星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

ギャル語流行語大賞2016トップ10一覧と意味を解説!本当に日本語?

投稿日:

2016年の流行語大賞が発表され、大賞は広島東洋カープの緒方孝市監督の長男が発した言葉、

『神ってる』

が受賞しましたね。

緒方孝市監督が言ったのは、いわば長男の言葉の引用だったわけで、本当の元ネタは緒方孝市監督ではなく、彼の長男だったことには驚きです。

こうして2016年の流行語大賞が決定したわけですが、実はもう1つの流行語大賞が決まっていたのを知っていましたか?

それが、

『ギャル語流行語大賞2016』

です。

早速、2016年のギャル語流行語大賞とトップ10を発表し、その意味も解説していこうと思います!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ギャル語流行語大賞とは?

スマホを見る女性

その年に流行した言葉をランク付けし、その中から大賞を決めるという流行語大賞。

これまでに、ユーキャンの行っている『新語・流行語大賞』、ガジェット通信の行っている『ネット流行語大賞』などが発表されています。

ちなみに、『新語・流行語大賞2016』には、『神ってる』、『ネット流行語大賞2016』には『PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)』が選ばれました。

流行語大賞2016トップ10一覧!言葉の意味や評判をチェック!

これらと、ほぼ同時期に行われるのが、『ギャル語流行語大賞』です。

『ギャル語流行語大賞』は、ガールズ向けエンタメサイトの『grp by CROOZ』が行っているイマドキ女子の間で、その1年に流行した言葉を取り上げるという企画。

ギャル語の中で、流行となった言葉というだけあって、

普通の人には理解できないような単語

が多くランクインしているのが特徴です。

ただ、実はここ最近のギャル語、元がネットスラングという場合も多く、筆者は、

「またネットスラングをパクってるのか…」

と、ギャル語ではなくネットスラングと呼んでほしい言葉が、多くて呆れていました。

実際に、2015年のギャル語流行語大賞のトップ10入りした言葉には、元がネットスラングという言葉がいくつかあったので、

「え、これが今更流行とか遅くない?」

と驚いてしまったくらいです。

では、『ギャル語流行語大賞2016』のトップ10にはどんな言葉たちが並んだのでしょうか?

トップ10にランクインした言葉と、その意味を解説していきましょう。

 

ギャル語流行語大賞2016ランキングTOP10と意味を解説!

コレ!の女性

『ギャル語流行語大賞2016』で、ランキングトップ10入りを果たした言葉は、以下の一覧の通りです。

ギャル語流行語大賞2016のトップ10

1位:沸いた

2位:よき

3位:らぶりつ

4位:リアタイ

5位:最&高

6位:ソロ充

7位:やばたにえん

8位:ありよりのあり

9位:フッ軽

10位:きびつい

う~ん、筆者的には、どこかで見たことのある言葉がいくつかありますね…。

しかも、ネットスラングとしては比較的古い言葉です。

イマドキの女子の間で流行る言葉というのは、ネットで使い古され、一回りした言葉が多いのでしょうか?

だとすると、ネットこそが流行の最先端ということになりそうな…。

さて、気を取り直して『ギャル語流行語大賞2016』のトップ10にランクインした単語それぞれの意味を解説していこうと思います。

ギャル語流行語 第1位:沸いた

栄えある『ギャル語流行語大賞2016』の1位に輝いたのは、『沸いた』です。

『沸いた』とはどういう意味なのでしょう?

どうやら、

嬉しかったり最高の気分で興奮状態にある時に『沸いた』という言葉を使う

みたいです。

沸いたという字や、元の意味からしたら、むしろ怒った時かと思ったのですが、全然違いましたね。

一応、イメージとしてはわからなくもないですが…。

ギャル語流行語 第2位:よき

『ギャル語流行語大賞2016』の2位に選ばれたのは『よき』です。

これは、

「よきかな」

という昔の言葉の意味と、ほぼ同じなのでわかりやすいですね。

ただ、ギャル語での使い方としては

「めっちゃ最高!よき!」

というような使い方になるのだとか。

なるほど…。

ネットスラングの

「○○よさみある」

とかと同じような使われ方なのでしょう。

ギャル語流行語 第3位:らぶりつ

『ギャル語流行語大賞2016』の3位にランクインしたのは『らぶりつ』です。

もう何となくピンと来ている方もいるかもしれませんね。

このギャル語は、主にTwitterで使う単語で、『"いいね"とリツイートをする』という意味になります。

昔は、お気に入りの意味から『ふぁぼりつ』と呼ばれていたのですが、Twitterが仕様を変更したことによってお気に入りが"いいね"に、そして記号も星からハートに変わりました。

このTwitterの仕様の変化に対応し、『ふぁぼりつ』が『らぶりつ』へ変化したというわけですね。

ギャル語流行語 第4位:リアタイ

『ギャル語流行語大賞2016』の4位は『リアタイ』です。

さて?

正直なところ、これはギャル語になるのでしょうか?

言葉の意味としては、リアルタイムの略なので、誰でも使うような言葉かと思いますが…。

そう思い調べてみると、どうやらギャル語としての『リアタイ』には、

リアルタイムで見る

というような意味も含まれていることが判明。

通常、

「今日のドラマリアタイで見れたー、面白かった!」

となるのが、ギャル語で使った場合、

「今日のドラマリアタイしたよ、面白かった!」

と変化するようです。

ギャル語流行語 第5位:最&高

『ギャル語流行語大賞2016』の5位は、『最&高』です。

最高ではなく、間に"&"が入っています。

これはどういう意味なのでしょうか?…

さっぱり想像がつきません…。

調べてみたところ、とくに意味に変わりはなく、"&"が付いているのはノリの問題みたいですね。

&をわざわざ入れるのが面倒ですし、スマホにしろキーボードにしろ非常に打つ手間がかかると思うのですが…。

ギャル語流行語 第6位:ソロ充

『ギャル語流行語大賞2016』の6位にランクインしたのは『ソロ充』です。

『ソロ充』とは、

1人でも充実した生活を過ごしている

という意味の言葉で、『リア充』の派生系。

と言っても、これはギャル語ではなく、もともとはネットスラングです。

ネットスラングでは、随分と前に2ちゃんねるで生まれ、既に使い古された言葉なので、ギャル語は一周廻ってから流行るものなのかな?と思った言葉ですね。

ギャル語流行語 第7位:やばたにえん

『ギャル語流行語大賞2016』の7位は、『やばたにえん』です。

もう字面だけでインパクトがすごいですね…。

見ただけで「ふふっ」と笑ってしまったので本当にずるいです。

この『やばたにえん』は…。

『やばたにえん』の言葉の意味は、要するに

やばい

という意味。

単純ですね。

派生系には『つらたにえん』などもあり、汎用性が高いギャル語でもあります。

元ネタは永谷園なのでしょう。

語感の良さから、誰かが言った言葉がそのまま広まっていき、ギャル語として定着したということでしょうか。

筆者も、この『やばたにえん』はちょっと気に入りました。

ギャル語流行語 第8位:ありよりのあり

これまたインパクトの強い単語が出てきましたね…。

『ギャル語流行語大賞2016』の8位は、『ありよりのあり』

筆者はてっきり、字面から、

「ありよりはべりいまそかり…みたいなやつか?」

と思ったのですが、どうやら違うみたいです。

もっとわかりやすいように変換すると、

『あり寄りのあり』

といったところでしょうか。

ありかなしかで判断する時、

完全にありとは言えないが、ありでもいいかな…

という時に使う言葉。

もう少しわかりやすく言うと、

0から10までで、『0』がなし、『10』がありだった場合、だいたい『6』あたりに該当する心情の時を表します。

このはっきりしない表現、実に日本人らしいと思わされます。

ギャル語流行語 第9位:フッ軽

『ギャル語流行語大賞2016』の9位は、『フッ軽』

筆者も『フッ軽』については、ああ、これの略だろうなと何となく察しがつきました。

『フッ軽』は、

フットワークが軽い

の略語です。

何かを強引に略すというのは、古典的ではあるものの、ギャル語に馴染みのない人たちが想像するギャル語にありがちなパターンですよね。

ギャル語流行語 第10位:きびつい

これが最後となります。

『ギャル語流行語大賞2016』の10位に滑り込んだのは、『きびつい』

これは初めて見た状態だと、的確な意味を当てるのは非常に難しいと思います。

実際、筆者もわかりませんでした。

この『きびつい』、実は…

厳しい+きつい

の2語を合体させたギャル語なのです。

まさかの合体語でしたか、それは通りでわからないわけですね。

使い方としては、

「熱が出て学校きびついー」

というような、客観的に見ても行動をするのが難しそう、かつ自身の心情としても辛い時に使用するのだと思われます。

 

以上が、『ギャル語流行語大賞2016』のランキングトップ10の言葉の解説となります。

ギャル語も随分と変わりましたね。

以前は、『せ』が『世』になったり、『は』が『レ£』になったりというような、もはや一種の暗号ではないかというようなものをギャル語と言っていた気がします。

その頃から比べると、随分と読みやすくなったものです。

また、ギャル特有のスラングも略語ばかりではなくなっていて、ネットスラング寄りになっているのも、SNSなどインターネットの繁栄が影響しているということなのでしょう。

 

まとめ

『ギャル語流行語大賞2016』が発表され、今年の第1位は『沸いた』となりました。

どうやら興奮した状態を表す意味で、使い勝手もいいことから1位になったのでしょうね。

また、トップ10を見るとSNSで使われている言葉が多く、皆で楽しむ雰囲気の言葉が多いことも見えてきました。

SNSが流行っている時代背景を反映したような、そんな『ギャル語流行語大賞2016』になったと思った次第です。

過去のギャル語流行語大賞は、コチラです。

ギャル語流行語大賞2015トップ10一覧と意味を解説!「つ」とは?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-時事

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.