星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

サッカー

ロナウドへの評価と進化するプレースタイル!年収(年俸)をチェック

投稿日:

スぺインのリーガ・エスパニョーラ(1部リーグ)のレアル・マドリードに所属するクリスティアーノ・ロナウド選手。

彼には、

現役最高のサッカー選手という評価が多い

ですよね。

今回の記事では、驚異のサッカー選手であるクリスティアーノ・ロナウド選手のプレースタイルと評価、また彼の年収・年俸と、その推移などを紹介していきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

クリスティアーノ・ロナウドのプレースタイルをチェック

クリスティアーノ・ロナウド選手のプレースタイルは、実は、

若い頃と現在で、かなりの変化がありました。

ロナウド選手の若い頃のプレースタイルは、典型的なドリブラー

シザースフェイントなどを多用して、猛スピードで相手の間をドルブルで抜いていく、というプレースタイルでした。

ロナウド選手の『スピード+トリッキーなフェイント』には、相手選手はとてもついていけず、ただマークしているだけ、という有様。

ただ当時のクリスティアーノ・ロナウド選手は、華麗な技の反面、チームプレーヤーとしては未完成で、

良いポジションに味方がいてもパスを出さず、一人でドリブル突破をはかる

など、身勝手なプレーも多かったのです。

これは、イングランド・プレミアリーグの、マンチェスター・ユナイテッドに在籍している頃の話です。

ロナウド選手がレアル・マドリードに移籍してしばらくしてからは、プレースタイルが大きく変化してきました。

今まで少なかった

ヘッドでの得点が増え、しかもシュートする位置も、よりゴールに近い位置からのシュートが増えたのです。

また、日本の岡崎慎司選手が見せるような、倒れ込みながらのゴールなど、泥臭いスタイルでの得点も多くなり、その結果、ロナウド選手の得点が大幅に増えているのです。

ただし、このプレースタイルの変化によって、ロナウド選手の華麗なドリブルは影を潜め、ドリブル突破の成功率もやや落ちているようです。

シンプルで確実性の高いプレーが多くなったということですね。

ロナウド選手のプレースタイルの変化については、ネット上でも、

ロナウドって、意外にいい性格なのかもね

外見で誤解されるんじゃね?その性格!

などの声が挙がっていました。

一方、マンチェスター・ユナイテッド時代にチームメートだった、ディエゴ・フォルラン選手は、こんなことを語っています。

フォルランが語るクリスティアーノ・ロナウド

(ロナウドの)プレーに関しては、変えてほしくなかった部分もある。

僕と一緒にプレーしていた時や、レアル・マドリードに加入当時に見せていた、相手をかわすプレーだよ、メッシがするようなね。

現在のクリスティアーノは、プレーのフィニッシュを受け持つ、ゴール前のアサッシンといったスタイルだ。

もちろんメッシもそういう選手だが、彼の場合は、2~3人の選手をかわして、試合の流れを変化させている。

クリスティアーノ・ロナウドの評価をチェック

次にクリスティアーノ・ロナウド選手とは、どんな選手なのか。

そのプロフィールをご紹介しましょう。

クリスティアーノ・ロナウドのプロフィール

名前 クリスティアーノ・ロナウド

本名 クリスティアーノ・ロナウド・ドス・サントス・アヴェイロ

愛称 CR7 ロニー クリロナ(日本での愛称)

生年月日 1985年2月5日(31歳)

出身地 ポルトガル・マデイラ自治地域フンシャル

身長 185センチ

体重 80kg

所属 レアル・マドリード

ポジション フォワード

背番号 7

利き足 右足

クリスティアーノ・ロナウドのユース歴

1992-1995 CFアンドリーニャ

1995-1997 CDナシオナル

1997-2002 スポルティングCP

クリスティアーノ・ロナウドのクラブ歴

2002-2003 スポルティングCP

2003-2009 マンチェスター・ユナイテッド

2009- レアル・マドリード

クリスティアーノ・ロナウドの代表歴

2001-2002 ポルトガルU-17代表

2002-2003 ポルトガルU-20代表

2003 ポルトガルU-21代表

2004 ポルトガルU-23代表

2003- ポルトガル代表

クリスティアーノ・ロナウド選手は、メッシ選手と並んで『現世界最高のサッカー選手』という高い評価が非常に多いです。

クリスティアーノ・ロナウドが『世界最高の選手』の評価の理由

所属した3チーム全てでリーグ戦やカップ戦で優勝

UEFAチャンピオンズリーグ(CL)で3回優勝

レアル・マドリードの通算最多得点記録

プレミアリーグのシーズン最多得点記録

UEFAチャンピオンズリーグの通算最多得点記録

UEFAチャンピオンズリーグでのシーズン最多得点記録

など、ロナウド選手が持つ数々の記録からも裏付けられています。

ロナウド選手の未だ経験していない記録は、ワールドカップでの優勝くらいでしょう。

なお、実はクリスティアーノ・ロナウド選手は、二人います。

ドッペルゲンガーではありませんよ。

本記事で紹介している

ポルトガル出身のロナウド

ブラジル出身のロナウド

の二人。

ブラジル・リオデジャネイロ出身のロナウド選手は、1976年9月22日の生まれ。

インテル・ACミラン・バルセロナなどに所属していましたが、紛らわしいことに

レアル・マドリードにも所属

したことがあるのです。

名前が同じで、所属クラブまで同じでは、間違えてしまっても仕方ないでしょう。

おまけに、二人ともポーカーが好きという共通点まであります。

ブラジルのロナウド選手は、2011年で現役を引退しており、本名は、

ロナウド・ルイス・ナザーリオ・デ・リマ

彼のニックネームは、フェノーメノ(怪物)。

ブラジル代表としては、

98試合で62得点

という、驚異的な成績を残しています。

一試合当たりで0.5前後の得点率なら、超一流選手という評価です。

一試合当たり0.6以上の得点率は、まさに怪物そのものですね。

これに対して、本記事で紹介しているクリスティアーノ・ロナウド選手も、負けてはいません。

レアル・マドリードでの成績は、

236試合で260点

と一試合あたりの得点数が1を上回る異常ぶりです。

30歳を過ぎれば、サッカー選手としての峠は越えているのが常識ですが、その常識はクリスティアーノ・ロナウド選手には通用しません。

対エスパニョール戦では、1試合5得点という大暴れぶり。

これがピークを過ぎた30歳過ぎの選手とは思えないような動きでした。

この5得点で、ロナウド選手は、これまでラウール選手が持っていた、レアル・マドリードでのリーガ最多得点記録228点を上回り、新記録を作ったのです。

しかも、その記録に要した試合数は、ラウール選手よりも347試合も少ないという、とてつもない記録でした。

 

『カカの選ぶベストイレブン』という記事があります。

カカは元ブラジル代表選手で、数々の名プレーで知られる名選手。

そのカカが選ぶ歴代ベストイレブンを紹介しましょう。

カカの選ぶベストイレブン

ゴールキーパー

ジーダ

ディフェンダー

ロベルト・カルロス

アレッサンドロ・ネスタ

カフー

パオロ・マルディーニ

ミッドフィルダー

ジネディーヌ・ジダン

アンドレア・ピルロ

アンドレス・イニエスタ

フォワード

クリスティアーノ・ロナウド
(ポルトガルのロナウド)

ロナウド
(こちらはブラジルのロナウド)

ロナウジーニョ
(これもロナウドです)

いずれもおなじみの選手ばかりで、ジダンとかピルロとかロベカルとか、懐かしい名前が並んでいますね。

さらには、FWにロナウド選手が三人もいて紛らわしいところです。

まぁカカに限らず、『歴代のベストイレブン』というと、ロナウド選手(ブラジル・ポルトガル共に)は、ほとんどの場合で入っているほどですね。

 

ロナウドの年収・年俸とその推移をチェック!

それでは、ロナウド選手の年収や年俸と、その推移はどうなっているのでしょうか?

2015年のデータになりますが、ロナウド選手自身が財務記録を公開しています。

それによりますと、2015年には

2億2,500万ユーロ(約270億円)

以上の年収を申告していたのです。

また、ある国際的な組織によりますと、ロナウド選手が肖像権などの

年収1億5,000万ユーロ(約180億円)をタックスヘイブンである英領バージン諸島に隠していた

ことを示す文書が見つかったとのことです。

この件でロナウド選手は、スペイン財務当局に、2015年分の年収の詳細を提出済だそうです。

また、ロナウド選手の年収については、

8,800万ドル(約94億2,000万円)

という説もあります。

年俸+スポンサー収入で100億円程度あるので、残りは投資等、ロナウド選手には、なにか別の収入があるのかもしれませんね。

 

最後に、クリスティアーノ・ロナウド選手の年俸と年収の推移を紹介しましょう。

クリスティアーノ・ロナウドの年俸と年収

クリスティアーノ・ロナウドの年俸

年俸(ボーナス含む) 5,600万ドル(およそ64億4,000万円)

スポンサー収入 3,200万ドル(およそ36億8,000万円)

クリスティアーノ・ロナウドの月給日給換算

月給 約8,300万円

日給 約277万円

クリスティアーノ・ロナウドの年収の推移(推定)

2010年 約36億円

2011年 約38億円

2012年 約42億円

2015年 約100億円

 

まとめ

クリスティアーノ・ロナウド選手のプレースタイルは、若い頃と現在とでは、かなりの相違があります。

ドリブル主体で、ロナウド選手自身が相手陣営に斬り込むことが大好きだった若い頃。

それに比べて、レアル・マドリードに入ってからは、周囲も活かして泥臭いゴールを大量に生み出すようになりました。

ロナウド選手への評価は、『現役最高の選手』という評価が多くあります。

当然ですが、ロナウド選手の年収や年俸も、評価に見合った金額で、円の桁数を見間違えるほどですね。

ロナウドの記事はこちらもよく読まれています!

ロナウドとメッシが不仲・関係が悪い噂と2人の会話をチェック!

ロナウドポーズ(ゴールパフォーマンス)の意味を解説!やり方は?

C.ロナウドの来日理由とテレビ出演料!フジの対応に評判は最悪?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-サッカー

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.