星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

原口一博の病気(難病)の症状がヤバイ!病名は骨形成不全症か?

投稿日:

民進党の原口一博元総務大臣を覚えている方はいらっしゃいますか?

民進党が民主党時代で、政権を取っていた頃は、彼の名をよく聞いたものです。

悪い意味で…。

さて、そんな原口一博元総務大臣ですが、現在、右腕を骨折して入院中だとの情報があり、しかも、その原因が遺伝性の難病だと言われているそうです。

一体、原口一博元総務大臣は、どんな難病にかかってしまったのでしょうか?

当記事では、原口一博元総務大臣の病気、病名や症状などについて、ご紹介しようと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

原口一博の経歴プロフィールをチェック

%e5%8e%9f%e5%8f%a3%e4%b8%80%e5%8d%9a

まず、簡単に、原口一博元総務大臣について振り返ってみましょう。

原口一博の経歴プロフィール

生年月日:1959年7月2日

出身:佐賀県佐賀市

学歴:東京大学文学部卒業

所属政党:無所属→自由民主党→新生党→新進党→国民の声→民政党→民主党→民進党

歴代の役職:総務大臣(鳩山由紀夫内閣、菅内閣)、内閣府特命担当大臣・地域主権推進担当(鳩山由紀夫内閣、菅内閣)

原口一博元総務大臣の経歴で一番目を惹くのは、所属政党の多さですよね。

これだけの政党を行ったり来たりしているとなると、政治理念が薄く、自らの利益で政治理念を変えてしまう政治屋なのかと錯覚してしまいそうです。

総務大臣としても、あまり成果は上げておらず、どちらかというと、不祥事の方が目立ってしまっていますね。

アピール21というNTT労働組合の政治団体から500万円の寄付を受けていながら、政治資金収支報告書に記載しておらず、政治資金規正法に抵触する事案を起こしたりもしました。

挙句の果てには、2度も遅刻をするという失態を見せている始末…。

しかし、現在の民進党代表・蓮舫氏については

「二重国籍であり、法令違反の疑いがある」

と、同じ民進党の身内を批判するという、ある意味民進党の枠にはまっていないところは、ネット上でも評価されているようです。

そんな原口一博元総務大臣ですが、病気との闘い、苦難の連続が降りかかることとなります。

まず、第47回衆議院選挙の選挙期間中には、階段を踏み外して膝下を複雑骨折してしまい、車いすの状態で選挙戦に臨むという厳しい戦いを強いられます。

さらに、2016年11月にも、自宅で転倒し、右腕と右足を骨折してしまうのです。

この時、原口一博元総務大臣は、

骨に遺伝性の難病があると診断された

らしく、2016年12月に、その事実を公表するに至りました。

 

原口一博の病気の病名は?

医者2

2016年12月に、原口一博元総務大臣が公表した病気とは、一体どんな病気なのでしょうか?

原口一博元総務大臣本人は、

「検査の結果が出て私が骨の難病であることが正式に診断されました。遺伝性難病です」

とコメントしたのみなので、正式な病名は明かされていません

メディアの報道では、国指定の骨の病気(難病)である

『骨形成不全症』

ではないか?

と、病名の推測をしているみたいですね。

しかし、なぜ今になって公表したのでしょうか?

「子供、親族にまで迷惑が及ぶ」

として、もともと公表することは難しいと考えていたようですが、

「その個体に遺伝がなければ、そこで私の難病は後世には伝わりません」

と、難病のデータを取り、提供することで、それを後世へ伝えるために、今回、自身が難病であることを公表するに至ったみたいですよ。

では、原口一博元総務大臣がかかってしまったという骨の病気、難病『骨形成不全症』とは、どんな病気なのでしょうか?

 

難病『骨形成不全症』の病気の症状は?

国指定の難病である『骨形成不全症』。

この病気は基本的に、

I型コラーゲン遺伝子の異常により発症するそうで、遺伝していく

とのこと。

しかし、

中には突然変異によって発症する人もいる

そうなので、突然変異で発症した場合は、その方の親族は『骨形成不全症』にかかってはいないでしょう。

この病気は、

骨がもろく弱いことで骨折しやすくなり、骨の変形をきたす先天性の病気

だそうです。

主な症状としては、

  • 易骨折性、骨変形などの長管骨の骨脆弱性と脊椎骨の変形
  • 成長障害
  • 歯牙(象牙質)形成不全
  • 関節皮膚の過伸展

といった、骨に関わる症状が多く見られます。

しかし、これだけではなく、染色体の異常で起きる

青色強膜も発症したり、耳小骨が病変してしまい、難聴を引き起こすこともある

のだそうです。

さらに場合によっては、

脊柱変形による呼吸機能障害や、心臓弁の異常により心不全に陥り、命の危険も!

最も重症となると、なんと、

生まれてすぐに亡くなってしまう

というケースまであるのだとか…。

その一方で、たまたま何かの怪我で病院へ行ったら、『骨形成不全症』だったことが判明するという、軽度の症状で済む場合もあるそうで、症状の差が激しい病気といえそうですね。

重症化した場合は、生まれてすぐ亡くなってしまうとのことですし、もしかしたら、遺伝した場合の『骨形成不全症』が重症化しやすいのかもしれません。

筆者は医療の専門家ではありませんし、ここ最近、医療関連で何かと問題も多いので、これ以上勝手なことは言えませんが…。

治療法は、症状を和らげるものしかないそうなので、かかってしまうと完治は困難。

さすがに難病です。

原口一博元総務大臣が今回、難病を公表したことで、医療機関での治療法の確立が少しでも前に進むことを祈るばかりですね。

 

まとめ

原口一博元総務大臣が、骨折して入院をした際に、自身が骨の難病にかかっていることがわかった、と公表をしました。

原口一博元総務大臣は、自身の病気の症状については、

『遺伝性の骨の難病』

ということしか発表していません。

おそらくは

『骨形成不全症』

という病気ではないかと推測されているようです。

この『骨形成不全症』は、骨がもろく、骨折しやすくなるという病気。

遺伝性疾患とされているらしく、原口一博元総務大臣は母親から遺伝したとのこと。

治療も困難らしく、このままでは原口一博元総務大臣の議員生活もままならないのでは?と危惧する方も多いようです。

しかし政界では、安倍晋三首相を筆頭に、党派を超えた多くの議員から、

「ご快復をお祈りしております」

とのコメントが原口一博元総務大臣に多く寄せられているそうです。

立場が違えど、人々の心は繋がっていると感じさせられる、心温まるエピソードですよね。

筆者としても、難病『骨形成不全症』の病気の解明が進むことを願うばかりです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-時事

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.