星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

アニメ

ピコ太郎アニメの放送日はいつ?ストーリー内容と原作を考察!

投稿日:

ジャスティン・ビーバーさんが、YouTubeでの動画を賞賛したことで、一気にブレイクしたピコ太郎さん。

高須クリニックとコラボした新曲『I LIKE OJ』などのCMも絶賛され、ピコ太郎ブームが消えることなく続いているわけです。

そんな中、今度はピコ太郎のアニメが放送される話も飛び出ているようです。

では、ピコ太郎さんがモデルとなるアニメとは、一体どんなストーリー内容なのでしょうか。

また、原作や放送日も気になります。

本記事で、改めてピコ太郎フィーバーの背景から現在に至るまで、そしてアニメのストーリー・原作、放送日についてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピコ太郎のアニメ放送

ピコ太郎

ピコ太郎

PPAPの動画をきっかけに、爆発的な人気を得たピコ太郎さん。

正直、筆者としてはピコ太郎さんの位置づけに迷います。

シンガーソングライターなのか、パフォーマーなのか、それともお笑い芸人のリズムネタをしている人なのか?

いまいち何者なのか、よくわかっていない部分がありますが、ただ爆発的人気というのは理解できます。

 

お笑いタレント・古坂大魔王さんが扮するキャラクターとして、ピコ太郎さんはYouTubeの動画配信という形で登場しました。

そして、あっという間に世間に定着しましたよね。

パイソン柄の奇抜なファッションに、ヒョウ柄のストールという、まさに奇抜な出で立ちなのです。

その上、

  • スティービー・ワンダーさん
  • 杏里さん
  • マライア・キャリーさん
  • 石川さゆりさん

という、方向性がバラバラなアーティストを崇拝しているという…。

普通どこかしら好みや主張というのは、偏りが見られがちです。

しかしピコ太郎さんには、立ち居振る舞い全てにおいて、ルックスの奇抜さを除いては、そういったところが見られないのです。

逆に、その姿のギャップに興味を持つファンも多いのかもしれません。

 

一度聴いたら忘れられないリズムネタ(本人は楽曲だと言い張るかもしれませんが…)を引っさげ、一気にブレイクしたピコ太郎さん。

彼に対する様々な魅力が、今の彼を大きく支えているんでしょう。

そして、このピコ太郎ブームは一過性のものではなく、様々なCMとコラボしています。

とくに、筆者が絶賛したいのは、高須クリニック院長・高須克弥さんとのコラボCMで話題になった、

ピコ太郎さんの新曲『I LIKE OJ』を使った、高須クリニックのテレビCM

このCMは、ピコ太郎さんの新曲『I LIKE OJ』の歌詞を高須クリニックに変更したものです。

「Are You TAKASA?」

というように、わざと"高須"の語尾を間違えて言い換え、それに、

「ノー、ノー、ノー」

と怒りながら猛反発する高須克弥院長の、狂喜乱舞の世界を描いたものとなっています。

最後は

「高須?」

と聞かれ、

「イエス!」

と高須克弥院長が答えると、豪華なバックダンサーとともに、高須クリニックの名前を連呼し、踊り狂うのです。

ある種、ただ名前を連呼しているだけというくだらなさに大爆笑してしまいました。

それも、いくらかかっているのかわからないほど、ギャラが膨大だった話も耳にしています。

どこまでもくだらなく馬鹿馬鹿しいことを真剣にできる人なのかと、ある種の尊敬の念をいだきます。

くだらなく馬鹿馬鹿しいといえば、批判的に受け取る人がいますが、決してそうではありません。

中身のないことに一生懸命やっている姿を見せているからこそ、そこに美学が発生するとも考えています。

それだけにこのテレビCMは秀逸で、ぜひ多くの人に見てもらいたいですね。

 

さて、話をもとにもどしますが、そんなTVCMなど、多くのコラボ出演を実現させてきたピコ太郎さん。

今度は

ピコ太郎さんとアニメのコラボ作品

が放送されるのですから、驚きを隠せません。

気になるアニメタイトルは、

『ピコ太郎のララバイラーラバイ』

このアニメの企画・原案・音楽は、

全てピコ太郎さんのプロデューサーである古坂大魔王さん

(と言っても実際は本人が扮しているだけですが…)

が行い、台本一切なしで手掛けるとのこと…

この情報にも驚きです。

一応、アニメの企画・原案・音楽を一人で同時に手がけることは、制作費の問題によっては有り得る話です。

しかし、どんなアニメにおいても、コンテやプロット、あるいは台本のなどはあるはずですし、それなしでどうやってアニメを作っていくのか?

まさに、常識を逸脱したピコ太郎さんの奇想天外さがここにも披露されています。

それも1枚のイラストからインスピレーションにより、即興で創り上げたストーリー

に乗っかるアニメだけに、いろんな意味で常識を超越しています。

アニメ制作に少しでも関わった人ならわかることですが、キャラクターをちょっと動かすだけでも、何枚もの絵を書かなければならないのです。

そんな即興でポンポンとアニメは作れません。

 

話によると、おとぎ話とのコラボが、このピコ太郎アニメを通じて実現されるみたいです。

インスピレーションだけで、どこまでアニメを具現化できるのか。

まさに、古坂大魔王さんの腕の見せどころと言えるでしょう。

ぜひ、ピコ太郎さんだからこそ描ける、くだらなさ満載の大爆笑アニメを期待したいものですね。

 

ピコ太郎アニメの原作・ストーリーは?

先程もお話したとおり、このピコ太郎アニメは、原作どころか台本すらない、前代未聞のアニメ作品となる模様…。

一応ストーリーの軸としては、ベッドで眠るピコ太郎が、

『夢の中でおとぎ話の世界に迷い込み、マッチ売りの少女や赤ずきんちゃんと遭遇していく』

というショートストーリーとのことです。

ただ残念ながら、それ以上のストーリーは、まだ公表されていません。

あくまで、ピコ太郎さんが一枚のイラストを見て、収録中に即興でアニメのストーリーを作っていくのです。

そのため、ほとんどアドリブ全開のアニメストーリーとなっていくものと思われます。

もちろん、ピコ太郎さんらしさが消えたら、せっかくのアニメが台なしになってしまいます。

そこは忘れず、くだらなさを全面に押し出し、幼い子供が目にするおとぎ話とは一風変わった、とんでもないストーリーとなっていくんだと思います。

普通それなりの才覚がなければ、たとえ作家として活躍している人でも、簡単にストーリーを描いていくことはできないものです。

しかし、ピコ太郎さんの場合、『PPAP』や『I LIKE OJ』の歌詞構成を見ても、起承転結は気にせず、

ほとんど勢い任せのリズムネタオンリー

それこそピコ太郎アニメでも制限なしの何でもありの世界観でストーリーを組み立てていくはず…。

だからこそ、こんな荒業ができるのでしょう。

おそらく、そこに対しての賛否は、人それぞれ異なるかと思います。

常識では考えられないような世界観は、

『これはダメ・あれもダメ』

という考えをすべて取っ払って、

『何でもOK』

と考えた先にあるのかもしれません。

 

発想法の一つとして、ブレーンストーミングという方法があります。

とにかくたくさんのアイディアを片っ端から発想していくという手法です。

ブレーンストーミング(略称ブレスト)の主なルールとしては、以下の通り。

  • とにかく質より量を求め、どんなくだらないアイディアでもいいから、とにかくアイディアを出していくこと
  • 新たに出てきたアイディアにダメ出し・批判は一切しない!!
  • アイディアを出す際に制限は一切かけない。

以上の3つが、ブレーンストーミングの主なルールです。

ある意味、今回のピコ太郎さんが一枚の絵から直感でストーリーを創出するスタイルに非常に似ています。

おそらくピコ太郎さんは、何でもありの世界で視聴者たちにウケたらOKと考え、いろんなアイディアを発表しているのではないかと思います。

その結果がことごとく大ヒットし、今があるのだとしたら、まさにピコ太郎さんの真骨頂として、今回のアニメも手掛けられていくのでしょう。

本当に、ストーリーの詳細は、実際に放送されてみてのお楽しみというのが正直なところなのかもしれませんね。

ピコ太郎ワールドが、アニメの世界でどれだけ通用していくのか、放送を楽しみにしたいものです。

 

ピコ太郎アニメの放送日はいつ?

気になるピコ太郎アニメ

『ピコ太郎のララバイラーラバイ』

ですが、放送日などの詳しい情報はまだ発表されていません。

ただ、だいたいのところでは

2017年の夏頃

に放送予定とし、dTVでも放送を予定しているとのこと。

もしかしたら、ネットを通じて世界にも配信され、世界中の支持を得られる名作になってしまうかもしれませんね。

もしそんなことになってしまったら、スタジオジブリの名作長編アニメ映画や、新海誠監督のアニメ映画などは、まさに形無しですよね。

でも、さすがにアニメの質も全く異なりますし、ピコ太郎アニメは完全にギャグに走っていくでしょう。

世界中を震撼させることはあっても、決して感動させることはないと思います。

あくまで、おとぎ話とコラボした楽しいショートアニメなのではないでしょうか。

 

まとめ

PPAPで世界中から注目を受けブレイク!

続けて出した新曲『I LIKE OJ』も大ヒット!

何をやっても大ブレイク必至の売れっ子アーティストとなったピコ太郎さんが、今度はアニメに挑戦!!

『ピコ太郎のララバイラーラバイ』

という、ゆるいタイトルのアニメ作品です。

原作どころか台本もありません。

おとぎ話の世界観にピコ太郎さんが飛び込んで、ストーリー展開していく設定のアニメです。

これが2017夏に放送されていくそうです。

ちなみに、声優もピコ太郎さん一人でこなすらしいですね。

はたして一人でどこまでアニメを完成させていくのか。

この2017夏のピコ太郎アニメの放送に注目していきましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-アニメ

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.