星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

雑学

京美人の芸能人や女優をチェック!その言葉の由来や意味とは?

更新日:

着物を着た姿が美しい女性が多い印象を、強く受ける街・京都。

それは、京都が『和』の最も似合う古都であることが、その大きな要因だと思います。

当然、京都に美女そのものが多いのも一つの理由だと思います。

さて、そんな京都の美女を象徴する言葉に、

『京美人』

という言葉が存在しています。

みなさんはその由来や意味、なぜ京都に美人女性が多いのか知っていますか?

意外と『京美人』の由来や意味を知らない人も多いと思います。

芸能人の中にも京美人はいますが、それが誰なのか知らないという人も少なくないでしょう。

そこで、本記事では京美人の由来や意味、代表となる女優などの芸能人を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

和や雅を感じさせる京美人な芸能人たち

日本の由来を探る上で、長年、都として栄えた実績のある街・京都。

金閣寺・銀閣寺・二条城など、歴史を感じさせる名所旧跡がたくさんあり、社会科見学や修学旅行のメッカとも言われています。

そんな日本の歴史を感じさせてくれる街だからこそ、和や雅を強く感じられ、多くの観光客から愛されている魅力的な街だと思うのです。

和や雅という点においては、何も町並みに限らず、京都の女性たちにも通じるものはあるかと思います。

 

個人の印象として、

はんなりというか、上品でおしとやかながら明るく朗らかな女性が多い

ことが、どうしても強く残っているのです。

そして、この印象は、筆者だけが感じていることではないようなのです。

多くの人が、

上手に着物を着こなすスラッとした美女が多い

という印象を京都に対して抱いているみたいです。

そのためか、

京美人=和・雅

というイメージが定着しているのでしょう。

実際に京都出身の女優や芸能人を見ていくと、可愛いというより美しい人が多いのが正直なところです。

では実際に、和・雅が似合う京美人な女優や芸能人にはどんな人がいるのか。

その一覧をここで簡単にまとめてみたいと思います。

和・雅が似合う京美人の(女性)芸能人・有名人一覧

女優

吉岡里帆さん

吉岡里帆

池上季実子さん(生まれはニューヨークですが、育ちは京都)

池上季実子

杉本彩さん

杉本彩

田畑智子さん(京都市出身)

田畑智子

本田望結さん(姉はフィギュアスケーターの本田真凜さん)

本田望結

松原千明さん

松原千明

歌手・アーティスト

倖田來未さん

倖田來未

misonoさん

misono

BONNIE PINKさん(本名:浅田香織、シンガーソングライター)

BONNIE PINK

都はるみさん

都はるみ

渡辺美里さん

渡辺美里

アイドル

横山由依さん(AKB48メンバー、総監督)

横山由依

タレント

赤井沙希さん

赤井沙希

坂下千里子さん

坂下千里子

さとう里香さん

さとう里香

千葉真子さん(元女子マラソン選手)

千葉真子

中澤裕子さん(元モー娘。メンバー)

中澤裕子

三秋里歩さん(元NMB48メンバー、旧名義:小谷里歩)

三秋里歩

安田美沙子さん

安田美沙子

アスリート

伊達公子さん(女子プロテニスプレイヤー)

伊達公子

本田真凜さん(女子フィギュアスケーター、妹は本田望結さん)

本田真凜

宮原知子さん(女子フィギュアスケーター)

宮原知子

以上が、主な京都出身の京美人な女優など芸能人一覧です。

世代の幅は、もちろんあります。

その事を差し引いてみても、やはり可愛いというより美人系の女優・芸能人が多い印象を受けますよね。

まだ10代の宮原知子さん、本田真凜さん・本田望結さん姉妹にも、京美人が感じられ、どことなく顔立ちが整っている美形が多いような。

個人の印象と言われれば、それまでですが、同じ三大美人である

秋田美人のように色白のおしとやかなタイプでも、博多美人の様な芯のしっかりした、肝っ玉の強い明るい女性でもない

のは間違いないでしょう。

 

京美人の由来とは?

杉本彩さんや安田美沙子さん、そして、女子フィギュアスケーターの本田真凜さんや女優としても活躍している本田望結さん

など、多くのジャンルで男性を魅了している女優・芸能人を輩出している京美人。

なぜ京美人という言葉が生まれているのでしょうか。

そもそも日本三大美人の一つとして、多くの人が京美人という言葉を耳にするようになった背景・由来はどこにあるのでしょうか。

では、さっそく京美人の由来を見ていきましょう。

宮中にいた釆女(うねめ)が由来説

奈良や京都は、大昔に都だった話は、みなさん知っていると思います。

歴史の教科書でも、奈良時代や平安時代のことが掲載されていますが、その頃の都は、まさに奈良・京都にありました。

しかも、今の日本のように、ただ国の象徴とされているだけでなく、政権の中枢に天皇が存在していたのです。

とくに奈良時代には租庸調(そようちょう)という、今で言うところの貢物や税を治める制度があったそうです。

ここではざっくりの説明になりますが、要は、

労働力や絹・繊維などの織物、そして米などを納めるのが国民の義務

とされてきたわけです。

その中で、

地方豪族の娘を宮中に貢ぐしきたり

があり、それは平安時代の頃にも受け継がれ、地方の麗しき娘が、ことごとく京都に集結してしまうのです。

それを釆女(うねめ)と呼びます。

彼女らは、ただ美しいだけでなく、高い教養を身につけていて、世の男性のあこがれの的となったと伝えられているのです。

まぁ、今で言うところの宝塚歌劇団に所属する女性に似たもの、といえばわかりやすいのかもしれません。

そして、この采女の名残りは、舞妓・芸子として継承され、ただ外見的な美しさだけを求めるのではなく、

はんなりという京都独特の上品さなど

も含めて、求められ生きてきたようです。

確かに、舞妓さんや芸子さんを見ていくと、言葉遣いもきれいな京都弁を使っています。

上品さや教養もそれなりに高く感じられます。

それも、宮中に集められた美しき女性たちをしっかり教育してきたからこそ、京美人は誕生したのかもしれませんね。

小野小町が由来である説

おそらく、みなさんも『小野小町』という名の人物は、一度くらいは聞いたことがあると思います。

彼女は平安時代の女流歌人。

六歌仙のひとりでもある小野小町は、

世界三大美人

の一人でもあります。

その美しき女性である小町が秋田で生まれ、

仁明天皇の女官として宮中に仕えるために京都で過ごした説

があるのです。

そして、そのことが京美人誕生に大きく関係しているみたい…。

確かに、小野小町一人が移り住んできたとしても、京美人が誕生する程、全体に影響を及ぼすとは考えにくいです。

ただ、絶世の美女とも言われるほど美しい小町が京都で生活することで、少なからず、世の男性たちは小町に目が向いてしまうことでしょう。

そうなると、他の女性は女性としてのプライドが許せず、美を追い求めるようになったとしてもおかしくはありません。

今で言うところの、

女優や女性芸能人に憧れ、ファッションやヘアスタイルを真似ていく、美意識の高い女性たちと同じ

といえば、なんとなく見えてくるのかもしれませんね。

あくまで一つの説にすぎないのですが、この小野小町が由来説もあながち間違いではないのでは?と感じています。

ただし、正直なところ、小野小町が本当に秋田出身で京都に移り住んできたのか、確証はありません。

色々根拠となる説は流れていますが、それもどこまでが本当なのかはっきりしていないので、なんとも言えないのが率直なところです。

 

以上が、京美人の主な由来と言われる2つの説です。

どの説がどこまで正しいのかはっきりしていません。

まぁ、いずれにしても京都に人格・ルックスの優れた美人が集まり、その結果、

はんなりという京都独特の言葉も生まれ

京美人として他の都道府県の人たちから呼ばれるようになったことは、間違いなさそうですね。

 

京美人の意味・特徴は?

京美人とは、

はんなり(おしとやかで上品さを持つ京都独特の女性の品格)した美しい女性

のことを指す言葉です。

しかし、それは特徴的なことを差しているに過ぎません。

あくまで、意味合いとしては、単純に

京都生まれの美人

を総称した言葉です。

美人の定義なんて、人の価値観によって変わってきます。

京美人の定義なんてないも同然で、とくに深く考える必要はないと思います。

あくまで一つの考え方として、主観で定義付けてはいますが、参考程度に頭の片隅にでも入れておいていただければ幸いです。

まぁ、その辺は秋田美人・博多美人も同じで、あくまで地方独特の特徴を持つ美人が、それぞれの意味と考えて良いと思いますよ。

 

さて、ここからはもう少し掘り下げて、京美人の特徴を見ていきましょう。

京都美人の大きな特徴は、

凛とした佇まい

にあると思います。

内に秘めたものに熱いものがあり、それが表に出てしまう女性は、たとえ京美人であっても性格がきついと言われがちです…。

多くの京美人の特徴としては、あまり感情の起伏は表に出さず、おしとやかで上品な佇まいを見せることを心がけます。

その一方では、どんなに苦しくても最後までやり遂げる、我慢強さも持ち合わせているようです。

ただ美しいだけでなく、上品かつスマートな立ち居振る舞いを心がけているからこそ、京美人は美しいと言われ続けるのでしょう。

まぁ京都の全ての女性が上品かといえば、そういうわけではありません。

あくまで、京美人の一つの特徴でしかありません。

少なくとも京美人と呼ばれる人たちが、京都という歴史ある街を活性化させる一つの力になっていることは間違いないでしょう。

芸能界でもたくさんの京美人がいて、多方面での活躍が見られていますし、十分に京都をPRできていると思いますよ。

地方を活性化させることは、国の活性化することに繋がる素晴らしいことだと思います。

ぜひ、京美人が京都を代表とする女性として、ますます大きく活躍していくことを期待したいですね!

 

まとめ

歴史を感じさせる古都・京都で生まれた京美人は、采女説や小野小町説が由来であると言われています。

しかしその確証はなく、あくまで一つの説と言われているに過ぎない話でした。

ただ少なくとも、当時、地方から都であった京都に多くの美女が集まったのは事実らしいですね。

その頃から、自分の美学は内に秘めながらも凛とした佇まいを持ち、感情に流されることなく、上品に振る舞う女性の品格が養われていったみたいです。

そして、この文化は、芸子・舞妓だけでなく、芸能界やアスリートの世界にも継承されています。

京都独特のはんなりな美学を持つ女性たちが、京美人として多くの男性を魅了しているのだと思いますね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-雑学

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.