットがあります。

それで混淆が進んだからかも知れません。

運動量など個人の環境

スポーツなどで身体を使う習慣があると、身長や体重は増える傾向があります。

これは、運動による筋肉量や骨量の発達・増加が理由として考えられます。

その他にも、運動による健康増進(食物の摂取量増加など)もあるのかも知れません。

日本人の戦後の急激な身長の伸張は、これらの4項目の中では、遺伝と生活環境はあまり関係ないでしょう。

やはり一番大きいのは、食生活の変化、次いで運動量など個人の環境の相違になりそうです。

日本人の時代ごとの平均身長

ちなみに、日本人の時代ごとの平均身長を見てみますと、このようになります。

  • 縄文時代 男性 約158cm 女性 約149cm
  • 弥生時代 男性 約163cm 女性 約152cm
  • 鎌倉時代 男性 約159cm 女性 約145cm
  • 江戸時代 男性 約155cm 女性 約143cm
  • 昭和時代 男性 約160cm 女性 約149 cm
  • 平成時代 男性 約171cm 女性 約159cm

こうして見ますと、鎌倉時代から江戸時代にかけて、身長が低くなっているのが目立ちますね。

この身長低下の理由ははっきりわかっていませんが、平安時代の仏教の渡来以降は、仏教の教えにより、肉食が少なくなったことからかもしれません。

 

日本人の平均身長が右肩上がりで上昇中

%e5%8f%b3%e8%82%a9%e4%b8%8a%e3%81%8c%e3%82%8a

日本人は、欧米人に比べると身長が低く、そのことをコンプレックスに感じている人が多いと聞きます。

しかし実は、日本人の平均身長は、冒頭でもお話したとおり、年々高くなっていることを知っていましたか?

プロ野球選手も一昔前とは、だいぶ身長が変わったと感じさせられることがよくありますね。

昔は170センチ程度の選手が比較的多かったのですが、今では普通に180センチ超えという選手が多く出てきています。

中には、藤浪晋太郎投手や大谷翔平投手のように、190センチ超えの選手まで現れているほど。

ちなみに、歴代プロ野球における日本人の最高身長を記録しているのは、馬場正平さん。

馬場正平さんというと、プロ野球ファンでも馴染みがないかもしれませんが、あの

ジャイアント馬場さん

です。

さすがに、今挙げたような190センチ以上という人は、世界でも稀ですが、サッカーのゴールキーパーには、かなり存在していますね。

 

日本人の平均身長は、多少の上下もあるのですが、長期的に見てみると、右肩上がりで上昇していることがわかるのです。

1950年の終戦後の時代の平均身長と、現在の平均身長を比べてみましょう。

まず、1950年の20歳の平均身長です。

  • 男性:161.5センチ
  • 女性:150.8センチ

うーん、どうみても小さいですね。

筆者は、身長が約166センチなので、当時であれば、平均以上の身長ということになります。

では、それから半世紀以上が経った、2014年の20歳の平均身長はというと…

  • 男性:171.8センチ
  • 女性:158.3センチ

なんと、

女性は8センチ、男性に至っては10センチも伸びている

ではありませんか!

今の時代だと、筆者の身長は平均以下となってしまい、身長が低い部類となってしまいます。

戦後60年ほどで、10センチも平均身長が伸びるというのは、かなり急な変化といえるのではないでしょうか?

では、なぜここまで急激に日本人の平均身長が伸びていったのか。

その理由も調べてみました。

 

身長の低い日本人の平均身長が急に伸びた理由

さて、戦後60年ほどで、日本人の平均身長が10センチ伸びたのには、何か理由があるのでしょうか?

終戦直後と、現在の日本の違いを考えれば、だいたいの人は察しが付くかもしれませんね。

そう、

食生活の変化

です。

欧米の食文化が日本に伝わるようになり、

洋食が増えたことが、日本人の平均身長が伸びた理由

ではないかとされているのです。

魚や野菜中心の和食文化と違い、肉・卵といった食材を使った料理が主流となっていくことで、決定的に摂取量が変化した栄養素があります。

それが、

タンパク質

タンパク質は、筋肉や骨を作るのに必要な栄養素で、人間の成長に欠かせません。

人間の頭から、つま先まで、生命の維持に欠かせない栄養素です。

そんなタンパク質を多く含む食文化は、欧米のいわゆる洋食に多いのです。

その洋食文化が日本で浸透した結果が、戦後の日本で平均身長が劇的に伸びるという数字に表れているわけです。

しかし、実は平成に入ってからというもの、日本人の平均身長はほぼ横ばい状態なのです。

今後、日本人の食生活に、また何らかの変化が現れない限り、これ以上、日本人の平均身長は伸びないのではないか、と予想されます。

環境が安定してしまった今、日本人の身長に劇的な変化は望めないでしょう。

平均身長は、男性ならば170センチ、女性ならば158センチで止まってしまうのは、世界と比較してしまうとなんとも残念な話ですね…。

 

 

まとめ

日本人は戦後、欧米の食生活が浸透したことで、身体を作る環境が変化。

それにより、戦後からの50~60年で、平均身長が男女ともに10センチ近く伸びました。

しかし、世界では30位ほどの平均身長です。

平成の世に突入して以降は、日本人の平均身長の推移が横ばいということもあり、これ以上の身長の成長は望めないかもしれない状態に。

日本で急速に寒冷化が進んだり、何らかの食生活の変化が起きたりした場合、数十年後には平均身長が再び伸びることも考えられますが…。

ベルクマンの法則、アレンの法則などに代表されるように、生物の生息環境が体格、部位の特徴に影響する例もあります。

そのため、個人単位で意識したところで何も変えられない、というのも悲しい現実です。

大人になってからでは、あまり効果が感じられませんが、自身の子の世代以降のために、普段の食生活などの工夫はしていきたいところですね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-雑学

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.