星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

サッカー

ロナウドとメッシが不仲・関係が悪い噂と2人の会話をチェック!

投稿日:

現代サッカーの二大ヒーローである、クリスティアーノ・ロナウド選手とリオネル・メッシ選手。

かたやレアル・マドリード、かたやFCバルセロナという、スぺイン…いえ、世界の二大サッカークラブに所属しており、ことあるごとに比較されています。

それだけではなく、

『ロナウドとメッシは犬猿の仲』

『会っても会話などなく、口もきかない』

などという噂も見かけます。

逆に、

『二人はお互いにリスペクトし合い、仲はとても良い』

と言う説もあります。

はたして、これはどちらが本当なのでしょうか?

今回は、クリスティアーノ・ロナウド選手とリオネル・メッシ選手、この二人は本当に仲が悪いのか。

二人が会った時には会話はあるのか、そのあたりを調べて見たので、ご紹介していきます!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ロナウドとメッシは本当に不仲・関係が悪いの?

クリスティアーノ・ロナウド選手とリオネル・メッシ選手は、本当に仲が悪いのでしょうか?

これについては、諸説紛々、各説がありすぎて判断に迷うところだと思います。

まず二人の比較について、FIFA会長ゼップ・ブラッター氏の、こんなコメントがあります。

FIFA会長のロナウドとメッシについてのコメント

メッシとクリスティアーノ・ロナウドのどちらがいいかって?

両方だ!

それぞれタイプは異なるが どちらもサッカー界にとって素晴らしい存在だ。

C・ロナウドはピッチの将軍。

メッシは魔術師だ。

将軍と魔術師とは言いえて妙ですね。

実際のサッカーでのプレーも、ロナウド選手のプレーは、将軍のような勇猛さと誇りに満ちています。

そして、リオネル・メッシ選手のドリブルは、まさに魔術師そのものです。

次に紹介するコメントは、ルイス・フィーゴ氏。

レアル・マドリードとFCバルセロナの両方でプレーした経験を持つ往年の名選手です。

ロナウド選手とメッシ選手の二人について、このように話しています。

ルイス・フィーゴ氏のロナウドとメッシについてのコメント

彼らをいちがいに比較することはできない。

完全にタイプが異なる選手であり、まったく異なるシステムでプレーしていると思うからだ。

しかし、もし自分がチームを持つとすると 二人とも欲しい選手だね。

彼らは二人とも現時点で世界最高の選手だ。

私が現役だったときとの違いは、私の時は選ぶべき良い選手がたくさんいたことだ。

バロンドールを受賞できるような選手が 10人から15人いたからね。

今は多くて4~5人だ。

後半のコメントは、フィーゴ氏の時代の方が優れた選手が多かったと自慢したいのかも…。

また次に、1950年代後半にレアルで活躍したディ・ステファノ氏は、インタビューで世界最高の選手は誰かと聞かれ、このように答えています。

ディ・ステファノ氏のインタビューより

ロナウドでもメッシでもない。

史上最高の選手はペレだ

なんら疑う余地はない。

メッシは限られたスペースでドリブルができるテクニカルな選手だし、ロナウドは速く大胆で、フィジカルが強い。

でも、ペレには遠く及ばない。

さて、本丸です。

ロナウド選手とメッシ選手は、お互いにどのように相手を評価しているのでしょうか。

ロナウドから見たメッシ

メッシは、いつも意識している選手だ。

最高のライバル

ってところだね。

メッシのテクニックはすごいものがあるし、自分にはないものを持っている。

しかし、私とはタイプが違うし、私も彼を上回るものを持っている。

メッシから見たロナウド

ロナウドは、

ライバルというよりは、プレーで刺激をあたえられる選手

というところだろう。

彼のことはいつも見ているし、ロナウドと戦えるのは嬉しいことだ。

ロナウド選手とメッシ選手は不仲・関係が悪いという話でしたが、このお互いのコメントを見ると、とくに不仲・関係が悪いとは、とても思えませんね。

(若干、二人に温度差があるような気がしないでもないですが)

コメントやインタビュー以外でも、二人の仲は悪くないことをうかがえるエピソードは、いくつもあります。

メッシ選手は、ロナウド選手について、

ロナウドはお金を払ってでも見たい選手だ

 

僕たちは真の友人だ。

僕たちのようなスタイルでプレーするとき、それは本当に重要なんだ。 

と語っていました。

一方でロナウド選手の方も、

『メッシをリスペクトしている』

という意味の発言をしています。

さらには、バロンドール授賞式では、式が始まる前にロナウド選手の息子は、メッシ選手に歩みよっているのです。

この息子は、どうやら父であるロナウド選手よりも、メッシ選手のファンだったのです。

すると、メッシ選手は、

「どうした?元気かい?」

と挨拶して、ロナウド選手の息子の頭をなでました。

これに対して、ロナウド選手は、

「息子がネットで動画を見て、君について話していたんだよ」

とメッシ選手に説明したのです。

そして、ロナウド選手の息子は、メッシ選手に挨拶してから照れてしまい、後ろを向いていたのですが、

「どうした?今更恥ずかしがるなよ」

と、ロナウド選手が笑いかけていたそうです。

この一連の会話を見ていると、ロナウド選手とメッシ選手の不仲・関係が悪い説は、

メディアによる煽りの一種

としか思えませんね。

 

ロナウドとメッシに普段は会話はあるの?

ロナウド選手とメッシ選手が、普段からも会話をしているのか、という件ですが、どうも二人は会えば普通に会話しているようです。

少なくとも、対面しても『まるで口もきかない』という関係では、なさそうですね。

ロナウド選手とメッシ選手で、こんな会話の例もあります。

ロナウドとメッシの会話より

ロナウド「今日はお互いにプレーしなくて良かったよな。」

ロナウド「俺が怪我をしている間は、ゴールを決めないんだね、ありがとう。」

メッシ「君も同じことをしたじゃないか。」

また、一昨年にポルトガル代表とアルゼンチン代表が、フレンドリーマッチを行った際には、ロナウド選手とメッシ選手は、

なごやかな表情で握手を交わし、楽しそうに会話をしていた

と伝えられています。

さらには、ロナウド選手がメッシ選手を罵倒していると報道した記者には、ロナウド選手は事実無根で訴えると言ったそうです。

これらの実例から見ても、ロナウド選手とメッシ選手の仲・関係は、ごく普通のサッカー選手同士の関係で、犬猿の仲ではありません。

 

まとめ

レアル・マドリードのクリスティアーノ・ロナウド選手と、FCバルセロナのリオネル・メッシ選手。

この二人が不仲の関係にあるという話は、どうやら

『メディアによる煽りのひとつ』

ということでした。

二人が会っても口もきかないと噂も、全く事実無根です。

バロンドールの表彰式では、メッシ選手のファンであるロナウドの息子をめぐって、なごやかな雰囲気で会話が弾んでいたそうですよ。

また、ポルトガル代表とアルゼンチン代表との試合でも、試合終了後には二人は楽しそうに会話をしていました。

『非常に仲が良い』というほどではなくても、少なくともロナウド選手とメッシ選手が憎み合っているという関係でないことは、たしかですね。

ロナウドの記事はコチラもよく読まれています!

ロナウドポーズ(ゴールパフォーマンス)の意味を解説!やり方は?

C.ロナウドの来日理由とテレビ出演料!フジの対応に評判は最悪?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-サッカー

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.