星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ドラマ

貴族探偵(ドラマ)の視聴率や評判が悪い理由はコメディが過ぎる?

投稿日

超人気アイドルグループ『嵐』の相葉雅紀さんを主演に抜擢し、視聴率の巻き返しを誓ったはずの月9ドラマ『貴族探偵』。

しかし、蓋を開けてみれば、初回こそ視聴率11.8%と二桁取れたものの、2話以降で大きく視聴率を下げてしまいました。

そして、視聴者たちからの悪い評判の声も集まってしまっているようです。

ミステリーでありながら貴族という特殊な設定を盛り込み、少しコミカルで万人受けするように演出されたのがこの『貴族探偵』というドラマです。

それが、ここまで評判が悪いのは、非常に悲しい話ですよね。

そこで本記事で、月9ドラマ『貴族探偵』の視聴率や評判が悪い理由を、個人的見解のもと解き明かしていきたいと思います!

スポンサーリンク

アドセンス

貴族探偵のドラマ視聴率が悪い事実

自ら捜査は一切せず、必要な捜査・謎解きは全て執事たちに任せ、自分は女性たちと遊び呆ける

なんともユニークなキャラクターが主人公となった月9ドラマ『貴族探偵』。

かなり奇抜な設定で、前評判としては良かったのか、『貴族探偵』初回は視聴率11.8%とまずまずのスタートを切っていたのです。

それが2話でいきなり8.3%と低迷。

その後も若干盛り返すも二桁まで回復するには至っていません。

5話放送時点での視聴率は9.4%と、低迷しているようです。

後ほど、その視聴率の悪い原因について、個人的見解で語っていきますが、正直、筆者は初回ですら、よく『貴族探偵』が二桁の視聴率を取れたと感心しているくらいでした。

なので視聴率が悪いことは、予想済みでした。

確かに、『貴族探偵』放送前は、原作を知らない視聴者が、

「貴族が探偵とはどういうことなのだろう?」

と興味を持ち観ていた感があるようですが、第1話で全体像が明らかとなると、斬り捨てられてしまった印象は拭えませんね。

ただ、筆者としてはミステリーなのかどうかは別として、この変わったテイストのドラマは結構好きです。

『貴族探偵』のいろんな設定にハマって大爆笑してしまうんですよね。

第1話では、中山美穂さん演じるメイドの田中が、

「捜査でお疲れでしょう」

と、カモミールの紅茶を入れてブレイクタイムに突入したりします。

そうかと思えば、『ミヤネ屋』や『ひるおび』のように、ボードを用いて事件を整理してみたりと、色んな部分でツッコミどころ満載…。

一方で貴族探偵は、事件が起こっていて、その容疑者かもしれない女性たちと、優雅にヤマメ釣りに出かけて、楽しんでいるわけです。

「そんなに呑気に構えていて良いのか?」

と、ミステリードラマであるにもかかわらず、大爆笑してしまいました。

極めつけは第4話で、パワースポット巡りに行こうと、友人の玉村依子に誘われ、高徳愛香が訪れた温泉宿の女将:浜梨久仁子が登場したシーン。

まぁ、釈由美子さんが演じていたこともありますが、彼女のルックスが完全に

ドラマ『スカイハイ』のイズコそのもの

という印象で、これまたビックリな展開…。

釈由美子

筆者自身、完全に

「スカイハイやん!」

とツッコんでしまったほどでした。

このように『貴族探偵』は、いろんなテイストを取り入れて、かなりコミカルに仕上げてきたなぁと、思わず感心させられてしまいました。

要所要所で、他の番組のテイストをちょこちょこ入れてふざけてみる演出が施されているのです。

『貴族探偵』は、原作小説もコミカル路線なのに、ドラマになってより一層コミカルに重心が偏ってしまっているようです。

正直、そこが『貴族探偵』のドラマの魅力でしょう。

いかにミステリーテイストを崩しながら、コミカルに楽しいドラマに仕上げるかが、最大の醍醐味と言っても良いくらいです。

 

ただ後ほど、視聴率の悪い理由のところでお話しますが、それは同時に、本格ミステリーファンに喧嘩を吹っかけているような挑戦でもあります。

『貴族探偵』で視聴率がまともに取れるとは、とても思えなかったというのが率直なところです。

まぁ悪ふざけがすぎると言えばそれまでですが、中途半端に視聴率を取りに行っても、視聴者の目はごまかせません。

視聴率が取れていないのが現状ならば、いっそどこまでも悪ふざけに徹して、個性的なドラマを仕上げても良いかと思います。

もちろんそれも視聴率は全く取れず、一部のコアなファンだけに受け入れられるドラマとなるのは、目に見えていますが…。

 

貴族探偵のドラマ視聴率が悪い理由

先程もお話したとおり、月9ドラマであるにもかかわらず、2017春放送の月9ドラマ『貴族探偵』の視聴率が悪い…。

強いて良いとするなら、初回の11.8%が視聴率として及第点といったところかもしれませんね。

もちろん、これは月9ドラマを大前提にした話であり、その縛りがなければ、9.4%でも十分結果を出していると感じています。

 

そもそも、この『貴族探偵』はミステリーでありながら、本格ミステリーとは逆行しているコミカルなストーリー展開なのです。

好き嫌いがはっきり二分化することは、放送前からわかっていたはずです。

この9.4%という数字は、そこまで踏まえた上で、やっと健闘しているレベルなのです。

では、なぜコミカルで好き嫌い二分化してしまうのか、その理由をここでお話していきましょう。

 

冒頭でも触れたとおり、この『貴族探偵』では、

貴族と名乗り執事たちに捜査を任せて、女性と戯れることに専念している探偵がドラマの主人公

(相葉雅紀さん演じる貴族探偵)

そして、貴族探偵と対峙するキャラとして、女探偵(武井咲さん演じる高徳愛香)も登場します。

ところがこの女探偵は、毎回事件に挑むも必ずと言っていいほど、誤った推理をしてしまいます。

ある意味、高徳愛香は、

名探偵コナンの毛利小五郎(眠りの小五郎でない通常時)のような引き立て役のキャラ

として扱われているのです。

まぁここまでは、本格ミステリーでもよく見られる設定です。

問題は、一方がトンチンカンで事件を引っ掻き回すなら、もう一方はちゃんとした探偵でなければならないのが、ミステリーの王道であることです。

ただ貴族探偵は、なぜか執事たちが持ち回りで事件を解き明かす設定です。

さらにちょいちょい悪ふざけとも言うべき、他のドラマ・情報番組のテイストまでも入れ込んでいる奇抜な個性のドラマとなっています。

そもそも、貴族探偵は一切捜査をすることなく女性と戯れ、時に容疑者として疑われた女性キャストたちを優しくケアしながら豪遊しているのです。

こんなメチャクチャな設定のミステリードラマが存在するのかと思えるほど、ただ驚かされます。

一応、ミステリードラマであるだけに、必ず真相は明かされますが、貴族探偵は事件を解く気があるかどうかさえ不明です。

しかも女探偵(高徳愛香)は、まともに事件を解けないときたら、それこそ茶番そのもの、物足りなさを感じるミステリーファンが出るのも当然です。

漫画・金田一少年の事件簿でも、推理になるとスイッチが入り、探偵のように事件をしっかり解き明かしてくれるからこそ、

引き立て役としての剣持警部がコミカルなキャラであっても、違和感なくミステリーとして見ることができる

のだと、筆者は考えています。

設定そのものが、

コミカルvsコミカル

では、どうしてもミステリー作品として軽く見えてしまいます。

 

そもそも、なぜ貴族御一行様が、ことあるごとに事件に遭遇してしまうのか…。

山奥で、いきなりティータイムしていたり、かと思いきや、突如、山奥の寂れた温泉宿に訪れてみたり・・・。

どう考えても、普通の貴族の行動とは思えない、アンマッチな設定で、それもコミカルです。

こんなコミカルだらけの作風ですから、

「ミステリーとして成立しているの?」

とさえ思えてしまうのでしょう。

金田一耕助、浅見光彦、エルキュール・ポアロなどなど、名作として手掛けられてきている王道ミステリー作品としては、

絶対に考えられない、邪道的なコミカルなミステリー

だからこそ、『貴族探偵』に好き嫌いが二分化してしまうのです。

本格ミステリーとして観たら物足りず、ただのコミカルなドラマとしてみたら、一応、事件が発生し謎解きが展開されていく…。

そんなどことなく中途半端に見える邪道だらけの設定だからこそ、

独特な世界観を楽しめる人以外、受け入れられないドラマ

となってしまっているわけです。

それが故に、視聴率も月9ドラマとしては悪い結果になってしまっています。

それに、一部の視聴者は

『相葉雅紀さん、武井咲さんの演技が下手すぎる』

という批判をしているみたいです。

しかしそれは、あくまで感想であり、本当の視聴率低下の理由ではないと考えています。

もちろん、人それぞれの感じ方はあるので、演技が下手と感じる人もいれば、上手いと感じる人もいると思います。

ただ、それが極端に視聴率が悪くなるかというと、そうではないでしょう。

やはりミステリーとアンマッチなコミカル設定が、二極化を生んでいるのではないでしょうか。

 

ちなみに、この手のタイプのドラマは過去にも放送されていました。

『掟上今日子の備忘録』も、どことなく中途半端な設定で展開され、コメディとミステリーが融合してしまった作品として描かれています。

そのため、視聴率が悪かったですね。

ここまでは、『貴族探偵』の視聴率が悪い原因として、辛口で語っています。

ですが、個人的には一種のコメディ路線として、気軽に観ることができますし、それなりに面白いと感じています。

視聴率を取るだけで良いのなら、単純にリアリティの高い作品や、正義を振りかざす、わかりやすい設定の作品を作ればそれで済むはず。

過去にも、『家政婦のミタ』や、『半沢直樹』で結果も出ています。

でも、それだけではつまらないのが、ドラマファンの素直な印象だと思います。

そんなファンの期待に応えて、コアなファンに満足いくような、少し奇抜な作品を作ろうとしているのであれば、たとえ二極化しても問題はないでしょう。

まぁ一部では、

「ジャニーズアイドル主演の月9ドラマで、最低記録を打ち立てるのでは…」

と話題にされてしまっていますが、今回に限っては、視聴率ワーストすらも覚悟はしていたと思います。

その中で、視聴率が9%台後半なら十分な結果だと思いますよ。

確かに月9ドラマとして視聴者も観ているだけに、物足りなさを感じてしまい、離れてしまうんでしょうけどね…。

スポンサーリンク

アドセンス

貴族探偵に対する評価や評判は賛否両論

先程からお話しているとおり、月9ドラマ『貴族探偵』の評判や評価は、まさに賛否両論真っ二つにわかれています。

その最も象徴とされてしまっているのが、主人公である貴族探偵の存在意義にあります。

今回、この貴族探偵を、嵐の相葉雅紀さんが演じていますが、

「彼(相葉雅紀)と貴族の印象がマッチしない」

という人もいれば、

「松潤だったら良かったのに」

と先にダメ出しする視聴者も少なくなく、さらには、

『貴族探偵に存在意義はない』

と辛口な意見も見られています。

ただ一方では、『貴族探偵』原作そのものがこんな感じだから仕方ないと、貴族探偵を演じている相葉雅紀さんを擁護する声も挙がり、まさに賛否両論でした。

 

ここからは、あくまで筆者の見解ですが、あくまでこのドラマ『貴族探偵』は

ミステリーではなく、完全なるコメディドラマとして捉えれば

少しは見方も変わってくるかと思います。

そのように見れば、ワイドショーテイストやバラエティ番組の一部を切り取り、ドラマに取り入れている奇抜な面白ドラマとなっています。

まぁそんなふざけ心満載(もちろん良い意味です)のドラマなので、『貴族探偵』を少しでも面白く観るためには、少し角度を変えて見る必要はあるかと思います。

とりあえず深く考えずに、楽しんでみてもらえたらと思う次第です。

 

まとめ

一見ミステリードラマですが、実はかなりコミカルな要素があり、

ツッコミどころ満載で奇抜なドラマ

として放送されている、月9ドラマ『貴族探偵』。

もちろんミステリーなので、事件の真相はちゃんと解き明かされます。

しかし、その過程や設定そのものが、コミカルすぎるのです。

そのため、『面白い』と観る人と、『ふざけすぎ』と酷評している人とで、評価は真っ二つに分かれてしまっているようです。

視聴率が悪いのもそのためで、『貴族探偵』は、放送前からこうなることは織り込み済みだったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-ドラマ