星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

スポーツ

高校駅伝2017男子出場校と予選会のタイム考察!優勝候補を独自予想

更新日:


箱根駅伝やニューイヤー駅伝のように、高校生たちが42.195kmを7区間にわけて戦う高校駅伝の季節がやってきましたね。

既に47代表校が出そろい、男子は、2016年度の覇者である倉敷や、強豪・世羅高校、佐久長聖の姿も見られます。

また、強豪校の他にも2校初出場校が出場しますし、大波乱も十分起こり得るのが駅伝なので、どんな戦いが繰り広げられるのか楽しみです。

そこで、本記事では高校駅伝2017(男子)の47代表校を予選会のタイムとともに紹介しながら、優勝校予想をしていきたいと思います。

ぜひ、高校駅伝2017(男子)を楽しむ参考としてみてくださいね。

 

42.195kmをめぐり戦い抜く高校駅伝

走る

将来、大学に進学し箱根駅伝を目指すものも数多く走り続けてきた駅伝レース「高校駅伝」。

最近は女子の部も開催されているので、結構メジャーな大会として多くの人たちに知られていますよね。

男子の部でさえ、フルマラソンの距離(42.195km)を7区間に分割して襷をつないでいくので、結構距離は短く、勝負がつくのはあっという間…

中には3kmというスプリント区間まであるのだから、本当にめまぐるしい展開が期待できる競技だと思います。

また、1区は花のエース区間とも呼ばれ、いきなり勝負がつくということもあったりするので、本当に目が離せません。

もちろん、最後のトラックでの勝負で四人が走り決着となる場合もあります。

本当にどこで勝負が着くのか、最初から最後まで見ていないと、勝負の行方を見逃すことも…

だからこそ高校駅伝は、毎年ドラマチックな展開が待っていて、大学駅伝・社会人駅伝よりも多くの駅伝ファンから愛されているのでしょう。


次のページへ >

-スポーツ

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.