久保裕也(サッカー)の年俸推移とプレースタイルをチェック!

サッカー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
久保裕也年俸 eye


久保裕也選手は、2017年1月にスイスのヤングボーイズから、ベルギー一部リーグのヘントに移籍しました。

2017-18シーズンの前半は好調でしたが、後半に入り、なかなか得点できない状態が続きました。

しかし2017年9月には、後半での初得点を記録し、その後11試合で2点とまずまずの成績です。

前半シーズンに比べて後半シーズンの得点が少ないのは、前半戦の成績が素晴らしかったので、相手に研究・警戒されたためと思われます。

しかし、ストイックで研究熱心な久保裕也選手です。

その相手をさらに研究し、相手の上をいくプレーを見せてくれることでしょう。

今回は、そんな久保裕也選手のプレースタイルや、評価はどうなのか。

そして、年俸がいくらなのか、その推移を紹介していきましょう。

[adsense]

久保裕也のプレースタイルをチェック!

久保裕也選手は、2016年11月15日、W杯最終予選のサウジアラビア代表戦にスタメンデビュー。

フォワードのひとりとして、出場したのです。

その試合では得点こそできませんでしたが、その後の2017年3月23日、W杯最終予選の対UAE戦でA代表での初ゴールを挙げました。

さらに続くタイ戦でもゴール!

国内外の久保裕也選手への評価もウナギ登りです。

今後も、ワールドカップ本大会前の親善試合や、ワールドカップ本大会にも久保裕也選手の出場機会があるかも知れません。

筆者としても大いに期待しています。

 

それでは、久保裕也選手とはどんなサッカー選手なのか、そのプレースタイルから見てみましょう。

まずは、みなさん知ってのとおり、久保裕也選手のポジションはフォワードです。

ただのフォワードではありません。

センターフォワードだけでなく、ウイングフォワードやセカンドトップもこなします。

さらに、時には攻撃的ミッドフィルダーまで対応できるという、

ポリバレントな選手

なのです。

久保裕也選手のプレースタイルには、以下のような特徴がみられます。

久保裕也のサッカーのプレースタイル

左右どちらでも打てる強烈で正確なシュート

シュートレンジの広さ(とくにミドルシュートが得意)

スピードのあるドリブルからの突破

ボールを受ける際の位置や姿勢など、トラップ技術がよい

さまざまなポジションをこなせるポリバレント性

思い切りの良い、がむしゃらさのある、野性的な選手

サッカーだけを目指し、他のことには目もくれないストイックな性格

久保裕也選手が所属するスイスのヤングボーイズで監督のフォルテ氏は

「久保はトップ下の選手」

と語っています。

この意見には、異論のある人が多いでしょう。

なぜなら久保裕也選手は、

ストライカーが本職

だからです。

ヤングボーイズに加入した当初の久保裕也選手は、あまり目立った活躍ができなかったのも、このトップ下というポジションのためだったのでしょう。

それでも、2015年-16年シーズンからは、ゴールを量産するなど、大活躍を見せています。

元日本代表コーチの大木武氏の言葉では、

「今まで見てきた日本の選手では、(久保裕也選手が)もっともシュートがうまい選手」

ということだそうです。

タイプとしては、大久保嘉人選手の若い頃を思い出させるようなところがありますね。(とくに性格的な面で)

ただし、大久保嘉人選手ほどの技術はなく、あえて言い表すなら

『小久保』

というところでしょうか(笑

 

久保裕也の年俸はいくら?その年俸推移をチェック!

久保裕也選手の年棒ですが、今のところ公表はされていないようです。

しかし、久保裕也選手の移籍金が

約40万ユーロ(日本円で約5500万円)から50万ユーロ(日本円で6600万円)

と言われています。

また、

年棒は移籍金の半分程度

という話からみて、2016年の久保裕也選手の年棒は

2500万円~3000万円前後

かと思われます。

スイスの1部リーグの平均年俸が、約4300万円と言われていますので、その平均よりは安い年俸のようですね。

次にベルギーのヘントへの移籍金は、

3年半の契約で、移籍金額は350万ユーロ(日本円で約4億2000万円)

らしいです。

この金額は、ヘントのクラブ史上、移籍金では最高額になるそうです。

上記の率を当てはめますと、

2017年のヘントでの久保裕也選手の年棒は2億円!

になりますが、これは少し高いような気もします。

ポルトガルチームによる推測額では、年俸1億2000万円

と言われています。

それでも、たった1年で約4倍!の年俸になっています。

 

久保裕也の評価をチェック!

久保裕也選手の評価としては、ザッケローニ監督(当時)の

「なんでも器用にこなせる近代的なフォワード」

という言葉が有名でしょうか。

これは多数のポジションで、いずれもよいプレーを見せているポリバレント性。

また、フォワードとしても、限定されたスタイルでなく、さまざまなスタイルでもって得点をあげることを指しているのでしょう。

サッカー専門サイト『Goal.com』の英語版では、

香川を超えるかもしれない日本のライジングスター

というタイトルで、久保裕也選手の特集記事が組まれました。

これを見ても、久保裕也選手の評価が、とくに海外で高いことは確かです。

久保裕也選手の性格面では、

ストイック

なことで有名ですが、それを裏付けるエピソードもいろいろとあります。

サッカー一筋!久保裕也のエピソード

サッカー以外のことにはほとんど関心がない

カーテンがいらない生活

スイスで今の住まいを選んだ理由は、家の周りにボールを蹴れるスペースがあったから

欲しいものが思いつかない

UEFAヨーロッパリーグの初得点記念ボールを、飾っておかず記念に使うことにした

ここまでサッカーだけに打ち込めるのは、これは凄いと思いますね。

 

次に、そんな久保裕也選手に対する、ネットの評価・声です。

久保裕也へのネットの評価・声を抜粋

久保って名字の選手はサッカーが上手いな

もう久保のツートップでいいよな

将来はダブル久保で、ツープラトンシュートや!

おー! ナポリにかったんか その決勝点のアシストならかなり評価高いな

アシストというと微妙だけど、いいポイントに入って来て、ニアで潰れた結果スペースできて、FWに必要なプレーをしたと思う

意図したプレイなのか、トラップミスなのか

セリエA終わりすぎだろwwwwwwwww

今の二強リーグはセリエではなく、リーガ(スぺイン)とブンデス(ドイツ)だよ

セリエAよりスイスのほうが強いわwwww

久保いい落としだったな、ナポリも昨日のユーべも決定機逃しすぎだわ、それがレベル示してるんだけど

スタメンとかすげーな、トップ下だけど

久保>>>>>本田

久保も開幕戦2試合以降、ずっとベンチが続いて、出れない試合もあったんやで

ただ久保はまだ20歳で、さあこれからって選手だから、CLでこうやってアピールして、どこか移籍していくだろうし。

チームメートが負傷したことでヤング・ボーイズは久保の五輪派遣を撤回した

久保裕也が「五輪に出たくて仕方なかった」と地元紙に明かした

仲間の試合をTV観戦することになり、「何もできずに見るだけなのは辛い」と漏らした

久保裕也が途中出場からハットトリックと大暴れ! ヤングボーイズの勝利に貢献

14分間でハットトリックか、凄いな 早く移籍したほうがいい

スイスから早く脱出してほしいわ

今時珍しくセリエ希望らしいが、いつかは声掛かるかのう

おおすげえ!カップ戦とは言えいいことだ

スイスの6部って日本の高校サッカーくらいのレベルだろ

そろそろブンデス移籍で

そろそろブンデスあたりでプレーすべき

『久保』という名前が出ると、どうしてもあの『元バルサ』の、天才少年の話にもなりがちですね。

 

久保裕也の移籍はどうなる?

久保裕也選手は、2017年にスイスのヤングボーイズからベルギーのヘントに移籍しました。

年齢もまだ23歳ですし、このままベルギーに居続けることはなさそうですね。

というわけで、次の移籍先もそろそろ話題になってきました。

その移籍候補は、

  • ドイツのブンデスリーガ
  • イタリアのセリエA

などがあげられています。

どちらも日本人選手が数多く活躍したリーグです。

とくに最近は、ドイツリーグに在籍する日本人選手が多くなっています。

イギリスのプレミアは、ブンデスやセリエAとはプレイスタイルが違いますし、体格的にも大型の選手が多く、あまり日本人向きではなさそうです。

逆にいえば、そこで活躍している岡崎慎司選手や吉田麻也選手は凄いと思いますね。

ただ、この移籍話はいまだ具体的なチーム名までは挙げられていないようで、全て噂の段階です。

しかし、このところポルトガルが久保裕也選手の移籍候補として急浮上してきました。

ことの起こりは、ポルトガルのメディアの報道です。

ポルトガル紙『ア・ボラ』は、現在リーグ2位の

FCポルト

が、久保裕也選手の獲得に意欲的と報道しています。

また、ポルトガルの『desporto ao minuto』も、

ACミランに移籍したFWアンドレ・シウバの代わりとして

期待していると、報じています。

獲得の理由としては、

  • 左右のサイドとセンターの3つのポジションで、プレーできるユーティリティプレーヤーであること
  • スイスとベルギーで、年間合計23得点の実績

ということのようです。

この移籍で問題になりそうなのは、久保裕也選手の年俸のようです。

ヘントでの年俸は100万ユーロ(約1億2400万円)と言われていますが、UEFAの規定を守るたるに多少の減額を期待しているようです。

FCポルトは来季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ出場の権利があります。

これまで、CL優勝2回、リーグ優勝27回という名門の強豪なのです。

ヨーロッパでのCLの人気と認知度は大変なもので、ほとんどワールドカップと同格と言っても過言ではありません。

そのCLで2回の優勝経験を持つFCポルトは、格的にもヤングボーイズやヘントよりは、数段上のチームです。

久保裕也選手にとっても、この移籍話は悪い話ではないのではないでしょうか。

筆者も大いに期待したいですね!

 

まとめ

今回は、久保裕也選手のプレースタイルと、その評価はどうなのか、そして年俸はいくらなのか見てきました。

日本代表は、慢性的な得点力不足に悩まされています。

その解決策のひとつとして、2016年11月15日に久保裕也選手がW杯最終予選の対サウジアラビア代表戦にスタメンデビュー。

その試合では得点はできませんでしたが、その後の2017年3月23日、W杯最終予選の対UAE戦でA代表での初ゴールをあげました。

さらにはタイ戦でもゴールを決めたのです。

ネットの声では、あの元バルセロナの久保建英選手と共に、久保裕也選手へ期待する声が大きいのです。

大きな期待をもって、ロシアワールドカップの親善試合、本大会での活躍を見守りましょう!

ページトップへ