星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

平成の次の新元号の名前は?決め方の命名法則や条件を解説!

投稿日:


2016年に、国民を巻き込んだ議論に発展した天皇陛下の生前退位報道。

これを受け、政府は、天皇陛下が望まれている在位30年での譲位を実現するため、平成31年(2019)年1月1日に、現在の皇太子さまが即位し、

新元号に改める方向

で調整をしていくことになったようです。

さて、『平成』から新元号になるとのことですが、一体どのような元号になるのでしょうか?

また、新元号に変わることで、システムへの影響も予想されます。

当記事では、新元号の名前予想、そして、新元号に変わることへの影響について、調べてみました。

スポンサーリンク

平成の次の新元号はいつから?

2016年の夏に、大きな話題となった天皇陛下の生前退位報道。

これを受け、今回に限り、特別立法での生前退位を行うという方針で、政府は調整を進めています。

そして生前退位の具体的な時期が、先日明らかになりました。

複数の政府関係者の情報によると、どうやら、

平成31年(2019年)1月1日

に、現在の皇太子さまへの譲位が行われるとのことです。

1月1日に設定したのは、国民生活への影響を最小限にするためだそうで、この日に、

『剣璽等承継の儀』と『即位後朝見の儀』

が行われる予定で調整中みたいですね。

大誉祭については、準備に時間を要するため、皇位継承後の平成31年(2019年)11月頃にずれる見込みです。

皇位継承を国内外へ示す『即位礼正殿の儀』は、大誉祭の前に行う予定とのこと。

つまり、2019年には、

平成から新しい元号に変わること

になるのです。

では、新しい元号というのは、どのようにして決まるものなのでしょうか?

 

新元号の決め方に法則や条件はある?

では新元号というものは、どのようにして決まるのでしょうか?


次のページへ >

-時事

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.