星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

映画

無限の住人(実写映画)の評価(評判)が悪い理由原因はキムタク?

更新日:


2017年4月29日公開と、GW突入日に公開された実写映画『無限の住人』。

映画のための番宣も各メディアを通じて、かなり力を入れて行われていた様子でした。

木村拓哉(キムタク)さん、杉咲花さんがバラエティ番組などで、番宣を兼ねた出演をしている光景をよく目にするところ。

しかし、なぜか公開前の試写会の時点で、実写映画『無限の住人』が酷評を受けているらしいのです。

いざ公開となった現在も、館内は3割程度で、雲行きが怪しくなっている話も耳にします。

あれだけ番宣もされて認知度も高く、カンヌ国際映画祭にも出品される実写映画『無限の住人』が、なぜ酷評されているのでしょうか。

そこで本記事で、『無限の住人』の評価が悪い理由原因を探っていきます!

スポンサーリンク

カンヌに斬り込む新作映画『無限の住人』の評判

ベネチア国際映画祭、ベルリン国際映画祭と共に並び、世界三大映画祭と称されているカンヌ国際映画祭。

カンヌ国際映画祭に出品された映画作品は、

観客のリアルな評価が得られる

という定評があります。

そして、そこで受けが良かった映画作品は、大ヒット間違いなしという話もあるほど…。

そんなカンヌ国際映画祭(第70回)の『アウト・オブ・コンペティション部門』に、2017年GW突入と共に公開された映画『無限の住人』を出すこととなりました。

この『無限の住人』という映画作品は、ストーリーよりもどちらかと言うと、殺陣を中心としたアクションシーンが、一つのウリとなっている映画です。

『あずみ』や、『るろうに剣心』など、過激な殺陣が好き、というアクション志向の映画ファンには、おすすめの作品です。

ところが、蓋を開けてみると、映画『無限の住人』の評価がまっぷたつにわかれ、酷評も多数聞かれている展開となってしまっています。


次のページへ >

-映画

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.