星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

スポーツ

高校駅伝2017女子出場校と予選会のタイム考察!優勝候補を独自予想

更新日:


襷をつなぐことへの重み(プレッシャー)との戦いの中、数々のドラマが生まれ、多くのファンの胸を打つ駅伝競技。

それは箱根駅伝や大学駅伝だけでなく、高校駅伝女子においても言えることで、これまでにも数々のドラマが生まれました。

そして、今年もその高校駅伝女子全国大会の開催が迫ってきましたね。

はたして、今年は、どんなドラマが生まれるのでしょうか。

また、どの高校が全国優勝を果たすのでしょうか?

本記事では、2017年の高校駅伝(女子)の予選会タイムとともに、47代表校を紹介していきながら、全国大会での優勝校を予想をしていきます。

ぜひ、高校駅伝を観戦して楽しむ一つのきっかけにしてみてくださいね。

 

約21kmに凝縮された高校駅伝(女子)

高校駅伝女子

今年も早いもので後1ヶ月…

いよいよ毎年年末に開催される高校駅伝のシーズンを迎えます。

とくに女子の部に関しては、総距離21.0975kmと、箱根駅伝の約1区間分の距離に相当し、短い距離数で勝負が決まります。

なので、より濃密なドラマが起こり、波乱も起こりやすいです。

昨年(2016年)の高校駅伝では、2015年の逆転劇を演出した広島・世羅高校の向井優香選手を2区に起用したものの、区間13位の大失速。

結局、終わってみればギリギリの8位入賞…

2015年のアベック優勝を果たした世羅高校としては、ただ悔しさだけが残る結果となってしまいました。

そして、今年は、予選会から既に波乱が勃発!

昨年全国7位入賞を果たした愛知の豊川がまさかの予選敗退。

そして埼玉でも、埼玉栄が出場を逃し、埼玉県民や高校駅伝ファンの間で波乱が起きたと話題になっている模様…

一方、世羅高校・神村学園、そして、昨年覇者の薫英女学院は順当に本戦出場を果たしていますが、やはり波乱は十分起こりえそうな気がします。


次のページへ >

-スポーツ

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.