星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

南海トラフ地震はいつ起こる?発生確率と被害地域・場所はどこ?

投稿日

地震大国・日本では、震度1や2の地震は、毎日のように頻繁に起こっています。

そのため、日本人の地震に対する感覚が、欧米人などに比べて鈍くなっているようです。

筆者も数年前までは、震度1ぐらいであれば、地震という感覚すらなく、震度2ではじめて

「ああ、地震か・・・」

という程度の感覚でした。

それが完全に一変したのが、東日本大震災の時からです。

その時の恐怖から、今では地震が起きると大小に関わりなく、すぐテレビをつけて地震情報を確認するようになってしまいました。

そこで今回は、次に起こり得ると噂される南海トラフ地震はいつ起こるのか?

その被害はどんなものになるのか?

その確率と場所はどこなのか?

など、南海トラフ地震に関する情報を調べて見ました!

スポンサーリンク

アドセンス

南海トラフ地震はいつ起こる?その確率と場所はどこ?

まず『南海トラフ地震』とはどんな地震なのでしょうか。

『南海トラフ地震』(南海トラフ巨大地震)は、

フィリピン海プレートとユーラシアプレート(アムールプレートという説もあります)とのプレート境界の沈み込み帯である南海トラフ沿いを震源域とする巨大地震

のことです。

想定されているマグニチュードは、

9.1

東日本大震災の

9.0

とほぼ同じ規模の巨大地震です。

南海トラフ地震の想定される被害場所は、

九州全域から関東に至るほぼ全域

となります。

震度6以上の揺れの地域は、24府県の687の市町村。

震度7は、名古屋市、静岡市、和歌山市、徳島市、宮崎市など、10県153市町村に及ぶと想定されています。

震源地によっても違いますが、被害が大きい場所としては、

関西から東海にかけての地域

となりそうです。

とくに東海地域は、南海トラフ地震によって、壊滅的な被害を受けそうです。

しかも襲ってくるであろう津波は、

徳島県阿南市 16.2m

三重県志摩市 24m

尾鷲市 24.5m

など、広範囲にわたって、巨大津波が押し寄せるのです。

東日本大震災の例を見ても、これらの想定より更に巨大な津波がくる可能性も高いですね。

東日本大震災で亡くなった方の90%以上が、津波によるもの

ですので、南海トラフ地震においても、津波による被害は非常に怖いところです。

政府による中央防災会議では、『南海トラフ巨大地震対策検討ワーキンググループ』を設立しています。

このワーキンググループで2012年7月にまとめた中間報告では、南海トラフ地震を

東日本大震災を超え、国難ともいえる巨大災害

と定義付けをしています。

西日本は、東北に比べて人口が多く、しかも人口密度も高いため、ひとたび巨大地震と巨大津波が発生すれば、東日本大震災よりも多数の犠牲者がでることは、容易に想像できるでしょう。

 

地震が起こる原因には色々ありますが、大地震の場合は、

プレートとプレートの衝突や移動によるものが多い

ようです。

日本列島は、北米プレート・太平洋プレート・フィリピン海プレート・ユーラシアプレートの4つのプレートの上に乗っているという、世界でも希な例の国なのです。

当然、世界でも有数の地震大国です。

ここで地震の用語についてご紹介しておきましょう。

地震の用語

プレート

地球を覆っている地下の岩盤のことで、長い時を経て少しずつ移動する傾向がある

断層

岩盤に力が加わったため、岩盤(プレート)と岩盤(プレート)の間にできるズレ

大陸プレート

プレートの上に陸地が乗っている状態の場所

海洋プレート

プレートの上に海が乗っている状態の場所

海溝

プレート同士が衝突した時に、一つのプレートが他のプレートの下に潜り込み、その時に生じる深い海中の溝

トラフ

海溝に似ているが、海溝より浅いものを指す

南海トラフは、四国の南側の海底にある、水深4000mあたりの深い溝で、その長さは1000キロもあり、東は三浦半島近くから、南は九州の南端にまで及んでいます。

この南海トラフ地震は、

もともと一定の間隔でおきる周期性のある地震

と言われています。

南海トラフ地震は、

およそ100年から150年

間隔の周期で地震が起こっています。

この南海トラフ地震については、古くは日本最古の文献の一つである、『日本書紀』にも記されているくらいです。

これは、684年の白鳳地震ですが、南海トラフ巨大地震の確実な記録としては、日本で最古の記録です。

それ以後の南海トラフ地震の記録は、以下のようになっています。

南海トラフ地震の歴史的記録

684年 白鳳地震

1361年 正平 (康安) 東海地震
1361年 正平 (康安) 南海地震

■間隔 137年

1498年 明応地震

■間隔 107年

1605年 慶長地震

■間隔 102年

1707年 宝永地震 (南海、東海)

■間隔 147年

1854年 安政東海地震
1854年 安政南海地震

■間隔 90年

1944年 昭和東南海地震
1946年 昭和南海地震

■現在(2016年)最後の地震から70年経過

この地震発生周期で見ますと、次の南海トラフ地震は

2046年頃から2096年頃

にかけて起こるということになります。

次に、南海トラフ地震が起こる確率ですが、地震調査委員会によると、M8.0以上の地震が発生する確率は、

地震調査委員会による南海トラフ地震の発生確率

今後10年以内 20%前後

今後20年以内 40ー50%前後

今後30年以内 60ー70%前後

今後50年以内 90%以上

と予測しています。

これを見ると、南海トラフ地震が、『今すぐ起きる』という確率は低いようですが、数十年後には極めて高い確率となっています。

この南海トラフ地震が、いつ起きるかという問題ですが、これについては『予言者』と称する人々が、しばしば『予言』をしていますが、全てなんの根拠もない、

インチキ

です。

こんな見え透いたウソには、絶対にだまされないでください。

地震のような自然現象で、しかも竜巻などとは違い、実際に目で確認することのできない場所で起こる現象を確実にいつ起こるかをあらかじめ知ることなど、できるわけがありません。

地震についての『予言』は、全てインチキだと断言します。

むろん、この記事では、この種の『地震の予言』については、一切触れていきません。

 

南海トラフ地震の被害を予測!

それでは、この南海トラフ地震が発生した場合による被害は、どのくらいになるのでしょうか。

南海トラフ地震による被害

亡くなる人の数 最大の想定で32万人

経済的被害 220.3兆円

比較:東日本大震災での被害

亡くなった人・行方不明者 1万8559人

経済的被害 16.9兆円

『肌に泡を生ずる』という表現がありますが、この南海トラフ地震による被害は、まさにその表現通りのものですね。

100年前の関東大震災の際の号外では、

帝都壊滅!

というタイトルが、初号活字(新聞印刷で使用できる最大の大きさの文字)で踊っていたそうです。

南海トラフ地震では、

関西壊滅!

とでもなるのでしょうか。

次に、都市防災の専門家である、まちづくり計画研究所の渡辺実所長による話です。

南海トラフ地震による惨状

「とくに震源に近い名古屋や静岡などの都市は、阪神・淡路大震災と東日本大震災の両方に襲われたような惨状になるでしょう。

地震発生直後の建物の倒壊で亡くなる人が多数発生し、それに大火災が襲いかかってきます。

交通網は寸断されて移動もままならず、高層ビルではエレベーターに閉じ込められる人が大量に発生します。

これは阪神・淡路大震災に似た都市型の被災ですが、さらに、沿岸部なら数分から数十分で巨大な津波が襲ってくるのです。

一瞬にして950万人が被災者になります。

避難所やその備品は、その数ではとても足りませんし、救援の手も届かず、食料がなくて飢えてなくなる人が出るかもしれません。

そのまま放置された亡くなった人の体により、感染症が流行することもありえます。」

これはまさに『地獄図絵』というレベルですね。

そして、これだけではありません。

大震災による派生的な被害として、内閣府の想定では、震災発生後1年間の企業の生産やサービス活動の低下による被害額は、

44.7兆円

となっています、

日本のGDPの1割近くが、一瞬にして無に帰するのです。

また、株価の急落による間接的被害も、巨額なものになるでしょう。

東日本大震災の時は、一時、日経平均が急落しましたが、しばらく経つと割安感から日本株を買い戻す外国人投資家により、株価はかなり回復しました。

しかし、南海トラフ大地震では、被害の規模が桁違いですので、東日本大震災のような、早期のV字型回復はとても望めないと思われます。

このように、南海トラフ地震による被害は、まさに空前のものになり、今後これに匹敵、あるいは上回る被害は、(絶対に起こっては欲しくない)『首都(関東)直下型地震』によるものだけとなりそうですね。

 

まとめ

南海トラフ地震の記事を書いていて、数年前の東日本大震災のことを思いだしてしまいましたね。

あの時の恐怖感は、地震に対する筆者の観念を、完全に一変させてしまいました。

今回も、被害の状況や起きる確率などを調べていると、まざまざとその時の恐怖を思いだしてしまうものです。

南海トラフ地震がいつ起きるのは、地震の専門家でも特定はできていません。

ただ、ひとつだけ確かなことがあります。

それは、

「今日地震が起こらなければ、明日地震が起こる可能性は、今日より高くなるということです」

これは、立命館大学歴史都市防災研究所の高橋学教授の言葉です。

つまり、

『地震は必ず起こり、それまでの残り時間は刻一刻と短くなっていく』

ということです。

日本で暮らしていく以上、地震とは一生向き合っていかないといけないのかもしれませんね。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-時事