星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

プロ野球

赤松真人(広島カープ)の胃がんの進行状況と復帰時期はいつ頃?

投稿日

2016年のプロ野球を盛り上げた広島カープ。

大晦日を迎えようとしている年末にプロ野球界に衝撃のニュースが飛び込みましたね。

高い走塁技術と、フェンスによじ登ってホームランの当たりをキャッチしてしまうなど、

『忍者』

の異名で有名な赤松真人選手が、12月28日に緊急会見を行いました。

なんと、胃がんにかかっていたことが判明し、それを公表したのです。

赤松真人選手は復帰を目指し、1月に手術を行うそうですが…。

現役プロ野球選手ががんにかかり、手術からの復帰を目指すということは前代未聞の事態。

それだけに、命の危険や、今後の選手生命は大丈夫なのか?

また、赤松真人選手が広島に復帰できるのか、といったことを注目しているファンも多いようです。

そこで、当記事では、赤松真人選手の胃がんについて、復帰はいつ頃になるのかなどを予想してみました。

スポンサーリンク

アドセンス

広島カープ・赤松真人が胃がんを公表…

赤松真人選手といえば、今でこそ広島カープのイメージですよね。

ただ、もともとは

2004年に阪神タイガースからドラフト6位で指名

され、阪神入団がプロ野球生活の始まりです。

赤松真人選手は、ファンならご存知通り、走守に優れた選手で、阪神時代から才能はあったようです。

2008年に、現在は広島カープに戻ってきている当時FAで阪神に移籍した新井貴浩選手の人的補償で広島カープへ移籍します。

この移籍から、赤松真人選手は『忍者』と呼ばれるスーパープレーの数々を魅せるようになるのです。

広島カープ移籍後の2008年から2010年まではスタメンとして活躍。

2011年からは守備や走塁のスペシャリストとして、スーパーサブ的な活躍へと回ることになりますが、それでも存在感は健在。

とくに、守備のスペシャリストとして活躍しだした2010年以降から、

守備率10割

をずっと記録している安定感もあり、今や広島に欠かせない存在と言えるでしょうね。

日本だけでなく、ベースボールの本場・アメリカをもうならせたのが、

ホームランをキャッチしてしまう衝撃のスーパープレー

絶妙なタイミングでフェンスからジャンプし、ホームランをキャッチしてアウトにしてしまうそのプレーには、

「赤松は忍者のようだ」

「日本の野球史上、もっとも衝撃的なキャッチだ」

と絶賛され、話題になったほど。

こうして、

赤松真人=忍者

というイメージが強くなっていったのです。

そんな赤松真人選手ですが、先日、2016年12月28日に、緊急会見を開きました。

その会見の場で公表されたのが、

赤松真人選手が胃がんにかかっていたこと

でした。

赤松真人選手は、

本当にショック。

誰もが自分はならんだろうというのが絶対にある。

自分は運動もしているし、規則正しい生活も送っている。

こういうのが見つかるとは夢にも思っていなかった。

と、複雑な心境を吐露。

胃がんがみつかったきっかけは、

年に1回、個人的に受けている健康診断

ここで医師から勧められ、胃カメラを飲んだところ、異常が見つかったそうです。

担当した医師曰く、

「40歳まで胃カメラを飲まないと命はなかった」

とのことで、本当によかったという思いです。

このニュースには、広島ファンのみならず、他球団のファンからも赤松真人選手を心配する声が続出しましたね。

赤松真人選手は、2016年も89試合に出場し、12月初頭のV旅行でも元気にしていただけに、まさかという感じです。

ひとまず大丈夫ということですが、具体的に赤松真人選手の胃がんの症状は、どのくらい進行してしまっているのでしょうか…?

 

広島カープ・赤松真人の胃がんの進行状況は?

では、赤松真人選手の胃がんはどれくらいの進行状況なのでしょうか?

ご安心ください。

幸いにも、赤松真人選手の胃がんの進行状況は

初期段階

とのことで、

「命にかかわることはない」

そうですよ。

しかし、問題なのは胃がんの手術をしなければならないということ。

赤松真人選手も、

手術をしなければならない。

手術を受けて復帰した前例があるのかはわからないが、早く治して前例になるようにしたい。

とコメントしていました。

現役プロ野球選手のがんからの復帰

というと、これまであったのかどうかわからないほど珍しいケースですよね。

過去に現役中にがんにかかった選手も一応いました。

かつて福岡ダイエーホークス(現在のソフトバンクホークス)で、『炎の中継ぎ』として活躍し、工藤公康監督を兄貴分として慕っていた藤井将雄さんです。

しかし、藤井将雄さんの場合は肺がんで、見つかった時に既に末期だったことから、発見から1年後に亡くなってしまったのです。

赤松真人選手の場合は、初期段階であるため生存率は高く、命の別状はないとのことですが、過去の事例なども考えると、どうしても不安になってしまうものです。

どうか、赤松真人選手が無事に手術を終え、また広島カープのグラウンドに復帰してくれることを祈っています…。

 

広島カープ・赤松真人の復帰時期はいつごろ?

赤松真人選手は、いち早い手術を選んだため、2017年1月に胃がんの手術を行います。

では、赤松真人選手の試合復帰時期は、いつ頃になるのでしょうか?

正直なところ、これについては、

わからない

としか言いようがありません。

赤松真人選手は、腹腔鏡下手術を受け、

胃の半分を切除

するそうですし、場合によっては、胃の全摘出というおそれもあるそうです。

そうであっても通常のスポーツぐらいであれば問題はありません。

しかし、

復帰後にプロスポーツ選手としてのパフォーマンスをはたして出せるのか?

という、あまり例のない状況になるため、試合復帰時期の予想をつけようがなく、判断は困難。

最悪の場合、このまま現役引退ということもありえるでしょう。

赤松真人選手も、

「生存率からすれば生きられるとは思う。野球を続けられる身体になるのかという不安の方が大きい」

と、今回の結果について心境を吐露してしました。

赤松真人選手の試合復帰そのものは可能なのか?

それについて、山野医療専門学校副校長の中原英臣さんによると、

命という点に関しては、全く問題はない。

胃の半分以上を摘出したとしても、しっかりリハビリをやれば選手としても復帰が可能だと考えます。

と、プロ野球選手としての復帰は可能だとコメントしています。

同時に、どのくらいのリハビリ期間を要するかについても語っており、

お腹を切除することで一時的に筋力や体重は落ちるが、今は医療技術やリハビリ技術が発達している。

半年程度はかかると思いますが、来シーズン中(2017年)にプレーすることは可能だと思います。

との見解を示し、

赤松真人選手の2017年中の試合復帰が可能

とのことです。

つまり、赤松真人選手は、順調にいけば、

2017年の夏場~シーズン終盤頃

には試合復帰できると考えてよさそうです。

とはいえ、赤松真人選手は既に34歳。

2017年には35歳を迎えます。

年齢的に現役で活躍できる期間が見えてくる時期です。

それゆえの焦りから、決して無理をしないよう、気を付けてほしいところですよね。

赤松真人選手は広島カープにとって欠かせない選手です。

早期復帰を心がけようとして無理をし、パフォーマンスを落としてしまうということだけは避け、逸る気持ちを抑え、ゆっくり回復に努めてほしいですね。

 

まとめ

広島カープの赤松真人選手に、まさかの胃がんが見つかったことが、本人の口から緊急会見で語られました。

胃がんの進行状況は、幸いにも初期段階。

2017年1月に腹腔鏡下手術を受けるそうです。

命の危険は極めて低く、赤松真人選手の現役復帰も難しくないとのことで、一安心した広島カープファンも多いかと思います。

気になる復帰時期については、リハビリに半年ほどはかかるものの、2017年中に復帰し、プレーも可能だとのこと。

つまり、早ければ2017年のシーズン終盤には、元気にグラウンドを駆け回る赤松真人選手の姿を見ることができるかもしれません!

とはいえ、無理は禁物です。

遅くなってもいいので、焦らずゆっくりとリハビリに専念してほしいですね。

まずは回復に専念してほしいと、筆者も願っています!

広島カープの記事はこちらもよく読まれています!

広島カープ設立のアメリカCIA日本人スパイ・ポダムの正体は誰?

広島カープ2016の強さの理由!投手やスタメンレギュラーの成績は?

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-プロ野球