星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

映画

宮﨑駿監督のアニメ映画次回作の公開はいつ?引退撤回の2つの理由

投稿日:

『風の谷のナウシカ』、『天空の城ラピュタ』を代表作に、数々の大ヒットアニメ作品を作り続けてきたスタジオジブリの宮﨑駿監督。

2013年の『風立ちぬ』を最後に、宮﨑駿監督は監督業を引退し、長編アニメからは遠ざかっていたのです。

それが、2017年に入り、突如引退を撤回。

次回作のアニメ映画制作に携わっていることが、ネットニュースなどで明らかにされました。

それにしても、なぜ宮﨑駿監督は引退を撤回したのでしょうか?

また、宮﨑駿監督のアニメ次回作の公開予定日も気になります。

そこで本記事では、その裏事情(真相)を探ってみたいと思います!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

宮﨑駿監督の引退撤回!

宮﨑駿

早いもので、宮﨑駿監督が、2013年のジブリ映画『風立ちぬ』のメガホンを取ってから、4年…。

それは同時に、宮﨑駿監督が引退を表明してから4年になるわけですが、なんとも年月が経つ速さを痛感させられてしまいますね。

もう4年も経ってしまったのか、というのが率直な気持ちではありますが、その間にもジブリ作品は何本か世に出されています。

『かぐや姫の物語』、『思い出のマーニー』、そして、海外との初の合同制作として注目された『レッドタートル ある島の物語』

の3本が、別の監督作品のジブリ映画として公開されているわけです。

そして、宮﨑駿監督の息子である

宮崎吾朗さんも、監督として『ゲド戦記』、『コクリコ坂から』

の2本を撮り、そういったことから、諸々の刺激を宮﨑駿監督が何かしら受けていることは、間違いなさそうです。

 

そして、その気持ちの表れなのか、引退表明しているはずの宮﨑駿監督が、ここに来て引退を撤回しているというのです。

宮﨑駿監督は、あれだけの作品を世に輩出し、

『風立ちぬ』で、もう全てのことをやり尽くしたからこそ引退表明した

と、ずっと思ってきただけに、まさか引退撤回するなんで、ただ驚かされるばかり…。

しかも、この話は決して写真週刊誌やネットニュースなどで報じられた噂レベルの情報ではないようです。

宮﨑駿監督とも長い付き合いである、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーが、アメリカでのイベントで明かしている事実なのです。

その話以外にも、一部のネット情報によると、既に次のスタジオジブリのアニメ映画制作の準備に入っているという話も。

タイトルは『毛虫のボロ』に決まっている

なんて話もあるようです。

さすがに、鈴木敏夫プロデューサーが、アメリカでのイベントの席で、次のアニメ映画作品のタイトルまで公表したかどうかは不明です。

ただ、2016年11月13日放送の、NHKスペシャル『終わらない人 宮崎駿』の中で、次のタイトルが明かされていたのです。

そして、このドキュメント番組の中では、しっかり映画製作に携わる宮﨑駿監督の姿も見られました。

それにより、先ほどお話した鈴木敏夫プロデューサーの話とリンクして、宮﨑駿監督の引退撤回が確実視されたのです。

確かにスタジオジブリが手がける作品は、どれも秀逸で面白いと評判も高いのですが、『思い出のマーニー』や『かぐや姫の物語』など、

宮﨑駿監督以外の別の監督が作った作品では、どこか物足らない

という印象を受けるのも事実です。

まぁ、厳密には物足らないというより、テイストが違うことなんだと思います。

高畑勲監督の名作『火垂るの墓』ですら、どこか物足りなさを感じるジブリファンがいると聞きます。

やはり、

ジブリ=宮﨑駿監督

というイメージが定着しているのでしょう。

だからこそ、今回の宮﨑駿監督の引退撤回は、嬉しいニュースとして多くのファンは捉えているようですよ。

 

それにしても、高齢のために体力面から、もうアニメ映画を手がけることは不可能と、次の宮﨑駿監督作品は諦めていました。

世代交代していく中で、新たなジブリが生まれてくることを願っていたわけですが、まさかここにきて、宮﨑駿監督の引退撤回とは…。

まだまだ宮﨑駿監督は元気で、アニメ映画を制作する体力・気力があるみたいですね。

かなり失礼な話ではありますが、宮﨑駿監督と同じ76歳の人たちの中には、まだまだ元気な人はたくさんいます。

それだけに、引退撤回という話は、とくにおかしなことではないでしょう。

 

ぜひ、この熱い情熱を、アニメ映画の次回作にぶつけて、

『これぞ宮﨑駿』

というところを見せてほしいと、次回作に期待しています!

 

宮﨑駿監督の引退発表は過去にも

宮﨑駿監督の今回の引退撤回報道を受けて、ジブリファンの多くは、その報道に歓迎しつつも、

「うん、知ってた、辞める辞める詐欺だって…」

という発言もしているようです。

というのも、実は、宮﨑駿監督が引退を表明したのは、何も『風立ちぬ』公開後だけではなかったのです。

つまり、過去にも辞めると公表し、また同じように引退撤回したため、ファンたちも、ある種、引退詐欺みたいな捉え方をしているのでしょう。

 

宮﨑駿監督は、今度こそ引退すると力説していたわけですが、結局は引退撤回。

ファンは、それ見たことか、ということになってしまっているようです。

 

では、宮﨑駿監督が、過去に引退表明したのはいつだったか、また何回引退表明しながらも撤回してきたのか、振り返ってみましょう。

まず、最初に宮﨑駿監督が引退を表明したのは、1986年のジブリ映画『天空の城ラピュタ』公開後のこと…。

その時は、なぜか

「人生で最高に引退したい気分」

と引退と受け取られる発言をしていたそうです。

しかし、とくに引退するわけではなく、1992年の映画『紅の豚』公開後に、

「86年を上回る引退の意志がある」

と発言。

さらに

「やりたいことはやり尽くした」

と完全に引退と受け取れる発言をしていたそうです。

おそらく『天空の城ラピュタ』で、自身の思うような結果が出ずに、辞めたい気分と発してしまったのでしょう。

そして、『紅の豚』を制作し、宮﨑駿監督が燃え尽き症候群のような状態に陥り、引退を表明したのだと思います。

しかし、蓋を開けてみれば、結局、宮﨑駿監督は引退することなく、『もののけ姫』が公開された1997年には、

「100年に1度の引退の決意」

そして、『ハウルの動く城』が公開された2004年には、

「ここ数年で最高の辞め時」

と、その意志を表明しながら、引退撤回してきたのです。

そして、『風立ちぬ』が公開された2013年…。

誰もが、

『また辞める辞める詐欺が始まった』

と、宮﨑駿監督の引退表明を揶揄しながら見届けようとしていたところ、それを察知したのか、

「僕は何度も辞めると言って騒ぎを起こしてきた」

と前置きし、

「申し分ない引退のチャンス」

と引退を表明しています。

実際に、しばらくはアニメ制作から離れていたわけですし、今回は本気なのだろうと、筆者は感じていました。

しかし、

「どうせまただろう」

と捉えていたジブリファンのほうが、正しかったことを、今回の引退撤回を通じて突きつけられてしまったわけです。

年齢のことは、宮﨑駿監督も不安もあるのだと思いますが、

「そんなにアニメから離れられないのであれば、引退表明なんて初めからしなければいいのに…」

と、筆者は今回の一件を通じて強く感じたわけで、それはきっと他のファンも同じ想いではないでしょうか。

『今度こそ本当に引退!』と、たびたび語っている宮﨑駿監督ですが、この監督は根っからのアニメ好きなようです。

過去の引退表明~撤回のやり取りを見てもわかる通り、宮﨑駿監督にとってアニメとは、切っても切り離すことのできない、かけがいのない夢なのでしょうね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

宮﨑駿監督が引退を撤回した理由と次回作の公開日

冒頭からお話しているとおり、2013年公開のジブリ映画『風立ちぬ』をもって、現役引退したはずの宮﨑駿監督。

それが引退を撤回し、次のアニメ映画の制作に携わっていることが、改めてわかりました。

宮﨑駿監督の次回作のアニメ映画は『毛虫のボロ』という、

毛虫をモチーフにしたキャラクターがメインキャラクター

に起用するアニメ映画になる模様…。

この話は、一部ドキュメント番組で公開されている話で、その視聴者たちは、

『となりのトトロ』に登場する『まっくろくろすけ』を想像させるようなキャラクター

が登場するだろうと言っているようです。

 

さらに、次回のジブリ映画では、

宮﨑駿監督が初めてCGを用いて製作する

らしく、いろんな意味で注目したいジブリ映画と言えそうですね。

その映画の公開は、

2019年

を予定しているみたいです。

こればかりは、まだまだ先の話となりそうで、エヴァンゲリオンの映画制作が遅れてしまったアニメ業界の過去もあるくらいです。

まぁ気長に次回作の公開日を待ちたいと思います。

さて、宮﨑駿監督が、引退を撤回した大きな理由ですが、色々と情報を探ってみると、大きくまとめて2つの引退撤回の理由があるように思われます。

もちろん、直接筆者が宮﨑駿監督から聞き出しているわけではありません。

鈴木プロデューサーの話などを踏まえた推測という形にはなります。

それではここで、その2つの理由を語っていきたいと思います。

引退撤回の理由1 別の人にジブリ作品を手掛けられたくない

これは鈴木プロデューサーも言っていたことですが、2016年に公開されたジブリ映画『レッドタートル ある島の物語』で、

スタジオジブリは初めて海外との合同制作を試みました

が、このことをあまり快く思っていなかったのが、宮﨑駿監督でした。

やはり、自分たちが育ててきたスタジオジブリ作品を、関係の薄い別の人が手がけることに違和感を覚えていたのでしょう。

作品としては公開されていますが、今後は自分で作っていきたいと考え、引退を撤回したのではと考えられます。

引退撤回の理由2 倒れるまでアニメに携わっていたい

おそらく、宮﨑駿監督が引退を撤回した最大の理由は、ここにあると思うのです。

そもそも、宮﨑駿監督が2013年に引退を表明した最大の理由は、

体力の衰え

にありました。

根っからのアニメ好きで、倒れる(亡くなる直前)までアニメに携わり続けていたいと、宮崎駿監督は常に考えています。

その反面、それではスタッフに迷惑がかかってしまうと、危惧もしていたのです。

そんなわけで、万が一にも制作の途中で倒れてスタッフたちに迷惑かけないように、ここが引き際であると判断し、当時は引退を表明したのでしょう。

しかし、ここ数年、新たなクリエイターたちの活躍など、宮﨑駿監督が多くの刺激を受けるようになりました。

それにより自分の気持ちに嘘がつけなくなり、多少迷惑を掛けてしまおうが、アニメ映画を作り続けたいと、引退を撤回したと言われています。

 

宮﨑駿監督の集大成ともいえる映画『風立ちぬ』にも、そんな監督の意志が随所に散りばめられています。

主人公となる堀越二郎という人物は、子供の頃から飛行機に強い憧れを持っていた人物でした。

視力が悪かったため、パイロットの道は諦めざるを得ませんでしたが、彼は後に飛行機の設計技師となり、零戦を創り上げたわけです。

もちろん、世間からしてみれば、戦争の道具を作っていたわけですから、あまり褒められた話ではないのかもしれません。

ただ、そんな周りの思惑は気にせず、彼は黙々と零戦の制作に携わっていきました。

その彼の行動と、宮﨑駿監督がアニメに掛けてきた情熱は、どこか似通っている雰囲気があります。

ある種、引退撤回の暗示ではなかったのかと、考えている人も少なくないようです。

これらの理由から、宮﨑駿監督は引退を撤回し、次の長編アニメの制作に携わっていると考えられます。

とはいえ、体力が有り余っているわけでは決してなく、宮﨑駿監督が76歳という高齢を考えると、やはり次回作が彼のアニメ映画のラストチャンスかもしれません。

あまり無理はさせられないのも事実でしょう。

アニメ制作は、それだけシビアな世界でもあるのです。

まずは、健康管理をしっかりした上で、無理せず、素晴らしい作品を作り、多くのファンを感動させて欲しいと、ジブリ映画の次回作に期待しています!

 

まとめ

スタジオジブリの宮﨑駿監督が、2017年に入り、監督引退を撤回しました。

そして、アニメ映画次回作の制作に取り掛かっていることが、鈴木敏夫プロデューサーの発言で明らかになりました。

監督引退撤回の理由の一つは、

別の人にジブリ作品を手がけさせる嫌だったこと

そして、もう一つは、

倒れるまでアニメに携わり続けていたい

という、宮﨑駿監督のアニメに対する愛情が、引退を撤回させたと筆者は考えています。

なお、宮﨑駿監督のアニメ次回作と見られる『毛虫のボロ』は、

2019年公開予定

とのことですので、どんなアニメ映画になるのか、その公開日を楽しみに待ちたいと思う次第です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-映画

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.