星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

AKB

AKB48選抜総選挙2017(第9回)の最終結果順位と得票数一覧をチェック

投稿日

前田敦子さん・大島優子さんがセンターを争っていた頃の選抜総選挙から、渡辺麻友さんvs指原莉乃さんという新時代の戦い。

そんなAKB48選抜総選挙も9回目を迎えます。

これで選抜総選挙への参加がラストとなる、渡辺麻友さん・指原莉乃さんには優秀の美を飾って欲しいところです。

ただそれ以上に、二人に変わる若い世代のエースがどれだけ登場していくのか注目したいですね。

そこで本記事では、AKB48に焦点を当て、今回のAKB48選抜総選挙2017(第9回)の

  • 中間速報
  • 最終結果順位
  • 得票数

をまとめて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

AKB48にとっての転機となる選抜総選挙2017

『神セブン』

と呼ばれるAKB48選抜総選挙上位7傑に、過去全ての回でランクインしているメンバーは渡辺麻友さんのみ。

このことは、AKB48ファンなら誰もが知る事実。

しかし、これは波乱が巻き起こった現象ではありません。

高橋みなみさん(元総監督)をはじめ、多くのレジェンドメンバーが卒業しているからこそ。

そして遂に渡辺麻友さんまで今回のAKB48選抜総選挙2017(第9回)で卒業を発表したのです。

この流れを見ると、着実にAKB48に世代交代が進んでいることが分かります。

高橋みなみ初代総監督に代わり、9期の横山由依さんがバトンを受け継ぎ総監督に。

第1回の頃のようなAKB48メンバーで神セブンの座が埋め尽くされることもなくなりました。

他の姉妹グループのメンバーが、続々この波に押し寄せてきています。

それは、過去のHKT48旋風に引き続き、2017年の選抜総選挙の速報でNGT48メンバーが1位になる大波乱の展開を見ても明らか!

 

2017年のAKB48選抜総選挙は、沖縄開催を予定していたものの、天候不良のために安全を考慮して、なんとイベントが中止。

ファンにも大迷惑が降り掛かってしまう事態となってしまいました。

もちろん、ファンは安全を考慮して、その決断してくれたと、その意志を汲み取り納得しています。

ただ中には、仕事の有給を使って、前乗りで沖縄までやってきて、そこでイベントの中止を聞かされた人もいるようです。

 

不運も重なり、AKB48グループ全体に対して、トーンダウンしているところも伺えました。

かつての中軸たちがいなくなり、ますます窮地に立たされた印象も拭えません。

ここから新たな世代たちに課せられた大きな転機となりそうですよね。

2016年の選抜総選挙2016(第8回)で選抜入りを果たした

  • 岡田奈々さん
  • 向井地美音さん
  • 高橋朱里さん

の三人に、次世代として、AKB48を牽引すべく神セブン入りを期待したいものです。

果たして、彼女たちの順位は、2017年の選抜総選挙(第9回)で、どのように変動したのでしょうか?

後ほど、AKB48メンバーの最終結果順位は語っていきますが、今後、彼女たちの活躍がAKB48の運命をも左右させかねないと言えるでしょう。

なお、岡田奈々さんに至っては、指原莉乃さん同様、新たに発足したSTU48(瀬戸内)も兼任します。

指原莉乃さんは劇場支配人としてもSTU48を支えますが、岡田奈々さんはキャプテンとしてSTU48を支えることとなりました。

まだ若手でもある岡田奈々さんの両肩に掛かる重責はかなり重そう…。

ただ、それだけ岡田奈々さんが、自他共にAKB48の中心メンバーであるということを表しているわけです。

ある種、AKB48の新たな章の幕開けを示唆しているのかもしれませんね。

 

前田敦子vs大島優子の時代から、AKB48第2章と銘打って、指原莉乃vs渡辺麻友の時代がこれまで繰り広げられてきました。

そして、2017年に渡辺麻友さんの卒業が発表。

指原莉乃さんも

『総選挙はこれでラスト』

と、二人が抜けることになりました。

よって、今後確実にこれまでの装いが大きく変わっていくことでしょう。

 

AKB48選抜総選挙2017(第9回)の速報と最終結果順位

先程も触れたとおり、渡辺麻友vs指原莉乃の頂上決戦もこれで見納めとなるAKB48選抜総選挙2017(第9回)。

中間速報から波乱の幕開けとなりました。

速報2位に、松井珠理奈さんがランクイン。

渡辺麻友さん・指原莉乃さんを追い抜くことは想定の範囲内だったとしても、

NGT48の荻野由佳さんが1位

になるとは夢にも思いませんでした。

度肝を抜く展開にファンたちも騒然としていたことでしょう。

それだけ今回の、選抜総選挙は波乱の展開で、AKB48メンバーもうかうかしてられないことを示しているんだと思います。

 

さて、最終結果順位を前に、まず主なAKB48メンバーたちの速報順位と得票数を紹介しておきます。

AKB48選抜総選挙2017(第9回)速報順位(AKB48メンバートップ16抜粋)

4位:渡辺麻友(チームB)獲得票数:27,614票

9位:高橋朱里(チーム4)獲得票数:17,047票

10位:岡田奈々(チーム4、STU48 兼務)獲得票数:16,867票

12位:横山由依(チームA、AKB48グループ現総監督)獲得票数:12,031票

13位:倉野尾成美(チーム8)獲得票数:11,961票

16位:久保怜音(研究生)獲得票数:11,363票

※その他主要メンバーの順位は、小嶋真子さんが、獲得票数8,729票で27位、向井地美音さんが、8,626票の29位。

以上が、AKB48メンバーの速報順位となっています。

正直なところ、小嶋真子さんや向井地美音さんは、速報で選抜入りしてもおかしくないメンバーでした。

それだけに厳しいスタートラインに立たされている印象が伺えます。

一方で、

13位:倉野尾成美さん(チーム8)

16位:久保怜音さん(研究生)

という若い世代がランクインしたことは、AKB48にとって好材料!

果たして、これまでのAKB48の中心メンバーの巻き返しがあるのか。

さらに今回は、渡辺麻友さんと、指原莉乃さんとの最終決戦も大注目ポイントです。

速報では、渡辺麻友さんが指原莉乃さんのひとつ下である4位に留まっています。

SKE48の松井珠理奈さん、そして2017年の台風の目として大注目のNGT48の荻野由佳さんに抜かれてしまったこの状態。

彼女たちがどこまで巻き返していくのか。

 

では、そんな想いを馳せながら、続いて最終結果順位と得票数を発表していきます。

「AKB48選抜総選挙最終結果順位(AKB48メンバーのみ抜粋)」

選抜入り

2位:渡辺麻友(チームB)獲得票数:149,132

渡辺麻友

7位:横山由依(チームA、AKB48グループ総監督)獲得票数:58,314

横山由依

9位:岡田奈々(チーム4、STU48兼任)獲得票数:48,143

岡田奈々

11位:高橋朱里(チーム4)獲得票数:42,663

高橋朱里

アンダーガールズ

17位:向井地美音(チームK)獲得票数:35,021

向井地美音

19位:峯岸みなみ(チームK)獲得票数:34,688

峯岸みなみ

21位:加藤玲奈(チームB)獲得票数:30,282

加藤玲奈

24位:小嶋真子(チーム4)獲得票数:29,699

小嶋真子

29位:川本紗矢(チーム4)獲得票数:28,118

川本紗矢

30位:倉野尾成美(チーム8)獲得票数:28,037

倉野尾成美

32位:福岡聖菜(チームB)獲得票数:26,444

福岡聖菜

ネクストガールズ

42位:岩立沙穂(チーム4)獲得票数:24,303

岩立沙穂

43位:佐々木優佳里(チームA)獲得票数:24,276

佐々木優佳里

45位:谷口めぐ(チームA)獲得票数:23,304

谷口めぐ

47位:久保怜音(研究生)獲得票数:22,895

久保玲音

フューチャーガールズ

51位:小栗有以(チーム8)獲得票数:21,296

小栗有以

52位:込山榛香(チーム4)獲得票数:20,910

込山榛香

55位:武藤小麟(研究生)獲得票数:20,356

武藤小麟

アップカミングガールズ

65位:太田奈緒(チーム8)獲得票数:17,757

太田奈緒

67位:永野芹佳(チーム8)獲得票数:17,662

永野芹佳

69位:坂口渚沙(チーム8)獲得票数:17,303

坂口渚沙

73位:樋渡結依(チームA)獲得票数:16,492

樋渡結依

74位:茂木忍(チームK)獲得票数:16,393

茂木忍

75位:大森美優(チーム4)獲得票数:16,162

大森美優

76位:後藤萌咲(チームB)獲得票数:16,097

後藤萌咲

以上が、圏内80位以内のAKB48メンバーの選抜総選挙2017(第9回)の最終結果順位と得票数となっています。

 

速報で16位に入り、最終結果順位に期待していた研究生・久保怜音さんが47位と大きく順位を下げてしまう結果となってしまいました。

それでもAKB48の研究生としては最上位にランクインされているわけですから、結果を出せたとはいえるでしょう。

その他、速報13位のチーム8メンバー・倉野尾成美さんがアンダーガールズ(30位)入りするなど、着実に次世代が育っている印象は伺えます。

 

一方、これでラストとなる渡辺麻友さんが、またしても指原莉乃さんに敗れ2位でフィニッシュ。

中心メンバーのひとりでもある向井地美音さんが、17位で選抜入りを逃す厳しい選抜総選挙2017となりました。

好材料としては、総監督である横山由依さんが初の神セブン入りを果たしています。

それでも他の姉妹グループが勢いを増していることが伝わる選抜総選挙でした。

AKB48は、さらなる危機感をもちながら、1年に当たることとなるでしょう。

冒頭からお話している転換期に入っているAKB48。

ここからどのように盛り上げ、レジェンドたちが活躍していた黄金期を再び迎えていくのか。

期待したいものですね。

 

AKB48選抜総選挙2017(第9回)の総括・AKB48編

冒頭からお話しているように、2017年のAKB48選抜総選挙(第9回)は、AKB48にとって新章とも言うべき、新世代メンバーの今後を占う選抜総選挙となりました。

しかし、結局は往年の中心メンバーである渡辺麻友さんと横山由依さんしか、神セブン入りできません。

それどころか、発足2年目のNGT48メンバー荻野由佳さんに先を越されてしまう厳しい結果が突きつけられてしまった状況です。

荻野由佳さんは、過去AKB48のオーディションで落選し、そこから這い上がり、なんとかAKB48ドラフト会議でNGT48に拾ってもらって今がある苦労人です。

それを考えると実績としては、AKB48メンバーの方が遥かに上です。

それだけに選抜総選挙で追い抜かれてしまうわけにはいかなかったのですが、現実の厳しさを見せつけられた結果でしょう。

 

とはいえ、スキャンダルを起こさずとも真面目一本だけでも結果を出せます。

『風紀委員としてAKB48を牽引する』

と力強くスピーチしてくれた岡田奈々さんを筆頭に、頼もしい後輩たちが育っています。

その事をひしひしと感じていたからこそ、渡辺麻友さんも2017年いっぱいでの卒業を決意したのだと思います。

そして同じような理由で指原莉乃さんも総選挙ラストを決めたのでしょう。

これにて、渡辺麻友(AKB48)vs指原莉乃(HKT48)は幕を閉じます。

まだ総監督である横山由依さんは残りますし、新世代を代表とする岡田奈々さんを筆頭に、AKB48の新エース候補が2018年以降の選抜総選挙を盛り上げてくれると思います。

果たして2018年の選抜総選挙で、どんなドラマを巻き起こしてくれるのか、今後の彼女たちに期待したいものですね。

 

まとめ

AKB48メンバーにとっては、かなり厳しい結果を突きつけられた2017年のAKB48選抜総選挙でした。

しかし、その中でも若手や、次世代のエース候補が着実に育っていることがうかがえる選抜総選挙だった気がします。

2年連続で選抜入りした岡田奈々さん高橋朱里さんを筆頭に、2017年は選抜入りを逃した向井地美音さん。

また研究生でありながら、速報16位に入った久保怜音さん、チーム8から唯一アンダーガールズ入を果たした倉野尾成美さんなど。

頼もしい後輩たちが揃ってきました。

彼女たちがピンチと言われるAKB48を盛り上げ、再び黄金時代の幕開けを導いて欲しいと2018年以降の選抜総選挙に期待したいものですね。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-AKB