星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

Jリーグ

佐藤寿人の年俸推移とJ1(広島)からJ2(名古屋)への移籍理由を紹介

更新日:

サンフレッチェ広島のフォワード、

佐藤寿人選手が移籍

しましたね。

この移籍自体は、とくに珍しいことではないのですが、その移籍先が

J1のチームからJ2のチームへ移籍

となりますと、これはかなり珍しいケースといえますね。

また、その逆の、J2のチームからJ1のチームへの移籍は、ごく普通に行われてきました。

それだけに、なぜ佐藤寿人選手は、あえてJ2の名古屋グランパス(2017年シーズンに降格)へ、移籍することを決断したのでしょうか。

まして、佐藤寿人選手は、元日本代表選手でもあります。

これまでにJリーグ得点王や、歴代通算得点ランキング第2位などの実績をもっている、ビッグなサッカー選手なのです。

今回は、その佐藤寿人選手のJ1からJ2への移籍と、その理由はどんなものなのか。

また、佐藤寿人選手の年俸はどのくらいなのかを見ていきましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

佐藤寿人のJ1からJ2への移籍理由とは?

冒頭に書きましたように、2016年までサンフレッチェ広島に所属していた佐藤寿人選手は、2017年シーズンに

J2降格となった名古屋グランパスに移籍

しました。

佐藤寿人選手は、広島の3回のJ1優勝に貢献し、

2012年には得点王とリーグMVPを受賞

しています。

しかも、J1通算得点ランキングでも、

歴代第2位

なのです。

それだけの能力と実績をもつ佐藤寿人選手が、なぜJ1の広島から、J2に降格した名古屋に移籍したのか。

その移籍の理由はどんなものなのでしょうか。

まずはサンフレッチェ広島公式サイトの発表と、佐藤寿人選手のコメントから紹介しましょう。

サンフレッチェ広島公式サイトの発表

佐藤寿人選手、名古屋グランパスに完全移籍のお知らせ

このたびサンフレッチェ広島所属の佐藤寿人選手が、2017年から名古屋グランパスに、完全移籍することになりましたので、お知らせします。

佐藤寿人選手のコメント 広島に来てから12年

「苦しい時も悲しい時も、12番目の選手達(注 ファンやサポーターのことです)が、いつも大きな声で僕を支えてくださいました。

そして多くの歓喜の時を、共に過ごすことができたのは、ぼくの最大の喜びになりました。

大好きなクラブでプレーすること、大好きな広島で生活することが、今回の移籍によってできなくなるのが、とても残念です。

ホームでFC東京に敗れて、CS出場への可能性がなくなった時には、チームの力になれなかったことが悔しかったのです。

来年こそはどんな役目でもやって、広島での現役生活を全うしようと考えていました。

その中で今回、名古屋グランパスからお話を頂いた時には、自分の中で

選手として、まだまだ戦いたい、自分のためにチャレンジしたい

という気持ちが強くわき起こり、移籍を決断したのです。

(中略)

これらの気持ちを文章にするのが難しく、またいずれ日を改めて、会見などで自分の気持ちを伝えさせていただきたいと思っています。

いまはただ、感謝の言葉しかありません。

広島で一緒に戦い、笑い、苦しみ、悲しみ、このエンブレムを胸にかざる誇りを持ってプレーできた時間は、とても幸せでした。

今はさよならは言いません。

ただただ、ありがとうございました。

そして、行ってまいります。」

このコメントから見ますと、佐藤寿人選手は

当初は広島で現役引退という想いを持っていた

ようですね。

それが、J2に降格した名古屋から移籍の話があり、

より多くの試合をプレイしたい

という気持ちに変わっていった、ということのように受け取れます。

しかし、広島からは強い残留の要望があったようです。

なぜ佐藤寿人選手がサンフレッチェ広島でプレイを続けなかったのか、そのあたりの説明はありません。

となりますと、佐藤寿人選手のJ2名古屋への移籍決断の理由としては、やはり

より多くの出場機会を得たい!

というものではないかと考えられます。

佐藤寿人選手は、2016年のサンフレッチェ広島では、

先発出場はわずか8試合

得点4点

という成績しか残せませんでした。

そのため、

広島では2017年も出場機会が少ないだろう

という危機感もあり、試合に出たい!という想いが、佐藤寿人選手のJ2名古屋への移籍の理由ということは、十分に考えられるところです。

佐藤寿人選手は、FC東京へ移籍した大久保嘉人選手とは、

日本代表として活躍したり、Jリーグでの得点王や歴代得点記録での成績

など、サッカー選手として共通点が多くあります。

ただ、性格的には、二人はかなり対照的ですが・・・

佐藤寿人選手の、

とにかくサッカーをやりたい

という、サッカーに対する真摯さや誠実さが、今回の移籍の裏にある、ということもあるのではないでしょうか。

また、佐藤寿人選手は名古屋グランパス加入への気持ちを、以下のように語っています。

佐藤寿人選手の名古屋グランパス加入へ意気込み

「今シーズン、歴史あるチームである名古屋グランパスが、J2降格という結果となってしまいました。

名古屋グランパスは今、もっとも苦しい時期にあると思います。

この苦難の時期が、後になってかえりみた時に、

この時の苦難は必要だったのだと言われるように

そして名古屋グランパスが本来の姿に戻る為の力になれるように、全身全霊をあげて、戦っていきたいと思っています。」

佐藤寿人選手の名古屋グランパスというチームのJ1復帰に尽力したいという、その意気や壮!ですね。

佐藤寿人選手の2017年名古屋グランパスでの成績

J2リーガーとしての最初の年、2017年の佐藤寿人選手の成績は、以下のようになっています。

  • 出場 27試合(内先発24試合)
  • J2リーグ得点 5
  • 天皇杯得点 1 
  • 計 6得点

佐藤寿人選手としては、不本意な成績ではありますが、少なくとも強く望んでいた出場機会は、広島時代より大幅に増えましたね。

名古屋グランパスのJ1復帰ですが、2017年11月11日にはホームでジェフユナイテッド千葉を迎えたのです。

しかし結果は0-3の惨敗・・・

この結果、名古屋の自動昇格は消え、J1昇格プレーオフにまわることとなりました。

なお、J1自動昇格は湘南ベルマーレとV・ファーレン長崎の2チームに決定しています。

また、プレーオフにはJ2の3位から6位の4チームが参加しますが、現状以下の4チームが有力となっています。

名古屋(勝ち点69)・福岡(勝ち点69)・松本(勝ち点64)・東京V(勝ち点64)の4チームです。

 

佐藤寿人の年俸はいくら?

こうして、J2に降格した名古屋グランパスへの移籍を決断した佐藤寿人選手ですが、年俸はいくらなのでしょうか。

さっそくチェックしてみました。

なお、以下の年俸は公式発表は一切ありませんので、全て推測によるものです。

佐藤寿人選手の年俸推移

2003年 600万円

2005年 2000万円

2007年 3900万円

2011年 5500万円

2012年 4700万円

2013年 5500万円

2014年 6000万円

2015年 6000万円

2016年 4500万円

2017年 1500万円

2017年までの合計 4億200万円(注 年数表示のあるもののみの合算)

これを見ますと、スタート時から2005年あたりまでは、ほぼ平均的な金額ですが、

2007年からはぐっと高く

なり、Jリーグでも指折りの高年俸になっています。

佐藤寿人選手が、サッカー選手として、それだけの活躍をしたということなのでしょうね。

ちなみに、2016年のJ1リーグ年俸ランキングでは、

534人中57位

で、ランキングの上位に入っています。

佐藤寿人選手のフォワードとしてのJ1年俸ランキングを見ても、102人中の21位と、これも高い水準にいることがわかりました。

なお、2017年シーズンの名古屋グランパスでの年俸ですが、正式発表は当然ありません。

しかし、これまでのJ1からJ2への移籍の例など見ますと、最高でJ1時代とほぼ同額、ほとんどはそれよりかなり安くなるという傾向にあるようです。

となりますと、佐藤寿人選手の名古屋グランパスでの年俸は、推測ですがおおよそ

1500万円程度

というあたりではないでしょうか。

 

まとめ

佐藤寿人選手のJ2名古屋グランパスへの移籍は、色々な点で話題になりました。

そのもっとも大きな話題と疑問は、

元日本代表選手で、Jリーグ得点王や、歴代通算得点ランキング第2位などの記録をもっている名選手

が、なぜあえてJ2のチームに移籍するのか?という点でしょう。

これについては、佐藤寿人選手自身の

出場機会を増やすため

ということが、移籍の理由であろうと思います。

とにかくサッカーをやりたい

試合に出たい

という、佐藤寿人選手のひたむきな想いが、J2チームへの移籍という形を取ったのだろうと、筆者は考えています。

J1チームからJ2チームへの移籍という、数少ないケースをあえて選択した、佐藤寿人選手です。

その想いが、名古屋でのレギュラー定着となり、大半の試合に出場という形で報いられたのでしょう。

佐藤寿人選手の記事はこちらもよく読まれています!

佐藤寿人 嫁 EYE
佐藤寿人の子供(息子)と嫁をチェック!結婚相手はモデル並の美人!

スポーツ選手の多くは、若い時に結婚する人が多いようですね。 若くして収入が多いということもあるでしょう。 あるいは、今日 ...

続きを見る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-Jリーグ

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.