星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

大晦日の食べ物の伝統!年越しそばを食べる意味や由来をチェック

更新日:


食べ物の伝統・文化として古くから受け継がれ、今や日本の風習として、各家庭で大晦日の日に食べられている「年越しそば」。

みなさんも、なんとなく大晦日には年越しそばを食べるものだと、無意識の内に理解されているのではないでしょうか。

当たり前の様に食べている年越しそばですが、当然、大晦日に食べる理由・意味が存在します。

それも、年越しそばのルーツをたどると諸説あり、7つも意味が存在していたことが分かりました。

では、なぜ年越しにそばを食べる用になったのか、またいつごろから年越しそばとして食べるようになったのか。

本記事にてその真相を解き明かしていきたいと思います。

 

昔からあった大晦日の年越しそばの風習

年越しそば

みなさんは、大晦日をどのように過ごされていますか?

ディズニーランドやUSJなどでカウントダウンを楽しんでみたり、家で紅白歌合戦や行く年来る年を観てまったり過ごしたり、実にさまざま…

一方、笑い納めとして、ガキ使「笑ってはいけない」シリーズを観て、大爆笑する過ごし方もいらっしゃいます。

ただ、いずれの大晦日の過ごし方も、何か一つ欠けているような気がしてならないんですよね。

もちろん、楽しいことに変わりないのですが、何か違和感みたいなものがあるような…

それで、いろいろ考えてみると、年越しそばを忘れていることに気付かされてしまうんです。

あくまで、これは筆者の場合です。

おそらく読者の方たちは年越しそばを忘れることはあまりないでしょう(笑)。

ただ、筆者の場合、日々この時間に働いて、この時間に休むという境界線がなかったりするために、年末やお正月という意識が薄れているんですよね。

もちろん、それではいけないと、半ば強引にお正月休みは取りますが、それはつかの間の休暇でしかありません。


次のページへ >

-時事

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.