星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

漫画

響(漫画)の登場人物(キャラクター)をチェック!発達障害の噂とは?

投稿日:

芥川賞・直木賞をW受賞する天才的な才能を見せる15歳の少女・鮎喰響。

彼女を中心に、小説家志望者、小説家、編集者のそれぞれの視点で織りなすストーリーが描かれた漫画『響 ~小説家になる方法~』。

この漫画は、主人公・鮎喰響を筆頭に、個性的な面々が登場していて、深みのある物語が魅力的な作品です。

では、実際に『響』にどんな登場人物(キャラクター)が登場しているのでしょうか。

また、主人公である鮎喰響に発達障害の噂が流れ、一方では幼馴染の涼太郎との恋の行方も気になります。

『響』の登場人物(キャラクター)の魅力を紹介しながら、その辺りの事情や見解も含めて本記事でまとめていきます!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

響の登場人物(キャラクター)は個性的!

文章を読むこと、物語(小説)を書いていくことが好きな人達にとって、

小説家という職種は一つの憧れ的存在

であることでしょう。

そして、世間一般の想像もあって、作家志望の人は変わり者が多い話も耳にします。

漫画『響~小説家になる方法~』を読むと、癖が強く、それでいて純文学をはじめとする文芸が大好きな面々が多く登場するのです。

では、さっそく『響』の癖のある登場人物(キャラクター)を紹介していきましょう。

鮎喰響(あくいひびき)

響

作品のタイトルにも名前が出ているので、誰もがわかると思いますが、この、鮎喰響という女子高生が、『響』の主人公です。

元々、本を読むのが大好きな少女です。

その一方で、どこか閉鎖的というか、

自分と住む世界が違うと捉えているのか、他人をどことなく寄せつけないオーラ

を放っているところも見受けられる女子高生です。

歯に衣着せぬ物言いで、意にそぐわないことに対しては絶対に許しません。

時に暴力を振るったり、自身の命を顧みない暴走行為を起こすことも…。

その影響なのか、最初は誤解もされやすく敬遠されがちで、幼馴染でクラスメイトの椿涼太郎以外とは誰とも話さないことも珍しくありません。

後に親友となっていく文芸部部長の祖父江凛夏は、彼女のことを

「どう言葉を選んでも頭がオカシイとしか言えない」

と語り、編集担当者となる花井ふみは

「自分の世界と現実世界との違いに我慢できない子」

と分析しています。

もちろん、一度理解してしまえば、響と好意的に関わることもできるのです。

しかし、響のことを理解できるまでは、ただの非常識な人間と映ってしまうところはあるでしょう。

 

さらに一方では、仲間のことを思いやれるところがあったり、

遼太郎が他の女性と絡んでいると、思わず嫉妬してしまう

ごく普通な女子高生の一面も覗かせているキャラクターです。

作家としては、元々小説を書くことは好きだったものの、とくに小説家になりたかったわけではなかったのです。

文芸誌『木蓮』の新人賞に応募したのも、単純に自分の価値観を確かめたく、自身の書いた作品の感想を聞きたかっただけだったようです。

しかしその原稿を編集者・花井ふみが読んだことで、後にその作品『お伽の庭』が、

木蓮の新人賞はもちろんのこと、芥川賞・直木賞を受賞

し、その才能を大々的に世間に知らしめることに…。

この『お伽の庭』は芥川賞・直木賞受賞も影響し、初版100万部、その後70万部増刷されたベストセラー。

一種の社会現象となりました。

ただし、響本人は世間に大々的に知られているわけではありません。

響が15歳の女子高生で未成年ということもあり、また本人が

騒がれることを好まず、正体を明かしたくない

いうことで、花井ふみの助言を受けて、"響"というペンネームで活動しています。

そんな響は、他を圧倒する独特のセンス・才覚の持ち主でありながら、

一方では暴力的で、かつ可愛らしい一面

を持つ、実に個性の強い曲者キャラと言えるでしょうね。

椿涼太郎(つばきりょうたろう)

響

響と同じ高校生で文芸部所属。

なんでも万能のイケメンで高身長であるため、女子生徒からも人気は高いが、少し響に依存しているところもあり、妄想癖な一面も…。

実家は、喫茶店を営んでいて、時間のあるときは手伝いとして店で働いています。

なお、涼太郎は、どこか奇抜な印象を設ける響のことを、ごく普通な女の子と捉えていて恋をしているらしいのです。

涼太郎は、響の小説家としての非凡な才能を嫌い、一人の普通の女性として生きて欲しいと願っています。

また、中学の頃から、何かと誤解を受けやすかった響に寄り添い、精神的支柱としてフォローし続けている一面もあります。

まぁ響にとって、涼太郎はいなくてはならない存在と言えるでしょう。

祖父江凛夏(そぶえりか)

響

高校での文芸部部長であり、響にとっての親友の一人。

母がフィンランド人ということもあり、金髪で小麦色の肌をしているところから、チャラい女子高生と誤解されがちです。

しかし決してそんなことはなく、言葉遣いは今時の女子高生風ですが、礼儀正しく知的で面倒見の良い、優しい気の利く女性です。

父が日本を代表する作家:祖父江秋人であることから、話題性があるとして、祖父江凛夏は新人賞を受賞することなく、

小説『四季降る塔』で、作家デビュー

しています。

この作品を仕上げるために、花井ふみに遠慮して意見をぶつけられず、何を書いて良いのかわからなくなることも…。

その事を響に指摘され、批判された時には絶交したこともありましたが、響とはなんでも言える親友として交流を持っているようです。

ただし、自身は決して天才だとは思っておらず、響に才能の差を見せつけられ、嫉妬してしまう一面もあります。

関口花代子(せきぐちかよこ)

響

文芸部員で響や涼太郎とは同級生。

純文学には疎いものの、ライトノベルにハマり、とくにヴァンパイアが登場する作品には異様に関心を持っています。

いずれ自身もヴァンパイア作品を書こうと日々奮闘しますが、思うようにいかず戸惑う日々。

性格が引っ込み思案で、入学早々、文芸部の門を叩くも不良少年たちに追い出されてしまいました。

そのせいか意地になって、響たちからの文芸部入部の勧誘を受けるも断ろうとすることも…。

その後は、半ば響に半強制的に入部させられた感は否めないところですが、それでも文芸に触れる機会をもらえたことに喜びを感じています。

引っ込み思案ながら、時に無鉄砲な行動を起こし、周囲に迷惑をかけてしまうこともあるキャラクター。

とくに、響がアドバイスのために書いたヴァンパイアをテーマとした作品を、

そのまま別の新人賞に応募してしまい

大騒動を起こしてしまいます。

彼女もどことなく妄想癖なところもあり、

凛夏の別荘で飼っている犬(名前はワン太)に、"フィッツジェラルド"という、とあるラノベの登場人物の名前をつけて

散歩に出かける一面も見せています。

まぁ、ワン太と呼ばないので、犬からは完全に無視されっぱなしでしたが…。

そんな、人見知りで思い込みが激しく、妄想癖な性格を持つ実にユニークなキャラクターと言えるでしょう。

塩崎隆也(しおざきたかや)

響

文芸部員で響たちの先輩。

凛夏とは同級生。

いかにも強面の不良少年ですが、常識的な一面も併せ持つ男子生徒です。

当初、文芸部をたまり場としていたものの、響とトラブルを起こして指を折られ、一度は追い出されることに…。

その後、改めて文芸部に入部し直しますが、とくに文芸が好きというわけではなく、何かと部活動と称し凛夏や響たちに付き合わされています。

そのためなのか、

「かったるい」

と口癖のように言い、口は悪いです。

ただ、女性に対する優しさも持っていることが垣間見えるキャラクターです。

花井ふみ(はないふみ)

響

小論社で発行している文芸誌『木蓮』編集部の社員(25歳)。

低迷している文芸界を憂いていて、再び文芸の時代をもたらすための起爆剤となる若き才能を求めています。

その彼女は、ひょんな事をきっかけに、響の才能を発掘。

後に、響や凛夏が作家としてデビューする際の担当者として、また一人の大人として、陰ながらサポートに徹しています。

しかしそれがいまいち空回りしていて、響の暴走を止められないところも。

それでも、響の才能が世に知られるようになると、それだけでも文芸界を変えられていると喜びに浸っているのでした。

祖父江秋人(そぶえあきひと)

響

凛夏の父親で日本を代表する作家(50歳)。

29歳の時にデビューし、芥川賞も受賞した大作家です。

しかし、文芸界に交流関係は乏しく、才能による嫉妬からか敵を作っているケースも少なくないようです。

ルックス的には、50歳とは思えない若者風な出で立ちです。

人と関わるのを苦手としているだけに、どことなくミステリアスな印象も拭えないキャラですね。

鬼島仁(きじまひとし)

響

祖父江秋人同様、芥川賞作家で小説家(28歳)。

テレビなどでの出演も多く、『木蓮』新人賞の審査員の一人でもあります。

有名人ではありますが、どこか陰湿さも感じられる気難しいタイプ。

芥川賞受賞以降、モチベーションを失くしてしまい、祖父江秋人のことを妬み嫌っているため、娘である凛夏に対しても敵視しているようです。

そんな鬼島仁ですが、小論社で偶然遭遇した凛夏に執拗に絡んで、響に顔面を蹴り飛ばされたりします。

しかし、響の書いた『お伽の庭』を読んで、感銘を受けたのです。

それをきっかけに、以降、他人を嫉妬して生きることやめ、前向きに生きようとしています。

吉野桔梗(よしのききょう)

響

39歳の小説家で、良識のある女性。

ルックスは

『ゴリラ』

『化物』

と揶揄されてしまう、いかつい体格の持ち主。

もともとは、

かわいいお嫁さんになることが夢

だったが、いかついルックスのためにその夢は叶えられず、小説の中で実現させようと、小説家になり活動することに…。

凛夏との出会いは、小学生の頃。

祖父江秋人を通じて知り合いますが、なぜか凛夏に嫌われているようです。

おそらくは、祖父江秋人に想いを寄せている吉野桔梗のことを凛夏が見抜き、『父を取られたくない』理由から嫌っていると思われますが…。

桔梗は、凛夏のことを

『まっすぐ自分のことを女として見てくれているから大好き』

と慕っていますが、凛夏に気を配り、極力遭わないように心がけている模様。

中原愛佳(なかはらあいか)

響

28歳の時に『蓮華郷』で文芸誌の新人賞を受賞した作家・ライター。

新人賞を受賞したまでは良かったものの、続く『午後の邂逅』も売上が上がらず、小説家を続けるかどうか悩んでいた女性。

偶然、響が文芸部の部誌で書いた作品に触れ、小説家の道を諦める決心がつきます。

その後、ベーカリーショップに勤務。

ショップで出会った素敵な男性と出会い、結婚。

子供も出産してごくごく平凡で幸せな生活を営んでいきます。

 

以上が、『響~小説家になる方法~』の主な登場人物(キャラクター)です。

もちろん、まだまだ癖の強い登場人物(キャラクター)はたくさんいます。

ここまででも、かなり個性豊かな面々であることは、理解してもらえたのではないでしょうか。

響が奇抜なキャラクターなのは言うまでもありませんが、それは父親譲りなところもあり、響の周りの作家たちもかなり曲者揃いです。

そういうキャラクターがたくさん登場しているからこそ、『響』は読み応えのある漫画作品なんだと思いますよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

鮎喰響が発達障害と言われる理由・真相

主人公の鮎喰響というキャラクターについては、先程紹介したとおりです。

この響に対して、格好良いと賞賛する人がいる一方で、

『発達障害ではないか?』

と噂するアンチも少なくないみたいです。

発達障害とは、脳機能の発達のアンバランスさにより、

得意なこと、不得意なことの差が激しく、社会生活に支障をもたらす障害

のことを指します。

ただ、決して一言で言い表すことができないことも一つの特徴と言えるでしょう。

風邪や外傷のように、原因がすぐに特定され、治療できるものであれば良いのですが、

発達障害は不治であり、症状を和らげることしかできない

という話も聞きます。

原因を特定するだけでも困難なので、上手く付き合っていくしかないのが現状です。

 

さて、そんな発達障害の症状として、

異常に興奮したり、衝動的・突発的な行動を取ってしまう

ケースがあります。

今回の響の場合も、ある種そのような行動が目立ちます。

何かの侮辱行為を受けたからといって、周りの迷惑を考えずに暴走してしまったりします。

また、目上の人に敬語を使えず、名前を呼び捨てにするなど、色々空気を読まない行動も目立ちます。

そのため響は、発達障害では?と噂されるわけです。

 

ただ、発達障害=怒りっぽい人、空気読まない人ということではありません。

単純に、正義感が強く、悪いものに対して徹底的に叩き潰さないと気がすまない性格の問題だけかもしれません。

それだけで発達障害と決めつけてしまうのはあまりにも安易でしょう。

芥川賞・直木賞受賞の際の記者会見の席でも、本人が未成年なので顔は伏せさせて欲しいとしているにも関わらず、

代弁していた花井に対してゴーストライターなどとはやし立て

挙げ句には、強引に頭掴みフードの中の響の顔写真を取ろうとしている…。

そんなルール無視、空気も読まずに人の心をも土足で踏みにじろうとする写真週刊誌の記者・カメラマンなのです。

だからこそ、響は相手を蹴り飛ばしてしまったので、ただわがままで暴力的になっているわけではありません。

暴力は、どんな理由があれNGでしょうけど、そもそも暴力をふるってきたのは、この写真週刊誌の記者・カメラマンです。

確かに響が暴力に訴えることは良くないことでしょう。

響

しかしそれをNGとするなら、なぜ、この写真週刊誌の記者・カメラマンが、

ペンやカメラを用いて弱い立場の人間に暴力を振るう

ことは許されるのでしょうか?

確かに表現の自由は存在しますが、だからといって暴力と受け取れることをして良いわけではありません。

自分の興味本位や紙面の売上アップのために、15歳の女の子を捕まえて晒し者にして楽しむなんて、まともな人間のすることではありません。

それこそ猟奇的で、この記者・カメラマンたちに対して、空気を読まない発達障害者と言う人がいてもいいくらいです。

響が、弱者やまっとうな人たちに対して厳しい世界に辟易していたのは事実と見ていいでしょう。

だからこそ、自ら他者と積極的に関わりを持とうとしなかったわけです。

 

響が芥川賞・直木賞だけもらって、挨拶もしないのは礼に欠けるということで、会見には出席しています。

決して世間の注目を浴びたいから、その会見に来ているわけではありません。

そういう雑音が広がることを懸念し、響はフードを被り、顔を隠して、会見の質問にも編集担当者である花井ふみが代弁する形で答えていたのです。

そして、少し極端ではありますが、モラル・マナーのかけらもない悪党に対しては、

目には目を暴力には暴力を

という対抗処置で、徹底的に叩き潰そうとするわけです。

 

一応、文芸部部長で作家としてデビューしている親友の祖父江凛夏や、幼馴染で響のことを一番良く知る椿涼太郎たちと触れ合うことで、響自身に

『少しは暴力的な部分を抑えよう』

と成長しているところは見受けられます。

また一方で、響の両親だけでなく、編集担当者である花井ふみが、ある意味で響の保護者代わりとして、サポートしてくれています。

 

それでも、さすがに花井ふみ一人では、響を全面的に守ってあげるのは難しいのでしょう。

実際に世の中は少し歪んでいて、物事の本質を捉えようともせず、表面的なものだけを捉え、楽しもうとしているところがあります。

この会見の一件も、どちらが悪いのかは火を見るより明らかです。

しかし、蹴り飛ばしたという一コマだけを切り取りって、良いように写真週刊誌に書き立てられてしまいます。

『響』の読者の一部も、響を発達障害だとか、暴力的だとかで勝手に盛り上がっていくのも現状です。

まぁ、響にしても暴走行為が見受けられ、それにドン引きしてしまうのも事実なので、とても褒められたキャラクターではありません。

誤解を生むのも仕方ないところでしょう。

ただいずれにしても、それだけで発達障害と決めつけるのは安易だと思いますね。

 

鮎喰響と椿涼太郎の関係は彼氏と彼女?

さて、漫画『響~小説家になる方法~』の中で、もう一つ気になることと言えば、主人公・鮎喰響と、幼馴染の男子高校生・椿涼太郎の関係です。

なんと涼太郎の部屋には、響の幼い頃からの写真で埋め尽くされているのです。

これで、ドン引きしてしまうくらいに涼太郎が響に恋い焦がれていることが、手に取るようにわかります。

 

次に響が通う高校での文化祭での出来事です。

文芸部で留守番していた涼太郎のもとに、作家で祖父江凛夏の父である祖父江秋人が訪れたときのこと…。

秋人から、

「(響が)彼女なのか?」

と聞かれた涼太郎は、

「今はただの幼馴染だけど、来年あたりには付き合っていると思います。」

と答えます。

ここまでなら、まだ響に恋い焦がれているだけと受け取れるのですが、その後の妄想劇がなんとも凄まじいです。

響が涼太郎を意識しはじめ、交際に発展するタイミングやら、

大学を卒業したら結婚する

とか、いろんなことを具体的に話し始めている姿は、完全に響に依存しているとしか思えません。

ただ、そんな涼太郎のことを、響も受け入れているところがあるようなのです。

やはり、友達のいなかった響にとって、涼太郎は精神的支柱であることも事実なのでしょう。

涼太郎が手伝いをしている喫茶店(実家が喫茶店を経営している)で、涼太郎が女子大生のお客さんに絡まれていたことがありました。

その時、響が妙に嫉妬して苛立っていた姿を見ると、恋と気づいているかどうかは別として、

涼太郎が誰かに奪われたくない大切な存在

であることは間違いないと思います。

『響』の物語はまだまだ続きます。

高校2年になった彼らに恋が芽生え、彼氏と彼女の関係になっていくのか、その辺りについても注目していきたいものですね。

 

まとめ

漫画『響~小説家になる方法~』に出てくる登場人物(キャラクター)は、一味も二味も違う癖の強い人たちばかりです。

とくに主人公である鮎喰響は、意にそぐわないものには暴力をふるったり、自分の意志を曲げないために、平気で命を投げ出すタイプです。

そのため、一部の読者から

『発達障害』

という噂も流れていますが、あくまで性格が特殊なキャラクターなだけでしょう。

また、幼馴染である涼太郎との恋の噂もありますが、こちらは涼太郎の片想いに過ぎない状況です。

とはいえ、響もどこかしら気がある素振りを見せているので、今後の『響』のストーリー展開と共に、二人の動向に注目したいものですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-漫画

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.