星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

プロ市民とは?その意味と沖縄基地反対など活動目的をまとめてみた

更新日:


最近、

『プロ市民』

という言葉が、よく使われるようになりました。

実は、この『プロ市民』という言葉は、最近できたというものではなく、

1990年代からあった言葉

なのです。

ただ、この言葉がよく聞かれるようになったのは、

沖縄での反基地運動

に対して使われてからではないでしょうか。

この『プロ市民』という言葉は、最初に使われた本来の意味から、

一種のアンチテーゼ的な意味、あるいは連想される言葉の意味など

ずいぶんと変遷を重ねています。

そこで今回は、『プロ市民』とはどういう意味なのか。

その由来と目的はどんなものなのか。

そのあたりを調べてみました。

スポンサーリンク

『プロ市民』の意味と言葉の由来は?

それではまず、『プロ市民』という言葉の由来ですが、最初に使われたのは、

1990年代に佐賀県鹿島市長の桑原允彦氏。

彼が、

地域社会の主体者である市民はプロ市民としての意識を持ち、行政に携わる者は行政事務の専門家として、それぞれの役割を分担しながら一緒になってまちづくりを進めていかなければならない時代を迎えています。

と提唱した時に、考え出した造語のようですね。

つまり、現在一般的に知られている『プロ市民』の意味とは、まるで異なります。

自覚や責任感を持つ市民という、

肯定的で良い意味

として使われていたのです。

それが現在認識されている『プロ市民』の意味に変わったきっかけは、

2001年に2ちゃんねるの、とあるスレッドで書かれてから

のことです。

2チャンネルでの『プロ市民』

2chが『市民団体』を『プロの市民』と認定することを希望します。

プロの市民に決まりかな

プロフェッサー市民、プロ市民、職業市民

プロ市民に一票

プロフェッショナルとプロレタリアートをかけてるのがないす


次のページへ >

-時事

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.