星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

スポーツ

宮間あや(なでしこジャパン)の評価と年収(年俸)はいくら?

投稿日

2011年の女子ワールドカップドイツ大会では、日本代表の『なでしこジャパン』は、フル代表としては日本で初めて…

いや、アジアでは初めてのワールドカップ優勝を飾りました。

それまでには、ユース世代でのワールドカップ優勝はあったものの、年齢制限のないワールドカップでは、ヨーロッパと南米以外では、男女を通じて優勝した大陸はなかった(女子のアメリカを例外として)のです。

この快挙に日本中が沸き立ち、後になでしこジャパンは国民栄誉賞をも受賞しました。

そんななでしこジャパンの中心選手が、澤穂希選手と宮間あや選手です。

今回は、宮間あや選手のプレースタイルから、その評価と年収はいくらくらいなのかを見ていきましょう。

スポンサーリンク

アドセンス

なでしこジャパン・宮間あやのプレースタイルをチェック!

そのもの青き衣をまといて金色の野に降り立つべし・・・

2011年ワールドカップドイツ大会の思い出です。

宮間あや選手のプレースタイルの特徴は、まずなんといっても正確無比のキックでしょう。

プレースキックでも、流れの中のパスでも、表現としてではなく、文字通りの

『ピンポイント』

で、ぴたりと狙った所へ合わせるのです。

このクラスのキックの正確さを持っている選手は、女子はもちろん男子でもそうざらにはいません。

それで

『女・中村俊輔』

などという異名があるわけですね。

宮間あや選手自身も、

「そこに蹴るだけなら大体いける」

と言っているほどの精度なのです。

キックの正確さ以外でも、

試合の流れを読む戦術眼、試合勘も抜群

で、一つ一つの場面と、試合全体の流れの双方を常に把握してプレーしています。

この精密なキック能力は、小学6年の時に関東選抜チームに選出された時、往年の名選手・木村和司氏に、

「枠の外を狙って打て」

と教わったそうです。

『枠の外』というのが、また微妙な表現ですが、これが宮間あや選手のキックの原点になったようです。

また、中学の時には、当時近くでラモス瑠偉選手が練習していて、そのフリーキックを見て、自分のプレーにもイメージしていたそうです。

澤穂希選手は、宮間あや選手のキックについて、

「両足で蹴れるし、キックの精度が高いので、セットプレーでは自分はボールに体をあてるだけでいい」

と語っていました。

この言葉をそのまま実行したプレーが、あのワールドカップ決勝戦での、

宮間あや選手のコーナーキックに合わせた、澤穂希選手の劇的な同点ゴール

ですね。

このプレーにより、なでしこジャパンは栄光のワールドカップ優勝を掴むことができたわけです。

宮間あや選手が両足どちらでも蹴ることができるのは、子供の頃に、バスケットボールをしていたお母さんから、

「バスケットなら、どちらの手でもドリブルできるよ」

と言われたことが悔しくて、それからどちらの足でも蹴れるように、練習したとのことです。

ただし、残念ながら最近のプレー、特にリオオリンピック最終予選では、この超高精度のキックに陰りが見え、これまでのように完全なピンポイントでのキックは、あまり見られなくなっていました。

リオオリンピック最終予選の敗退は、新旧世代交代の失敗など、様々な原因がありますが、この宮間あや選手の不調も大きな原因のひとつと言えるでしょう。

また、尊敬する選手については、

「イニエスタやシャビはトップスピードの中で正確なプレイができますから、そういう選手を見習いたいと思っています」

と話しています。

イニエスタやシャビを模範にしているというのは、宮間あや選手のプレーを見ても、納得できるところですね。

 

なでしこジャパン・宮間あやの評価をチェック!

宮間あや選手の評価については、ロンドンオリンピックの予選で対戦したオーストラリアのサンマーニ監督は、このように話しています。

オーストラリアのサンマーニ監督の言葉

「(宮間あや選手は)非常に素晴らしい選手だ。

とてもクレバーで、ゲームのセンスがすばらしく、誰よりも試合を先に読んでいる。

いつもスペースを見つけ出すし、ボールを見逃すこともない。

ピッチ上で、つねに一歩先を読むことができる選手だ」

この試合の全体の流れを着実に読む能力によって、チームの状況(選手の位置その他)を調整できるため、宮間あや選手は、

なでしこの司令塔

なでしこの頭脳

などと呼ばれるのです。

なでしこジャパンが優勝した、FIFA女子ワールドカップのドイツ大会では、なでしこは予選リーグでただ一つの黒星を喫しています。

その相手がイングランドです。

イングランドのケリー・スミス選手は、宮間あや選手を評して、こんな言葉を残しています。

イングランド代表ケリー・スミス選手の談話より

「とても才能あるサッカー選手ですね。

技術面で非常に優れている上に、 試合運びがうまくて良いパスを出しますし、身のこなしもとてもすばやいです。

彼女が足を止めた時はとりわけ危険で、つぎにどう動くのか、予想ができないのです。

彼女は自分の思うところに、自由に確実にボールをけることができます。

彼女がプレーしているところを見るのは、とても楽しいです。

ただし、こちらの対戦相手でなければの話ですが。」

この2011年のワールドカップ優勝以前から、宮間あや選手のキックの精度は、世界的に話題になっていて、ヨーロッパやアメリカのメディアでも、宮間あや選手を紹介する時には、

非常に正確なキックをするプレーヤー

世界最高の選手の1人

という言葉が、必ずといってよいほど含まれてきます。

そんな宮間あや選手のエピソードを一つご紹介しましょう。

宮間あや選手は、控えの選手にも気配りが行き届いていて、

控え選手の一人一人に対して、使っているペットボトルに1~2行のメッセージを書き綴っている

らしいのです。

これは、

いつかあなたの力が必要になる時が、必ず来る!

ということを伝えたかったのでしょう。

宮間あや選手のキャプテンシーの素晴らしさを物語るエピソードでした。

 

なでしこジャパン・宮間あやの年収はいくら?

すでに女子サッカーの日本人選手の年収は、

驚くほど少ない

ことが定評になっています。

およそ

男子の選手の10分の1程度

なのです。

なでしこリーグに所属する選手は、約850人ほどいますが、その内、プロ契約を結んでいる選手は約20人程度しかいません。

男子のJ1リーグでの平均年収(年棒)は、2,200万円~2,500万円程度なのですが、女子のなでしこリーグ場合は、

200万円~300万円程度

です。

澤穂希選手でさえ、2012年の時点での年収は、約500万円だったとのこと。

ただ、その後は、かなり増えていき、最も多かった時では約1,000万円と言われています。

上がったといえど、J1選手の半分以下なわけです。

そのため、

なでしこリーグの選手は、大半がアルバイトをしている

というのが、女子選手の現状です。

海外(ヨーロッパとアメリカ)では、年収1,000万円以上が普通ですから、それと比べてもずいぶん安いのです。

宮間あや選手の年収(年棒)を調べてみても、

350万円

と言われています。

しかし、これには異論もあります。

2012年のロンドンオリンピックの後、宮間あや選手にはアメリカやヨーロッパから移籍のオファーが押し寄せたのですが、それらを全て断って、岡山湯郷ベルに残留したのです。

その際、岡山湯郷ベルのGMである黒田和則氏は、

移籍した後でも、帰ってくるところはあるぞ

と言ったそうです。

その黒田和則GM氏の話では、

黒田和則GM氏の談話から

あやはもう(年俸)1,000万円は超えています。

次は(年俸)2,000万円かな。

女子だって(年俸)5,000万円とかもらってもいいんじゃないですか。

とのことでした。

しかし、この黒田GMの提案を、

宮間あや選手は当初は固辞して、中々この報酬を受け取ろうとしなかった

そうです。

これについては、自分よりもずっと安い報酬の選手がいるのに…という想いが、あったのかも知れませんね。

以下は、なでしこジャパン各選手の、2012年度時点の年棒です。

ただし、これにはCM出演料や、各種大会の優勝ボーナスなどは含まれていません。

所属するチームからの年棒のみの金額です。

なでしこジャパン各選手の2012年度年棒(敬称略)

澤穂希 500万円

宮間あや 350万円

岩清水梓 400万円

海堀 あゆみ 400万円

女子ワールドカップ優勝賞金 1人あたり800万円

女子オリンピック優勝賞金 1人あたり300万円

年棒にしても優勝賞金にしても、男子とは1桁以上違うことがよくわかりますね。

 

まとめ

2011年 女子ワールドカップドイツ大会 優勝

2012年 ロンドンオリンピック 準優勝

2015年 女子ワールドカップカナダ大会 準優勝

2011年 国民栄誉賞 受賞

これが宮間あや選手の実績・受賞歴の一部です。

プレースタイルとしては、正確無比のキックや、ずば抜けた戦術眼の高さがあります。

それに対する宮間あや選手の評価も最上級の表現で書かれるのが常です。

このような華々しい受賞歴や評価とうらはらに、宮間あや選手の人となりは、物静かでおもいやりに満ちています。

しかし、その名声と実力の割には、宮間あや選手の年収(年棒)は決して高いとはいえません。

日本の女子サッカーのトップリーグである、なでしこリーグでさえ、プロ選手の比率は1割にも達していないのです。

それが日本女子サッカーの実状なのですが、現状でよしとする人は誰もいないでしょう。

結果として表れてしまったのが、リオオリンピック最終予選での敗退ではないでしょうか。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-スポーツ