星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

長者番付2016(金持ちランキング)の世界1位と日本人1位は誰?

更新日 投稿日2015年03月05日

先日、アメリカの経済誌であるフォーブス誌が、世界の金持ちランキング・長者番付を発表しました。

長者番付と言えば、ビル・ゲイツさんやカルロス・スリム・ヘムさん、コーク兄弟などの名前が上位に挙がり、時折ニュースになることがありますね。

きっとみなさんも一度は、耳にしたことのある番付なのではないでしょうか?

さて、このお金持ちランキング、長者番付には、日本人はどのくらいランクインしているのでしょうか?

また、何位に誰が入っているのか?

そこで今記事では、2016年の金持ちランキングである長者番付についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

アドセンス

お金持ちのランキング!長者番付2016を紹介!

お金

まず、定義として長者番付とは、一体どのようなものなのでしょうか?

さっそく調べてみると、長者番付は、

ビリオネアと呼ばれる10億ドル以上の資産を持つ金持ち

が対象になります。

日本のバブル期には、西武グループの堤義明さん、森ビルオーナーとして名を馳せた森泰吉郎さん、日本人が世界長者番付1位を取り続けていた時代があったことをご存知でしょうか?

世界規模の金持ちというと、日本人には馴染みがなさそうだと思っていただけに、かつては日本人が1位を取っていた時代があることに驚いた次第です。

さて、今回フォーブス誌から発表された金持ちランキング『長者番付2016年版』では、ビリオネアの富豪と呼ばれる人の数は

1,810人

となり、2015年より減少しています。

それでは世界ランキングでは、一体どんな人たちがランクインしているのでしょうか?

そのトップ10をご紹介していきます。

世界の長者番付トップ10

1位 ビル・ゲイツ 750億ドル

2位 アマンシオ・オルテガ 670億ドル

3位 ウォーレン・バフェット 608億ドル

4位 カルロス・スリム・ヘル 500億ドル

5位 ジェフ・ベゾス 452億ドル

6位 マーク・ザッカーバーグ 446億ドル

7位 ラリー・エリソン 436億ドル

8位 マイケル・ブルームバーグ 400億ドル

9位 チャールズ・コーク 396億ドル

9位 デイビッド・コーク 396億ドル

金持ちランキング、世界長者番付1位は、マイクロソフト創業者のビル・ゲイツさんが3年連続の首位。

%e3%83%93%e3%83%ab%e3%83%bb%e3%82%b2%e3%82%a4%e3%83%84

みなさんご存知の通り、ビル・ゲイツさんは、長者番付1位の常連であり、レジェンドと呼ぶにふさわしい存在です。

1995年から2007年まで13年連続で1位

だったこともあります。

その他は、バークシャー・ハサウェイの会長・CEOのウォーレン・バフェットさんや、Amazon社長のジェフ・ベゾスさん、FacebookのCEOであるマーク・ザッカーバーグさんなど、アメリカ国籍の方ばかり。

アメリカ国籍以外の方は、スペイン出身で2位のアマンシオ・オルテガさんと4位のカルロス・スリム・ヘルさんの2人だけ。

ちなみに、ビリオネアの人数はアメリカがダントツで多く、540人。

2位は中国で、251人。

人数だけをみても、アメリカ人にはビリオネアが、実に多くいることがよくわかります。

そんな金持ちランキング、長者番付ですが、日本人の1位は一体誰なのでしょうか?

また、日本人の2位以下には、誰がランクインしているのでしょうか?

これからその順位と、誰なのかを発表していきます。

 

長者番付2016の日本人ランキングをチェック!

続いて、金持ちランキング、長者番付2016にランクインした日本人の中でも、上位3人をご紹介しようと思います。

1位:柳井 正(やない ただし)

柳井正

柳井正

2016年の金持ちランキング・長者番付で日本人1位となったのは、ファッションブランドのユニクロなどを展開する『ファーストリテイリング』の会長兼社長を務める柳井正さんです!

今回、2年連続で日本人1位となった柳井正さん。

その資産は、146億ドルで世界57位。

日本円に換算すると、

約1兆6500億円

となり、前回より7000億円もダウンしています。

7000億円ダウンというのも凄まじい額ですが、それでも1兆円以上も資産としてあるのですから、どう考えても一生を不自由なく暮らせることは間違いない金額です。

1兆円を1万円札にすると、一体どのくらいの高さになるのか想像もつきません。

2位:孫 正義(そん まさよし)

孫正義

孫正義

日本人2位となったのは、ソフトバンク社長の孫正義さん。

こちらも2年連続での2位です。

資産は、117億ドルで世界82位。

日本円に換算すると、約1兆3220億円です。

通信事業でも好調のソフトバンク。

1位の柳井正氏が7000億円のダウンにより、差が縮まったので、再び1位の座に返り咲く日も近いのではないでしょうか!?

3位:滝崎 武光(たきざき たけみつ)

%e3%82%ad%e3%83%bc%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b9

日本人3位は、実業家でキーエンス創業者の滝崎武光さんです。

キーエンスは、社員の年収が日本一の高給とも言われており、会社の売上利益率は50%超えなのだとか。

そんなキーエンス創業者の滝崎武光さんが、前年3位だった楽天の創業者・三木谷浩史さんを抑えて3位にランクイン!

資産は72億ドルで、世界165位。

日本円にして、8140億円です。

以上が、日本人の2016年の長者番付トップ3となりました。

この後には、楽天の三木谷浩史さん、森トラストの森章さんが続くという並びです。

日本人は、27人がランクインとなり、全体として減少していた2015年からは、日本人が3人増えた形となります。

上位陣は皆揃って資産を減らしていますが、その代わりに新たな富豪層が増えているのかも。

 

まとめ

2016年の世界の長者番付、金持ちランキングは、常連のビル・ゲイツさんが1位となり、3年連続のトップに。

日本人の1位をみてみると、2年連続でユニクロなどを手がけるファーストリテイリングの柳井正さんでした。

海外戦略をさらに進めているユニクロ。

これまで『安さ』が売りにしていましたが、高級価格帯の路線を打ち出した結果、うまくいかずに低迷してしまうこともあり、資産としては前年より7000億円ダウンという結果に終わっています。

一方、ソフトバンクは、多分野への進出を相変わらず進めており、2位の孫正義さんが2017年には、1位に返り咲いてもおかしくない気がします。

社会問題化しつつある経済格差という課題はあるものの、日本に富豪(金持ち)が増えるということは、経済が上向いていることに繋がっていくでしょう。

2017年は、もっと多くの日本人が長者番付にランクインすること願いたいですね!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-時事