星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

クリスマス

クリスマスソングの洋楽の定番3曲とおすすめの1曲を紹介!

更新日 投稿日2016年11月30日

カップルや夫婦・親子など、大切な人同士で盛り上がるクリスマスソングは、これまでたくさん世に出てきていますよね。

もともとJR東海のCMソングとして起用された山下達郎さんの『クリスマス・イブ』は、もはやクリスマスの絶対的な定番ソングとして、世間に定着しています。

さて、そんなクリスマスの定番ソングですが、洋楽の中にもたくさんの定番ソングが存在しています。

本記事では、その中でも厳選した超定番ソングと言うべきクリスマスソングを3曲ご紹介していきます!

そして、最後にあるアーティストのクリスマスソングにおすすめの1曲をご紹介しますので、皆さん楽しみにしてくださいね。

スポンサーリンク

アドセンス

マライアキャリー:恋人たちのクリスマス

マライア・キャリー

マライア・キャリー

皆さんは、洋楽の"クリスマスソング"というフレーズから、どんなアーティストを連想しますか?

きっと多くの方が、マライアキャリーを思い浮かべるのではないでしょうか。

彼女は、洋楽をほとんど知らない方でさえも、その名を聞いたことがあると言ってもいいくらい、超有名な女性シンガーです。

他にも、日本でおなじみの海外の有名な女性アーティストはたくさんいます。

例えば、

  • セリーヌ・ディオン
  • エンヤ
  • スーザン・ボイル
  • レディー・ガガ

など、きっと誰もが一度は聞いたことがあるアーティストではないでしょうか。

そんな超有名な女性シンガーと肩を並べ、多くのファンから支持され続けている女性シンガーがマライアキャリーです。

とくに、彼女の楽曲『恋人たちのクリスマス』は、1994年10月期のトレンディドラマとして、フジテレビ系列にて放送されたドラマ『29歳のクリスマス』の主題歌としても起用されています。

それだけに、きっと世代を超えて多くの方が、一度は聴いたことがあると思います。

なお、『恋人たちのクリスマス』というのは、あくまで日本語タイトルであり、もともとの英語タイトルは

『All I Want For Christmas Is You』

近年では、クリスマスシーズンになると、あちこちで流れています。

クリスマスというと、バラードソングがメジャーであるという固定観念があり、最初に聴いたときには、ちょっと装いが違うという印象もあるかと思いますが、実は、

『サンタが街にやってくる』

のような軽快なクリスマスソングもたくさんあります。

マライアキャリーの『All I Want For Christmas Is You』(恋人たちのクリスマス)もそうです。

曲調こそ軽快でポップな印象が強いのですが、歌詞は、完全に恋人たちに向けた構成となっています。

とある女性が、クリスマスプレゼントにあれこれ多くは望まないから、大好きなあなたが欲しい

と熱烈にラブコールを送っている歌詞内容であり、恋人同士で聴くことで、よりロマンチックなクリスマスの夜を演出できると思います。

クリスマスを迎える女性たちは、素敵な彼氏に優しく抱きしめて欲しい、とロマンチックな夢を抱いていたりします。

そんな想いがたくさん詰まった名曲なので、クリスマスに聴くにはふさわしい楽曲としておすすめですよ。

ちなみに、ちょっと話はそれますが、この楽曲が主題歌として起用されたドラマ『29歳のクリスマス』も、もうすぐ30歳を迎える29歳の大人たちの恋愛をテーマにしたドラマとなっています。

もちろん、この頃、女性の社会進出が少しずつ高まり始め、仕事の厳しさも感じはじめた彼ら・彼女らの苦悩も色々描かれていますが、物語の中心は大人たちの恋愛です。

いろいろ葛藤や苦悩を抱きながら、その中で彼ら・彼女らが、どんな恋愛をしていくのか…

その部分がうまく描かれていて、トレンディドラマの王道として、大好評となり、何度も再放送されたことをよく記憶しています。

まぁ、メインキャストが山口智子さん、松下由樹さん、柳葉敏郎さんと、豪華なメンバーが起用されていたことで大きな反響あったわけです。

平均視聴率22.2%も取れていたのも、キャストたちの魅力も伴い、共感できる部分がたくさんあったからだと言えるでしょうね。

マライアキャリーのこの楽曲が、クリスマスソングとして当たり前のように、あちこちのBGMとして起用されるきっかけも、ドラマ『29歳のクリスマス』が一つの起爆剤となっているはず…

大人の恋愛にマッチしたクリスマスソングとして、人気が高い楽曲ですので、是非、一度素敵な彼女と一緒に、クリスマスの夜に聴いてみてくださいね。

⇒『All I Want For Christmas Is You』を聞く

Wham(ワム)!:ラストクリスマス

wham

Wham(ワム)!

ジョージ・マイケルと、アンドリュー・リッジリーの二人組デュオとして、1981年に誕生した『Wham(ワム)!』。

多くの人々が彼らのことを知るきっかけとなった楽曲で、クリスマスソングの定番としてあげられている楽曲が、この『ラストクリスマス』。

英語表記では

『Last Christmas』

と表記し、そのままですね。

意味としては、

去年のクリスマス

というちょっと意味深なタイトルとなっています。

もともと、この楽曲は、クリスマスを祝う楽曲ではありません。

去年のクリスマスに失恋してしまった悲しい恋心を歌った楽曲

なんだそうです。

それが何故か、クリスマスの定番ソングとして人気を博し、気がつけば世界中で色んなアーティストがカヴァーするようになりました。

世代関係なく、クリスマスソングでこの楽曲を知らない人の方が珍しいほどの超有名な楽曲として愛されています。

日本でも、

  • 古内東子さん
  • 佐藤竹善さん
  • 松田聖子さん
  • BOAさん
  • EXILE

など、世代を超えた様々なアーティストからカヴァーされている名曲として、多くの音楽ファンに知られていることは間違いありません。

明るいながらも落ち着いた曲調なので、恋人同士だけでなく、家族で祝うクリスマスソングとしてもおすすめですよ。

まぁ、特にラストクリスマスを聴こうとしなくても、半強制的に街中で当たり前のようにクリスマスシーズンに、様々な形で流れているので、否が応でも耳にすることとなると思いますが…

それくらい

クリスマスソング = ラストクリスマス

と言っても過言でないくらい有名な楽曲です。

⇒『ラストクリスマス』を聞く

ケルティック・ウーマン:アメイジング・グレイス

ケルティック・ウーマン

ケルティック・ウーマン

クリスマスの定番ソングとしては、こちらも馴染み深いと思うのですが、前述の2曲と比較して、ケルティック・ウーマンが歌う『アメイジング・グレイス』は、少しマイナーかもしれません。

もともと、この楽曲はケルティック・ウーマンのオリジナル楽曲ではないのです。

イギリスの牧師ジョン・ニュートンが作詞した

賛美歌

です。

賛美歌とは、キリスト教において神を称え、歌われる楽曲のことを指し、ドラマや映画の主題歌、アーティストによる楽曲として制作されたものとは全く異なります。

『神を称えるためだけにしか歌ってはいけない』という決まりはないことから、これまでにも様々なアーティストがカヴァーしていることで多くの人たちに知られているのです。

日本では、本田美奈子さんがカヴァーし、2003年5月21日にリリースしたアルバム『AVE MARIA』の中の1曲として収録されています。

ドラマ『白い巨塔』の劇中歌として、ヘイリー・ウェステンラがカヴァーした楽曲としても流れていました。

もちろんこれは、ほんの一例に過ぎず、実に多くのアーティストからカヴァーされ慕われているのが、このアメイジング・グレイスなのです。

近年では、アナ雪の主題歌『Let It Go(レット・イット・ゴー)~ありのままで~』の日本語バージョンを歌った歌手・May J.さんも2014年リリースされたアルバム『Heartful Song Covers 同− Deluxe Edition −』中の1曲としてカヴァーされていますよね。

その他にも、サッカーJ2のジェフユナイテッド市原・千葉のサポーターのチャントとしても用いられています。

そして、この楽曲は、クリスマスソングとしても愛され、有名となっているのです。

まぁ、もともとキリスト教における神に向けて謳われた賛美歌なのですから、イエス・キリストの誕生日を祝うクリスマスには、最もうってつけの楽曲と言えるでしょう。

そんなアメイジング・グレイスですが、筆者としては、ただのクリスマスソングとしておすすめするのではなく、あえて、ケルティック・ウーマンがカヴァーするバージョンを、ロマンチックなカップルに向けた素敵なクリスマスソングとしておすすめします。

ケルティック・ウーマンは、アイルランド出身の4人組

  • タラ・マクニール
  • スーザン・マクファーデン
  • マレード・カーリン
  • イーハ・マクマホン

の音楽ユニット。

もともとは6人組のユニットとして活動されていたのですが、メンバーの入れ替えも行われ、現在は4人で活動されています。

何といっても彼女らの魅力は、

透明感溢れる歌声とハーモニー

彼女らの楽曲を聴いた多くの人たちが、『癒やしの楽曲』と賞賛し高い支持を得られているのです。

そんな彼女たちがカヴァーしたアメイジング・グレイスは、いまや、ただのドラマ主題歌やミュージカル楽曲などの枠を飛び越えています。

クリスマスだからこそロマンチックな夜を感じさせてくれる最高な楽曲として心に染み渡ること違いないでしょう。

⇒『アメイジング・グレイス』を聞く

基本的にハーモニーは、歌唱力が高くないと、何処かで違和感が出てしまい、変な風に聴こえてしまうのですが、彼女たちの歌唱力は群を抜いているので、変な衝突が一つも起きず、お互いがより引き立たせる素晴らしい歌声となって響きます。

現メンバーのイーハ・マクマホンは、9歳から歌手として活動されているそうです。

かつてメンバーだったオーラ・ファロンは、ハープ奏者として、バチカンの法王の面前、アイルランド首相の面前などでも演奏経験を持っています。

楽器演奏の長けたメンバー・歌唱力のずば抜けたメンバーを据えて、世の多くのファンの心を癒やすハーモニーを響かせる音楽ユニットとして、ケルティック・ウーマンは絶大な支持を受け、彼女たちのアメイジング・グレイスもクリスマスソングの鉄板となっているのです。

本田美奈子さんも実に歌唱力の高い歌手でしたし、筆者自身も彼女のアメイジンググレイスも大好きです。

しかし、クリスマスのおすすめ楽曲としては、やはり、ケルティック・ウーマンのアメイジング・グレイスの方が、より心に染み渡ります。

是非、一度、彼氏・彼女とクリスマスに聴いてみてくださいね。

きっとロマンチックな雰囲気で、クリスマスが素敵な一夜となることでしょう。

スポンサーリンク

アドセンス

番外編:おすすめクリスマスソング!

さて、今回あえて、ケルティック・ウーマンを最後にご紹介したのには、もう一つ理由があります。

それは、番外編として(カップルにとっては、こちらの方が本命のクリスマスソングかも…)ぜひ聴いて欲しい、

ケルティック・ウーマンをブレイクさせた超有名な楽曲

が存在するのです。

その曲とは、トリノオリンピックで荒川静香さんが滑走のBGMとして用いたことでも知られる

『You Raise Me Up(ユー・レイズ・ミー・アップ)』

もともとこの楽曲は『シークレット・ガーデン』二人組の音楽ユニットのオリジナル楽曲だったのですが、色んなアーティストがこの楽曲をカヴァーし、その中の一組としてケルティック・ウーマンもカヴァーしています。

筆者自身は、ケルティック・ウーマンがカヴァーした楽曲としてではなく、TVアニメ『ロミオとジュリエット』のOPとして起用されたリナ・パークが歌う『祈り〜You Raise Me Up』が最初の出会いでした。

この楽曲は、ケルティック・ウーマンと薬師丸ひろ子さんがコラボした楽曲として、また『祈りバージョン』として、別の日本語歌詞が手がけられた楽曲としても知られています。

正直、この楽曲を聴いた瞬間、涙が溢れたことは未だに記憶しています。

それくらい衝撃を受けた実に素晴らしい楽曲として、記憶に残り、その後、パナソニックVIERAのテレビCMでこの楽曲が流れ、改めてケルティック・ウーマンが歌っていることや、荒川静香さんがこの曲を使っていたことを知りました。

順序的に筆者の場合は逆ですが、改めて彼女たちの楽曲として聴いたときに、鳥肌が立つほど心が揺さぶられ、癒やしの楽曲としてだけでなく、クリスマスならではのカップルたちの愛を深め合う楽曲として、魅力を感じるようになったのです。

きっと一度聴いていただければ、それだけ絶賛している理由が分かっていただけることと思います。

また、歌詞にも、恋人たちの楽曲であることが随所に描かれています。

とく印象深いのはサビのラストにある

『I am strong when I am on your shoulders You raise me up to more than I can be.』

の部分。

意味としては、

『私は強いわ、あなたの支えがある時は、あなたは私を起き上がらせてくれる、私が出来る以上に』

という意味なんだそうです。

あなたがそばに居てくれたら私は頑張れるから、いつまでもそばにいてください』

と訴えているようにも聞こえます。

二人の愛を深め合い、いつまでも末永く幸せに暮らしていきたいカップルたちの願いが強く込められている、という印象すら伺える素敵な歌詞をケルティック・ウーマンが歌うと、鳥肌が立つほど感動する楽曲として聴こえるのです。

だからこそ、この楽曲をクリスマスソングとして、おすすめしています。

歌詞全体を見ていくと、クリスマスというフレーズが出てくるわけではありません。

若干、クリスマスの印象としては薄いという気もしないわけではありませんが、カップルにとっては最高の恋愛ソングであることに違いなく、クリスマスにもふさわしい楽曲だと思いますよ。

せっかくのクリスマスに、是非、日本語の祈りバージョンも含めて、おすすめしますので聴いてみてくださいね。

⇒『ユー・レイズ・ミー・アップ』を聞く

まとめ

今回はクリスマスの洋楽の定番ソングを3曲ご紹介いたしましたがいかがでしたか?

まだまだ他にもたくさんのクリスマスソングがあります。

ここでは、中でも鉄板と言うべきクリスマスソングや、カップルで過ごすなら絶対に聞いて欲しいロマンチックな世界観が溢れるクリスマスソングを厳選して、3曲ご紹介させていただきました。

今回ご紹介した楽曲のように、クリスマスムードを高めてくれる素晴らしい楽曲は、他にもたくさんありますので、是非、クリスマスソングを上手く利用して、大切な人とのクリスマスを盛り上げてみてくださいね!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-クリスマス