星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

プロ野球

落合博満GMの退任理由はクビ?中日ファンの評価・評判をチェック

投稿日:

中日ファンにとっては、朗報というべきなのでしょうか?

2013年にGMに就任し、何かにつけて、

「早く辞めてくれ」

と言われていた落合博満GMが、ついに2017年1月に退任することが決定しました。

この動きについて、中日ファンはどう思っているのでしょうか?

当記事では、落合博満GM退任の理由、そして中日ファンからのGMへの評価など、中日ファンである筆者の個人的意見も合わせて、お話していきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

中日・落合博満GMが退任!

落合GM・白井オーナー

プロ野球の2016年のシーズンは、中日ファンにとっては非常に辛く、見ているのも悲しくなるような日々が長かったと思います。

過去最悪のシーズンに近い成績でしたね。

2016シーズンが終わってみれば、

58勝82敗3引き分け

ダントツの最下位!

中日打線は貧打に苦しみ、先発投手は2桁勝利どころか、規定投球回に達した投手すらいません。

中継ぎも、好不調の波が激しく、抑えの田島慎二投手のみしか目立った活躍をしていなかったため、田島投手に負担がかなりかかってしまい、シーズン終盤の救援失敗を招く結果になってしまいました。

もはや中日というチームは、何もかもがボロボロで、その上、シーズン終了直後には、

「大島洋平選手と平田良介選手がFAで流出か!?」

とも囁かれたのですから、もはや中日ファンのメンタルは崩壊寸前というところまで来ていたかもしれません。

(結局は残留ということで、とても喜ばしかったのですが)

とくに落合監督時代の黄金期から中日の試合を見始めた人にとっては、この数年は非常につまらない試合が多かったのではないかと思います。

とはいえ、中日の長い歴史の中で、4年連続Bクラスは初のことなので、長年の中日ファンからしても、

「今が暗黒期だな…」

と感じている方は多いのではないでしょうか?

他チームのファンからすると実感がないかもしれませんが、優勝回数自体は、落合博満監督時代までそれほど多くはないものの、Aクラスにいる期間は12球団の中でも、かなり長かったため、実は中日は安定して強いチームだったんですよ。

そんなこともあって、この責任の所在として、

「なぜ年々ひどくなっていくのにロクな補強をしないのか」

「主力選手に厳しい査定をして流出させたり、年寄り贔屓したりと最低なGMだ」

と、2013年のシーズンオフからGMに就任した落合博満氏に対して、批判の声が殺到。

「谷繁を休養させたなら落合もクビにするべきだろ」

と、不振の責任として谷繁前監督を事実上の解任にしておきながら、落合博満GMを残すのはおかしいという声も、中日へ多く寄せられていたのだとか。

そんな中、一時は退任の噂も出ていた落合博満GMが、ついに公式発表として、

2017年1月末にGMを退任する

ことが判明!

では、一体なぜ落合博満GMは退任になるのでしょうか?

前評判通りのクビということでしょうか?

 

中日・落合博満GMの退任理由はクビではない?

%e8%90%bd%e5%90%88gm

2017年1月末で、ついに退任することとなった落合博満GM。

では、具体的になぜGM退任になるのでしょうか?

予想される答えとしては、

チーム低迷の原因となったから責任を取って退任

という声が多いかと思います。

しかし、実は落合博満GMが退任するのは、成績不振によるクビではなく…

任期満了による退任

なのです。

要するに、GMとしての契約期間だった3年が過ぎたので、役目は終わり、ということ。

ただ、契約満了による退任だからと言って、クビではないとも言い切ることはできません。

当然、中日の成績が良ければGMの契約延長ということもありますが、

中日は落合博満GMとの契約を延長しなかった

のですからね。

落合博満GMと中日が契約延長をしなかった理由について、中日の佐々木球団社長は、

「球団と(落合博満)GMの双方、それが一番良いと判断した」

と語っています。

落合博満合GMは選手時代、そして監督時代からそうでしたが、

「自分の役割を果たす」

という、与えられた役割を行うだけというタイプの方です。

そのため、まだやらさせてくれというような要望を伝えることはせず、中日から留任を求められれば留任するし、退任だと言われれば辞めようと思っていたのでしょう。

そんなこともあって、今回、中日の落合博満GMは、2017年1月末の任期満了に伴って退任ということになったのだと思います。

まぁ中日も世間の空気を読み、自然の流れでということでしょうね。

 

中日・落合博満GMの実績は?

では、2013年のシーズンオフから、2016年のシーズンオフまでの編成を仕切った落合博満GMは、どのような功績を残したのでしょうか?

中日としては、かなり落合博満GMを高く評価しているみたいです。

とは言っても、正直、ファンからの評判として、主に編成においては落合博満GMが実績を残したとは言い難いですよね。

それでは、中日が落合博満GM時代、つまり2013年~2016年に獲得したドラフト選手を見てみましょう。

2013年のドラフト指名選手

1位 鈴木翔太

2位 又吉克樹

3位 桂依央利

4位 阿知羅拓馬

5位 祖父江大輔

6位 藤沢拓斗

2014年のドラフト指名選手

1位 野村亮介

2位 浜田智博

3位 友永翔太

4位 石川駿

5位 加藤匠馬

6位 井領雅貴

7位 遠藤一星

8位 山本雅士

9位 金子丈

2015年のドラフト指名選手

1位 小笠原慎之介

2位 佐藤優

3位 木下拓哉

4位 福敬登

5位 阿部寿樹

6位 石岡諒太

2016年のドラフト指名選手

1位 柳裕也

2位 京田陽太

3位 石垣雅海

4位 笠原祥太郎

5位 藤嶋健人

6位 丸山泰資

このうち、2016年のドラフト会議だけ、傾向が異なっていますね。

それまでの3年間は、基本的に大卒・社会人の即戦力を指名しています。

これを見る限り、落合博満GMは2016年のドラフト会議には関わらなかったのでしょうか?

それでも、

1位指名の柳裕也投手だけは、落合博満GMが春先から目をつけていたそうなので、落合博満GMの意向が反映されている

ものだと思います。

それにしても、こうして中日のドラフト指名選手を見てみると、残念なことに、

落合博満GMは選手を見る目がなかった

としか言えない結果になってしまっています。

最初の2013年ドラフトは、現在ストレートを軸に1イニング限定であれば、150キロを超える速球でバンバン押していけるタイプとなり、復活を果たした又吉克樹投手、中継ぎとして年々安定感が出てきている祖父江大輔投手など、1軍で活躍している選手が多いですよね。

では、2014年以降はどうでしょうか?

社会人ナンバーワン投手として、ドラフト1位で入団した野村亮介投手は、コントロールが酷すぎて2軍でも打たれ続けていますし、下位の選手も1軍にたまに出てきては全く結果を残せず2軍落ち…

という結果続きです。

選手の育成を中心として指名したのであれば、1~3年待つのも仕方ないか…と思わされますが、大卒・社会人であり、

即戦力

として入団しているわけですからね。

それで結果が出ないのであれば、落合博満GMの見る目がなかったとしか言えないでしょう。

筆者的には、2013年のドラフト1位の鈴木翔太投手の指名も疑問です。

育成重視で高卒投手を指名するのは理解できますが、東海地方ではそれなりに名が知れてはいるものの、なぜ全国的にはほぼ無名の選手を指名したのか…。

落合博満GMは、このほかに、ドラフト以外の補強面でも、全く手腕を発揮していません。

大型補強は一切せず、獲得してくるのは、

他チームを戦力外となった実力のない選手ばかり

(2014年は狙っていた炭谷選手、嶋選手がFA宣言しなかった不運もありますが…)

『年俸が安いから』という理由だけで、使えない年寄り選手を連れてくるのだと思いますが、『安かろう悪かろう』では、それこそが最大の無駄遣いなのではないでしょうか?

今や中日ファンにとって、落合博満GMがやったことといえば、選手とファンの中日への信頼を落としたことと、コストカットをしたこと程度の認識です。

落合博満GMは、選手・監督としては非常に優れた実力があったというのに、GMではあまりにもひどい無能ぶりを見せてしまい、最後の最後で汚点を晒してしまいました…。

 

落合博満GM退任による中日ファンの評価は?

話し合う3人

ついに中日のGMを退任する落合博満GMですが、ファンからは、

「寂しい」

という声もちらほらある中、かなり数が多かったコメントは、

「コストカット以外、公約を果たさなかったな」

という、コストカットした無能なGMという印象しか残っていないという評判です。

ただ、先述した通り、『落合博満』という人物は、基本的には与えられた仕事を行うというタイプ。

監督の時でも、勝てるチームにしてくれとの要望があったので、冷静沈着な、面白みはないものの、中日が勝てる野球を作り上げました。

つまり、この大幅なコストカットについては、

お金はケチりたいけど強い球団にしたい

という、中日フロントの無理難題を押し付けられていたわけで、ある意味では、落合博満GMは汚れ役を引き受けたわけでもあるのです。

そのため、

「給料をカットして選手がやる気になるわけがない。フロントの考えが間違ってる」

「落合より白井が辞めるべきだよなぁ」

と、フロント、とくに白井オーナーに対する批判の声も挙がっていました。

実は筆者も、白井オーナーのいち早い退任を願っている一人です。

もう2017年には御年89歳になるわけですし、いつまでも中日のオーナーに留まり続けてほしくありません。

まぁ、それを言い出してしまうと、子会社を派閥争いなどという、くだらない私情に巻き込もうとする中日新聞そのものが、中日ドラゴンズにとって最大の癌という話に行きついてしまうわけですが…。

ただ、多くの中日ファンのコメントを見ていて、

「落合博満GM時代が酷かった」

という評判は、もはやファンの共通認識のようですね。

この責任の所在が、どこにあるかはそれぞれ意見が分かれるところではありますが、落合博満GM体制になってから、目に見えて選手に対する扱い・チームの成績が酷くなったというのは、間違いなく事実のようです。

 

まとめ

中日の落合博満GMが、2017年1月末に迎える任期満了に伴って、GMを退任する運びとなりました。

中日側は、あくまでも任期満了に伴うものであり、円満退任を強調してはいるものの、ファンからは、

「(理由は)事実上のクビだろうなぁ」

と、成績不振の責任をとらされた形でのGM退任ではないかと思われているみたいです。

落合博満GMの役割は、中日のフロントが要求したことを行っているので、落合博満GMだけに責任があるとは言えません。

しかし、ドラフト指名選手が微妙で、落合博満GMがスカウトの報告よりも自身の意向を重視したことや、落合博満GMが目をつけた選手が全く活躍していないことなどから、

「やっぱり現場向きで、GMは無理だよな。早く切るべきだった」

と、落合博満GMは、GMとしては無能だったという認識も広がってしまっているみたいです。

ただ、選手・監督として、中日では多大な貢献をしているだけに、

「やっぱり寂しい」

と、GM退任を寂しく思う中日ファンも多かったみたいですよ。

中日ファンの筆者としても、輝かしい選手・監督時代を見ているだけに、

「どうしてこうなってしまったんだろう…」

と、やるせなさを感じてしまいます…。

とはいえ、

「優勝できるチームにする」

と言っておいて、年々チームは低迷していったので、GM退任となるのも仕方ないかなと思いました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-プロ野球

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.