星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

ファンタジー号事件の風船おじさん(鈴木嘉和)は現在生きてる?

投稿日:


2016年12月22日に、カナダである驚きの事件の裁判がありました。

なんと、

ローンチェアにヘリウムガスで膨らませた110個の風船を結び付け空を飛んでいた

という男性が捕まっており、その事件の刑罰として、罰金刑となってしまったのです。

『風船で空を飛ぶ』

というと、

「ある人物のことを思い出した」

という人も多く、彼のことを、

「あれからどうなったのだろう?」

と気になり、調べている方が増えているみたいですね。

その人こそが、

『風船おじさん』

こと、ピアノ調律師の鈴木嘉和さん。

1992年、ファンタジー号事件の後に消息不明となってしまった彼は、現在どうしているのか?

また、そもそも『風船おじさん』のことを知らない人も増えてきた時代になっているかと思います。

そこで、当記事では、一時期世間を騒がせた『風船おじさん』こと、鈴木嘉和さんについてまとめてみました!

スポンサーリンク

カナダで風船飛行を試みた男性が罰金!

2016年12月22日、ある裁判が行われ、ダニエル・ポリア被告が、罰金5000カナダドル(約44万円)の支払いを命じられました。

この男性、一体何をしたかというと、

2015年に椅子に風船を110個取りつけ、空中飛行をした

のだそうです。

それにしても、『風船で飛んでみたい』という夢を持つ人はそれなりにいるかとは思うのですが、なぜダニエル・ポリア被告は本当に実行してしまったのでしょう?

どうやら彼曰く、

「自分の経営しているクリーニング店の宣伝をしたかった」

とのこと。

そんな理由で椅子で空を飛ぶとは、何とも理解しがたいところです。

とはいえ、たかが風船で飛んだくらいで、何故、罰金刑をくらったのでしょう?

気になってさらに調べてみると、『風船で飛んだ』と言っても、ただ家の高さくらいを飛んでいたわけではありません。


次のページへ >

-時事

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.