星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

雑学

天皇と上皇の違いを解説!歴代の政治的役割や役目をチェック!

投稿日:

ごく最近になってからのことですが、

天皇と上皇

という言葉がよく聞かれますね。

この天皇と上皇とは、どこがどのように違うのでしょうか。

天皇はともかく、上皇とは現代では聞かれない存在です。

平安時代やそれ以降の中世では、しばしば存在してきました。

というのも最近、上皇という言葉が聞かれるようになったのは、2016年8月の天皇陛下の退位のお言葉以来なのです。

天皇の退位と上皇とは、どんな関係があるのか。

そこで今回は、天皇と上皇の違いを解説し、また天皇や上皇の歴代の政治的役割や役目を調べてみました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今上天皇の退位問題

天皇と上皇について書く前に、その言葉が聞かれるようになった原因である、天皇陛下の退位の問題について、簡単に書いておきましょう。

ことの起こりは、2016年8月8日に天皇陛下のお言葉が、ビデオメッセージの形で公表されたことからです。

そのビデオメッセージの中で天皇陛下は、

「高齢のため公務に支障が生ずる恐れがある」

という内容のお言葉を、語られました。

つまり、生前退位のご意向を語られたのです。

その後、政府においては、天皇の生前退位について、様々な検討が行われ、2017年6月9日に

天皇陛下の退位を一代限りで認める特例法

が成立しました。

その際には、退位した天皇の名称をどのようにするかなどの問題もあり、有識者会議なども開催されました。

そして、

天皇の退位後の名称は『上皇』

とするという案が、ほぼ決定的になったのです。

こうして、現代では使われない『上皇』という言葉が、復活したわけです。

 

ずいぶん前の事になりますが、筆者は昭和天皇がアメリカを訪問された際のテレビを見たことがあります。

その時、昭和天皇は飛行機のタラップを降りる際には、左右の足を交互に下ろして下って行くという、いわゆる普通の降り方ができなかったのです。

片方の足を一段下ろすと、もう片方の足を同じ段に下ろすという、降り方だったのです。

これを見ていた筆者は胸が痛みました。

天皇陛下は、当時既に80歳を超えていたと思います。

国のためとはいえ、高齢の天皇陛下をここまでして働かさなければならないのか。

そんな思いを強く感じました。

今上天皇陛下のビデオメッセージを見た時に、その時の記憶が鮮やかに蘇ったのです。

天皇という職務は、嫌になったからといって、勝手に辞任できるものではありません。

現在の法では、

天皇は亡くなるまで天皇という職務を果たさなければならない

という、大変むごい制度になっています。

これでは奴隷と同じじゃないですか。

いくらなんでも、これはあまりといえばあまりにひどい制度ですね。

というわけで、この生前退位については、我が意を得たりという感があります。

 

現代で君主制(立憲君主制)があるのは、ヨーロッパとアジアの一部です。

アジアでは日本やタイがその立憲君主制ですが、ヨーロッパ、とくに北部ヨーロッパでは大半が立憲君主制なのです。

イギリスをはじめ、ベルギー・オランダ・ルクセンブルク・デンマーク・スウェーデン・ノルウェーなど多数の国が、君主制となっています。

また、現代では珍しい例として、スぺインは『王政復古』しました。

これらのヨーロッパの君主制の国では、退位については摂政などの制度がある国もあるようですが、

君主の意思を尊重

する国が増えてきています。

日本もこれからは、君主の意志を優先するようになっていくかもしれませんね。

ということで次項では、天皇と上皇の違いを解説していきます。

 

天皇と上皇の違いとは?

こうして日本でも天皇陛下の生前退位が認められることになりました。

この生前退位した天皇の呼び名が

上皇

なのです。

つまり、これが天皇の位を後継者に譲った天皇の称号で、上皇とは

『太上天皇の略』

です。

この上皇という呼び名は、最近できたものではありません。

持統天皇11年(文武天皇元年)8月1日(697年8月22日)、持統天皇が文武天皇に譲位し、史上初の太上天皇(上皇)になったとされています。

今から1400年近く前の事ですね。

それ以降、数多くの上皇が誕生しています。

最後の上皇は、1817年5月9日の光格上皇、または1884年3月19日の慶光院(後に上皇となった)です。

光格上皇から数えれば、

およそ200年ぶり

の上皇の誕生となります。

中世の天皇の呼び名は、在位中の状態により、天皇・上皇・法皇などと変わることが多く、紛らわしいのです。

そこで以下に天皇・上皇・法皇の違いなどを書いてみましょう。

なお、この呼び名やその違いは、現代の認識によるものです。

天皇・上皇・法皇の違い

天皇

昭和天皇、大正天皇、明治天皇といったように、通常の天皇の呼称です。

なお、天皇の前に着く称号(昭和・明治など)は、その天皇が崩御された後に贈られるものです。

したがって、現在の天皇陛下を『平成天皇』とお呼びするのは、全くの誤りです。

現在の天皇陛下の称号は、

今上天皇

ただし、もし我々が直接天皇陛下に向かって呼びかける時には(まず、そんな機会はないと思いますが)、

「今上天皇」

とお呼びするのは、大変失礼にあたります。

そのような場合は、単に

陛下

とお呼びするのが一般的なようです。

また、天皇とは古代中国(道教の時代)では、宇宙の最高神天帝のことを指します。

古代には、天皇と書いて

『すめらみこと』あるいは『すめろき』と呼んでいた

そうです。

また、万葉集の時代には

現役の天皇は『おおきみ』、それ以前の歴代の天皇は『すめろき』と区別していた

とも言われています。

発音は、中世までは

『てんわう』、その後は『てんのう』

と発音するようになったとのことです。

上皇

上皇とは

太上天皇(だいじょうてんのう)の略

で、天皇の位を皇太子などの後継者に譲った天皇の称号です。

その他には、『院』や『仙洞』という尊称で呼ばれることもありますが、現在では使われない言葉でしょうね。

京都には『仙洞御所』と呼ばれる所がありますが、そこが上皇の住まわれた場所なのでしょう。

また、院政という言葉がありますが、これは退位した天皇が退位後でも実力を保ち、政治を行ったということを指します。

この天皇・上皇の二重政治は平安時代から鎌倉時代にはしばしばあり、もめごとのネタになっていたそうですよ。

法皇

法皇とは

太上法皇の略

で、太上天皇が出家した時の称号です。

上皇と法皇には身分の差は全くなく、単に出家していないか、出家したかの違いだけです。

この法皇も時には院政を行っていたこともあるそうです。

白河法皇・鳥羽法皇・後白河法皇などがその例ですね。

なお、『ローマ法王』とは、全く関係ありません。

天皇と上皇の歴代の政治的役割や役目とは?

天皇と上皇の歴代の政治的役割や役目ですが、基本的には現代と大きな違いはありません。

もちろん、『権限』や『権力』については、現代とは大きな違いがあります。

ただ、役割や役目となりますと、意外に相違は少ないようです。

天皇の政治的役割や役目

天皇は古代(奈良時代)には、国の最高権力者であり、律令制下で司法・立法・行政の全てを司る、

最高機関『太政官』での決定事項に最終的な承認を与える

ことが役割でした。

拒否権もあるので、国に関する事柄には、ほぼオールマイティと言えるでしょう。

太政官とは、大宝令(たいほうりょう)で定められた役所で、中央・地方の諸官庁を統括し、大政を行うお役所です。

上皇は、権力は

『天皇に準ずる』

とされていましたので、この権力により院政が行われ、天皇・上皇の二重政治になったのでしょう。

ただし、かつての天皇の場合は、過去の伝統に縛られた行いしかできなかったようです。

しかし上皇にはそのような束縛はありません。

何事もフリーで行える自由な立場にありました。

これは律令制度の定めによるものだそうです。

そのため、平安中期あたりまでは

『因習や伝統を重んじる天皇』

の方が格が上と考えられていたそうです。

この状態が、11世紀終わり頃の摂関政治(摂政・関白による政治)まで続きました。

その後は飢餓や内乱などが起こり、今までの方法では国が治められなくなっていきます。

そして、自由な政治を行える上皇が力を持ち始めたことで、摂関政治は終焉を迎えるのです。

こうして上皇による院政へと移行していきました。

この院政もまた、やがて訪れる武家による直接統治に、とって代わられることになります。

おわりに

今回は、天皇と上皇の違いを解説し、また天皇や上皇の歴代の政治的役割や役目をみてきました。

上皇という言葉は、これまでは歴史用語としてしか、知られていません。

現代で一般的になったのは、

2016年8月の天皇陛下によるビデオメッセージ

により、生前退位が実現するようになってからでしょう。

陛下は、80歳を越えるご高齢ですが、これまで諸外国の訪問など、若い人でさえ大変な激務に励んできました。

退位後には、皇后陛下共々、のんびりとしたゆとりある生活など楽しまれてほしいですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-雑学

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.