星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

スポーツ

久保裕也(サッカー)への海外の反応とヤングボーイズでの評判

投稿日

久保裕也選手は、日本では京都サンガFCに所属していたのですが、2013年にスイス1部リーグの強豪BSCヤングボーイズに移籍しています。

久保裕也選手が京都サンガに所属していた頃は、それほど注目される選手ではなかったのですが、スイスに移籍後、とくに3年目あたりから大ブレイク!

リオオリンピックでも久保裕也選手が期待の星となっていました。

しかし、肝心かなめのオリンピック本大会には、所属チームのヤングボーイズの反対で出場できず、それ自体も大きな話題となりましたね。

久保裕也選手は、

「本当に心から出たかった」

と、後に語っていましたので、その無念さは察するに余りあります。

そこで今回は、所属しているヤングボーイズが、久保裕也選手本人の希望を押しのけてまでチームでのプレーを望んだ、ヤングボーイズでの活躍はどんなものなのか。

また、久保裕也選手への海外の反応はどうなのか。

そのあたりを調べてみました。

スポンサーリンク

アドセンス

久保裕也のヤングボーイズでの活躍は?

久保裕也選手のヤングボーイズでのサッカー生活は、必ずしも順調とはいえないものでした。

スイスでは、ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語の4ヵ国語が公用語となっており、あたりまえですが日本語は通用しません。

ヤングボーイズの本拠地はベルンで、ここはドイツ語が主流みたいですね。

久保裕也選手の移籍当初は、ドイツ語を全く話せず、サッカー環境の変化と共に、普段の生活の面でもかなり苦労したようです。

しかし、

現在の久保裕也選手は、取材に対してもドイツ語で応対する

など、言葉の面での苦労は少なくなったようですね。

ヤングボーイズ移籍直後には、本来のスタイルであるストライカーではなく、

トップ下としてアシストをするプレースタイルを求められました。

しかも、当時ドイツで活躍していた、香川真司選手のようなプレーを求められて、香川選手のアシストシーンのプレー動画集なども、見せられたそうです。

このプレースタイルの変更には、久保裕也選手もだいぶ悩んだようです。

チームのためにトップ下に徹するか、それとも自分本来の、ストライカーとしてのスタイルを貫くのか。

結局、久保裕也選手は、本来のストライカーとしてのスタイルを変えることなく、しかもトップ下としても、よいアシストプレーを連発…。

見事に悩みに対応することができたのです。

このあたりは、久保裕也選手のサッカーに対する順応能力の高さの現れでしょう。

久保裕也選手のBSCヤングボーイズでの通算成績は、

90試合で21得点

カップ戦も含めれば98試合で25点

という見事な実績です。

久保裕也選手のスイスでの暮らしぶりを見てみると、これも久保裕也選手の代名詞である『ストイック』がそのまま生活に反映されています。

スイスでの家を選んだ理由が、

家の近くにサッカーボールが蹴れそうな芝生があったから

というのですから、凄いですよね。

インタビューでの

「サッカー以外のことは、なにをするんですか?」

という質問には、

スイスでは(サッカー以外)あんまりやらないですね。

サッカー以外にはやることがないですし。

と答えたのです。

しかも、それが家の近くの芝生の上で、リフティングをしながらだったそうです(笑)

まさに久保裕也選手はサッカーの申し子、サッカー小僧ですね。

天晴れとしかいいようがありません。

まだまだあります。

スイスは、世界でも有数の

物価の高い国

なので、久保裕也選手でも自炊をすることが多いのですが、その料理たるや、

『生野菜の上に焼いた肉をのせて、はいできあがり』

という、豪快そのものの料理です。

久保裕也選手の一言。

俺、努力するのが趣味ですからね

これは心底賛嘆します、凄いです。

この言葉を胸に持ち続けているかぎり、久保裕也選手に挫折はやってこないでしょう。

ここで久保裕也選手の将来の夢をご紹介しましょう。

久保裕也選手の将来の夢

「僕の夢は、まだ実現していません。

僕はいつの日か、大きなリーグに移籍したいと考えています。

僕の願いはイタリアのセリエAに移籍することで、イタリアのビッグクラブでプレーすることが、僕のキャリアの目標です」

2016年5月2日、BSCヤングボーイズは久保裕也選手との契約延長を発表しました。

契約期間は、

2020年まで

で、クラブ公式サイトでは、

「彼は2013年にヤングボーイズへやって来て、とても良いパフォーマンスを見せています。」

と紹介しています。

また、2016夏のリオデジャネイロオリンピックでも活躍が期待されることに触れ、

「オリンピック日本代表に不可欠な存在であり、日本で大きな役割を楽しんでいます」

とも書いてありました。

これを見ますと、この時点ではヤングボーイズとしては、久保裕也選手のオリンピック出場には反対していなかったようです。

しかし、その後、主力選手の負傷により、ヤングボーイズのチーム事情が変わったということなのでしょう。

この久保裕也選手の契約延長については、ヤングボーイズのファンからは、こんな声が上がっています。

契約延長に対してのファンの声

「移籍を前提にした延長だろうな。

ヤングボーイズもタダで手放さないだろ」

「ブンデスリーガでプレーするところも見たいな」

「五輪で活躍して、主要リーグから声かかってほしい」

「久保くんの努力の結果と、未来が評価されていることがめっちゃ嬉しい」

以下は久保裕也選手の動画集です。

こちらはオリンピック派遣拒否の直後の試合で、久保裕也選手、怒りの2ゴール!

ミドルシュート!

久保裕也への海外の反応をチェック!

スポーツ選手に対する、ヨーロッパや中南米などの海外の反応ですが、サッカーに限らず、

  • 良ければべた褒め
  • 悪ければくそみそ

の両極端となる反応が多いですね。

とくにサッカーの場合は、その差が大きく、

  • 勝てば王様
  • 負ければ乞食以下

という反応が普通です。

日本のファンの場合は、負けても励ます、あるいは慰めるということも多いのですが、中南米やヨーロッパでは徹底的に叩かれます。

ブラジルでは、ワールドカップで負けた時、

落胆のあまりあるファンは、拳銃で自分の頭に穴を開けた

という例もあります。

また、別の中南米では、

負けて帰ってきた選手が拳銃で撃たれる

という事件もありました。

これは犯人がシンジケートの一員で、多額のお金を賭けていたのに負けたので、その恨みということでした。

このような事件は、日本ではとても考えられません。

このあたりは、日本と海外の熱の違いを痛感しますね。

それでは次に、久保裕也選手に対するヤングボーイズと世界各国のファンの声・海外の反応です。

久保裕也選手へのファンの声

ヤングボーイズのサポーターの声

「ワオ! 久保の華麗な個人技のゴール!」

「本当に本当に素晴らしい、久保のテクニック!」

「カップ戦での繰り返される大失敗から、うちを救ってくれてありがとう…」

「予想通りの勝利!久保裕也とレオナルド・ベルトーネに敬意を!」

「今日のベストプレーヤーだった!」

「リーグ屈指の選手になれる」

世界各国のファンの声

・ベルギー
久保はとにかく完璧

・ポルトガル
ユウヤ! クボォォォォ!

・台湾
京都から移籍して以来、久保の名前を聞いていなかったが、重要な試合で好ゴール、いいね!

・スイス
ヤングボーイズをよく批判してきたが、このようなパフォーマンスだと祝福したい

など高評価の声が多いのです。

久保裕也選手の実力は、ヤングボーイズのサポーターや世界各国のファンにも認められていることがわかります。

久保裕也選手のオリンピックへの出場問題については、後にその心境を地元紙に語っています。

仲間の試合を、何もできずに見ているだけなのは辛い

と話したそうです。

そのうっぷんを晴らすかのように、久保裕也選手の次の試合では2得点を挙げる大活躍でしたが、それが上で挙げた

『久保裕也選手、怒りの2ゴール!』

の動画の試合です。

オリンピック拒否の件については、ヤングボーイズサポーターも久保裕也選手へ同情的な反応が多いようです。

オリンピック招集拒否についてのヤングボーイズサポーターの声

久保にとってはきついな、気の毒に思うよ

これはかなりフェアじゃないな

明らかに間違った判断だ
オリンピックは4年に1度だけで、少年時代からの夢なのに、これはあり得ない

この難しい状況で、ゲルントと久保の穴を埋めるだけの人材が、ヤングボーイズにいないのは確実だよ

親愛なるビッケル氏(注 ヤングボーイズのスポーツディレクター)へ

自分の都合のために、久保がベルンに留まらせることはよくありません
オリンピックは一生に一度のチャンスです
今回の処置で彼のモチベーションが、高まることはありません
うちにはまだミヒャエル・フライがいるじゃないですか
それではごきげんよう

久保をリオへ行かせてやれよ
他の選手が怪我をしたら、彼の五輪への夢が絶たれるとか...とても残酷だと思う...

久保にとっては残酷だ。
この決断が理解できないな。

でも久保をオリンピックに派遣したら、オアロとフライだけでは負担になるだろ?
辛い決断だが、ヤングボーイズの利益にかなっている

フレディ(注 ヤングボーイズのスポーツディレクター)が、久保を五輪へ行かせないのは、完全に間違っている

時間を使ってずる賢い弁護人を探した方がいいぞ

なぜ久保をプレーさせるために、リオ五輪へ派遣しないんだ?
一生に一度のチャンスなんだから、間違った判断だと思う

ヤングボーイズは間抜け共によって運営されている!
なんのために2人新たにストライカーを獲得したんだ?
オリンピックは一生に一度だぞ!
久保のモチベーションが下がるのは確実だろうよ!

悪いが、この決断は全くひどいと思う!
ここの奴らは"4週間で9試合"とか言っているが、彼らはトップアスリートなんだぞ 他では、昨シーズン70~80試合出ていた選手もいるんだぞ・・・

以下は、ヤングボーイズサポ以外の、海外各国のサッカーファンの久保裕也選手への反応です。

ヤングボーイズのオリンピック招集拒否についての海外のファンの反応

・スイス
久保、本当に気の毒だな、オリンピックは毎日あるわけではないもんな
もしバーゼルでプレーしていたら、リオに長期滞在できただろう
バーゼルなら、ストライカーに故障者が出ても、大きなチームなので余裕で穴を埋めてしまう
これがヤングボーイズとバーゼルの違いだよ

・タイ
久保を解放してやって、お願い!
フリー・クボ!

これは賢明ではない、かなり問題のある決定だな
もし久保が五輪でプレーできたら、更にモチベーションが高まることだろう
この決定はチームの信用を高めないだろう
前を向いて、久保

裕也をリオへ

・アメリカ
バルセロナはネイマールをリオへ派遣したのに、久保を送るのをヤングボーイズは恐れているのか?邪魔するな

大会間近で彼の派遣が拒否されるなんて衝撃を受けている
これはとんでもないことだ

・日本
どちらの方に落ち度があるのか分からないな
ヤングボーイズなのか、久保派遣の交渉に失敗した日本サッカー協会なのか

このように世界各国のファンの間でも、久保裕也選手のオリンピック派遣を認めるべきという、意見が多かったことがわかります。

 

まとめ

今回は、久保裕也選手のヤングボーイズでの活躍ぶりと、海外の反応などをまとめてみました。

久保裕也選手は、京都サンガ時代はあまり目立つ存在ではなかったのですが、スイスに移籍後ブレイクし、現在は若手有望選手として注目されています。

2016年11月11日の日本代表のオマーン戦でも、後半に試合出場を果たしましたが、大迫選手の大活躍に、『自分も!』と気負いすぎたのか、残念ながら初得点はできませんでした。

1本強烈なミドルシュートを放ちましたが、これはオマーンのゴールキーパーがファインセーブし、得点にはいたらなかったのです。

久保裕也選手が、15日のワールドカップ最終予選のサウジアラビア戦に、出場できるかは微妙なところですが、たとえサウジアラビア戦で出番がなくても、2017年のワールドカップ最終予選の後半戦には、必ず出番があるでしょう。

その時には、久保裕也選手による強烈なミドルシュートのゴールをはやく見たいところですね。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-スポーツ