星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

テレビ

総合視聴率の意味と違いを解説!視聴率とCM広告料金の関係性とは

投稿日:


民放のテレビ局にとって、

『全てを決める数字』

とも言える重要な視聴率。

しかし、近年はテレビ番組を録画しておいて、後で見るという人が増えていることから、純粋な視聴率は、テレビ番組の人気の指標としては、不十分になりつつあります。

そんな中、メディアリサーチ・マーケティングリサーチを行う会社のビデオリサーチが、

"総合視聴率"

という新指標を2016年11月に公表しました。

この総合視聴率は、以前までの視聴率とは、どんな違いがあるのでしょうか?

当記事では、視聴率と総合視聴率の違いについて、ご紹介していきます!

スポンサーリンク

現在のテレビの視聴率はあてにならない!?

考える男性1

考える男性1

テレビ番組というと、その視聴率が番組の評価や、人気を計る際の指標として長年用いられてきました。

とはいえ、視聴率が本当にあてになるのかというと、いまや、正直微妙ですよね。

たとえば、

視聴率10%だからといって、日本の人口の10%が見ているかと言われたら、そうではありません

一般的に視聴率と言われた場合、当てはまる視聴率は、世帯視聴率です。

世帯視聴率とは、

その世帯で1人でもテレビを見ていれば、視聴率としてカウントされる

という算出の仕方になっています。

つまり、視聴率10%とは、全世帯のうちの10%が、その番組を見ているだけなのです。

まぁ、そもそもテレビ離れが昨今は進んでいると言われていますし、30歳未満の男性単身世帯では、テレビの普及率が80%を下回っているとも聞きます。

テレビが一家に1台という時代すら終わりかけているのに、視聴率が全ての指標になるなんて、おかしな話でもあります。


次のページへ >

-テレビ

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.