星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

Jリーグ

佐藤寿人の出身高校と性格をチェック!経歴プロフィールも!

更新日 投稿日2016年11月25日

サンフレッチェ広島の佐藤寿人選手が、J2の名古屋グランパスへ移籍することが決定しました。

佐藤寿人選手は、元日本代表でもあり、Jリーグでも得点王や、歴代通算得点第2位の記録を持つなど、超一級の実績を持つ名選手です。

そんな佐藤寿人選手が、J1チームからJ2チームへという、珍しい移籍の話は別記事で書きましたので、今回は省略しますが、一体どのような選手なのか、興味のあるところですよね。

そこで今回は、佐藤寿人選手とはどんな選手なのか、その経歴プロフィールや性格のこと、そして出身高校などもご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

アドセンス

佐藤寿人の経歴プロフィールをチェック!

まずは佐藤寿人選手とは、どんな選手なのか、プロフィールを見てみましょう。

佐藤寿人選手のプロフィール

名前 佐藤寿人(さとうひさと)

愛称 ヒサト

生年月日 1982年3月12日(34歳)

出身地 埼玉県春日部市

身長 170センチ

体重 71キロ

在籍チーム 名古屋グランパス(J2)

ポジション フォワード

背番号 11

利き足 左足

ユース歴

春日部大増サンライズ(地元の少年サッカーチーム)

1994-1996 ジェフユナイテッド市原ジュニアユース

1997-1999 ジェフユナイテッド市原ユース

クラブ歴

2000-2003 ジェフユナイテッド市原

2002 セレッソ大阪 (期限付き移籍)

2003 ベガルタ仙台 (期限付き移籍)

2004 ベガルタ仙台

2005-2016 サンフレッチェ広島

2017- 名古屋グランパス(J2)

代表歴

2000-2001 日本 U-20

2006-2010 日本代表

個人歴

FIFAクラブワールドカップ得点王 (2012年)

日本年間最優秀選手賞 (2012年)

JリーグMVP (2012年)

Jリーグ得点王 (2012年)

Jリーグベストイレブン (2005年・2012年)

Jリーグフェアプレー個人賞 (2007年・2012年・2013年)

J2得点王 (2008年)

Jリーグ月間MVP (2015年7月)

J1・J2通算200ゴール (2015年6月20日)

Jリーグ最小警告(カード)数記録保持者

佐藤寿人選手は、双子のサッカー選手としても有名です。

お兄さんは、

元日本代表MFの佐藤勇人選手

で、森崎和幸・浩司兄弟とならんで、

Jリーグで初めての双子選手

として、知られています。

ただし、お兄さんの佐藤勇人選手とは、双子とはいえ性格面ではかなりの違いがありますが、そのあたりはのちほど、ご紹介しましょう。

佐藤寿人選手は、中学時代にお兄さんの勇人選手共々、ジェフユナイテッド市原ジュニアユースに入団しました。

この時代には、佐藤寿人選手の実家は、春日部市でラーメン屋をやっていたのですが、

ジェフユナイテッド市原ジュニアユースに入団のために、

一家で千葉県八千代市に引っ越しました。

子供のサッカーのために、店をたたんで引越までするという、ご両親の決断は凄いですね。

その後はジェフ市原のユースを経て、2000年にはトップチームに昇格。

佐藤寿人選手は、U-20代表にも選ばれて、アジアユースやワールドカップユースにも出場しています。

しかし、ジェフ市原では試合出場が少なく、そのため試合出場機会を求めたのか、2002年に佐藤寿人選手は、J2セレッソ大阪に移籍しています。

ただ、せっかく移籍した当時のセレッソ大阪には、西澤明訓選手や大久保嘉人選手などの優秀な人材がいたため、ここでも出場の機会には恵まれませんでした。

その後は、さらに2003年に、佐藤寿人選手はJ1のベガルタ仙台に移籍します。

ここでついに才能が開花したのです!

その年(2003年)には、

34試合で13得点

という見事な成績をあげたのです。

しかし、チームはJ2に陥落。

2004年には、44試合で20得点と、J2の得点ランク4位となりました。

その佐藤寿人選手の活躍に注目したサンフレッチェ広島から獲得のオファーがあり、こうして2005年から

『サンフレッチェ広島の佐藤寿人選手』

が誕生したのです。

サンフレッチェ広島では、Jリーグ得点王や日本代表として、アジアカップ予選に出場するなど、大活躍をしています。

その後、サンフレッチェ広島は、残念ながらJ2に降格したのですが、佐藤寿人選手は『1年でJ1に戻ろう!』と宣言、実際にサンフレッチェ広島は翌年にJ1に復帰したのです。

こうして、サンフレッチェ広島のエースとして、また広島の顔として、佐藤寿人選手は長年活躍していました。

しかし2017年、名古屋グランパスへの移籍で、『サンフレッチェ広島の佐藤寿人選手』は、終わりを告げたのです。

 

以上がこれまでの佐藤寿人選手の経歴になりますが、彼には得点だけでなく、いくつかの珍しい記録ももっています。

佐藤寿人選手は、性格同様に非常にフェアなプレーで知られていて、イエローカードやレッドカードはほとんど受けていません。

連続無警告記録が193試合も続いた

という、珍しい記録保持者なのです。

佐藤寿人選手は、同年代ということもあり、しばしば大久保嘉人選手と比較されるのですが、性格と紳士的プレーという点では、ずいぶんと対照的ですね。

それと、2002年に

ギラン・バレー症候群

という珍しい難病にかかっています。

このギラン・バレー症候群とは、急性の根神経炎の一つで、主に

筋肉を動かす運動神経が障害を受ける

という奇病です。

症状としては、

急に手足に力が入らなくなる

という、スポーツ選手にとっては選手生命にかかわる、恐ろしい病気なのです。

その原因は、未だ完全には解明されていません。

ウイルスなどに感染した場合は、人体の自己修復機能で『抗体』という物質が体内で生成されます。

その抗体が、何かの間違いで自分自身の運動神経を攻撃してしまうことが、ギラン・バレー症候群の原因とされています。

治療法は、単純血漿交換療法という治療法があります。

これは、人工透析と似た体外循環の回路に血液を通し、体内の血液を血球(赤血球、白血球など)と血漿成分(血球以外の成分)に分離し、血漿成分は代用血漿に交換するというものです。

ここまで、この恐ろしい病気・難病のことをお話してきましたが、佐藤寿人選手は幸いにして病気を完治させているようですね。

 

佐藤寿人の出身高校はどこ?

佐藤寿人選手の出身高校は、

千葉県立市川南高等学校

です。

千葉県立市川南高等学校は、千葉県市川市高谷にある県立の高等学校です。

創立は1981年ですから、比較的新しい高校ですね。

男女共学の全日制普通科という、ごく一般的な制度の県立高校です。

2017年度の偏差値を見てみると、

44ー47

ですから、これもまず平均より下あたりとなっています。

この高校の口コミでは、以下のような口コミを見かけました。

千葉県立市川南高等学校の口コミ評価

行事関係がとても盛り上がる学校です。

いじめも私の時にはありませんでしたし、勉強も自分の頑張り方次第で、行きたい大学の指定をとることができます。

校則は、頭髪に関してはかなり厳しいようです。

外での部活のために髪の毛が紫外線にさらされ、傷んで茶色くなった場合でも、黒染めすることを要求してきます。

進学校ではないので、体育祭、文化祭などで、思い切り高校生活を楽しめるところが良いと思います。

校則はあまり厳しくはありませんので、今の高校としてはちょうど良いと思います。

ただ、髪の色については厳しく、学校で黒くスプレーされている生徒が、時々いるようです。

校則はそれほど厳しくないのに、なぜか髪の色にはうるさい高校のようですね。

千葉県立市川南高等学校の有名卒業生には、

佐藤寿人(サッカー・名古屋グランパス

寿里(男性ファッションモデル)

の名前が挙がっています。

卒業生に、特に有名人が多いというタイプの高校ではないようです。

 

佐藤寿人の性格は?

次に、佐藤寿人選手の性格ですが、

誠実真摯で温厚篤実

という定評があります。

とにかく何事についても真面目であり、

他人への悪口は一切したことがない

という紳士の見本のような性格なのです。

礼儀正しく、他人には優しく、しかもいつも感謝の気持ちを忘れず、チームやファンへの感謝の気持ちも常々語っています。

双子のお兄さんである佐藤勇人選手は、双子なのに性格はまるで違い、自由奔放なタイプです。

ユース時代には、

もっと遊びたいという変な理由で、2度もユースチームをやめている

ほどの性格の持ち主なのです。

佐藤寿人選手の尊敬する選手には、元イタリア代表の名選手インザーギと、常々語っています。

しかし、佐藤寿人選手の場合は、インザーギとは違い、意志は強くても、それを前面に出してプレイするタイプではありません。

他人を活かすプレーも非常に多いのです。

また、佐藤寿人選手はまた、

大の犬好き

であることも有名ですね。

佐藤寿人選手自身、すでに犬を3匹も飼っているそうですが、その犬の名前が

  • ピッポ
  • ゴン
  • ムサシ

というそうです。

ピッポは、インザーギ選手の愛称から。

ゴンは、もちろん尊敬する中山ゴン雅史選手から。

ムサシは、佐藤寿人選手の好きな漫画である『バガボンド』の主人公である『宮本武蔵』からの命名とのことらしいですね。

 

まとめ

佐藤寿人選手は、元日本代表で、Jリーグの得点王や歴代通算得点第2位の記録を持つ名選手です。

そして、誠実で優しく、感謝の気持ちを忘れない性格から、チームメートのみならず、ファン達からも親しまれ尊敬されています。

また、大の犬好きでもあり、双子なのにまるで性格が違うお兄さん、佐藤勇人選手がいるなど、佐藤寿人選手の話題にはことかきません。

ジェフ市原時代には、しばしば比較対照されるもう一人の名選手、大久保嘉人選手とはチームメートでもありました。

さらにはギラン・バレー症候群という珍しい難病にかかったりもしていて、色々と逸話の多い選手ですね。

佐藤寿人選手は、2017年シーズンからは出場機会を求めて、J2の名古屋グランパスの選手となりますが、その新天地で多くの出場機会があることを、願うばかりですね。

佐藤寿人選手の記事はこちらもよく読まれています!

佐藤寿人のJ1(広島)からJ2(名古屋)への移籍理由!年俸はいくら?

佐藤寿人の成績と評価に伝説のゴール動画も!使用スパイクはどこ?

佐藤寿人の嫁・子供の名前と年齢を紹介!腕のタトゥーの意味とは?

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-Jリーグ