星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

スポーツ

箱根駅伝2017の出場校と区間コースを紹介!優勝候補の大学はどこ?

投稿日:

大学駅伝3大レースの最後を飾る関東の大学の対象とした駅伝大会『箱根駅伝』。

時には途中棄権を突きつけられてしまう大学や、時に歓喜に浸る優勝を手に入れた大学など、毎年数々のドラマが生まれていることでも、有名な大学駅伝ですよね。

果たして、2017年の箱根駅伝では、どんなドラマが待ち受けているのでしょうか。

本記事では、2017年の箱根駅伝を少し前に、今大会の出場校や区間コース・優勝候補の大学(優勝予想)をご紹介していきたいと思います。

ぜひ、箱根駅伝を楽しむ一つの参考情報にしていただければと思います!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

箱根駅伝2017の出場校一覧をチェック!

いよいよ、大会開催まで、あと1ヶ月を切った箱根駅伝。

2017年の箱根駅伝は、青山学院大の3連覇がかかっています。

この青学の快進撃を止めようと、必死になっている他の大学の躍進も見られそうで、いろいろ期待できる大会といえるのではないでしょうか。

では早速、2017年の箱根駅伝の出場校20校をご紹介していきます。

箱根駅伝シード校10校

  • 青山学院大学
  • 東洋大学
  • 駒澤大学
  • 早稲田大学
  • 東海大学
  • 順天堂大学
  • 日本体育大学
  • 山梨学院大学
  • 中央学院大学
  • 帝京大学

以上が、昨年の箱根駅伝でシード権を掴んだ10校です。

昨年の覇者である青山学院大学を筆頭に、東洋、駒沢、早稲田と、実力校がずらりと揃っているので、

『どこかの大学が青学を止めてくれる!』

と期待したいのですが、やはり実力的には青山学院大学が一歩抜きん出ていると言えそうですね。

早稲田、順天堂、山梨と、かつてはシード落ちを経験してきた大学も数多くあり、今までの雪辱も今回の箱根駅伝にぶつけ、ぜひ好成績を残していってほしいですね。

予選会勝ち上がり組10校

  • 大東文化大学
  • 明治大学
  • 創価大学
  • 法政大学
  • 神奈川大学
  • 上武大学
  • 拓殖大学
  • 國學院大學
  • 国士舘大学
  • 日本大学

以上が、予選会を勝ち上がり、2017年の箱根駅伝の出場を決めた10校となります。

中でも注目したいのが、昨年14位とシード落ちした悔しさを胸に、箱根駅伝出場を決めた明治大学です。

全日本大学駅伝では、スタートダッシュに大きく躓き、1区で17位に沈んでしまいました。

しかし、その後は持ち直して11位フィニッシュと、なんとか立て直そうという姿勢は伺えたところです。

もちろん、2016年の成績を見ると、いきなり優勝と言うのは難しいかもしれません。

それでもシード落ちする前は、箱根駅伝でも上位進出していましたし、リベンジという意味では、なんとか結果を残してほしいと期待しています。

 

以上が、2017年の箱根駅伝に出場する全20校です。

これに加えて、オープン参加として学連選抜が出場します。

果たして、2017年の箱根駅伝はどんなドラマが訪れるのか非常に楽しみです!

 

箱根駅伝2017の区間コースは?

走る男性

毎年、ドラマが生まれている箱根駅伝。

選手たちが走る区間コースは、どのような区間コースとなっているのでしょうか。

2017年から第4区・第5区と変更されているみたいですし、簡単ながら、往路を中心に区間コース紹介をしていきたいと思います。

第1区:大手町(読売新聞社前)~ 鶴見中継所(21.3km)

箱根駅伝のスタート地点・最終区のゴール地点としてもおなじみの

読売新聞社前でスタート

が今回も切られます。

高層ビルが立ち並ぶ都心をバックに、21選手が団子状態となって走り抜けていくスタート区間。

この区間コースで、なによりも問題になるのは、落ち着いて自分のペースで走り抜けることができるのか。

自分自身との戦いといったところでしょうか…

4区・5区のような、高低差もそれほどなく、仕掛けどころも少ないだけに、毎回、鶴見中継所に差し掛かる残り3km辺り(六郷橋付近)でスパートを掛ける選手が多く見られます。

前半にどれだけ体力を温存し、最後にスパートを仕掛けられるかが、この区間コースの勝負どころとなるでしょう。

第2区:鶴見中継所~戸塚中継所(23.1km)

毎年数々のエースが激突し、

『花の2区』

とも呼ばれる往路の最初の見せ場と言ってもいい、大舞台となる区間コースです。

13km付近までは、平坦なコースがつづいていくのですが、その先に待ちかえまえているのは、箱根駅伝最初の難所でもある

『権太坂』

です。

全体で、高低差20mもある上り坂を駆け上がるだけでなく、その長さが2kmと、かなり体力を削られる難所と言って良いでしょう。

しかも、各校のエースが起用されている区間コースであるだけに、どの大学もここでトップに立ちたいと勝負を仕掛けてきます。

簡単に逃げ切るのも難しい難所に体力を奪われ、ペース配分を間違えると、大失速もあり得ます。

しかも2区の上り坂は、これで終わりではなく、戸塚中継所に入るまでに、もう一箇所上り坂が用意されていて、そこでも選手たちの体力を大きく奪っていきます。

単純にスプリント・体力自慢の選手が走り抜けていくだけで結果を残せる区間コースではなく、勝負の駆け引きも含めて、戦略も求められる厳しいコースといって良いでしょう。

それだけに

各校のエースの総合能力

を求められる重要区間コースと言えるでしょうね

第3区間:戸塚中継所~平塚中継所(21.4km)

戸塚中継所を抜けて、いよいよ湘南海岸沿いを走り抜けていくコースへと突入するのが、第3区間の21.4kmです。

往路の中盤である区間でもあり、

つなぎの区間

という言われ方もしていました。

また、2区を避けて、あえてこの区間にエースをぶつけてくる大学も増えてきて、決して目の離せない区間であるとも言えるでしょう。

最大の難所は、

遊行寺の急な下り坂

にあるのではないでしょうか。

下り坂を走ると、どうしても勢いがついてしまい、オーバーペースになりがちです。

オーバーペースで走ってしまうと、間違いなく21.4kmも体力がもたなくなってしまいます。

しかも、問題は湘南大橋から平塚中継所が、平坦なコースとなっているために、横風の影響が少ないと、一気にスピードレースと化してしまうということにあります。

この区間は、国道134号線の両側に植えられた防砂林の隙間から吹く横風に走行を妨害され、かなり体力を奪われていく区間コースになるのですが、たまにある風の影響がないと喜んでいると、スピードレースが展開されてしまうのです。

最初に、どれだけ下り坂で体力を温存しながら走ることができるのか…

ペース配分が重要となる区間コースと言えるでしょうね。

第4区:平塚中継所~小田原中継所(20.9km)

2017年の箱根駅伝から2005年大会以前の20.9kmに変更

となり、花の2区に続く、

準エース区間

と呼ばれるにふさわしいコースとなりました。

大磯駅付近、押切橋、酒匂橋とポイントを駆け抜け、最後は小田原中継所へと、急な上り坂も待ち受けた区間コースです。

とにかくこのコースは、なだらかながらもアップダウンが激しく、スピードが出しづらい区間でもあります。

ここでも風の影響も受けやすく、選手の体力を奪うだけでなく、勝負の仕掛けどころが非常に難しいコースなので、戦略的なものも求められます。

最後に待ち構える小田原中継所手前の急激な上り坂の前に体力がなくなると、大失速も大いにあるでしょう。

実際に、第72回大会では、3区まで2位を走り抜けた神奈川大学・山梨学院大学が、4区でリタイヤするハプニングも起こっています。

一つ間違えば、途中棄権もあり得る、かなり難しい区間コースであるだけに、しっかり勝負を見極めていかなければならないのと同時に、次のランナーにタスキをなんとしても届けなければいかなければならない、という葛藤の中でどのように走るのか…

『花の2区』の次のエース区間と言われるだけあって、選手の総合力が試される第2の試練となる区間コースと言えるでしょう。

第5区:小田原中継所~箱根(往路ゴール地点)(20.8km)

東洋大学卒の柏原竜二選手(現:富士通)、青山学院大卒の神野大地選手(現:コニカミノルタ)など、山登りのスペシャリストが続々輩出されていることでも知られる、

往路最大の難所

第5区山登りコース!

2017年の箱根駅伝から若干距離が縮小され20.8km

となりました。

しかし、選手への負担がそんなに減っているわけではなく、箱根までの超難関な山登りコースが待ち受けていることになんら変わりはありません。

延々と続く坂道を走らなければならないわけで、序盤は緩やかだった坂道が、箱根湯本駅付近から一気に急激な上り坂へと変貌していくその姿は、選手たちへの大きな試練を与えている神を見ているかのよう…

標高差も

874m

もあり、中には低体温症に陥り、途中棄権になる選手も見られます。

ここで、かなり体力を消耗してしまうのは間違いないでしょう。

それだけに柏原選手や、神野選手が『山の神』と言われ、注目されたことが如何に凄いことか理解できる、最も難解な区間コースと言って良いのではないでしょうか。

しかも、このコースを締めくくるのが、5kmの下り坂。

ひたすらに選手を苦しめてくれる厳しい区間コースとなっているので、ペース配分を少しでも間違うと、

大失速どころか途中棄権必死の超難関コース

となっているわけです。

果たして、この超難関コースを駆け抜け、最初にゴールを切る大学はどこになるのでしょうか。

 

以上が、往路5区間のコースとなっています。

一部変更箇所はありますが、基本的にどの区間もいろんな意味で難しいコースとなっています。

それだけに、ちょっとしたことで波乱は起こりやすく、毎年箱根駅伝でドラマが生まれているのも大いに頷けますね。

さて、復路に関してですが、基本的に『往路の逆』となっているので、ここでは割愛しておきます。

ただ、誰もが考えれば分かることですが、

6区の下り坂

が最初の関門となっていることは違いありません。

下り坂で勢いがつくから走りやすい…と考えるのは大間違いで、それが返ってオーバーペースになる要因にもなるので、如何にブレーキを掛けすぎずに、かつ、しっかり体力を温存しながら走っていくのか…

最初の5kmの緩やかな上り坂も含めて、ペース配分がかなり重要視されるコースであると理解して見ると、復路も色々楽しめると思いますよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

箱根駅伝2017の優勝候補の大学を予想!

さて、2017年の箱根駅伝の優勝校予想ですが、正直、だれもが本命に

青山学院大学

を挙げるでしょう。

全日本大学駅伝、出雲駅伝と3大大学駅伝の2つを制した実績は、周囲の誰もが認めているところでもあります。

基本的に青山学院大学に穴が、ほぼ見当たらないと言ってもいいくらい、誰もがエースになりうる逸材ばかりです。

中でも青学のエースとしてチームを牽引する

村和希選手

は、過去2年の箱根駅伝で4区を任され、いずれも区間賞を取り、青山の優勝に大きく貢献されています。

2016年に至っては、全日本大学駅伝、出雲駅伝と共に、エース区間の2区を任され区間賞なのです。

2017年箱根駅伝では、2区・4区のどちらを走るのか、それはまだ分かりませんが、青山学院大の大黒柱としてチームを牽引してくれることでしょう。

もちろんほかの選手も田村選手を押しのけ、エースになりうる存在ばかりなので、間違いなく青学が優勝候補の筆頭大学に挙げられると思います。

あくまで、筆者個人の見解でしかありませんが、2017年の箱根駅伝は、間違いなく

『ストップ・ザ・青山』

を合言葉にするような戦いが繰り広げられていくのではないでしょうか。

外国人留学生のニャイロ選手を擁する山梨学院大学。

一度はシード落ちも経験し、その後、必ずと言っていい程、上位に食い込みながらも、優勝から遠ざかっている『無冠の帝王』というべき駒沢大学など。

実力校がたくさん出場する2017年の箱根駅伝。

しかし、何度も言うように一歩抜きん出ているのが青山学院大学であることに違いありません。

果たしてどの大学が、青山学院大学の3連覇を阻止するのかというのが、最大の見どころではないかと思いますよ。

一応、個人的には、対抗枠として、東洋大学、駒沢大学の2チームと、『今回こそ優勝してほしい!』と期待を込めて山梨学院大学を挙げておきます。

少なくとも今後の箱根駅伝を盛り上げるという意味でも、青山学院大学の3連覇だけは阻止してほしいですね。

万が一、青山学院大学がここで勝つような事があると、

2016-17シーズンの3大大学駅伝の全てを青山学院大学が勝つ

という事になり、また箱根も3連覇達成することになるわけですから、流石に、それは他の大学からしても屈辱となるでしょう。

筆者としても、そろそろどこかが青学を止めてくれないと面白くないです。

一番は山梨学院大学が青学を止めてくれることです。

ただ、ニャイロ選手以外が、なかなか結果を出し切れていないところもあるので、難しいというのが正直なところでしょう。

だったら、東洋、駒沢、早稲田、そして、シード落ちから帰ってきた明治など、優勝してもおかしくない実力校が、なんとか青山学院大の快進撃を止めてほしいですね。

はたして青学の3連覇を阻止する大学が現れるのか。

それとも実力の差を見せつけ、青学が、箱根駅伝3連覇、大学駅伝3冠を手にするか…

その顛末を楽しみに、2017年の箱根駅伝を見ていきたいと思う次第です!

 

まとめ

皆さんいかがでしたか。

もうすぐ年が明けて、2017年の箱根駅伝が開催されるかと思うと、胸がワクワクしてきますよね。

箱根駅伝は、お正月恒例の大学駅伝。

青山学院大学を筆頭に、数多くの実力校がエントリーしています。

果たして、2017年の箱根駅伝では、どんなドラマが生まれるのでしょうか。

実力通りの結果として、青学の3連覇が達成されるのか、それとも波乱含みのレースとなっていくのか…

その答えは、2017年1月2日の往路と、1月3日の復路を見なければ誰にもわからない話です。

ぜひ、みなさんも選手たちの熱い戦い、そして、数多く繰り広げられる悲喜こもごものドラマを、箱根駅伝を通じて楽しんでみてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-スポーツ

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.