星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

雑学

沼サンとは?Instagramで話題のおしゃれな内容とそのレシピを紹介

更新日 投稿日2015年02月20日

画像投稿アプリ『Instagram』では、只今「沼サン」がじわじわと話題を集めているようです。

沼サン?聞き慣れないような、どことなくなじみ深い様な・・・

まずこれで筆者が思い浮かべたのは、【大きい沼の主で通称「沼サン」(あくまでも想像の世界)】でした。

そこで、そのキーワードを元に、探っていくと何だか美味しそうな写真が並んでいるのです!

何だこれは!?ハッシュタグ【#沼サン】をあなどるなかれ。

「これは気になる!」という事で、当記事ではそのおしゃれな内容と作り方(レシピ)を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

沼サン誕生!のきっかけとは?

沼サン?って何?まずはそこからですよね。沼サンとは「沼夫サンド」の略称であるのです。

人気の陶芸家である通称「沼夫さん」こと、大沼道行さんの朝食を手作りした奥様(ゆきさん)が、それをInstagramに投稿したことが全てのきっかけ。

それが話題をよび、ハッシュタグ【#沼サン】とともに広まったようなのです。

その何とも言えぬおしゃれで、且ついかにも美味しそうなサンドイッチに心奪われ、筆者もつい拡散してしまいました。

沼夫サンド

沼夫サンド

大沼道行さんの奥様である、ゆきさんが作り方(レシピ)を紹介してくださったため、「作ってみたよ!」ということで、ハッシュタグ【#沼サン】の輪が、ネット上を中心に世間にどんどん広がっているようです。

 

通称・沼夫さんこと、大沼道行さんのご紹介!

大沼さんの陶芸

ここで、この話題の発端となった主である「沼サンこと大沼道行さん」についてご紹介しておきます。

大沼さんは岩手県の中部に位置する紫波町在住の陶芸家

益子窯業指導所で陶芸の基礎を学び、修了後は益子と笠間の窯元で6年余りにわたり修行を重ねました。

その後、一転して南米ボリビアで地質調査に関連した仕事に従事した経験をもっており、帰国後に岩手県紫波町に窯を構え、それから12年余りになります。

大沼道行さんの作品は、飽きずに長く使える陶器が多く、ファンの年齢層も幅が広く、大人気です。

 

「沼サン」おしゃれな内容とレシピとは?

沼サン2

写真でもお察しのとおりですが、サンドイッチです。そうなんです。見た目そのままサンドイッチなのです。

沼サンは、すぐに手に入る材料で簡単に作れるので、このレシピを見れば、すぐに作りたくなりますよ!

作る人、ハマる人、続出です!

男性でもためらわず、是非チャレンジしてみてくださいね。簡単ですよ!しかも美味しいのです。

沼サンの材料

材料 コメント
食パン 2枚 厚さはお好みで!筆者は厚切りが良いです
スライスチーズ 1枚 溶けないものでもOK
ベーコン 1枚 20cm程度
キャベツ千切り 適量 トーストに乗せられるだけ!(多めがウマい)
マヨネーズ 適量
ブラックペッパー 適量
粒マスタード 適量

 

沼サンの作り方

1.食パン2枚を並べ、片方にチーズとベーコンを乗せる。この時、チーズ→ベーコンの順番で乗せるとサンドする際に、はがれなくてよい。もう1枚のほうはそのままで何も乗せない。

2.1を両方トーストする。

3.2を焼いている間、千切りのキャベツをマヨネーズとブラックペッパーで和える。

キャベツ千切りに玉ねぎスライスをほんの少しプラスする、オリーブかキュウリのピクルスをみじん切りしてプラスするのも良いですね。これはお好みで。

4.パンが焼けたら、何も乗せずトーストした方に粒マスタードを塗る。その後、3で和えておいたキャベツ(山盛り)を乗せる。

5.チーズ・ベーコンを乗せてトーストした方のパンを4に合わせる。ギューっとおさえてから、半分にカットして出来上がり

沼サン3

これは大沼さんの奥様のレシピを元に作り方を再現しました。これがスタンダードなレシピですが、他にもトマトや卵を加えても、必ず美味しくでき上がると思いますよ。

それと、作り方のヒントとして奥様のゆきさんはこう付け加えています。

『お塩は加えません。ベーコン、チーズはかならず入れています。ベーコンはスライスか、ブロックを短冊切りにしたもの。パンもベーコンも普通のスーパーで売ってるのがベストらしいです。(いわゆるビンボーサンド、笑)量は全て目分量、味見しながら。』との事です。

筆者としては、「これからやってみようかな♪」と思うのが、ベーコンを焼いてから乗せてみようか、目玉焼きを固めの半熟で焼いて乗せてみようか、にんじんを千切りにして加えようかな・・・などなどバリエーション豊富に展開することをワクワクしながら考えています!

この辺りが、「沼サン」が、多くの人々の心を掴んだヒケツのような気がします。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「沼サン」を早速作ってみたい!食べてみたい!・・・そしてハマる!

確実です。

気さくなネーミングと、いかにも美味しそうな「沼サン」の写真に釘付けになってしまいますね。

【大きな沼の主で通称「沼サン」(あくまでも想像の世界)】だった筆者の頭の中は、事の内容を知って、今はただお腹がすいて仕方ないのであります!

夜に見てしまったアナタも、朝に見たアナタも、昼でも良いからすぐに作ってしまいましょう。…などと鼻息荒めに、おすすめしてしまいたくなる、そんな素敵な「沼サン」に出会いました。

美味しい春キャベツが出始める頃、そんな2月にイイ情報をもらったなーと感じるのです。

きっと「作ったよ!#沼サン」で投稿したくなりますよ。美味しく召し上がれ!

朝食の記事はコチラもよく読まれています!

エッグスラットが2015年大人気の朝食?おすすめ簡単レシピと作り方

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-雑学