ペニオクとは?小森純など騒動で消えた芸能人の現在を大調査!

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
小森純


2012年、ペニーオークションという海外発祥のオークションサイトを悪用利用した詐欺事件があったことを覚えていますか?

時にペニオク騒動とも呼ばれ、逮捕者が出るほどとんでもない事件へと発展しましたよね。

芸能界でも、その詐欺事件に関わってしまい干されてしまったなんて人も続出し、大騒動となってしまいました。

そんなペニオク騒動ですが、現在、どのような末路をたどっているのでしょうか。

また、この一件で芸能界を干された人たちの現在の動向はどうなっているのか…

あらためて、ペニオク騒動を振り返りながら、この一件に関わる現在を探っていきます。

 

世間を新歓させてしまったペニオク騒動とは?

世の中にはさまざまなオークションサイトがありますよね。

水曜日のカンパネラが、個性的な楽曲を引っさげてテレビCMに出演していた「ヤフオク!」もその一つ。

しかし、全てがそんな良心的なオークションサイトとは限りません。

2012年12月に詐欺事件として社会問題にされたペニーオークション(以下、ペニオク)だって、ある意味オークションなのです。

このペニオクが他のオークションサイトと異なる点は、入金の際に手数料が発生するという点です。

通常、オークションは、出品者が最低希望価格を設定し、そこから入金者が落札金額を指定し入金していくだけなので、手数料などはかかりません。

もちろん落札後のやり取りの中で手数料がかかったり、あるいは出品者に対して手数料がかかることはありますが、入金ごとに手数料は発生しません。

ところが、ペニーオークションの場合は、価格が0円からスタートし、1円~15円単位で入金するため、一気に値が上がることもありません。

そして、この入金一度に対して手数料が発生します。

ここが大きなポイント!

詐欺師たちは、この手数料で設けるために、ポッドよる架空入金を何度も行い、1000万円になるまで落札できない様に仕向けていたのです。

結果、約2年半の間でトータル約6000万円をだまし取ったと言われています。

合計額とはいえ、6000万円もの被害額が出ているわけだから、社会問題に鳴るわけです。

しかも、これに芸能人たちが落札もしていないのに落札したと、ウソの記事を、自身のブログに掲載し詐欺を助長させてしまった…

この部分は、ペニオクというよりも、ステマとして関わっていたというべきかもしれません。

ステマ(ステルスマーケティング)を端的にいうと、一般消費者になりすまし、口コミを語るふりして商品を宣伝する行動のことを言います。

芸能人の知名度を生かし、さも商品を使ったかのような振る舞いをして、ネットユーザーに推奨氏宣伝することで、売上効果が見込まれます。

やはり、有名芸能人も使っているなら安心して使えると、人は考えてしまうのでしょう。

芸能人でブログをやっている人の多くは、このステマをしているために、一つ間違えると詐欺まがいな行動へと発展してしまうのです。

2012年に勃発したペニオク騒動もまさに、このステマが大きく絡んだ事件でした。

詐欺サイト側は、知人の紹介を得て知り得た芸能人たちに、名義を借りた上で、広告となる記事を掲載させてもらっていました。

それも、さもペニオクで競り落とせたかのような記事を考え、芸能人たちに手数料を払い掲載させてもらっていたわけ。

芸能人たちは、まさかそこで詐欺を働いているとは考えもせずに、副収入が得られると軽い気持ちで、受け入れてしまったのです。

そのことがとんでもない事件として展開していったわけ。

考えてみれば、数万円する空気清浄機が消費税込みで1080円で購入できるわけがありませんよね。

あまりにもお買いなことが起こっていたものの、芸能人というネームバリューが、その猜疑心を拭ってしまった。

本当に人の弱みに漬け込むような最低な事件と言えるでしょう。

さすがに、現在は、もうこの手の詐欺サイトは出てきていませんが、ネット詐欺は、どんどん形を変えて、多くのネットユーザーに牙を向けて襲い掛かってきます。

それだけに、日頃からこのような詐欺に引っかからないようにしたいのと、二度と芸能人たちがこの手の詐欺に加担しないことを願うばかりです。

 

ペニオク騒動に関与したと疑惑を持たれた芸能人たち

アメリカの一部のペニーオークションは、先程もお話しした通り、詐欺とは何の関係もない真っ当なペニオクであることに間違いありません。

しかし、そのペニオクを利用して日本に入り込み詐欺を働くものが続出したことは、日本経済にとって由々しき問題でもありました。

そして、それは、人々の暮らしを破綻へ追い込むだけでなく、芸能界をも震撼させてしまいました。

軽い気持ちで関与してしまい、詐欺被害を生み出す大きなきっかけを与えてしまったのですから、これほど最悪なことはありません。

では、実際のところ、どんな芸能人がこのペニオク騒動に関わってしまったのでしょうか。

その主な人物を見ていきましょう。

・小森純

ペニオク騒動で一番注目された芸能人といえば、小森純さんかもしれません。

彼女がやってしまったことは、絶大の信頼を得ていたスタイリストからの話を聞いて仕事として、ウソの記事をブログに乗せてしまったこと…

そのウソとは、ペニオクで落札していないにも関わらず、さも落札したかのような文面を乗せてしまったという内容でした。

彼女自身、事務所までもが仕事として請け負っていたこともあって、とくに気にすることなく記事掲載を許諾したみたいです。

しかし、フタを開けてみたら、完全なる詐欺に加担する内容を掲載してしまい、そのことが報道されると、すぐさま謝罪することに…

今でも、当時レギュラー出演していたサンデー・ジャポン(TBS)での涙ながらの謝罪は記憶として鮮明に残っています。

芸能人にとってブログとは、まさに顔みたいなものです。

それに記事を載せてほしいと依頼されることは、完全なる名義貸しに相当し、違法と考えて良いのではないでしょうか。

まぁ、ブログそのものをそこまで重要視していなかったという背景もあって、彼女自身が検挙されてしまうということはありませんでした。

しかし、この一件で失ったものは大きい…

当時、別途プロデュース業に携わることが多かった小森純さんは、1億円者違約金が発生する事態に陥ってしまいます。

みなさんも記憶に新しい、ベッキーさんのゲス報道で、彼女がCMを降板した結果、5億円(推定)もの違約金が発生したと報道されましたよね。

額こそは違いますが、まさにそれと同じようなことが、小森純さんに降り掛かっていたわけです。

しかも、大々的に報道されてしまったことで、完全に詐欺師のような印象すら受けることとなった小森純さんは、仕事も友人も失っていきます。

そして、マスコミが騒ぎ立て、家族にまで被害が訪れてしまい、これ以上迷惑をかけないために、離婚まで申し出たというのですから本当に悲劇…

まぁ、運良くと言うべきか、理解のある夫だったため離婚は回避できたみたいですが、今でもその時の汚点は残ったまま…

彼女にとっての黒歴史となってしまっているわけです。

黒歴史といっても、当然、自分が巻いた種ですし、謝罪するのは当然、罪として償っていかなくてはいけません。

なので当然の報いであると、筆者は考えています。

ただ、過去を振り返っても仕方ありませんよね。

幸いなことに、彼女には事務所の後輩で頑張り屋の鈴木奈々さんがいました。

彼女は、

「自分が頑張るんで絶対に戻ってきてほしい!」

と、小森純さんにエールを送ったそうです。

そのことが一つの支えとなり、テレビでの仕事は激減してしまいましたが、プロデュース業などに精を出し、実業家として活動されています。

また、現在も、時折テレビに出演することもあり、当時のことをいじられながらもバラエティ番組でファンと楽しませてくれているそうですよ。

とにかく、一番制裁を受けた女性芸能人ですし、謝罪だって他のタレント以上に誠心誠意してきたわけですから、なんとか彼女はうまく復帰してほしい…

やはり悪いものは悪いと、ちゃんと罪を認め猛省し、誠心誠意謝罪したものはやり直すチャンスを与えてあげてほしいと思う次第です。

・ほしのあき

当時グラビアアイドルとして活躍し、バラエティ番組でも何かと引っ張りだこだったほしのあきさん。

しかし、一部では彼女のことをよく思わない者もいたらしく、2011年の三浦皇成騎手との結婚も大反対を受けたという話も耳にします。

もちろん、他人がとやかくいう話ではありませんし、二人が幸せな家庭を築いていければそれで良いのですが、事態は最悪な方向へと向かっていくのです。

2012年4月に長女が誕生し産休を明けて、ママタレとして芸能界復帰しようかというタイミングでとんでもない事件に関わってしまうのです。

そう、それがペニオク騒動だったというわけ。

彼女自身、ペニオクをしていたわけではありません。

それなのに、友人から副収入の話を聞きつけ、軽い気持ちで、ペニオクして落札したと、虚偽の報告をブログで公表してしまいました。

ちなみに、彼女はブログで、ペニオクサイト「ワールドオークション」で、プラズマクラスターの空気清浄機を、1080円で落札したと公表。

それが事実と勘違いしたネットユーザーがワールドオークションで入札を続け、多額の被害を受けるは目に陥ってしまいました。

当然、このサイトの運営者たちは逮捕されていくわけですが、彼女はなぜか芸能界から姿を消してしまい、ほとんど謝罪もしていません。

確かに、公式ブログで謝罪はしていますが、小森純さんのようにテレビに出て謝罪したわけではありません。

それどころか、三浦皇成騎手(競馬・JRA所属)との結婚を機に、芸能活動に見切りをつけようとしていたらしく、完全に芸能家から姿を消すことに…

当然この言動には、彼女を批判するアンチはもちろんのこと、擁護派のファンたちですら大激怒!

明らかに詐欺事件に加担していたにもかかわらず、主婦に専念することを隠れみのにし、雲隠れしていくのは、あまりにもおかしな話ですよね。

さらに言えば、いきなり芸能界から姿を消していくことはファンへの裏切りでもあるので、これは許しがたい言動と、ファンは激怒してしまいます。

まぁ、良いか悪いかは別として、彼女の場合結婚していますし、夫の収入があれば、芸能界には未練もないということなのでしょう。

ちなみに現在の夫・三浦皇成騎手(JRA所属)の年収は、推定4693万円と言われているそうです。

この金額がどこまで事実に基づいているのか、それは定かではありませんので、話半分で考えても2350万と結構高額収入です。

当然、それだけの年収を稼いでいるのであれば、老後だって安泰ですよね。

ただ、あくまで、これは夫の収入です。

確かに、夫婦である以上、共有財産として認められますが、万が一離婚となった場合は、それ以降の収入は、全て夫である三浦皇成騎手の財産に…

そして、何より怖いのは、現在別居中で、離婚も視野に入っているという話がささやかれているということです。

さらに三浦皇成騎手の不貞疑惑も勃発し、ますます波乱が吹き上げる様相を見せています。

もしかしたら、ペニオク騒動をきっかけに、夫婦仲までこじれ、離婚ということも十分考えられます。

そうなってくると、これまでの財産は半分ずつで財産分与されていくとしても、将来の分は子供の養育費でいくらかもらえる程度です。

つまり、彼女自身が働く必要に迫られるというわけ。

しかし、いくら不祥事による処分が甘い芸能界であっても、彼女の場合は、受け皿も途絶えていることと思います。

何よりも、ちゃんと「みそぎ」が済んでいない状況ですから、間違いなくこのままの状況で芸能界復帰はありえません。

確かに、この騒動は当時のことを思えば、現在は少し落ち着きを見せています。

とはいえ、ほしのあきさん自身の「みそぎ」は何一つ済んでいません。

この状況が続けば、ますます世間の心象は悪くなる一方で、その余波は長女に向けられてしまうなんてこともあるかもしれません。

偶然にも、このペニオク騒動が勃発した年の4月に彼女は生まれています。

つまり、彼女が誕生日を迎える度に、今年でペニオク騒動から約◯◯年と言われ続けることも十分ありえる話だと言うことなのです。

ちなみに現在ペニオク騒動が勃発してから5年なので、当然、彼女も5歳…

まだ5歳なら、それほど気にすることもないのかもしれませんが、いろいろ世間を知り思春期に目覚めるころも騒がれたら…

そんなことを考えたら、今からゾッとしてしまいます。

それだけに、ほしのあきさんには一刻も早い「みそぎ」をしてほしいものです。

・綾部祐二(ピース)

Ayakoさん(@ayako.h25)がシェアした投稿

彼も、ペニオクに加担し、ブログにウソの記事を書いて5万円を受け取っています。

事情はどうあれ、詐欺事件に付随する案件で、金銭授受が行われていたことそのものが大問題です。

一応、謝罪そのものはありましたし、一時期東京での仕事は激減しましたが、時が経つとともにほとぼりが冷めたように仕事復帰…

さらには、アメリカに留学してレッドカーペットを歩くとまで言うようになってしまいました。

当時、なぜか一向に渡米する様子が見られなかったために、留学に行く行くル詐欺といじられることもありましたよね。

それにしても彼の場合はある意味ラッキー!

相方である又吉直樹さんが、著書・火花で芥川賞を受賞したために、アシスタントキャラが定着するように…

そのこともあって、ペニオク騒動の一件は、あまりとやかく言われることなく、すんなり芸能活動、復帰されています。

ただ、彼のことをよく思わないネットユーザーもたくさんいるのは事実。

現在は、又吉さんもピースの解散は全く考えておらず、

「しっかりアメリカで何かをつかんで戻ってこい」

と、エールを送っているみたいなので、すぐさま解散とはならないでしょう。

ただし、あまりに又吉さんに甘えたままでいると、完全に三行半を突きつけられる可能性もあります。

くれぐれも、綾部さんには襟元を正した行動を心がけてほしいものですね。

・永井大

永井大さんの場合は、前述の3名とは全く異なり、謝罪せずに弁明していた芸能人の一人として、批判が飛び交っています。

というのも、彼の言い分は、

「本当に落札したが、あまりにも安すぎたために返却した」

というのです。

普通、価格が安いだけで、オークションで競り落とした賞品を返品することってあるでしょうか?

誰もがお得に買い物したいと考えるはずですし、あまりにもできた話だと思います。

もちろん、これは筆者が推測している話に過ぎませんが、実は、筆者以外にも同じ考えを持つものはたくさんいます。

「ウソくさい」

と圧倒的に批判の目が集中してしまい、また、2015年では暴✕団関係者と別の事件にも関与したと報道され、一気に干されてしまいました。

もちろん、彼自身、完全に芸能界から撤退したわけでもなく、仕事が激減しつつもコンスタントに俳優業は続けています。

ただ、彼に変わる俳優は掃いて捨てるほどいることお事実。

あまりスキャンダルばかり起こしてしまうと、いずれ、完全に干される可能性も出てくるでしょうね。

・熊田曜子

彼女も、ペニオクに関わりながらも、とくに謝罪もせずに芸能活動復帰した女性芸能人。

現在はママタレとして活動されていますが、当然ネットユーザーたちからの批判は半端ありません。

とはいえ、何かといじられキャラだった彼女は、グラビアにも復帰し、さらにタレントとして幅広く活動はされています。

田村淳さんなど、彼女をうまく生かす事のできるMCタレントに恵まれたことは、熊田曜子さんの財産だと思いますよ。

とはいえ何かと炎上が起きやすくなってしまったのも一つの事実。

一つ間違った方向に進んでいけば、

ネットユーザーだけからでなく、世間からも孤立してしまうかもしれません。

そうなる前に、襟元をしっかり正した大人となって欲しいと願っています。

・菜々緒

菜々緒さんのイメージと言えば、誰もが声をそろえるほど悪女キャラが定着していますよね。

そのため、世間から嫌われることもあるみたいですが、それは役柄の上での話で、たとえイメージが悪く嫌われたとしても役者みょうりといえます。

しかし、現実は別でなければいけません。

ただですらイメージが悪いわけですから、プライベートではモラルある行動を取らないと、それこそ、役柄の問題ではないと一刀両断されかねません。

しかし、そのことを分かっているのかいないのか…

ペニオク騒動に彼女が関わったと報道され、彼女自身の言動がだんだん怪しくなってしまうのです。

一応、菜々緒さんの言い分としては、

「面白いので紹介します。」

と詐欺サイトは紹介したものの、落札したわけでもなければ、金銭の授受も行っていないというのです。

つまり、個人的に勝手に紹介しただけの話だと釈明していたというわけ。

とはいえ、結果、詐欺サイトを紹介してしまったことは事実ですし、何かと影響力を持つ芸能人が、金銭授受を行っていなければそれで良いのか…

少なくとも、筆者はそのように感じていますし、やはり正式に謝罪は必要だったと考えます。

まぁ、彼女の場合悪女キャラですから、それほどイメージダウンにつながっていないと考えているのかもしれませんが、心象は間違いなく悪いです。

さらに、正しいものは正しい、間違っているものは間違っているとブログなどで主張しておきながら、自分だけは間違いを認めないのはあまりにも変!

友達がグラスを割った時に激怒するくらいなら、自分に対しても厳しく当たらなくてはダメなのに、なぜそれができないのでしょうか。

何度も言いますが、この問題は金銭授受のあるなしに関わらず、影響を与えた結果、詐欺となったことそのものに問題があります。

単純に紹介しただけでも、ある種、罪なんです。

とはいえ、意図的に罪を犯したわけではなく、完全に過失の罪なので、素直に、紹介したサイトが、詐欺サイトであるとは知らずに紹介したことを謝ればいい…

筆者はそのように思いますし、一方で、弁明は絶対にやってはいけないことだと考えています。

現在、彼女は、女優としてブレイクし、大河ドラマ「おんな城主直虎」にも出演を果たすほど多忙を極めています。

ただ、一方で謝罪しながらも仕事が激減した芸能人がいる一方、このようなブレイクの仕方があって良いのか…

少し疑問に思う次第です。

その他、デヴィ夫人、東原亜希さん、渡辺由布子さんなど、多数の芸能人が、ペニオク騒動に関わっています。

ただ、その中で、現在芸能界に生き残っているといえるのは、菜々緒さん、デヴィ夫人、綾部祐二さん、熊田曜子さんなど、ごく少数…

大多数の芸能人が、芸能界を干されてしまっているという厳しい現実がそこにあるわけです。

やはり、正しいことは正しいし、間違っていることは間違いであるという言葉は、必ず自他共帰ってくる…

それも、神であろうが凡人であろうが、身分に関係することなく、誰にでも共通して当てはまるということを、あらためて痛感した次第です。

 

ペニオク騒動後のサイトの末路は?

さて、大きな社会問題として取り上げられたペニオク騒動ですが、現在、騒動を引き起こしたサイトはどうなっているのでしょうか。

いろいろ調べてみると、詐欺に関わるサイト運営者たちが逮捕されたこともあり、日本でのペニーオークションサイトは完全に消えていたことが判明。

あくまで海外のサイトで一部運営しているだけなので、日本でも、ペニオクに参加できないわけではありませんが、ややこしいことにはなるでしょう。

支払いだって米ドルでの落札になりますし、本当に格安で落札できるかどうかも怪しいだけに、関わらない方が身のためです。

ペニオク詐欺は、本当に多くのネットユーザーを傷つける事態を引き起こしました。

芸能人たちも含め、二度とこの手の詐欺が拡散していかないことを願っています。

 

まとめ

2012年~2013年初頭で、世間を新歓させたペニオク(詐欺)騒動。

既に主犯格は逮捕されてサイトも閉鎖され、事件は沈静化されていますが、この騒動に関わり、多くの人たちに影響を与えた芸能人は厳しい目に…

小森純さんは仕事が激減し、ほしのあきさんは芸能界から姿を消す羽目に…

そんな中、熊田曜子さんや菜々緒さんのように、おとがめなく芸能界で活躍されている方もいますが、それはレアケースでほぼ干されたと見て良いです。

それだけとんでもない詐欺事件だったわけですし、二度と芸能界からこの手の詐欺事件に加担するような人物が、一人も出ないことを願っています。

ページトップへ