星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

家電

ワイヤレス(無線)と有線のマウスの利点とデメリット!おすすめは?

投稿日

コンピューターに接続する周辺機器には、様々なものがあります。

  • 記録装置としてのハードディスクやDVDドライブ
  • インターネット接続には欠かせないルーター
  • ゲーム用のグラフィックボードやサウンドボード

など、用途や形態も様々なものがあります。

それらの周辺機器の中でも、最も身近で最も使用頻度の多いものが、

キーボードとマウス

です。

この二つはパソコンを使っている限り、絶対に必要であり、しかも人間の最も敏感な部分である『指』で操作するものです。

そこで今回は、ワイヤレス(無線)と有線のマウスのメリット(利点)とデメリットや、おすすめのマウスなどを紹介しましょう!

スポンサーリンク

アドセンス

ワイヤレス(無線)と有線のマウスのメリット(利点)は?

パソコンの入力方式(装置)としては、キーボードやマウス、トラックボールやタブレット、タッチパネルなど、色々あります。

その中で、最も一般的な入力装置は、マウスとキーボードですね。

これがついてないデスクトップパソコンは、まずないと思います。

キーボードは文字を入力する装置で、押されたキーの文字コードをCPUに送信します。

マウスは入力装置というより、『ポインティングデバイス』です。

つまり、画面上のある特定の位置を、CPUに知らせるわけです。

このマウスにより、キーボードではできないGUI環境での作業が可能になりました。

マウスは1960年代末に開発されたのですが、その形状が

まるっこいボディに尻尾(コード)がついていて、ネズミに似ていた

ので、マウスと呼ばれるようになったのです。

 

当初は、コード付きの有線のみでしたが、その後コードをとりはらったワイヤレス(無線)のマウスが普及していきました。

現在では、ワイヤレス(無線)マウスが一般的になっています。

それでは、有線マウスとワイヤレス(無線)マウスの違いをみてみましょう。

有線マウスとワイヤレス(無線)マウスの違い

有線マウスとは…

マウスとパソコンをケーブル(USBなど)で、直接接続する方式のマウスです。

ワイヤレス(無線)マウスとは…

コード(ケーブル)を使わず、マウスとパソコンを電波を使って接続する方式のマウスです。

ワイヤレス(無線)マウスには位置情報の送信システムと電池が必要で、またレシーバーと呼ばれる受信装置も必要です。

このレシーバーをUSBなどでパソコンに接続、もしくは内蔵する形になります。

有線とワイヤレス(無線)のメリット(利点)・デメリット

ワイヤレス(無線)マウスに比べて、有線マウスの利点・メリットは、次が挙げられます。

  • 電池が不要
  • 重量が軽い
  • 信号の遅延が少なく、安定している

電池が不要であるのは、パソコンに接続したケーブルからマウスへ電力を供給するためです。

ワイヤレス(無線)マウスでは、電池切れになって、マウスが使用できなくなることがありますが、有線マウスではありえません。

また、電池や送信装置がない分、マウスの重量は必然的に軽くなります。

信号の遅延が少なく、動作が安定していることは、電波の送受信の際のタイムラグがなく、電波の競合などの障害もないためです。

 

一方で、有線マウスのデメリットは次が挙げられます。

  • コード(ケーブル)が邪魔
  • コード(ケーブル)より離れると操作できない

コード(ケーブル)が邪魔になるのは、マウスに限らず有線接続機器の宿命です。

しかもマウスの場合は、手元で操作するものだけに、他の機器のケーブルと絡まったりする可能性もあり、やっかいですね。

離れた位置にあるパソコンを操作できないことは、ケーブルの長さに物理的な限界があるため当然でしょう。

(USB接続の場合は、延長ケーブルを使えば、あまり現実的ではないものの伸張可能ではあります)

 

次に、ワイヤレス(無線)マウスのメリット(利点)とデメリットをお話しましょう。

ワイヤレス(無線)マウスのメリット(利点)は、次に挙げられます。

  • コード(ケーブル)がないため、手元がすっきりし、マウスを置く場所を選ばない

コード(ケーブル)がないことは、マウスのような手元で使う機器には、非常に大きなメリット(利点)です。

右側でも左側でも、ものによっては膝の上でも使うことができます。

また、他の機器のケーブルと絡まって、イライラすることもありません。

このケーブルの絡まりに、悩まされた経験を持っている人も多いと思いますが、それがないことは非常にありがたいですね。

パソコンから離れた場所でも、接続方式にもよりますが、数メートルから10メートル程度なら使えます。

 

次に、ワイヤレス(無線)マウスのデメリットを挙げてみました。

  • 電池切れがある
  • 信号が不安定になることがある
  • 信号の伝達に遅延が発生することがある

ワイヤレス(無線)マウスでは、かならず電池が必要です。

製品にもよりますが、この電池の寿命(使用可能時間)は、短いもので10時間程度、長いものでは数ヵ月以上と、大きな差があります。

しかし、どのような電池でも、電池である以上、必ず寿命があります。

そのためワイヤレス(無線)マウスには、電池交換や充電の手間がかかります。

筆者も、電池を取り替えながら使っていますが、電池交換と充電は面倒くさいものです。

また、製品によっては、専用電池のため単3タイプの電池は使えない場合もあります。

このような製品では、スペア電池を用意することも手間になり、充電中は使わないか、有線接続にする必要があります。

信号が不安定になる場合というのは、他の無線機器を近くで利用していると発生します。

不安定になると、マウス操作が困難になるので、異なる周波数のワイヤレス(無線)マウスを利用するか、環境を見直す必要があるでしょう。

信号の遅延が発生する場合ですが、FPSゲームなどの瞬間的なマウス操作が要求される場合は、これが問題になることもあります。

しかし、一般的な使用の場合は、全く問題ありません。

 

おすすめのマウス

さて、おすすめのマウスですが、これは個人の好みや手のサイズ、使用目的などの条件により、異なります。

マウスの価格は、数百円程度から2万円以上まで、さまざまです。

しかし、価格が高ければよいものでもありません。

自分の手にしっくり合い、持ちやすく、使い方にあったボタンが押しやすい位置についているのが、よいマウスだと思います。

結局、ほぼ好みの問題になってしまうでしょう。

 

筆者の場合は、ゲーム用として

  • ロジクール:G700
  • ロジクール:G700S
  • Razer:Naga Epic

を使っています。

一般用途としては、

  • ロジクール:M300シリーズ
  • マイクロソフト:インテリマウス

を使っています。

他にも色々なマウスを使いましたが、結局、上記に落ちついたのです。

マイクロソフトのインテリマウス以外は、全てワイヤレス(無線)ですが、FPSゲームでもとくに遅延などは感じません。

FPSゲームで、ワイヤレス(無線)マウスの遅延を感じられるのは、プロまたはプロ級の人だけではないかと思います。

 

ロジクールのG700シリーズは、

左側(親指側)にボタンが4つあること

のが特徴です。

これに自分のよく使うキーを割り当てますと、上部にあるボタンと合わせて、多くの操作をショートカット可能になります。

非常に便利な機能なので、重宝しています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Logicool 充電式ゲーミングマウス G700s
価格:17523円(税込、送料別) (2017/6/17時点)

 

RazerのNaga Epicでは、マウスの左側のボタンがなんと

12個

もついています。

これは一見すると便利そうに見えますが…。

簡単に押せません!

つまり、あまりにもボタンの数が多すぎて、どのボタンがどのキーに対応しているのか、慣れていかないと手探りでは押せないのです。

ボタンの数が多いことが、必ずよいとは限りません。

(ただし、使いこなせれば凄い効率的な作業を実現できます!)

 

その他のおすすめのマウスを、さらにいくつか紹介していきましょう。

おすすめの有線マウス

ロジクール:有線光学式3ボタン マウス M100r ブラック

こちらは、なんといっても安い!

しかも安かろう悪かろうではなく、きちんとマウスとして長持ちする名品です。

しかもメーカー保証も3年付いているので、価格のわりに十分過ぎます。

余計な機能は付いていないので、本来のマウスの機能だけで十分な人には、コスパ最強と言えるでしょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Logicool ロジクール 有線光学式3ボタン マウス M100r ブラック
価格:648円(税込、送料別) (2017/6/17時点)

 

おすすめのワイヤレス(無線)マウス

ロジクール:ワイヤレス ミニマウス ブラック M187BK

こちらも価格の安いマウスとしては、定評のあるシリーズです。

なんといっても、電池の持ちが半端じゃないです。

毎日数時間使っていても、数ヶ月~半年くらいは電池交換不要なのが良いですね!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Logicool ロジクール ワイヤレス ミニマウス ブラック M187BK
価格:1166円(税込、送料別) (2017/6/17時点)

 

おすすめのゲーミングマウス

まず廉価版でスタンダードなマウスから。

ロジクール:オプティカル ゲーミングマウス G300s

ゲーマー入門として、これはおすすめできます!

ゲーミングマウスとしてのコストパフォーマンスは最高です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

LOGICOOL オプティカル ゲーミングマウス G300s
価格:3423円(税込、送料別) (2017/6/17時点)

 

ロジクール:ゲーミング マウス G700s

こちらは、ゲーマー入門から卒業し、中級者以上になったときに欲しい一品。

先ほども紹介した筆者の使っているマウスで、おおむね満足しています。

ただし、一つ大きな問題があります。

それは

電池の消耗が激しいこと

実質10~15時間程度しかもちません。

数日に一度は電池を交換し、充電することになるでしょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Logicool 充電式ゲーミングマウス G700s
価格:17523円(税込、送料別) (2017/6/17時点)

 

Razer:DeathAdder Elite エルゴノミック ゲーミングマウス

『エルゴノミック』の名前のとおり、持ちやすさで定評があります。

また、重量も軽いため(105g)マウスのフットワークも軽くなりますね。

マウスの精度も高く、FPSに向いているマウスです。

 

まとめ

今回はワイヤレス(無線)と有線のマウスのメリットとデメリットから、おすすめのマウスまでを見てきました。

ワイヤレス(無線)と有線のマウスには、それぞ一長一短がありますが、最近は使い勝手のよさから、ワイヤレス(無線)マウスが、多くの人の主流になっています。

やはりケーブル(コード)がないことは、置き場所を選ばず、使いよいものです。

おすすめのマウスも紹介しましたが、マウスのように直接手で触れる機器は、個人の好みによるところが大きいものです。

ここで紹介したマウス以外にも良質なマウスはあるかもしれません。

ぜひ自分に合ったマウスを使ってみてくださいね!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-家電