星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

橋下徹が激怒!「これは餌」発言の大阪学校給食の驚愕の中身とは?

投稿日

『大阪都構想』などを掲げ、「大阪維新の会」を設立した橋下徹さん。2008年には大阪府知事、2011年からは大阪市の市長となって大阪改革を行っています。

その一環として行われたのが、2014年の中学校の給食改革。先日、その給食について橋下徹市長が大激怒したという話があります。

当記事では、橋下徹市長の激怒の理由である大阪市の給食問題について調べてみました。

スポンサーリンク

アドセンス

大阪市での給食問題の経緯は?

橋下徹が食べる給食

もともと、大阪市には給食という制度がありませんでした。

そのため「家庭で弁当を作り持参する」という形式をとっていたのです。

しかし、弁当持参制度となれば、当然ながら弁当の中身に貧富の差が生じます。

保護者が張り切って作った豪華な弁当からコンビニのおにぎりまで。これではひどい格差ですよね。

この状況に、

「たくさん食べられる子どもと少ししか食べられない子供がいるのはおかしいのではないか」

という疑問の声が上がりました。

橋下徹市長は、こうした状況を打開したいと考え、まずは選択性というステップを踏んで給食が導入され、その後2014年度に完全給食制へと移行しました。

しかし、大阪市はいつ破綻してもおかしくないと言われるほどの財政難。そんな財政状態で学校給食を導入しろというのは無理難題にも等しいです。

もちろん給食センターを作れるはずもなく、民間業者に委託する形を取るしかありませんでした。

大阪市の給食は、現在業者によるデリバリー方式を採用しています。民間委託のメリットとしてコストを抑えることができます。

大阪市としてはこれが苦肉の策なのでしょうが、現場である学校では、温かいものが冷めてしまい、味が損なわれるなどのデメリットばかりが浮き出てきてしまいます。

また、異物が混入していたという事例もあり、管理体制などの見直しも迫られている状況です。

結局、格差是正を目指したはずの給食導入は、無謀な挑戦になってしまいました。

そして最近、大阪市の給食は新たな問題を巻き起こすことになります。

 

大阪市の給食は餌?代表質問で行われた論戦!

大阪市の給食

大阪市の噂の給食

新たに発生した問題。それは大阪市の給食の質でした。

2月27日に行われた代表質問で、民主系市議団の福田賢治幹事長が、

「視察を行った際、『あれは給食ではなくて餌だ』という中学生がいた」

と、2014年からはじまった学校給食が不評だと訴えました。

この背景には、学校給食の大半が冷たく、全くおいしくないという現状があるようです。

生徒からの不満があるという意見に橋下徹市長は大激怒

「温かい汁物や、カレーなども出している。僕の子どもが『餌だ』と言ったら大激怒する。飽食時代の象徴で、国の崩壊につながりかねない!」

「僕はご飯一粒残したら、親に怒られていた。農家の人にどれだけ失礼なことか!」

「アフリカや北朝鮮の子どもたちに比べ、感謝の気持ちを持たないとだめだ!」

と強く反論しています。

実際、橋下徹市長が発言したような汁物や、カレーなどは好評で、アンケートでは生徒からも、汁物やカレーの回数を増やして欲しいという意見が出ています。

やはり学校給食として、子どもたちに提供する以上は、「一定の質がなければいけないのでは?」と筆者は思いますね。

アフリカや北朝鮮の子どもも、普通に給食が出る環境であれば、大阪の中学生と同じ事を言うと思うので、橋下徹市長の発言は少し的外れなのではないでしょうか。

給食の質についても、たとえどれほどの企業努力を行っても、1食500円という予算で作れる給食はたかが知れています。

インターネット上では他国の給食や刑務所の食事と比較され、

「これでは餌といわれても仕方ない」

「こんなものを食べさせられている中学生がかわいそうだ」

という意見も上がっていました。

何にせよ、学校給食を再び選択できるようにすれば、済む話ではあるのですが、貧富の格差を出さないことが、教育現場で大切にしている理念であることから、なかなか難しいのかもしれませんね。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

筆者は、給食が義務化されていない地域があることを知らなかったため、こういった問題が存在していることに驚きました。

格差是正はよいことですが、まず十分な財源を確保した上で行政が管理していくことが大事なのではないでしょうか?

それもままならぬ状態で「民間企業に投げっぱなし」というのはどうかと思いますね。

学校給食問題への対応が、4月に控える統一地方選にも影響を及ぼすことになりそうです。

中学生には選挙権がありませんが、教育現場での問題に対しては、保護者は敏感ですから、この問題を野放しにはしておけないはずです。

橋下徹市長は、これから生徒ち保護者、世間を納得させる答えを出すことができるのか。

当分は収まりそうにない大阪市の給食問題。今後の展開に注目していきたいですね!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-時事