星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

雑学

卒業式!学校の先生向けのおしゃれな服装は袴?それともスーツ?

更新日

卒業式の主役は、子供たちです。

しかし送る側の先生たちの服装についても、参列している保護者や、子供たちもさりげなくチェックしています。

先生たちも、毎年同じ服装というわけにもいかず、毎年悩まれている先生も多いのではないでしょうか。

卒業式は、厳粛な儀式ですから基本的には正装です。

ただ、学校の先生だからと言って、地味な服装では暗く見えてしまいがちです。

せっかくの教え子の晴れの舞台で、

「綺麗にお洒落に花を添えたい」

「少しは目立ちたい」

と考える先生も多いと思います。

今回は、卒業式での先生方の服装のスタイルについて、紹介していきましょう!

スポンサーリンク

アドセンス

女性の先生が卒業式に身に着ける服装とは?

毎年3月の子供たちの晴れの舞台となる卒業式。

小学校・中学校・高校…と子供たちが巣立っていく晴れの舞台に出席し、子供たちの門出を送ってあげることは、ある種、先生としての子供たちに対する最後の務めではないでしょうか。

とくに担任ともなると、子供たちが卒業していく姿を見届け、感極まるなんてこともあるでしょう。

そんな、卒業式という大事なイベント行事に出席する際に担任の先生として、

『どんな服装で出席したら良いのか悩んでいる』

という話を耳にすることがあります。

卒業式という厳粛な式典ですから、マナーの観点から考えて、いろいろ悩んでしまうのも分かるところです。

では早速、先生がどんな服装で卒業式に出席するのがマナーとしてもふさわしいのか見ていきましょう。

 

結論から言うと、基本的に担任の先生が卒業式という厳粛な式典に出席する服装としてふさわしいのは、卒業式の正装とも言われる

『袴』

の一択と考えて良いと思います。

もちろん袴を持っておらず、スーツで卒業式に出席される先生もいます。

しかし、担任の先生は、卒業式において

二番目の主人公

と言っても良い立場の人です。

一番の主人公である卒業生より目立ってはいけませんが、来賓・保護者の人たちより、それなりに目立っていても問題はありません。

そういう意味合いで、卒業式に学校の先生が『袴』というのは正装として多くの人たちから認知されています。

カラーも、淡く色味のあるピンクが『春』を象徴とすることからもおすすめです。

ただし、いくら淡いピンクだとしても、白を主張させ過ぎると派手になり返って目立ってしまいます。

ましてや着物だけでなく『袴』(言い換えれば下のスカートの部分)そのものを白と、全身白にするのは、『しに装束』のような印象すら与えます。

それは式典にはふさわしくないので絶対にやめましょう。

あくまで下の画像の様に、

上(着物)淡いピンクであまり柄の入っていないもの。

(入っていても画像のように小さく少ないもの)

下(袴)は、オーソドックスに紺系が無難です。

先生の着物

また、着物の中に着る長襦袢(ながじゅばん)に、こだわりを持っている先生もいます。

柄の入っているものと、コーディネートを合わせていくことで、さり気なくオシャレを演出できるみたいですね。

 

なお、中には少しオシャレにロングドレスという先生もいるそうです。

ただロングドレスの場合、カラー選びなどのコーディネートの組み合わせを一つ間違えると、一気に派手で目立ってしまいますので、自信のない方には、あまりおすすめできません。

もしロングドレスで出席するとしてもカラーは、を基調としたものを選択しましょう。

上着も、光沢のあるシルバーか、淡い色味の物をうまく着こなし、あまり目立たないよう気をつけましょう。

ロングドレスを選択するのは、ファッションセンスが高い人向けと考え、無難なのは袴です。

ちなみに、袴のレンタルは、こちらで詳しく紹介しています。

⇒卒業式の袴をレンタル!

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

男性の先生が卒業式に身に着ける服装とは?

先生のスーツ

男性の先生の場合は、女性とは話が変わってきます。

では男性の先生の場合、どんな服装で卒業式に出席するのが好ましいのでしょうか。

基本的には、

ブラックフォーマル

が男性の先生の正装と言われています。

なので、黒のフォーマルスーツで出席するのがベストと言えるでしょう。

ブラックフォーマルと言っても、ジャケットの下に、シルバーのベストを着たり、白のチーフをつけたり、生花のコサージュを用意してみるなど、

ワンポイントでオシャレを演出すること

は可能です。

とはいえ、主人公は卒業生です。

中には、男性の先生でも羽織や袴を着て卒業式に出席したいと考える方がいるそうです。

しかし男性の先生が袴を着ていくことで、卒業生より目立ってしまったら問題です。

地域や学校の事情もあると思いますので、ご自身の職場である学校に確認してからの着用をおすすめします。

なお、校長先生はモーニング、教頭先生はディレクタースーツを着用するでしょうから、くれぐれも被らないように気を付けください。

ロゴ

担任の先生以外が身につけるおすすめの服装は?

卒業式に着ていく服装(正装)には、

格式

が存在していることを皆さん知っていますか?

 

とくに着物の場合は、

冠婚葬祭の時に一番近い親族が着ていく格式高い着物と、来賓者たちが着ていく着物とでは格式が異なります。

当然ですが、一番近い親族が着ていく格式高い着物より、来賓者たちの着る着物の格式が高くなってはいけないというマナーが存在しています。

 

これは、卒業式でも同じです。

学校で言うところの校長先生・教頭先生を上回る格式高い礼服を着ていくのはマナー違反です。

また、子供たちの担任が着ていくブラックフォーマル(男性の先生)や、袴(女性の先生)以上に格式が上がってしまうと、それも奇妙に見えます。

なので、担任の先生以外の方は、必ずそれらの格式を超えない服装で出席するようにしましょう。

 

女性なら、ブラックフォーマルを基本とし、黒のスーツにコサージュやネックレスで少しオシャレに着こなすのがおすすめです。

男性なら、『黒・チャコールグレー・濃紺』などのスーツ、ネクタイは『白・グレー・白と黒のストライプ』のいずれかがベストでしょう。

いずれにしても、卒業生の担任の先生よりも目立つのはご法度です。

あくまで、目立たない程度にオシャレなコーディネートで着こなしていくよう心がけましょう。

卒業式の主人公は卒業生であり、そこに一番の花を添えるのは、一番接点を持っている担任の先生です。

校長先生・教頭先生は、その学校のシンボルでもあるので、最も格式高い服装で出席します。

しかし、卒業生の担任でもない先生たちが、彼らの面目丸つぶれになってしまうような目立つ服装は絶対NGです。

それを踏まえた上で卒業式にふさわしいおしゃれな服装で出席し、卒業式に花を添えてあげてくださいね。

 

まとめ

子供たちが主役の卒業式。

きっと、先生たちも『少し華やかにおしゃれに決めて行きたい』と考えている方が大半だと思います。

先生だって、主役の子供たちを、これまで横で常に見守り、アドバイスをしてきたわけですから、準主役と言っても良いでしょう。

もちろん卒業生以上に目立つ奇抜なファッションはNGです。

あくまで許容範囲の中で、ちょっとおしゃれに決めて、子供たちや保護者の方々をびっくりさせちゃうのもアリだと思いますよ。

ぜひ、送り出す子供たちと、華やかで素敵な卒業式を体験し、子供たちとの素敵な思い出を作ってくださいね!

卒業式の記事はコチラも良く読まれています!

小学校卒業式!小学生女子のおすすめのおしゃれで可愛い服装とは?

高校卒業式!簡単アレンジで制服に似合うおしゃれな可愛い髪型とは

卒業式の服装!母親ファッションはワンピースか着物!おすすめは?

卒業式!大学生は袴姿で人気の髪型アレンジや編み込みスタイル!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-雑学