星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

花粉症

花粉症用の市販目薬と病院の処方箋の違いは?副作用もチェック!

更新日 投稿日2015年03月02日

花粉症は、今では非常に多くの人が、かかるようになったそうですね。

とくにスギ花粉については、

4人に1人

の人がかかってしまっているらしく、もはやインフルエンザなどと同じレベル。

国民的な病気と同じカテゴリに入ってしまうかもしれません。

花粉症の症状には、個人差がありますし、実際に医師に診てもらっている方、市販の薬を服用し、自身で対策をされている方など様々。

花粉症シーズンが近づくと、ドラッグストアに多くの花粉症患者が押し寄せ、目薬や点鼻薬などを買い求める姿をよく見かけます。

これだけで花粉症患者の多さを改めて実感させられますね。

ところで、花粉症用の目薬が、近年よくドラッグストアで販売されていますが、実際のところ、どれくらいの効果が期待されるものなのでしょうか?

目薬と言っても、その効果は様々ですし、メーカーによる特色も違います。

そこで本記事では、市販されている花粉症用の目薬の効果を探っていきます!

スポンサーリンク

アドセンス

ドラッグストアなどで市販されている花粉症の目薬

ドラッグストア

今では非常に多くの人たちが、かかっている花粉症。

花粉症は非常に厄介な症状で、ひどい場合は日常生活に支障が出るほどです。

一度、花粉症にかかったことのある方ならわかると思いますが、

鼻水は詰まるか、止まらなくなるかで夜は寝られなくなり、目がしょぼしょぼして痒くなるなど、目と鼻に集中的に発症します。

また、体がだるくなったりして、熱っぽく感じ、

「風邪引いたかな…」

と、風邪と勘違いすることも…。

そんな厄介な花粉症だからこそ、花粉症シーズンには、ドラッグストアの花粉症用の薬を求めて、多くの花粉症患者達たちが来店されるのでしょう。

筆者は年中、花粉症にかかってしまっているため、非常につらい症状を抱えています。

とくにスギ、ヒノキからイネや雑草と、大半の花粉症に苦しめられている始末。

そのため、目薬も医療機関から処方された処方箋目薬しか使っていません。

これまで詳細は知らなかったのですが、今では花粉症用に市販の目薬が数多く販売されているそうですね。

では、花粉症用として販売されている市販の目薬には、どんなものがあるのでしょうか?

実際に調べてみると、

抗アレルギー薬、抗炎症薬、抗ヒスタミン薬

などが主成分として含まれた、点眼薬が各製薬会社から発売されています。

このうち、抗アレルギー薬、そして抗ヒスタミン薬の第2世代の薬には、予防のために、

花粉症シーズンの1~2週間前から使用する

という目薬もあります。

基本的に、

花粉症の症状が始まる前に予防をしたいという場合は、抗アレルギー薬や、抗ヒスタミン薬の第2世代を選ぶ

と良い効果が得られるでしょう。

既に花粉症の症状が出てしまい、症状を抑えようという場合は、抗ヒスタミン薬、抗炎症薬のある目薬を選ぶことをおすすめします。

また、市販の目薬を買う前に、しっかりと商品の説明を読んでおきましょう。

後になって、間違いなどがあっては意味がないですからね。

 

市販の目薬の中でも有名なのは、

ロート製薬のアルガード

参天製薬のアルフリー

など。

もちろん個人の相性もあるので、有名製薬会社から発売されている目薬が、一番効果が良いかどうか分かりません。

様々な花粉症の症例に合わせて、なるべく効果を発揮できるようにメーカーが目薬を開発、発売し、その技術は年々向上しているのではないでしょうか。

ぜひ、自分の症状に見合った目薬を購入して使いたいものですね。

 

病院の処方箋目薬と市販の目薬の違い!副作用は?

違いは?

さて、花粉症対策の目薬には、市販の目薬があることをご紹介しましたが、それ以外にも、病院で処方される処方箋目薬もありますよね。

では、市販の目薬と、処方箋目薬では、どのような違いがあるのでしょうか?

基本的に医師に処方してもらう目薬も、ドラッグストアなどで市販されている花粉症用目薬も主な効果は同じです。

花粉症による目の痒みや炎症を抑え、さらにはハウスダストや花粉によるアレルギー症状を抑えてくれる効果まで期待されています。

 

それでは、まずは病院で処方される処方箋目薬について説明します。

病院で処方される処方箋目薬については、やはり

効果が強い

ことが、まず1つの特徴になるでしょう。

花粉症の対策目薬として効果が強いので、より花粉症の症状が緩和されたり、予防になると思います。

しかし、その一方で、効果が強いだけに

副作用が出やすいこと

は、処方箋目薬の大きなデメリットです。

また、単一成分しか入っていないので、その患者に合ったものしか処方されず、他の人が使っても効果は得られません

処方箋目薬には、防腐剤もないため、意外と

使用期限が短い

というのも注意点ですね。

先程もお話しましたが、処方箋目薬の効果の高さは抜群です。

医師の診察の上で処方されるわけですから、あなたにとって間違いなく信頼できる薬といえるでしょう。

その代わり、処方箋目薬では注意しなければならないことも多くあります。

一度は必ず診察してもらいに医療機関へ赴かなければならない

という手間がかかります。

 

続いては、市販の目薬についてです。

実は、市販の目薬は、簡単に言うなれば、処方される目薬の対になっている存在と言える特徴を持っています。

効果は弱い

副作用は、ほぼ出ない

上記の2つが一番の特徴です。

やはり、市販の目薬なので、誰でも簡単に購入ができます。

そのため、もし強烈な効果があったとなると、一大事になりかねません。

市販の目薬は、効果を抑え、副作用が出ないような安全性を重視しているのでしょう。

そして、防腐剤入りの目薬が、多く販売されてもいるので、使用期限も長めです。

目薬の成分も、

複数の成分が配合されているため、あらゆる症状に対応でき、そのために誰でも使用が可能

になります。

市販の目薬は、効果自体は薄いものの、デメリットが全くなく、手軽に購入できることが、市販の目薬の良さと言えそうです。

ただ、強烈な花粉症を相手にするのであれば、やはり一番効果的なのは、面倒なのを承知で医療機関で診察を受け、処方箋目薬を貰えるようにしてもらうのがいいと思いますよ。

 

まとめ

花粉症用の目薬は、病院で診察してもらった上で処方してもらう処方箋目薬と、ドラッグストアなどで気軽に購入できる市販の目薬の2種類があります。

どちらも抗アレルギー薬、抗炎症薬、抗ヒスタミン薬などを主成分とした目薬です。

効果としては、目の痒みや炎症などを和らげてくれたり、花粉症を予防したりすることも期待されます。

もちろん、目薬の効果には個人差もあります。

効果の薄い市販の目薬では、全く効果を感じられず、お金の無駄遣いで終わってしまう恐れもあります。

確実に花粉症を改善させたいのであれば、医師の診察のもと、処方してもらった処方箋目薬を使うことをおすすめします。

一方で、気軽に花粉症を抑えたい方は、ドラッグストアなどで購入可能な市販の目薬で良いでしょう。

自身の希望と、かかる手間などを総合的に勘案して、どちらを使うか決めたいですね。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-花粉症