星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

大阪の学校給食が酷すぎる!地域格差と橋下徹の激怒の理由とは?

更新日:


『大阪都構想』などを掲げ、『大阪維新の会』を設立した橋下徹さん。

2008年には大阪府知事、2011年からは大阪市の市長となって大阪改革を行っています。

その一環として行われたのが、2014年の中学校の給食改革。

その給食について、当時の橋下徹市長が大激怒したという話があります。

当記事では、橋下徹市長の激怒の理由である大阪市の給食問題についてお話していきましょう。

スポンサーリンク

大阪市での給食問題の経緯は?

橋下徹が食べる給食

もともと、大阪市には給食という制度がありませんでした。

そのため

家庭で弁当を作り持参する

という形式をとっていたのです。

しかし、弁当持参制度となれば、当然ながら弁当の中身に貧富の差が生じます。

保護者が張り切って作った豪華な弁当からコンビニのおにぎりまで。

これではひどい格差ですよね。

この状況に、

「たくさん食べられる子供と少ししか食べられない子供がいるのはおかしいのではないか」

という疑問の声が上がりました。

橋下徹市長は、こうした状況を打開したいと考え、まずは選択性というステップを踏んで給食が導入され、その後2014年度に

完全給食制

へと移行しました。

しかし、大阪市はいつ破綻してもおかしくないと言われるほどの財政難。

そんな財政状態で学校給食を導入しろというのは無理難題にも等しいです。

もちろん給食センターを作れるはずもなく、給食を民間業者に委託する形を取るしかありませんでした。

大阪市の給食は、現在業者によるデリバリー方式を採用し、民間委託のメリットとしてコストを抑えることができます。

お金のない大阪市としては、これが苦肉の策なのでしょう。

しかし、現場である学校では、デリバリーであるがために温かいものが冷めてしまい、味が損なわれるなどのデメリットばかりが浮き出てきてしまいます。


次のページへ >

-時事

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.