星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

プロ野球

中田翔の結婚相手は深田恭子似美人妻!出会いと親バカぶりとは?

更新日 投稿日2015年03月05日

今やプロ野球チーム・日本ハムの不動の4番としてチームを支える中田翔選手。

2014年には通算100本塁打を達成、さらには初の打点王に輝くなど、年々成長を続けています。

また、WBCでは4番を任されるなど、日本ハムの顔としてだけでなく、日本球界を代表する選手にまで飛躍を遂げました。

和製大砲が減った感のある現在のプロ野球界だけに、中田翔選手は球界を支える大スターへと成長して欲しいですね。

さて、そんな中田翔選手ですが、結婚していて1児の父親となっていることはご存知でしょうか?

中田翔選手の妻は誰なのか、噂では、あの女優の深田恭子似だとか、またどんな経緯があってゴールインしたのか。

当記事では、中田翔選手の家庭について探っていきたいと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

中田翔の深田恭子似美人妻とは!?

深田恭子

中田翔選手は、現在の奥さんとは、2012年1月に結婚したそうです。

その奥さんは一体どういう方なのでしょうか?

中田翔選手の奥さんは、大阪在住の一般女性。大阪桐蔭高校の同級生だそうです。

キュートな笑顔が魅力的なスレンダー美女で、深キョンこと深田恭子さんに似ていると中田翔選手は話していました。

また、周囲からは礼儀正しい人だと評判らしく、人柄もよさそうです。深田恭子さんに似ているのが、本当だとすればかなりの美人でしょうし、そんな方と結婚された中田翔選手を羨ましく思いますね!

奥さんとは高校卒業後、中田選手がプロに入ってから再会したらしく、この頃はまだ友人関係でした。

その後、恋人関係へと発展し、しばらくは札幌と大阪での遠距離恋愛が続いていたようですね。

そして、深田恭子似の彼女と、めでたくゴールインした今では、子供にも恵まれ、円満な家庭を築いています。

これらの経緯を見ていると、豪快でやんちゃな性格と言われている中田翔選手ですが、恋愛に関しては一途な印象を受けますね。素敵です。

野球一筋だった学生生活が示すように、元々ひとつのことに打ち込むタイプなのでしょう。恋愛も好きな相手に一直線!というのも頷けます。

さて、そんな中田翔選手ですが、結婚前にはこんなエピソードがあります。

2011年に就職活動で忙しくなりそうだと話した奥さんに、中田翔選手は「働かんでええ」と言ったそうです。

おそらく、この頃から中田翔選手の中では結婚を意識していたのでしょう。

「俺が稼ぐから、お前は働かなくてもいい」

と男性なら一度は女性に言ってみたい言葉ですね。中田翔選手らしいというか、男気の有るセリフでとてもカッコイイですね。

4年目は飛躍の年となり、143試合に出場し18本塁打と、4番として覚醒をし始めた時期でした。

中田翔選手自身に自信が生まれたこともあってか、この頃にプロポーズの決心がついたのかもしれませんね。

 

中田翔は親バカで家族想い?そのエピソードとは

赤ん坊

中田翔選手といえば、その風貌から学生時代は素行が悪く少年院に入っていたのではないか、と噂されることもありました。

高校3年生の頃のお小遣いが30万で「何も買えない」と発言したことや、報道陣やプロの先輩にタメ口を使っていた、などのエピソードもあり、とてもやんちゃな性格だったようです。

しかし、やんちゃな一方で、中田翔選手はかなりの家族想いでもあり、最近では性格がかなり丸くなってきたのではないかといわれています。

中田翔選手自身も親バカを認める発言をしていることから、これは事実と見て間違いありません。

深田恭子似の愛する彼女と結婚し、その彼女との間に子供が生まれたことが影響しているのでしょうか?

中田翔選手の親バカぶりを示す、こんなエピソードがあります。

まだ子供が生まれる前のクリスマスイブ、中田翔選手はひとり札幌のマンションで大掃除をしていました。

その理由は「次に帰ってくる時は子供がいるから、部屋が汚いのはいけない」とのこと。

子供が生まれる前から、「自分が父親になる」という意識を持っていたようで、中田翔選手の家族への思いやりが感じられます。

また、子供が生まれた時には、「100%親バカになる」と発言。さらに、子供が女の子だったら、

「パパとお風呂に入るの、もう嫌」

「パパの洗濯物と一緒に洗わないで」

と言われることを既にイメージしているとも語っています。

「もし言われてしまったら、娘に怒るのではなく、洗濯機をもうひとつ買ってしまうと思う」とも言っていたので、本当にメロメロなのだと伺えますね。

あの強面の中田翔選手が自分の娘を相手に、困り果てている姿を想像したら、とても微笑ましい限りです。

実際に、中田翔選手の子供は女の子だったので、既に家庭では娘の尻に敷かれているのかもしれません。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

中田翔選手は、恋愛に関して一途で、とても家族想いだということがわかりました。

結婚前の「働かんでもええ」というプロポーズや、親バカぶりを示すエピソードなど、かっこいい理想の父親像ではないでしょうか。

「人は見かけによらない」というのはまさにこのことだと思います。

風貌から怖い人に見られがちな中田翔選手ですが、少し接してみれば、人情溢れる温かい人柄。プロ野球人としても、父親としても立派な方でした。

そんな中田選手のこれからの活躍に、期待していきたいですね。目指せ三冠王!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-プロ野球