星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

今年の漢字2016のトップ10順位一覧!選ばれた理由や意味は?

投稿日

毎年12月12日は『漢字の日』となっていて、『今年の漢字』が発表されることが習慣となっています。

2016年の12月12日も、例年通り、京都の清水寺で、2016年の『今年の漢字』が発表されました。

縦150センチ、横130センチという巨大な紙に、力強く揮毫された字は…

『金』

でした。

では、2016年の『今年の漢字』が『金』となった理由や意味はなんだったのでしょう?

また、順位としてトップ10に選ばれた漢字と、その選出理由や意味も気になりますので、当記事で、2016年の『今年の漢字』についてまとめてみました!

スポンサーリンク

アドセンス

今年の漢字2016は金!

%e4%bb%8a%e5%b9%b4%e3%81%ae%e6%bc%a2%e5%ad%972016

毎年12月になると、日々舞い込んでくるニュースも、大体が、

「今年は~がありました」

「今年のNo.1は○○!」

というような、ある分野でその年に1番人気だった・話題を呼んだモノや人物といった、1年の総決算的ニュースが増えますよね。

『今年の漢字』も、その1つではないでしょうか?

1995年から始まった『今年の漢字』は、はがきやウェブからの公募で決まる企画。

『その年を象徴する漢字1字を選んでもらう』というものです。

11月頃から公募期間がはじまり、毎年12月12日の『漢字の日』に発表される仕組みとなっています。

12月12日は、語呂合わせで、

「いい字、1字」

になることから、『漢字の日』に決まったそうですね。

細かいことを言ってしまうと、いい字だと112だと思いますし、この原理で行くと、『漢字の日』は112月12日という、約10年に1度の特別な日になってしまうと思うのですが…。

それは置いておいて、2016年も、12月12日に『今年の漢字』が発表されました!

2016年の『今年の漢字』に選ばれたのは…

『金』

です。

『金』、いい字ですよね。

筆者として、金やお金が大好きなので、この字はお気に入りですし、一番好きな色も、当然ながら金色です。(笑

それにしても、毎年清水寺で描かれる『今年の漢字』の字ですが、どう見ても、その字に見えませんし、読めません。

これを上手いと思っている方は本当にいるのでしょうか?

崩し字とはいうものの、これではただの暗号というか、小学生が描いた絵にしか…。

おっと、申し訳ありません、また話が逸れてしまいましたね。

それにしても、なぜ2016年は、『金』という漢字が『今年の漢字』に選ばれたのでしょう?

その理由や意味についても、トップ10に選ばれたその他の漢字の順位と共に、ご紹介していきますよ!

 

今年の漢字2016の順位トップ10!選ばれた理由や意味は?

2016年の『今年の漢字』は『金』に選ばれましたが、なぜ、この字になったのでしょう?

その理由…

を紹介する前に、まずは2016年の『今年の漢字』順位トップ10をチェックしましょう!

今年の漢字2016の順位トップ10

1位:金

2位:選

3位:変

4位:震

5位:驚

6位:米

7位:輪

8位:不

9位:倫

10位:乱

ちなみに、筆者は2016年を象徴する漢字は何だろう、と考えた際に、真っ先に浮かんだのが、8位の『不』でした。

芸能人の『不』貞行為騒動が絶えませんでしたし、舛添前都知事の政治資金不正使用、富山県議会の政務活動費の不正使用による12人もの辞職、三菱やスズキの燃費不正問題、電通の1年を通した不祥事などの『不』正・『不』祥事も続々と発覚したからです。

それでも『金』や『変』もありだろうな、とは思っていたので、まぁが順当なTOP10の順位結果というところでしょうか。

筆者の見解はともかくとして、それでは、早速2016年の『今年の漢字』順位TOP10の選出理由をご紹介していきます!

今年の漢字2016!1位:金

栄えある2016年の『今年の漢字』に選ばれたのは、先ほどもご紹介した通り、『金』です。

『金』が『今年の漢字』になるのは、実は3回目。

その主な理由を調べてみると、まず第一に、

リオオリンピックがあり、数々の『金』メダル獲得があった

ことが挙げられます。

その他には、同じくオリンピック関連で、

東京オリンピックの巨額経費問題、そして舛添都知事の政治資金の不正使用、築地市場の豊洲移転問題など、『金』に絡む不祥事が多かった

ことを『金』への投票理由にした方も多かったみたいです。

さらに、

イチロー選手のメジャー通算3000本安打や、レスリングの伊調馨選手のオリンピック4連覇といった『金』字塔

となる記録が続々生まれたこと。

一躍、世界中で有名になった

ピコ太郎さんの衣装が『金』色だったこと、マイナス『金』利の初導入

なども…。

なるほど。

こう見ていくと、確かに2016年は『金』の要素は多かったような気がしますね。

とはいえ、毎年のように政治とカネ問題はありますし、オリンピックで金メダルというのも、毎回5個ほどは獲得しています。

そうなると、4年後、東京オリンピックの年も、おそらく『今年の漢字』は『金』になるでしょう。

今から予言しておきます。

もし本当に2020年の『今年の漢字』が『金』になってしまったら、なんともバリエーションに欠けるというか、国民の語彙力のなさ、陳腐さに頭を抱えるというか、ため息が出てしまいそうです。

今年の漢字2016!2位:選

2016年の『今年の漢字』2位に選ばれたのは、『選ばれた』という今の文にも入っている『選』です。

理由としては、実に

多くの『選』挙があった

ことが挙げられます。

アメリカ大統領選、イギリスのEU離脱の是非を問う国民投票、東京都知事選など…。

また、

選挙権が18歳に引き下げられて初めての国政選挙

となる参議院選挙があったことも、『選』として印象に残った方が多いみたいですね。

この他には、

リオオリンピックの『選』手たちの活躍や、家庭用の電力自由化により、個人が電力会社を『選』択できるようになった

ことなども、『選』が多かった理由の1つみたいです。

筆者としては、この『選』の字は、完全に頭にありませんでしたね。

確かに、世界に目を向けてみると、非常に重要な選挙が多かったような気がします。

アメリカの大統領選やイギリスのEU離脱を問う国民投票もそうです。

それにフィリピンの大統領選挙ではドゥテルテ大統領が誕生するなど、世界が内向きになりつつある中で、先日行われたイタリアの国民投票や、オーストリアの大統領選挙も注目を集めました。

そういう意味では、『選』の字が2位になったのも納得できる話です。

今年の漢字2016!3位:変

2016年の『今年の漢字』の3位に選出されたのは、『変』です。

2008年の『今年の漢字』に選ばれたこともある『変』ですが、2016年はどういった理由や意味から、3位になるまでの得票数を得たのでしょう?

調べてみると、やはりと言うべきか、

変化という意味での『変』

を選ぶ方が多かったみたいです。

まず、またかと言いたくなりますが、アメリカの大統領選挙でトランプ氏が勝利したこと、イギリスのEU離脱が可決されたことなど、世界が内向きになりつつある

世界情勢の『変』

さらには、

『変』地異

を理由に挙げた方も多かったそうですよ。

2016年は熊本地震や鳥取地震、東北に台風が初の直接上陸、北海道の豪雨被害など。

天変地異とも思える災害が強く印象に残っているようです。

筆者は日本で言うと、真ん中の辺りに住んでいるため、あまり災害に遭うことがありませんでしたし、天変地異という意味での『変』は完全に盲点でした。

確かに、熊本地震は日本でも間違いなく歴史に残る地震となってしまいましたからね…。

2度の震度7ということもありますが、何より、最大の震度となった益城町の計測震度が6.7!

東日本大震災の宮城県栗原市の計測震度6.67を上回り、熊本地震が日本最大の揺れだったことが判明していますし…。

今年の漢字2016!4位:震

2016年の『今年の漢字』4位は、『震』です。

この字から想像がつくかと思いますが、

地震の『震』

という意味での投票が多かったそうですよ。

熊本地震に鳥取地震、内浦湾での地震、また、福島県でも久しぶりとなる巨大な地震が相次ぎ、一時は津波警報が出されたりもしましたね。

地震以外の理由としては、もう何度目の登場かという

アメリカ大統領選挙でトランプ氏が勝利、イギリスのEU離脱など、世界に激『震』が走った

こと。

芸能界でも、続々と発覚した不貞行為や、『SMAP』の解散などで激『震』が走りましたね。

今年の漢字2016!5位:驚

2016年の『今年の漢字』の5位となったのは、『驚』です。

『驚』が5位になった理由は…もう言わなくてもわかるかと思いますが、一応ご紹介しましょう。

2位以降、ずっと登場している

アメリカ大統領選挙やイギリスのEU離脱を問う国民投票の結果に対する『驚』

また、

芸能人の不貞行為騒動や舛添前都知事の政治とカネ問題、『SMAP』解散に対する『驚』

など、実に驚くべき出来事が多かったからだそうです。

筆者的には、驚くほどの出来事ではないとは思いましたが、確かに、

「意外な結果になることが多いなぁ…」

と、いわゆる、大方の予想というものを覆すような出来事が多かった1年だとは思わされましたね。

スポンサーリンク

アドセンス

今年の漢字2016!6位:米

2016年の『今年の漢字』6位に選ばれたのは、『米』です。

これまた、やけに具体的なことを示す1字がランクインした印象です…。

まず第一に、

アメリカを表す字としての『米』

が選出理由に多かったそうです。

オバマ大統領がアメリカ大統領として初の広島訪問をしたこと、アメリカ大統領選挙でトランプ氏が勝利したことですね。

次に多かったのは、

リオオリンピックが南『米』で行われたから

という理由、そして

TPPによる『米』の問題

と続きます。

なるほど。

TPPによる『米』の問題は、筆者としては完全に予想外でした。

2016年前半は確かに騒がれましたが、トランプ氏の大統領就任によって、TPP発効が事実上消滅したことで、完全に頭から抜けてしまっていたようです。

今年の漢字2016!7位:輪

2016年の『今年の漢字』7位は、『輪』です。

こちらも予想はつくかと思いますが、

オリンピックの『輪』

ですね。

リオオリンピックの開催や、東京オリンピックを巡る多くの問題が話題になったこと、これらが国民の関心を大きく惹いた1年となりました。

また、熊本地震や鳥取地震の発生で、

全国から支援の『輪』が広がった

というのも、多かった理由の1つだそうですよ。

今年の漢字2016!8位:不

2016年の『今年の漢字』8位は、『不』です。

理由は、先ほど筆者が『不』を選んだ時に紹介したものと同じです。

政治とカネの『不』正問題や、芸能界の『不』貞行為騒動の続出

が理由の大多数を占めていました。

また、熊本地震や鳥取地震といった大きな災害も多かったことから、

国民が『不』安を抱いた

というのも理由の1つとして挙がっていたみたいですね。

今年の漢字2016!9位:倫

2016年の『今年の漢字』9位は、8位とつながる1字である『倫』です。

選ばれた理由は、もう想像がつくかと思いますが、

『倫』が多かった

ことが第一の理由。

この他にも、電通を始めとした長時間労働問題、舛添前都知事や富山県議による政治資金の不正利用など、

『倫』理観を問われるニュースが多かった

ことも、『倫』を選ぶ人が多かった理由です。

今年の漢字2016!10位:乱

2016年の『今年の漢字』10位に滑り込んだのは、『乱』です。

この字は、1つの意味で、というわけではなく、実に多くの意味合いで選んだ方で分かれたそうですよ。

台風や地震といった災害による混『乱』、芸能界の不貞行為や議員や知事の政治資金不正利用によるモラルの『乱』…。

さらには、政治ではアメリカ大統領選挙でトランプ氏が勝利したり、イギリスのEU離脱が可決されるといった出来事、スポーツではリオオリンピックで吉田沙保里選手が4連覇を逃したり、プロ野球で日本ハムが奇跡の大逆転優勝を果たすなど、

様々な分野で波『乱』が多かった

といった意見もありました。

こう考えると、確かに『乱』に該当する出来事が2016年は多かったような気がしますよね。

『乱』に関して言えば、もっと上位にランクインしてもいい漢字のはずだなぁ、と思った次第です。

 

以上が、2016年の『今年の漢字』トップ10と選ばれた理由です。

結局のところ、2016年の漢字の軸となっているのは、

・リオオリンピック

・アメリカ大統領選挙とEU離脱の国民投票

・熊本地震や鳥取地震

・芸能界で相次いだ不貞行為騒動

この4つのようですね。

逆に言うと、これらの理由が1つも入っていない『今年の漢字』は存在しません。

それだけこの4つの出来事が、2016年に国民にとっては強烈に印象に残ったということだと思います。

 

まとめ

2016年の『今年の漢字』が発表され、『金』が3度目の栄冠に輝きました。

リオオリンピックの金メダルや、スポーツ分野での金字塔となる記録樹立が相次いだり、政治とカネ問題が、例年以上に騒がれたことなどが主な選出理由です。

要するに、オリンピックのある年に、大ニュースになるほどの政治とカネ問題があれば、その年の漢字は『金』で決まり!

という風潮になりつつあるのでしょうね。

実際に、4年前の2012年の漢字も『金』でしたし…。

2020年も『金』となるのは濃厚なのは、ともかくとして、2017年は何が起き、どんな漢字が『今年の漢字』となるのか?

また2017年末に、『今年の漢字』をご紹介ができたらと思っています。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-時事