星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

オスプレイ事故の評判と不時着と墜落の言葉の意味の違いを解説

投稿日:

先日、オスプレイが不時着したというニュースの報道がありましたね。

これに対し、いつものオスプレイ反対派が口うるさく、

「墜落と言え!」

などと、自分たちに都合のいい出来事が起きたと声高に叫んでいるわけですが…。

実際のところ、今回のオスプレイ不時着がどうだったかも、もちろん気になりますが、それ以上に、

「墜落と不時着、違いって何だろう?」

と疑問に思った方も多いのでは?

そこで当記事では、墜落と不時着についての違いをご紹介しようと思います!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2016年12月13日のオスプレイ不時着に賛否両論の評判

mv22

今回のオスプレイの事故が起きたのは、2016年12月13日のことです。

沖縄県名護市安部沿岸に、アメリカ軍のオスプレイことMV-22が不時着したのです。

現場には、胴体はゆがみ、主翼は折れてしまうなど、無残にも大破したMV-22の姿がありました…。

まぁ、これはクラッシャブルゾーン、またはクラッシャブル構造と呼ばれる、乗員を守るための構造による形状変化だと思うので、何も言う事はありません。

事実、不時着したオスプレイに乗っていた5人は全員が無事で、2人が軽傷で済んだ程度でしたからね。

今回のオスプレイ不時着について、早速日本の各メディアでも大々的に報道され、このニュースのことを知っている方は多いかと思います。

NHKや、読売は着水(後にNHKは不時着へ変更)、各テレビ局や新聞が不時着と表現していました。

そんな中、沖縄タイムスと琉球新報は、今回の事故を、

「オスプレイ墜落」

と報じたことで、ネット上では早速議論に…。

「墜落した! やはりオスプレイは危険!」

「オスプレイ廃止を!」

とオスプレイ導入をやめさせることに繋げようとしていることが、透けて見える残念な反対派が息巻いていました。

他のヘリなどのほうが、事故率が高いにもかかわらずです。

それに対して、

「判断を迫られて自分から海へ行ったんだから不時着だろ」

「大破したから墜落とか言ってるやつ、クラッシャブル構造知らないの?」

「また左寄りの奴が騒ぎ出したか」

と、オスプレイ反対派に呆れかえっている人たちが冷静に反論。

このように、今回のオスプレイ"不時着"と言う表現に対して、メディア・ネット上の掲示板やSNSなど、国民レベルで話題になっているみたいですね。

まぁ、メディアに関して言えば、沖縄タイムスと琉球新報は何かにつけてアメリカのせいにし、一刻も早いアメリカ軍撤退を願っているという極左新聞ですから、ウキウキ気分で墜落と表現したのかもしれません。

政治家も多くの方がコメントしていたのですが、一番おかしいと思ったのは、翁長沖縄県知事。

翁長知事は、今回のオスプレイ不時着に対し、

「法治国家ではない」

などと、今回の事故と全く関係のない、正直、意味の分からないコメントを出し、これもまたネット上で批判が殺到。

さて、飛行機が不時着することが、日本が法治国家ではないことと、何の関係があるのでしょう?

何か手遅れなところまで進行してしまったのでしょうか?

それとも、日本が法治国家でないから、裁判で敗訴しても関係なく、工事の妨害行為を正当化させたいのでしょうか?

県知事ともあろう人が、よくわからない発言をするとなると、本当に頭を抱えたくなりますね…。

ちなみに筆者としては、不時着・墜落が、どちらか議論をするより、乗員全員が無事だったことの方が話題にするべきだと思うのですが…。

とくにオスプレイ反対派の人たちです。

彼らは乗員の命の心配などどうでもよく、ただオスプレイを墜落したことにして、アメリカを批判したいという姿勢を取っており、ちょっと理解できないところですね。

ネット上で、今回のオスプレイ事故を調べていて、非常に多くの人が、「人でなし」だったことには、本当に残念でなりません…。

 

不時着と墜落の意味の違いを解説!

考える男性1

今回のオスプレイの一件で、相変わらず左寄りの人々が声高に叫んでいるのは置いておいて、実際のところ、不時着と墜落はどんな違いがあるのでしょうか?

一見すると、今回のオスプレイ不時着は、機体が大破してしまっているため、

「これは墜落じゃない?」

と思ってしまう方も多いかと思われます。

そこで、具体的な"不時着"と"墜落"の言葉の意味の違いを調べてみることにしました。

まずは、墜落について。

墜落の意味をインターネットで調べてみると…

高いところから落ちること。

としか書かれていません。

なるほど、確かにこれだけであれば、今回のオスプレイの事故も墜落と言って正しいのかもしれません。

では、不時着の意味はどうなっているのか?

こちらもインターネットで調べてみると…

故障・燃料不足・悪天候などのため運航不能となり、目的地以外の場所に着陸すること。

これだけではよくわかりませんね。

広義的な意味での墜落であれば間違っていませんし、今回のケースであれば、不時着でも成り立ちます。

では、なぜ今回のオスプレイ不時着事故では、

「不時着」

という表現をしたのでしょうか?

飛行機事故を調べてみても、墜落事故、着陸失敗事故、不時着事故など、あまりに多くのケースがあって判断に困ってしまいます。

そこで、防衛省の解釈を頼りにしてみることにします。

防衛省によると、飛行機が落ちた際に、

・機体のコントロールを失った状況で着陸または着水する状況は墜落

・パイロットの意思で着陸または着水した場合には不時着、不時着陸

と判断しているそうです。

そして、今回の事故について、アメリカ軍は、

「現場付近の上空で何らかのトラブルが発生し、パイロットが基地に戻るか海上に不時着するか判断を迫られた。海上への不時着が安全だと判断し、コントロールしながら降下した」

と防衛省に説明しています…。

つまり、

機体のコントロールが制御できていた状態で、海上へ降りた方が助かるだろうと判断し、パイロットが意図的に海上へ向かった

ということなので、表現として不時着になったというわけですね。

たとえば、これが爆発によって完全にコントロールが利かなくなってしまい、海上へ落ちたというのであれば、確実に墜落になるでしょう。

あくまで筆者の個人的解釈でしかありませんが、不時着と墜落の違いは、

自ら降りたか、勝手に落ちたの違い

で判断するのが良いのではないかな、と思いました。

降りたと言うと、自分の意思でその場所へ落下していったと考えられますし、落ちたと言うと、意図せずその場所へ落下したというニュアンスにとれますよね。

皆さんも考えてみてください。

こんなケースがあるかどうかはわかりませんが、例えば崖に追い詰められ、下は川…。

火サスのようなフィクションでよくある場面に遭遇したとしましょう。

逃げるには川へ飛び込むしかないわけで、

「こうするしかない!」

と判断し、崖から飛び降りた場合、それは落ちたとは言いませんよね?

逆に、追いつめられ、どうしようか悩んでいるうちに、不意に足場が崩れ、そのまま川へ飛び込む形になってしまった場合は、飛び降りたとは言わず、落ちたと考えませんか?

つまり、今回のオスプレイの不時着表現も、そういうことだと思うわけです。

筆者の結論としては、墜落と不時着の違いをわかりやすくするなら、

本人の意思通りだったか否か

ではないでしょうか?

 

まとめ

2016年12月13日に起きたオスプレイ不時着事故。

即日、各メディアが

「不時着」

と表現したことについて、賛否両論が飛び交っています。

『不時着』と『墜落』は言葉の意味として何が違うのかというと、

「降りたと落ちたの違い、つまり自身の意図通りだったか否か」

を判断基準にするとわかりやすいのではないか?

という結論に至りました。

つまり、

  • パイロットの意思で着陸を試みたのか。
  • 機体が制御不能でどうにもならず、パイロットはただ落ちていくのを眺めるしかできなかったのか。

という違いですね。

(機体が大破していたことについては、あえて潰れることで衝突のエネルギーを吸収し、人や荷物、機械などを守ってくれる空間や部分、つまりクラッシャブルゾーンという見方もあります…。)

いずれにしても、言葉の意味よりも、まずは、オスプレイの乗員全員が無事だったことを喜び、パイロットのとっさの判断をもっと褒め讃えても良いくらいですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-時事

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.