星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

スポーツ

宮間あやのチーム退団の真の理由原因とは?人格否定発言の内容紹介

更新日 投稿日2016年11月15日

岡山湯郷ベルの顔である宮間あや選手。

いや、女子サッカーのなでしこの顔である宮間あや選手が、所属チームの

岡山湯郷ベルを退団

することになりました。

実は、この宮間あや選手の退団の話は今回が初めてではありません。

すでに2016年7月の時点で、一度は退団を発表したのですが、その時には球団側の慰留により、一転してチーム残留となったのです。

今回の退団は、7月の件とは異なり、もはや宮間あや選手の残留はありえない状況でしょう。

そこで、今回は宮間あや選手の岡山湯郷ベル退団の理由原因はなにか。

また、岡山湯郷ベルの監督代行による人格否定発言の内容とはどんなものだったのかを見ていきましょう。

スポンサーリンク

アドセンス

宮間あやの岡山湯郷ベル退団の理由原因は?

上の画像は、倒れた相手の選手をいたわる宮間あや選手。

宮間あや選手のスポーツマンシップを表す逸話のひとつとして有名な画像です。

宮間あや選手は、15年にわたり、岡山湯郷ベルの中心選手として活躍してきました。

しかし、一般の方には

澤選手と並ぶ『なでしこジャパン』の大黒柱

正確無比のキックの持ち主、女・中村俊輔

の方が、通りがよいでしょう。

全盛期時代の宮間あや選手のキックは、プレースキックにせよクロスにせよ、文字通りピンポイントの精度を誇っていました。

今回の記事では、宮間あや選手のプレーを紹介することが目的ではありませんので、プレー内容やプロフィールについては、別記事に譲ります。

 

さて、改めまして宮間あや選手は、15年前からこの岡山湯郷ベルに所属しています。

途中、アメリカのロサンゼルス・ソルやアトランタ・ビートなど海外のチームに所属したこともありますが、日本では最初期の日テレ・ベレーザを除いて、一貫して岡山湯郷ベルに所属しているのです。

そんな宮間あや選手が、なぜ今回、それも

2016年7月と11月の二度にわたって、岡山湯郷ベルからの退団の意志表示

をしたのでしょうか。

まず7月には、ミッドフィルダーの宮間あや選手(31歳)や、ゴールキーパーの福元美穂選手(32歳)、フォワード松岡実希選手(29歳)とディフェンダー高橋佐智江選手(31歳)の4名が退団と発表されました。

当時、公式な理由は発表されていませんが、

監督代理の結城氏との指導法を巡る対立があったという報道

があります。

主な退団の理由は、

『若手選手の起用』が多すぎる

という、不満からだそうです。

しかし、これは宮間あや選手や福本美穂選手の、これまでの言動から考えても不自然すぎますね。

宮間あや選手は、以前にこんなことを語っています。

宮間あや語録

宮間あや選手の言葉より

下手な選手がいるなら、うまくなれるように助けてあげればよい。

私は、試合には勝ちたいとは思うけど、ただ強いだけのチームに入って、チャンピオンになればそれだけでよいとは思わない。

『一緒に戦いたい』と思える仲間がいるチームで、日本一を目指したい。

宮間あや選手のエピソードより

2014年の女子アジアカップでは、宮間あや主将のもとでなでしこジャパンは優勝しました。

決勝戦の前日、宮間あや選手は、控え組の練習の準備や後片付けを手伝った上に、控え組の選手達、一人一人に向けて激励のメッセージを手書きで残していたそうです。

このような選手が、

若手ばかり起用するから退団する!

というのは、どう考えてもおかしいですよね。

じつはこの時、裏では、

結城監督代理によるパワハラ、つまり暴言が原因

という噂が囁かれていたのです。

この時は、どういうものか宮間あや選手のみがチーム残留となり、他の3選手と結城監督代理は退団ということになりました。

これで宮間あや選手の退団騒ぎは収まったように見えたのですが、2016年11月に入って、またまた退団騒ぎが再燃したのです。

今回は、残留ということもなく、宮間あや選手は退団決定となりました。

こうして、結城監督代理による人格否定発言の内容(暴言)がクローズアップされ、それが宮間あや選手らの退団の理由という説が、一般的になったのです。

なお、その発言内容については、次項で書きます。

しかし、宮間あや選手らの退団問題での記者会見の内容では、

これまでとは全く異なる退団の原因

について話されています。

以下は、岡山湯郷ベルの4選手の退団等の報道に関しての記者会見の動画です。

発表元は『美作市企画情報課』となっています。

1分あたりから退団の理由について、2分あたりから監督代理についての説明があります。

岡山湯郷ベルの4選手退団等の報道に関しての記者会見

1 退団に至った直接の原因は、監督代行の問題ではなく、フロントに対する不信感だということ

2 報道にある監督代行と選手の間に、決定的な問題があったというのは間違いで、これは捏造であるということ

3 選手達が監督代行にやめて欲しいと言ったことはなく、選手起用にについても対立していたということはないということ

この内容については、発表元が『美作市企画情報課』ということもあり、100%真実とは言い切れませんが、しかし、監督代行の暴言説よりは説得力はありますね。

さらに、GMなどのフロント陣の対応も、宮間あや選手他の退団の原因となりそうです。

岡山湯郷ベルは、いわば半官半民の組織であり、NPOが運営しています。

しかし代表は、萩原誠司美作市長ということもあり、要するに『お役所』に近い存在なのです。

岡山湯郷ベルのGMは、お役所出身者であり、サッカーへの情熱や知識もなく、フロントもお役所体質で、サッカーについてはこれまた上に同じという有様だそうです。

このような状況に、宮間あや選手達が絶望し、嫌気がさしたということが、チーム退団の真の理由、原因ということは、考えられそうです。

 

岡山湯郷ベルの監督代行による人格否定発言の内容とは?

それでは、7月にあったとされる結城治男監督代行の人格否定発言の内容について、見てみましょう。

なお、結城治男監督代行は、7月25日に岡山湯郷ベルを解任されています。

結城治男監督代行の人格否定発言(真偽不明)

ベテラン選手たちに向かって

お前らがいなければもっと練習がうまく行く

宮間あや選手に

お前がいなければ、俺は他のベテラン組とうまくやれるのに

GMへのチクリ

私の指導の仕方がどうだとかこうだとかを、宮間が練習中に他の選手に言っているようです

他の選手たちに

お前たち(の技術)は中学生並みか

女子サッカーは、技術的には男子中学生並みということですが、これはあながち間違いとは言えません

フル代表のなでしこジャパンでさえ、男子中学校チーム(ただし、全日本優勝の強豪チーム)に

1ー5

で惨敗

しているのです。

特にスピードやジャンプ力などのフィジカル面では、中学どころか男子の小学生にも負けるかも知れません。

なでしこの最大の弱点は、フィジカルの弱さと、常々筆者は感じています。

疑問に思われる方は、アメリカやドイツなどの強豪チームとの試合を見てみてください

フィジカル面には、本当に唖然とするほどの差があることに、気づかれるとことと思います。

 

それでは、最後にチーム退団にあたっての、宮間あや選手のコメントを載せておきます。

退団にあたっての宮間あや選手のコメント

ここに何を記せばいいのかわからないと、いうのが正直な気持ちです。

岡山湯郷Belleにお世話になってから15年、岡山湯郷Belleは私の人生そのものでした。

ここまで私を支えてくださったサポーターの皆様、ファンの皆様、スポンサーの皆様、岡山湯郷Belleを支え続けてくださっている皆様に感謝しております。

ありがとうございました。

サッカーに対して誠実であり続けたいということが、私の信念の1つにあります。

すべてをかけたこの地を離れるという決断は簡単ではありませんが、これまでたくさんのことを学ばせてもらったサッカーに、これからその信念をもとに恩返ししていけるような道を、私なりに探していきたいと思います。

どんな時も私を信じ続けてくれた、サッカー仲間とサポーターと応援してくださる方々が私の心の支えでした。

本当にありがとうございます。

たくさんの様々な経験の中で学んだことを大切に、1人の人間として誰かの力になれるような人生を進んでいきたいと思います。

当たり前のように思っている日常のすべてが、何一つとして当たり前ではないこと、サッカーができるということは、当たり前ではないことを決して忘れません。

ここまでの私の人生でサッカーができない時間は、苦しみ以外の何でもありませんでした。

日常生活さえままならない程、私にとってサッカーは何にも変えられない宝です。

この地で見、聞き、感じた、忘れることのできない様々な思いを心に留め、より強く優しくなれるよう精進していきたいと思います。

15年間ありがとうございました」

岡山湯郷ベルは、2014年には優勝するなど、これまではなでしこリーグで屈指の強さを誇っていました。

しかし、2016シーズンは主力選手が次々と退団するなどの影響で、

13連敗

を喫するなど最下位です。

2017シーズンの2部降格も決定し、皇后杯も3回戦で敗れて、今シーズンの戦いは早々と終わっている実情なのです。

 

まとめ

宮間あや選手は、レジェンド・澤選手引退後のなでしこジャパンの中心選手として、その正確なキックでチームを引っ張ってきました。

その宮間あや選手が、15年にわたって在籍していた岡山湯郷ベルを退団することになったのです。

2016年11月のことです。

宮間あや選手の退団に理由や原因については、監督代行の暴言説、監督代行との指導法を巡る対立説など諸説ありました。

筆者として理由原因のいずれとも決めかねますが、主となるのはチーム首脳に対しての不信感のようですね。

宮間あや選手が、このまま引退するのか、それとも他チームに移籍するのかは、いまのところ明確になっていません。

最盛期の超高精度のキックは見られなくなったものの、まだまだなでしこジャパンにとって、宮間あや選手は絶対必要な選手です。

宮間あや選手には、自身の信頼できるチームに移籍して、サッカーを続けて欲しいなと、心から願っています。

宮間あやの記事はこちらもよく読まれています!

宮間あや(なでしこジャパン)の出身高校は?性格が世界で話題に!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-スポーツ